ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 967684 全員に公開 ハイキング東海

岐阜県 天狗森山 風神神社から直登

日程 2016年09月25日(日) [日帰り]
メンバー imomushia, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間50分
休憩
40分
合計
5時間30分
Sスタート地点06:0009:00天狗森山09:4011:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ピンクテープを木に付けたり笹を刈りながら。登山というより整備?
コース状況/
危険箇所等
割と藪。

装備

個人装備 雨具 行動食 非常食 飲料 ヘッドランプ ファーストエイドキット 携帯 タオル ストック カメラ
備考 ハエ対策

写真

風神神社へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風神神社へ。
山伏の登場にビビって写真がボケる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山伏の登場にビビって写真がボケる。
1
水が出てるのが気になるが気にしない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水が出てるのが気になるが気にしない。
現代の山伏は車に乗ってやってくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
現代の山伏は車に乗ってやってくる。
3
あのハシゴから
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あのハシゴから
おおよそこんな感じで崖を登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おおよそこんな感じで崖を登る。
藪の中の山伏。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藪の中の山伏。
森の中の山伏。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森の中の山伏。
沢の中の山伏。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の中の山伏。
1
池の中の山伏。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池の中の山伏。
1
以前の木の看板は腐ってなくなり、新しいのが立っていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以前の木の看板は腐ってなくなり、新しいのが立っていた。
笹を刈る山伏。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹を刈る山伏。
山頂の丸岩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の丸岩。
反射板広場。ハエだらけでゲンナリする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反射板広場。ハエだらけでゲンナリする。
奥に恵那山前宮ルートの尾根。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に恵那山前宮ルートの尾根。
帰りは狸沢から安全に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは狸沢から安全に。
なんと立派な看板が設置されていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんと立派な看板が設置されていた。
ゲートに向かう山伏。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートに向かう山伏。
2
林道を上がってきた軽トラの若者にジロジロ見られる。なんでだろう、あっ山伏だからか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を上がってきた軽トラの若者にジロジロ見られる。なんでだろう、あっ山伏だからか。
1

感想/記録

どうもT塚氏が団体を連れて天狗森山の古道というか廃道を登るので下見したいというので連れていってもらった。
そして山伏衣装での登場にビビる。

稜線までの尾根は崖あり倒木ありの道なき道。
稜線からは作業路になっており快適な山歩き。
ところどころで道が細かく分かれており、いったん戻ったりしながら正解を探してピンクテープを垂らしていく。
倒木は落とし、笹を刈り、迷う事のないようなんとなく整備していく。
雨の影響を心配したが、ずいぶん乾いていたので問題なし。

池を探していた、というので昔の記憶を頼りに山頂付近の横道へ進むと一発で発見!
笹が伸びて道が分かりにくくなっていたので笹を刈る。
午後から仕事なので休憩もそこそこに出発。
下りは安全に普通の狸沢沿いを歩く。
軽トラの若者二人にものすごくジロジロ見られたので、なんでだろうなと思ったけど、あっ山伏だからか!慣れとは恐ろしいものである。
訪問者数:136人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 倒木 直登 廃道
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ