ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 967805 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走中央アルプス

越百山〜仙涯嶺〜南駒ヶ岳〜空木岳・・ガスが晴れてラッキー♪

日程 2016年09月25日(日) [日帰り]
メンバー sht
天候曇りのち(福栃山付近から)霧のち曇り時々晴れ

主稜線上は11℃前後+風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
伊奈川林道終点の今朝沢橋ゲート前の広い駐車場を利用(ポストあり・トイレ無し)

アクセスした林道は、殆ど舗装してあって路面状態は問題ありませんでした

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間2分
休憩
1時間12分
合計
12時間14分
S伊奈川ダム上駐車場03:2503:59福栃平(南駒-越百分岐)04:0004:38下のコル(四合目)04:3904:54上のコル05:46上の水場05:5706:35越百小屋07:17越百山07:2708:26仙涯嶺08:3309:29南駒ヶ岳09:4311:13空木岳11:2812:20木曽殿山荘12:2612:33木曽義仲の力水12:3612:53見晴台12:57空木岳 八合目13:32仙人の泉13:59北沢 吊り橋14:0014:35うさぎ平14:3614:48金沢土場14:4915:37伊奈川ダム上駐車場15:3815:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
越百山登山道と木曽殿越登山道は、めったに登山者に出会わない静かな道ですが、その割によく整備されていて歩きやすい登山道です

中ア主稜線上の、仙涯嶺付近と空木岳〜木曽殿山荘間に岩場あり・・いずれも、ロープ・鎖・鉄杭等で整備されているので、慎重に進めば問題ないと思います
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

駐車場のポストに登山届を提出して3時半ごろのスタート
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場のポストに登山届を提出して3時半ごろのスタート
2
越百山登頂は順調でしたが主稜線上はガスガスで真白・・強風による寒さもあって「帰ろうか↓」とも思いましたが、何とか思い止まりました(南駒からの下山は想定)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越百山登頂は順調でしたが主稜線上はガスガスで真白・・強風による寒さもあって「帰ろうか↓」とも思いましたが、何とか思い止まりました(南駒からの下山は想定)
1
たまにガスが飛んで御嶽山の胴体が見えたりしつつ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまにガスが飛んで御嶽山の胴体が見えたりしつつ〜
2
仙涯嶺が近づくと何だか様子が変わってきて〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙涯嶺が近づくと何だか様子が変わってきて〜
1
南駒ヶ岳が堂々たる姿を見せてくれました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南駒ヶ岳が堂々たる姿を見せてくれました!
4
山頂が近づくとこの青空となりラッキー♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が近づくとこの青空となりラッキー♪
6
仙涯嶺から西側の展望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙涯嶺から西側の展望
3
そして東側には南アルプス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして東側には南アルプス
2
塩見と富士の頭
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩見と富士の頭
2
荒川三山〜赤石〜聖と雲海
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒川三山〜赤石〜聖と雲海
2
南駒〜空木方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南駒〜空木方面
3
南駒への途中の崩壊地・・ロープはありますが落ちると大変なので慎重通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南駒への途中の崩壊地・・ロープはありますが落ちると大変なので慎重通過
2
南駒山頂手前のピークへ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南駒山頂手前のピークへ
6
振り返ると南越百山〜越百山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると南越百山〜越百山
3
奇岩群を越えて〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奇岩群を越えて〜
4
いよいよ山頂が見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ山頂が見えてきました
3
二百名山の南駒ヶ岳に3度目の登頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二百名山の南駒ヶ岳に3度目の登頂
7
越百山から歩いてきた稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越百山から歩いてきた稜線
2
伊那谷を挟んで南ア北部
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊那谷を挟んで南ア北部
2
今度は赤梛岳を経て空木岳へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度は赤梛岳を経て空木岳へ
4
南アと摺鉢窪避難小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アと摺鉢窪避難小屋
2
避難小屋付近はいい色づき
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋付近はいい色づき
4
空木岳へのギザギザ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空木岳へのギザギザ
5
稜線上に奇岩が連なる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上に奇岩が連なる
3
いよいよ山頂が見えてきて〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ山頂が見えてきて〜
2
標高2864mの山頂に到着・・自分との相性は抜群で、ここに来ると何故かいつもガスが晴れます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高2864mの山頂に到着・・自分との相性は抜群で、ここに来ると何故かいつもガスが晴れます
6
北には木曽駒〜宝剣
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北には木曽駒〜宝剣
2
南駒から歩いてきた稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南駒から歩いてきた稜線
3
空木平辺りはいい色づき
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空木平辺りはいい色づき
2
木曽殿越に向かう途中で中ア主稜線北部
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽殿越に向かう途中で中ア主稜線北部
4
木曽側の谷も色づいています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽側の谷も色づいています
4
鎖場もありますが慎重に行けば問題ない程度
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場もありますが慎重に行けば問題ない程度
2
東川岳方面を眺めつつ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東川岳方面を眺めつつ〜
2
木曽殿山荘へと下山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽殿山荘へと下山
3
南駒は本日見納め
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南駒は本日見納め
3
アルプスのロングコースを満喫して今朝沢ゲートに帰着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アルプスのロングコースを満喫して今朝沢ゲートに帰着
1

感想/記録
by sht

最近は、台風やら秋雨前線やらで中々いい日に恵まれませんが、この日も秋雨前線が消滅したのにもかかわらず高山には湿った空気が入るようで、余り芳しくないヤマテン予報。

その中でも比較的マシな感じだった中央アルプスの、「越百山〜空木岳」を木曽側から歩くことにしました。百〜二百〜三百を繋ぐ、ゴージャスで歩きごたえも十分なコースです。

3時半ごろのヘッデンスタートで越百山登頂は順調でしたが、予報通り中ア主稜線はスッポリとガスの中。。霧を吹き付けてくる感じの風も冷たくて「縦走中止」も頭を過ぎりましたが、サスガに8時前だったので自分を宥めすかして歩くことにしました。

結果的にそれが「吉」と出た感じで、仙涯嶺が近づいた辺りから様子が変わってきてラッキーな展開となりました♪

CTは18時間超だけにアルプスのロングコースは歩きごたえも十分で、大満足の山行となりました。

訪問者数:560人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/5/7
投稿数: 158
2016/9/26 10:11
 一日で‼
はじめまして。
一日で歩かれる?走る?んですね。他を拝見させていただいたら超ロングコース一日と言うのが多く普通のおばちゃんは凄いなぁと驚くばかりです。
私は白峰三山は普通の2泊3日です💦

来年今回歩かれたコースを計画しています。千畳敷→極楽平→5時間位で木曽殿山荘まで(休憩時間を抜き)歩きますが、スタートが5時だとやはり木曽殿山荘、百越小屋2泊が妥当でしょうか?
これを歩けば中央アルプス主稜線は完歩になります(赤梛、南駒、仙涯嶺、越百)
鎖場や岩場の難度等アドバイスいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。
sht
登録日: 2009/12/17
投稿数: 203
2016/9/26 19:49
 ohana36さん はじめまして
お褒めをいただきありがとうございます。
自分は「連休があまり取れないけどアルプスが好き」ということから、このような忙しない山行スタイルになっています。

極楽平から南に下る中ア主稜線を空木岳まで歩かれたようで、空木岳では自分とニアミスだったのですね。お疲れ様でした。

「千畳敷から木曽殿山荘・越百小屋泊での縦走」ですか、王道ですね。しっかりした計画だと思いますよ。

難所はレコに記した通り、木曽殿山荘〜空木岳と仙涯嶺の通過でしょうが、熊沢岳付近や空木への急登で問題なかったのならば、仙涯嶺の通過も大丈夫です。
レコには書き漏らしましたが、写真15の崩壊地通過は、トラバース用のフィックスロープが弛んでいて、掴むとかえって危険な気がしました。一瞬ですのでザックが岩の側壁に触らないようサラッと通過するのがよろしいかと。

中ア主稜線完歩達成をお祈りいたします。
コメントいただきありがとうございました。
登録日: 2015/5/7
投稿数: 158
2016/9/26 19:59
 Re: ohana36さん はじめまして
詳しいお答えありがとうございました。 
仙涯嶺のコース案内を読むと結構危険なことが書いてあったので迷ってました。
コースですがshtさんと同じようにダムから越百小屋→空木岳→木曽殿山荘→ダムを考えているのてすが2泊3日が妥当でしょうか?
再度もうしわけありませんがアドバイスよろしくお願いいたします。
sht
登録日: 2009/12/17
投稿数: 203
2016/9/26 20:34
 仙涯嶺
仙涯嶺通過の問題点は、マーキングが空木岳付近に比べて少なく、ルートを外したりすると確かに危険です。それでも正ルートを的確に見極めて慎重に進む分にはそれ程の危険は無いと思いますし、熊沢岳や空木周辺とそれ程違わない印象です。

自分も時間的な余裕があれば、2泊で(中日を好天日にぶつけて)稜線からの大展望を思う存分楽しみたいです。越百山からのご来光狙いもできますしね!その意味ではいい計画だと思います。(ただ、5時出発で越百小屋泊だと早く着き過ぎて、自分だと飲み過ぎイエローカード!の恐れ大かも)

余り参考にならないかもしれませんが、縦走をタップリと楽しんでください。何より素晴らしい山々のお近くなのが本当に羨ましいところです。
登録日: 2015/5/7
投稿数: 158
2016/9/26 21:48
 Re: 仙涯嶺
アドバイスありがとうございました。
そうですね。お天気にもよりますが初日を少し遅めのスタートにしても良いですね。
基本有人小屋泊まり、無理しないって登山だとこのコースは2泊ですよね。
仙涯嶺の難所は「的確に見極め慎重に」ですね。心得ました。

残念ながら主人の仕事の任期がだいたい2年なのであと半年しか駒ヶ根に居られませんm(。≧Д≦。)m
雪山はやらないし、無職主婦なので「大人の登山おもちゃ、ロープウェイ年間パス」を生かし、雪が降るまで日帰りでウロウロしようと思っています。
Shtさんもハードな山行きどうか充分気をつけてお楽しみください。
お忙しいところアドバイスありがとうございました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ