ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 967425 全員に公開 沢登り丹沢

丹沢/中川川モロクボ沢

日程 2016年09月25日(日) [日帰り]
メンバー tadomasa(記録), 13K(SL), Aki-CL(CL), place, その他メンバー1人
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
◆駐車場
西丹沢自然教室周辺駐車場を利用。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間15分
休憩
30分
合計
6時間45分
S神奈川県立西丹沢自然教室07:4407:50ツツジ新道入口08:06用木沢出合08:0708:09手沢08:16水元沢08:1709:02モロクボ沢大滝09:1610:04水晶沢10:0512:05モロクボ沢ノ頭12:1512:41畦ヶ丸避難小屋12:4412:49畦ヶ丸13:17善六ノタワ14:29神奈川県立西丹沢自然教室G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◆道の状況
西沢沿いのルートは何度か沢を渡るが、台風の影響により幾つかの木橋が流失し、また半水没状態のものも見られた。増水時には避けるべきルートになっている。
◆登山ポスト
西丹沢自然教室で提出。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

富士山に初冠雪。湘南銀河大橋を渡る時には天辺は雲で隠されていたが、替りに見事な赤富士が見られた。
2016年09月25日 06:16撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山に初冠雪。湘南銀河大橋を渡る時には天辺は雲で隠されていたが、替りに見事な赤富士が見られた。
西丹沢自然教室へ向かう。ここで登山計画書を投函。
2016年09月25日 07:41撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西丹沢自然教室へ向かう。ここで登山計画書を投函。
もはや定番となった13Kさんのルート入り地形図パウチ入り。もう完全におんぶに抱っこ状態です。
2016年09月25日 07:43撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もはや定番となった13Kさんのルート入り地形図パウチ入り。もう完全におんぶに抱っこ状態です。
山の神に山行の安全を願いお参り。
2016年09月25日 07:45撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の神に山行の安全を願いお参り。
1
久々の晴天だ。大室山もどっしりと座っている。
2016年09月25日 07:49撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久々の晴天だ。大室山もどっしりと座っている。
1
オートキャンプ場も結構賑わっている。昨日は結構な雨降りだったのだが、今日はその分を取り戻せそうだ。
2016年09月25日 07:52撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オートキャンプ場も結構賑わっている。昨日は結構な雨降りだったのだが、今日はその分を取り戻せそうだ。
用木沢出合に到着。手前の沢では釣りをしている人もいた。皆晴天を待ち焦がれてたようだ。
2016年09月25日 08:05撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
用木沢出合に到着。手前の沢では釣りをしている人もいた。皆晴天を待ち焦がれてたようだ。
ゲートに到着。
2016年09月25日 08:07撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートに到着。
旧白石沢キャンプ場への橋を渡る。直進は白石峠へと向かう。
2016年09月25日 08:17撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧白石沢キャンプ場への橋を渡る。直進は白石峠へと向かう。
今でも十分幕営適地なんだがなぁ。
2016年09月25日 08:18撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今でも十分幕営適地なんだがなぁ。
赤い橋はやまびこ橋。これは渡らずに右へと進む。そこで沢装備を整える。
2016年09月25日 08:20撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤い橋はやまびこ橋。これは渡らずに右へと進む。そこで沢装備を整える。
8:31 沢支度。
2016年09月25日 08:31撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:31 沢支度。
沢伝いにそのまま来たら雷木沢だった。雷木沢も今回の候補だったけどまた今度と言うことで引き返す。
2016年09月25日 08:39撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢伝いにそのまま来たら雷木沢だった。雷木沢も今回の候補だったけどまた今度と言うことで引き返す。
雷木沢を少し戻り渡渉し、更にモロクボ沢も渡渉して、右岸の作業道から最初の堰堤を越える。
2016年09月25日 08:45撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷木沢を少し戻り渡渉し、更にモロクボ沢も渡渉して、右岸の作業道から最初の堰堤を越える。
2つ目の堰堤も右岸側の作業道で越えていく。
2016年09月25日 08:47撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2つ目の堰堤も右岸側の作業道で越えていく。
3つ目の堰堤は左岸側から越える。
2016年09月25日 08:51撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3つ目の堰堤は左岸側から越える。
堰堤の遺構。
2016年09月25日 08:55撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤の遺構。
堰堤の遺構の沢側だが、遡行していると全く気が付かない様子。
2016年09月25日 08:56撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤の遺構の沢側だが、遡行していると全く気が付かない様子。
F1-35m大滝に出た。ここの所連日雨だったこともあるだろうがものすごい水量で落ちている。
2016年09月25日 09:05撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F1-35m大滝に出た。ここの所連日雨だったこともあるだろうがものすごい水量で落ちている。
2
沢に咲くホトトギス。
2016年09月25日 09:05撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢に咲くホトトギス。
右岸の巻き道側から大滝を見るとこんな感じ。
2016年09月25日 09:08撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸の巻き道側から大滝を見るとこんな感じ。
1
F1の高巻きはこんなに遠回りしただろうか?と言う印象。12年前はもう少しカチッとした岩を攀じってF1上に出たような気がする。
2016年09月25日 09:08撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F1の高巻きはこんなに遠回りしただろうか?と言う印象。12年前はもう少しカチッとした岩を攀じってF1上に出たような気がする。
2
13Kさんにplaceさんが続く。踏み跡通りに木の根を頼りに左上に斜上し、トラバースして行くとF2上に出た。13Kさんが最後尾のAki-CLさんに声を掛けてこのルンゼから右に向かわせたがとんでも無いボロボログズグズルートでAki-CLさんをもってして「怖かった」と言わしめた。+とのこと。
2016年09月25日 09:10撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13Kさんにplaceさんが続く。踏み跡通りに木の根を頼りに左上に斜上し、トラバースして行くとF2上に出た。13Kさんが最後尾のAki-CLさんに声を掛けてこのルンゼから右に向かわせたがとんでも無いボロボログズグズルートでAki-CLさんをもってして「怖かった」と言わしめた。+とのこと。
2
お助けロープで沢筋に降り立ち、トラロープでトラバースしてF2上に降り立つ。
2016年09月25日 09:21撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お助けロープで沢筋に降り立ち、トラロープでトラバースしてF2上に降り立つ。
2
F2上。穏やかなものだ。
2016年09月25日 09:26撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F2上。穏やかなものだ。
目を上流に転ずればすぐにF3が見える。
2016年09月25日 09:27撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目を上流に転ずればすぐにF3が見える。
F3-8mナメ滝。
2016年09月25日 09:31撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F3-8mナメ滝。
左岸側から容易に越せる。
2016年09月25日 09:32撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸側から容易に越せる。
F4-5m、続いて奥にF5-8mが見える。一番奥は堰堤。F4は左壁から。釜を渡れば右壁も行ける。
2016年09月25日 09:34撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F4-5m、続いて奥にF5-8mが見える。一番奥は堰堤。F4は左壁から。釜を渡れば右壁も行ける。
F5ではAki-CLさんは右岸をへつる。placeさんもこれに続く。
2016年09月25日 09:36撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F5ではAki-CLさんは右岸をへつる。placeさんもこれに続く。
1
13Kさんは左岸側から。残置スリングとお助けロープがある。尤もここまで釜を渡るのに胸近くまで水に浸る。
2016年09月25日 09:36撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13Kさんは左岸側から。残置スリングとお助けロープがある。尤もここまで釜を渡るのに胸近くまで水に浸る。
T井さんは流芯を直登。これが一番楽しい!
2016年09月25日 09:37撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
T井さんは流芯を直登。これが一番楽しい!
2
9:43 休憩,805m
2016年09月25日 09:43撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:43 休憩,805m
堰堤上で小休止。僕もT井さんに続いたが湿気と冷たさでレンズ内を結露させてしまった。これ以降の写真は実際と違ってガスの中に…。
2016年09月25日 09:48撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤上で小休止。僕もT井さんに続いたが湿気と冷たさでレンズ内を結露させてしまった。これ以降の写真は実際と違ってガスの中に…。
3
堰堤上は開けたゴーロ的な風景になっている。
2016年09月25日 09:56撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤上は開けたゴーロ的な風景になっている。
水晶沢出合。釣師が2名。釣れるのかな?それにしてもよくここまで来ますね。
2016年09月25日 10:02撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶沢出合。釣師が2名。釣れるのかな?それにしてもよくここまで来ますね。
1
ナメと苔が綺麗です。
2016年09月25日 10:09撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメと苔が綺麗です。
2
ナメ滝が続く。
2016年09月25日 10:09撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメ滝が続く。
1
小滝。T井さんは流芯を行く。
2016年09月25日 10:11撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小滝。T井さんは流芯を行く。
1
945mで右から沢を合わせる。
2016年09月25日 10:25撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
945mで右から沢を合わせる。
ここはどうしようかなぁと言う風情。
2016年09月25日 10:27撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはどうしようかなぁと言う風情。
1
960m。ここでも右から滝を掛けて沢が合流してくる。
2016年09月25日 10:32撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
960m。ここでも右から滝を掛けて沢が合流してくる。
ここも流芯行きます。
2016年09月25日 10:34撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも流芯行きます。
1
ナメが続く。それにしてもだんだんガス(レンズ内)がひどくなってきた。
2016年09月25日 10:39撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメが続く。それにしてもだんだんガス(レンズ内)がひどくなってきた。
1
ナメ滝が続く。1000m地点。
2016年09月25日 10:40撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメ滝が続く。1000m地点。
1
遠目には小滝かと思ったが、近づいてみると小滝では無かった。2段6mと言ったところか。
2016年09月25日 10:44撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠目には小滝かと思ったが、近づいてみると小滝では無かった。2段6mと言ったところか。
でも容易に越せる。
2016年09月25日 10:44撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも容易に越せる。
ナメ滝。
2016年09月25日 10:46撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメ滝。
ここもナメ。
2016年09月25日 10:47撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここもナメ。
地図読み講習中。
2016年09月25日 10:53撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図読み講習中。
1
多段のナメ滝。
2016年09月25日 10:57撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多段のナメ滝。
1
1050m二俣で相談中。左でなく右を取る。左は直接畦ヶ丸へ突き上げていて詰めが大変になる。
2016年09月25日 11:02撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1050m二俣で相談中。左でなく右を取る。左は直接畦ヶ丸へ突き上げていて詰めが大変になる。
11:13 休憩,1090m,沢装備解除して左俣に進む。
2016年09月25日 11:13撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:13 休憩,1090m,沢装備解除して左俣に進む。
ここからは分岐が実に多い。13Kさんが楽そうな方向を選んで進む。
2016年09月25日 11:49撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは分岐が実に多い。13Kさんが楽そうな方向を選んで進む。
1
この先は三俣になっている所。
2016年09月25日 11:52撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先は三俣になっている所。
稜線も近いのにまたちょっと水が出てきた。
2016年09月25日 11:56撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線も近いのにまたちょっと水が出てきた。
もう稜線がすぐそこに見える。
2016年09月25日 11:58撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう稜線がすぐそこに見える。
稜線の登山道に出た。13Kさんの適切なアドバイスのおかげで実に安楽な詰めだった。
2016年09月25日 12:10撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線の登山道に出た。13Kさんの適切なアドバイスのおかげで実に安楽な詰めだった。
12:13 モロクボ沢の頭
2016年09月25日 12:13撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:13 モロクボ沢の頭
2
畦ヶ丸山頂。手前の小屋で小休止を取ったのでここは写真1枚撮って通過。
2016年09月25日 12:49撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畦ヶ丸山頂。手前の小屋で小休止を取ったのでここは写真1枚撮って通過。
畦ヶ丸山頂。
2016年09月25日 12:51撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畦ヶ丸山頂。
1
西沢まで降りてきた。台風の影響だろう。ここの木橋は半分水没していた。
2016年09月25日 13:53撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西沢まで降りてきた。台風の影響だろう。ここの木橋は半分水没していた。
1
ここは木橋流失。もう西沢出合まで間近と言う所。
2016年09月25日 14:16撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは木橋流失。もう西沢出合まで間近と言う所。
橋を渡り西丹沢自然教室に帰着。お疲れ様でした。
2016年09月25日 14:27撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡り西丹沢自然教室に帰着。お疲れ様でした。
14:31 西丹沢自然教室。
2016年09月25日 14:31撮影 by SO-02H, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:31 西丹沢自然教室。
1

感想/記録

冴えない天気がずっと続いた後、漸く待ちに待った陽が射す日が来た。そんな日に西丹沢の美渓モロクボ沢を訪れ、初秋の一日を沢で存分に遊んだ。

馬入川に掛かる湘南銀河大橋は馬入大橋よりも高くアーチを描いている分、富士山の展望が素晴らしいのだが、ちょうど夜明け時の富士は天辺を雲に隠しながらも美事な赤富士だった。その後ラジオから富士山初冠雪の話題が流れて来て、平塚の田園地帯から雲が晴れた富士山を再度眺めると確かに頂上が薄らと冠雪していた。ちょっとしたご褒美を貰った好い気分になる。

7:28に西丹沢自然教室に到着。自然教室の駐車場は満車状態だったが、向かいの空き地にはまだ数台しか駐車していない。ここのところの雨で中川川の水量も多く、三保ダムも放流していた。丹沢湖の水位も平常時に戻った感じだ。モロクボ沢の大滝もさぞ豪快な姿をと期待させてくれる。

西丹沢自然教室で山行計画を投函して7:44に歩き出す。オートキャンプ場も結構な賑わいを見せていた。皆久々の青空を待ちわびていただろう。20分で用木沢出合、すぐに林道のゲートを潜り、しばらく歩くと旧白石キャンプ場の分岐に差し掛かる。更に5分程でやまびこ橋に至る。ここで沢沿いに入り沢支度を整える。

最初沢伝いにそのまま左岸側を歩いて行ったら出合った堰堤に雷木沢と書かれていて間違いに気付かされた。雷木沢も遡行の候補の一つだったけど今回はモロクボ沢だ。少し戻って雷木沢を徒渉し、モロクボ沢に出る。更に徒渉して右岸側に渡ると作業道が着いている。2つの堰堤を右岸側から越え、3つ目は左岸側に徒渉し越える。10分強歩くとF1-35m大滝に出合う。

大滝は水量ももの凄く、その豪快な美しさにしばし見惚れてしまう。音も大音量で会話も通り難い。大滝は左側のルンゼから高巻く。以前12年前に登った時にはもう少し滝よりにカチッとした岩場を登ったような記憶があるが、グズグズのルンゼを登り更に左上の方向に踏み跡を辿って木の根に掴まりながら登る。滝からかなり離れるので違和感を感じるが踏み跡は確かだ。13Kさん、placeさん、T井さん、僕、Aki-CLさんの順番で登るが不確かさから13Kさんが右の方が良いのではとAki-CLさんに声を掛けた。確かにこのルートは大高巻きになってトラバースした後に残置ロープで降りて更にトラバースしF2の上に出た。Aki-CLさんは後に続いてない。しばらく待つとF2の落ち口の横から登って来た。そして言うには右に行ったらボロボログズグズで非常に怖い思いをしたとのこと。行くべきルートでは無かったようだ。ともあれ流石に何事も無く登って来た。

F2から上流を望むともうF3-8mナメ滝がすぐそこに見える。F3から更にF4, F5と続く。ここは白眉だ。F4, F5は釜を湛えている。F4もF5もどこからでも登れる。F5ではAki-CLさんとplaceさんが右岸側をへつり、13Kさんが左岸側を登りトラバースして行ったがT井さんはやはり釜を渡って流芯を攻めた。やっぱりこれが一番楽しいと。僕もそれを見て続いたが結構なシャワークライミングだった。ナルミズ沢の登攀要素はここでほぼ全部出尽くし、後は美しいナメ沢を堪能しながら渓を逍遥し、尾根に詰めて行くことになる。約10分で水晶沢出合に達し、ここから更にナメ滝が延々と続く。右から合わさって来る沢にもそれぞれ滝が掛かっているのが見える。

ナメ滝を楽しみながら遡ると1050m二俣に至る。気が付かないと左俣に行く感じだ。多分これまでもそうだったのだろう。今回は右俣に行く。その後は小さな分岐が続き惑わせる。13Kさんが地図を見ながら右左を指示してくれるのでそれに従って稜線を目指す。左、左、右と言った所だろうか。もう正面間近に稜線が見えるのでそのまま登ってもとも思えるが少し遠回りした方が詰めが楽になるようだ。右に曲がった後の三俣を右に取って後は真っ直ぐ登って行くと殆ど藪漕ぎらしい藪漕ぎなしに稜線の登山道に出た。モロクボ沢の頭まで100m足らずの所だった。流石のルートガイドだ。

ここからは一般道なので安楽なもの、ではあるが西沢に出ると台風の痕を感じさせる。所々の木橋が流されていたり、水没していたりと一般向けとしては厳しい状況も見られた。ともあれ本当に久し振りに雨が降らない一日に実に楽しい沢旅を送ることができた。

感想/記録
by 13K

F1(大滝35m)は、右岸から木の根を掴みながら踏み跡に従い、F2とまとめて大きく巻いた。沢に戻るところに残置ロープ2本あり。
1030mの分岐で左俣(本流)を行くと畦ヶ丸付近に登るのだが、右俣に進み予定通りモロクボ沢の頭付近に上がった。稜線間近は枝沢が多いが比較的傾斜の緩い容易な詰めだった。
雨が多い週末で水量が多かった様に思う。
西沢沿いの下山路は、分かり難いところ、水没している木橋、傾いて使用できない木橋、などがあった。

感想/記録
by Aki-CL

F1を巻いている途中で13Kさんの「右へ」の声に従い右のルンゼ(凹角)状を登る。抜け口にループ状の直径5cm位の木の根があり、それを掴めば卦蕁残念ながら木の根には30-40cm位の石が3,4個不安定に引っかかっていて掴んだら頭上に降ってきそうだったので右手によけるがボロボロルートで久しぶりに怖い思いをしました。抜けたあと足で木の根を軽く押すと引っかかってた石が大きな音を立ててすべて転がっていきました→卦薀襦璽班活です。3mトラバースするとF1の落ち口に出られます。
訪問者数:197人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ