ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 967751 全員に公開 講習/トレーニング御在所・鎌ヶ岳

御在所岳 ビバークトレーニング

日程 2016年09月24日(土) 〜 2016年09月25日(日)
メンバー peko0166, その他メンバー10人
天候24日雨
25日晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間22分
休憩
0分
合計
6時間22分
Sスタート地点11:0417:26ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コースタイムがうまくは表示されませんが1日目は前尾根散策、2日目はテスト岩にて救助訓練でした。
コース状況/
危険箇所等
雨で岩が滑る事があった。
クライミングエリアからの下りは慎重に下りた方が良い。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え 予備靴ひも サンダル ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ ヘルメット

写真

いつもより水量が多い
2016年09月24日 11:16撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもより水量が多い
雨なのでビバーク準備
2016年09月24日 14:37撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨なのでビバーク準備
先輩のツェルト公開!
自分より綺麗にはれてる
2016年09月24日 16:39撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先輩のツェルト公開!
自分より綺麗にはれてる
1
僕のツェルト
ツェルトを貼るのはなかなか難しい
2016年09月24日 17:10撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
僕のツェルト
ツェルトを貼るのはなかなか難しい
一壁まだ早い為人はいない
2016年09月25日 05:44撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一壁まだ早い為人はいない
御在所の日の出
2016年09月25日 05:44撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所の日の出
前尾根と日の出
2016年09月25日 05:44撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前尾根と日の出
お日様
2016年09月25日 05:45撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お日様
撮影機材:

感想/記録

過去数十回行った御在所で、初めての泊まり。初めて買ったツェルトを持参してビバークする事にした。

目的は、いかなる状況でも寝れることを念頭に鈍感力をつける為のトレーニングだ。

夜勤明けで昼頃御在所に入山。
テスト岩あたりで昼寝をしていると待ち合わせした山岳会の人登場。

雨が降っている為、前尾根をクライミングする予定であったが中止。
やることがない為、前尾根あたりをうろうろ徘徊した。

徘徊も飽きた頃にビバークする為、初めてツェルトを貼る。
うまく張れない…
しばらく試行錯誤してとりあえず寝れるようになった。

1人後から鍋の用意を持ってくるがまだ4時間もある。何をするわけでもないが、ずっと話していた。
鍋が到着し、味付けが塩しかない為少量の塩で鍋。味が薄いが食べてく内に慣れてきて、普通にたくさん食べていた。完全に消費エネルギーより供給量の方が多かったが…

ビバークでは、マットなしと寝袋なしのただの地面にツェルトの状態で寝た。日帰りで山に入ったが、帰れなくなってビバークみたいな想定だ(雨も降ってたし)

一応寝れはしたが何回か目を覚ます。
地面からの冷えが直に伝わり寒い…このままじゃ寝れないと思いロープを敷いてその上に寝る。合計で4時間程は寝れた。

朝早く目を覚まし、天気が良かったので前尾根の開けた場所で日の出を見た。食事と救助訓練の準備をして、ツェルトの片付けをした。

その日は15時くらいまで救助訓練をし下山。
初ツェルト泊の割にはよく寝られた。
もっとツェルトのいい張り方を覚えテントなしのツェルトのみの縦走とかもして行きたいと思った。
訪問者数:131人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ