ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 968287 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

乗鞍岳

日程 2016年09月25日(日) [日帰り]
メンバー kimicha, その他メンバー1人
天候晴れ 時々曇り
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
三本滝レストハウスの駐車場(無料)までマイカー
帰りは畳平発のバスで駐車場まで戻る
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間55分
休憩
1時間38分
合計
7時間33分
S三本滝レストハウス06:1306:28三本滝06:4008:49位ヶ原山荘09:0410:26肩の小屋口10:3310:57肩の小屋11:1011:11「剣ヶ峰口」11:46蚕玉岳11:50乗鞍岳頂上小屋11:57乗鞍岳12:4312:46乗鞍岳頂上小屋12:50蚕玉岳13:13「剣ヶ峰口」13:1813:19肩の小屋13:28摩利支天分岐13:35不消ヶ池13:43雷鳥の碑13:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
整備された歩きやすい道です
その他周辺情報温泉は湯けむり館で(720円)
ソフトはヤムヤムツリー(テンガロンハット)のラングドシャソフト
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

朝日の当たる三本滝レストハウス、この時間は屋外トイレを利用可能。登山道は建物の裏に。標識有り。
2016年09月25日 06:12撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日の当たる三本滝レストハウス、この時間は屋外トイレを利用可能。登山道は建物の裏に。標識有り。
1
三本滝
2016年09月25日 06:35撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三本滝
2
冷泉小屋の滝
2016年09月25日 08:22撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冷泉小屋の滝
6
冷泉小屋の滝を見ていた方々
2016年09月25日 08:27撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冷泉小屋の滝を見ていた方々
1
位ヶ原山荘
2016年09月25日 08:47撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
位ヶ原山荘
位ヶ原山荘から
2016年09月25日 09:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
位ヶ原山荘から
2
位ヶ原付近の紅葉
2016年09月25日 09:07撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
位ヶ原付近の紅葉
3
穂高が顔を出す
2016年09月25日 09:26撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高が顔を出す
2
いつまでも見ていたい景色
2016年09月25日 09:42撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつまでも見ていたい景色
1
岩場の紅葉
2016年09月25日 09:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場の紅葉
2
足元も
2016年09月25日 09:54撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元も
1
山頂方向が晴れてきました
2016年09月25日 09:57撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂方向が晴れてきました
1
大雪渓でスキーをしている方々
2016年09月25日 10:32撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪渓でスキーをしている方々
3
草紅葉も
2016年09月25日 10:35撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草紅葉も
1
肩の小屋口
2016年09月25日 10:37撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋口
混み合う肩の小屋
2016年09月25日 11:08撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
混み合う肩の小屋
紅葉を上から
2016年09月25日 11:26撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉を上から
1
稜線は風が強いです、あと少し
2016年09月25日 11:46撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線は風が強いです、あと少し
1
岐阜方面の雲海
2016年09月25日 11:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岐阜方面の雲海
2
北側の眺望
2016年09月25日 11:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側の眺望
手前の方が標高は高いのですが...
2016年09月25日 12:32撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前の方が標高は高いのですが...
1
南東方向の眺望
2016年09月25日 12:32撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南東方向の眺望
南アルプス
2016年09月25日 12:33撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス
わずかですが青空も
2016年09月25日 12:34撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わずかですが青空も
1
わずかに御嶽山
2016年09月25日 12:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わずかに御嶽山
穂高が見えた
2016年09月25日 12:42撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高が見えた
雲に浮かぶ岩峰
2016年09月25日 12:47撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲に浮かぶ岩峰
1
肩の小屋に戻りました
2016年09月25日 13:12撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋に戻りました
1
ハイマツもきれい
2016年09月25日 13:24撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツもきれい
1
畳平へショートカット
2016年09月25日 13:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
畳平へショートカット
1
今日のご褒美
2016年09月25日 16:03撮影 by iPhone 6s Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のご褒美
2

感想/記録





 今年は乗鞍岳の紅葉を是非見たいと思っていたので、台風+秋雨前線でこのところ雨ばかりで、心配ながら、微妙な天気予報の日曜日出かけました。

 三本滝レストハウスの駐車場には20台ほどの車。2年前乗鞍岳を目指したときとは違って、乗鞍岳への先行者もいました。今日はまず、三本滝を目指しました。雨で水量が多いのか、朝の光の中、3様の滝をわずかな時間楽しみました。

 少し戻って、橋を渡って、登山道の尾根へと登り返します。これが、結構な急登で、さらに、ゲジゲジが道を占領していて、気持ちの悪いこと。結構汗をかき、やっとの事で、鈴蘭からの登山道との合流部まで登りました。

 林の中の尾根道は、始まった秋の装い。木漏れ日も気持ち良く、整備された道は歩きやすい。

 摩利支天のバス停へ出ると、道の周りは紅葉が進んでいる。山頂は生憎ガスの中。でも、そのガスの下には帯のように秋色が広がっている。青空も徐々に増えて。

 車道へ出て、また登山道へ入ってと繰り返し、冷泉小屋。と、追い抜いて行った自転車たちと、バスで来た写真塾の方々が、小屋の前で盛んにシャッターを押している。苔むした滝だった。これに、気を取られて、登山道を行きすぎていたので、少し戻る。

 位ヶ原山荘前の車道からは、紅葉した峰越しに山頂と青空が見える。お天気が回復している。今日乗鞍岳に来た人はラッキー。さて、我々が数時間後到着するまで、お天気は持つのか?

 コーヒーとクリームパンで腹ごしらえ。汗で失った塩分は相方が持ってきてくれた味噌で補充。水は山荘前の水場でいただく。なかなか、美味。カメラマンの方々が続々と立派なカメラを持って降りてくる。今年の紅葉は今ひとつと。

 いよいよ、位ヶ原の紅葉へ。開けた岩場から見る一面の紅葉が、陽に輝きを増していました。ちょっとだけれど、穂高も。ここで、ビデオをしばらく撮ってました。満足。

 沢沿いを肩の小屋口まで進む。小さくなった大雪渓ですが、まだスキーをやっている人が。車道を歩いて紅葉を楽しむ方々がたくさんいました。

 この辺りからは、いつも空気の薄さで登りのつらさが倍増。肩の小屋が遠く感じます。でも、高度を増すと眼下に広がっていく紅葉のパッチワークがなんとも言えない。山頂方向に広がる、帯状のハイマツもみごとで、縁取るナナカマドやすぐ目の前の草紅葉が光を浴びると輝きます。

 肩の小屋は相変わらず賑やか。シャリバテで山頂まで持ちそうにないので、おにぎりとソイジョイを。

 ここからは、畳平からのたくさんの観光客と合流して登る。皆さんの足取りの軽いこと。スニーカーでひょいひょいと行く人も多数。小さいお子さんも多数。

 団体を追い抜いて、上がる息。稜線は相変わらずの強風。でも、ユニクロのウルトラライトパーカーで十分でした。カルデラ池が見え、岐阜県側にも雲海が広がる。山々の眺望は悪いけど、乗鞍高原側の紅葉は相変わらずキレイ。

 山頂の鳥居をくぐる。参拝も標識での記念撮影もわりとすんなりとできました。社務所の裏で、お昼休み。立ち上がろうとしたところ、両腿がつりそうに。こんなことは初めて。焦る。冷えと脱水か?しかし、動き出したら復活。

 山頂で過ごしている間に、穂高連峰が雲の間に浮かぶ。そして、南アルプス、八ヶ岳も見えました。
松本の街もなぜか見える。

 下りは比較的テンポ良く降りられ、調べておいた2時のバスを目指す。以前の乗鞍では1時間遅くに出発して、同じバス。三本滝へ寄ったり、紅葉に見とれる時間が長すぎたかも。

 たしか、畳平へは車道を歩いて行くより、お花畑の木道へ降りる道を行った方が近かったはず。相方が足がつりそうと立て直しを図って急ぐので、最後に疲れました。

 14:05バスが出発。山頂はだいぶ曇ってきて窓にも雨が当たるものの、車窓からは紅葉が十分に楽しめました。この時期車道を歩いた方が紅葉を楽しめるのかもしれないと思いました。

 湯けむり館で上品に白濁した湯につかり、疲れを癒した後、一ノ瀬牧場のソフトを食べに行ったら、営業を終了しており、帰りがけに見つけたペンションテンガロンハットのバームクーヘン工房ヤムヤムツリーでラングドシャ濃厚ソフトを頂いて帰りました。

 上高地方面から来た、救急車が島々までずっと前を走っていました。

 ガスでもしょうがないと覚悟した乗鞍岳は、思いがけず紅葉と青空で出迎えてくれ、いい一日でした。
訪問者数:314人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ