ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 967013 全員に公開 ハイキング栗駒・早池峰

栗駒山

日程 2016年09月25日(日) [日帰り]
メンバー starman
アクセス
利用交通機関
車・バイク
須川高原温泉駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間54分
休憩
39分
合計
4時間33分
Sスタート地点06:3806:57名残ヶ原07:0007:07苔花台分岐07:0907:22地獄谷07:34昭和湖07:4508:27天狗平08:3108:55栗駒山09:0909:27天狗平09:3110:13昭和湖10:1410:23地獄谷10:34苔花台分岐10:39名残ヶ原11:11栗駒山登山口(須川温泉)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
須川高原温泉ー苔花台分岐一昭和湖ー天狗平ー栗駒山
危険な箇所はありません。
須川コース全体的にぬかるんでいる箇所がありますので注意して下さい。
昭和湖および地獄谷周辺では硫黄臭がしますので注意して下さい。
登下山時他の登山者とすれ違い数が増加しますので、接触には注意して下さい。

登山道は明瞭でかつ良く整備されていると感じました。
その他周辺情報須川温泉 栗駒山荘 ¥700‐
www.kurikomasanso.com/
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ 虫よけスプレー
備考 稜線上や山頂では風の影響を受けるので、万一に備えて手袋とソフトシェルはあった方が良いでしょう。

写真

須川高原温泉よりスタートです。
2016年09月25日 06:35撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
須川高原温泉よりスタートです。
足元に源泉が湧き出ています。
2016年09月25日 06:35撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元に源泉が湧き出ています。
湯気と硫黄臭のする中を進みます。
2016年09月25日 06:36撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯気と硫黄臭のする中を進みます。
名残ヶ原に来ました。
湿原も秋の装いになって来ました。
2016年09月25日 06:53撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残ヶ原に来ました。
湿原も秋の装いになって来ました。
1
名残ヶ原より栗駒山を望みます。
2016年09月25日 06:58撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残ヶ原より栗駒山を望みます。
エゾオヤマリンドウが咲いていました。もう終わりかけです。
2016年09月25日 06:59撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾオヤマリンドウが咲いていました。もう終わりかけです。
2
苔花台より栗駒山を望みます。
2016年09月25日 07:09撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔花台より栗駒山を望みます。
一筋の飛行機雲にススキが揺れています。背景は栗駒山です。
2016年09月25日 07:14撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一筋の飛行機雲にススキが揺れています。背景は栗駒山です。
2
白濁した沢を渡渉します。
2016年09月25日 07:16撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白濁した沢を渡渉します。
地獄谷に来ました。
2016年09月25日 07:30撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄谷に来ました。
1
昭和湖に来ました。
想像以上の乳白色です。
2016年09月25日 07:44撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昭和湖に来ました。
想像以上の乳白色です。
8
昭和湖より栗駒山を望みます。
2016年09月25日 07:39撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昭和湖より栗駒山を望みます。
楓が色付いています。何かを予感させてくれます。
2016年09月25日 07:53撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楓が色付いています。何かを予感させてくれます。
2
北斜面を覗き込みます。
逆光が恨めしいです。
2016年09月25日 08:22撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北斜面を覗き込みます。
逆光が恨めしいです。
1
天狗平よりの眺望です。
虎毛山方面は雲海に包まれています。
2016年09月25日 08:27撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗平よりの眺望です。
虎毛山方面は雲海に包まれています。
3
天狗平よりの栗駒山を望みます。
この辺りの北斜面は色付き始めました。
2016年09月25日 08:33撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗平よりの栗駒山を望みます。
この辺りの北斜面は色付き始めました。
4
楓と雲海です。
楓の色が鮮やかです。
2016年09月25日 08:43撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楓と雲海です。
楓の色が鮮やかです。
2
山頂までもう少しです。
紅葉が秋空に映えます。
2016年09月25日 08:44撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂までもう少しです。
紅葉が秋空に映えます。
6
錦秋の回廊を行きます。
2016年09月25日 08:47撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
錦秋の回廊を行きます。
1
左手には笊森方面が赤く染まっていますよ。
2016年09月25日 08:50撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手には笊森方面が赤く染まっていますよ。
1
右手には栗駒山頂も赤く染まって来ましたよ。
2016年09月25日 08:49撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手には栗駒山頂も赤く染まって来ましたよ。
1
前が開けました。
2016年09月25日 08:51撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前が開けました。
栗駒山山頂を踏みました。
2016年09月25日 08:55撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗駒山山頂を踏みました。
4
栗駒山山頂よりの眺望です。
虎毛山方面は雲海の中です。
2016年09月25日 09:05撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗駒山山頂よりの眺望です。
虎毛山方面は雲海の中です。
2
栗駒山山頂よりの眺望です。
東栗駒山、いわかがみ平方面です。
2016年09月25日 09:05撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗駒山山頂よりの眺望です。
東栗駒山、いわかがみ平方面です。
1
栗駒山山頂よりの眺望です。
笊森方面も雲海の中です。
名残惜しいのですが、これより下山します。
2016年09月25日 09:07撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗駒山山頂よりの眺望です。
笊森方面も雲海の中です。
名残惜しいのですが、これより下山します。
3
燃えるような秋です。秋空に映えます。

2016年09月25日 09:11撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燃えるような秋です。秋空に映えます。

7
稜線からの眺望です。
この濃淡が絶景を演じています。
2016年09月25日 09:14撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線からの眺望です。
この濃淡が絶景を演じています。
4
秣岳も色付き始めました。
2016年09月25日 09:21撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秣岳も色付き始めました。
2
燃える楓と栗駒山。
2016年09月25日 09:26撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燃える楓と栗駒山。
7
天狗平まで戻って来ました。
2016年09月25日 09:31撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗平まで戻って来ました。
1
楓の赤色が秋空に映えます。
2016年09月25日 09:32撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楓の赤色が秋空に映えます。
2
秋色に染まった栗駒山を振り返ります。
2016年09月25日 09:34撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋色に染まった栗駒山を振り返ります。
1
紅葉の北斜面とはお別れします。これより樹林帯に入ります。
2016年09月25日 09:38撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の北斜面とはお別れします。これより樹林帯に入ります。
昭和湖まで戻って来ました。
波が立っています。
2016年09月25日 10:12撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昭和湖まで戻って来ました。
波が立っています。
2
昭和湖より栗駒山を振り返ります。
2016年09月25日 10:15撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昭和湖より栗駒山を振り返ります。
登山者とすれ違います。
白濁した沢を慎重に渡渉します。
2016年09月25日 10:26撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山者とすれ違います。
白濁した沢を慎重に渡渉します。
名残ヶ原分岐まで戻って来ました。これより賽の磧に向かいます。
2016年09月25日 10:40撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名残ヶ原分岐まで戻って来ました。これより賽の磧に向かいます。
ナナカマドが色付いていました。
2016年09月25日 10:45撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマドが色付いていました。
1
P1215の脇を進みます。
2016年09月25日 10:47撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P1215の脇を進みます。
賽の磧に到着しました。
奇岩なのでしょうか?
それとも噴火の堆積物でしょうか?
2016年09月25日 10:47撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賽の磧に到着しました。
奇岩なのでしょうか?
それとも噴火の堆積物でしょうか?
1
この砂礫帯も噴火の影響によるものなのでしょうか?
2016年09月25日 10:51撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この砂礫帯も噴火の影響によるものなのでしょうか?
旧噴火口との事です。荒涼としています。
2016年09月25日 11:00撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧噴火口との事です。荒涼としています。
無事に下山しました。
2016年09月25日 11:09撮影 by NIKON 1 V1, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に下山しました。
撮影機材:

感想/記録

昨年の開山祭に参加して以来の山行になりました。(往路:東栗駒コース 復路:中央コース)
今回は紅葉を目当てに前回と異なるコースを選択しました。
登山ルートは、須川高原温泉⇔苔花台分岐⇔昭和湖⇔天狗平⇔栗駒山としました。帰路は苔花台分岐より賽の磧を周回する事にしました。

秋雨前線が停滞する中で早朝はあいにくの曇り空だった事もあり、天気はあまり期待しないでいました。
ところが須川温泉に到着する頃は青空が広がってくれました。さらに昭和湖を過ぎた直後に道脇の楓が色付き始めていたので、何か予感するものがありました。

須川コースは北斜面をずーっと見ながら進みますので、紅葉の傾向が観てとれます。期待の紅葉は始まっていました。山頂付近は見頃と云えます。標高1,500m位から、場所で云えば天狗平から上が見事な色付きです。

全体的な印象としてどのコースも非常に登り易く、登山道が良く整備されている印象を与えてくれました。手を使う場面がなくかつ急登もないため息が切れる事もありませんでした。
ゴミ0(ゼロ)のECO山行となりました。
訪問者数:411人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ