ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 968532 全員に公開 ハイキング妙高・戸隠・雨飾

雨飾山へ 大網登山口より周回

日程 2016年09月25日(日) [日帰り]
メンバー furuhiro
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
小谷温泉・湯峠経由 湯峠からダート林道6km程 大網登山口 駐車場有
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間50分
休憩
50分
合計
7時間40分
S大網登山口06:4007:10前沢梯子08:40西尾根08:5009:40雨飾山10:1010:30笹平11:20荒菅沢11:50ブナ平12:20雨飾キャンプ場登山口12:3013:10湯峠14:20大網登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<往路>
 4:50 安曇野穂高発 小谷温泉 湯峠経由
 6:30 大網登山口着
<復路>
14:30 大網登山口発 平岩経由 林道つながっていた
16:40 自宅着
コース状況/
危険箇所等
特に問題ない 
山頂への最後除き、西尾根まで草刈りがされていた
その他周辺情報小谷温泉 姫川温泉 小谷道の駅にも日帰り温泉あり

写真

湯峠から雨飾山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯峠から雨飾山
大網の登山道から
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大網の登山道から
前沢から西尾根への登り始めの梯子
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前沢から西尾根への登り始めの梯子
朝日岳・風吹山方面か
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳・風吹山方面か
西尾根に出る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西尾根に出る
栂海新道・明星山方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栂海新道・明星山方面
手前大渚山 戸隠方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前大渚山 戸隠方面
1
鬼ヶ面山・日本海方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼ヶ面山・日本海方面
3
雨飾山山頂方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨飾山山頂方面
紅葉はもう1週間後くらいか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉はもう1週間後くらいか
青海黒姫山方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青海黒姫山方面
大渚山・戸隠・堂津方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大渚山・戸隠・堂津方面
稗田山崩れ 八方尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稗田山崩れ 八方尾根
1
最後の険しい登り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の険しい登り
笹平・焼山・山頂には人がいっぱい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹平・焼山・山頂には人がいっぱい
あともう一歩で山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あともう一歩で山頂
山頂付近から振り返る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近から振り返る
1
山頂から笹平・焼山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から笹平・焼山
2
大網コースには誰もいなかったのに
雨飾山山頂は人の波
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大網コースには誰もいなかったのに
雨飾山山頂は人の波
山頂から日本海方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から日本海方面
青梅黒姫山方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青梅黒姫山方面
1
焼山・金山・天狗原山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼山・金山・天狗原山
1
山頂を振り返る
大網コースと対照的に渋滞中の登り
下るのにかなり待つ時間があった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂を振り返る
大網コースと対照的に渋滞中の登り
下るのにかなり待つ時間があった
1
笹平から焼山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹平から焼山
笹平から雨飾山山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹平から雨飾山山頂
キャンプ場登山口 満車状態
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場登山口 満車状態
湯峠からまだ長い林道を下る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯峠からまだ長い林道を下る
明星山・青梅黒姫山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明星山・青梅黒姫山
雨飾山を見上げる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨飾山を見上げる
1
湯峠から1時間
大網登山口に戻る
もう1台軽トラが止まっていた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯峠から1時間
大網登山口に戻る
もう1台軽トラが止まっていた

感想/記録

2016(平成28年)9月25日(日)

雨飾山へ 大網登山口より周回コース

「大網より ぐるっと一周 雨飾」

35年前、小谷に住む知人の方に案内されて
大網登山口より雨飾山を登っている。
私が山登りを始めて
燕・飯縄・岩菅山 4番目に登った山になる。
そして今回で山スキーも含めて7度目の雨飾山となる。

大網登山口からの山行は35年前それ以来となる。
記憶にあるのは山頂付近のお花畑の美しかったことだ。
今回は花は期待できないが、
雨飾キャンプ場へ下山して
大網登山口まで林道を歩き周回するという目的を持った。

湯峠から大網登山口までは、長いダートの林道を6km程車で下った。
車でも長いこと長いこと
あまりにも長かったので登りに時間がかかった場合には
周回を諦めようとも考えた。

大網登山口は、標識もしかりしていてすぐに分かった。
駐車場も草刈りがされていて10台近くは止められる。
雨飾山登山口とあるが、焼山への登山口ともなっているようで
注意事項が書かれていた。
焼山へ行くとなるとかなりの距離、時間だろうと思いながら
雨飾山目指して登り始めた。

雨が続いているためかかなりじっとりとして道もぬかるんでいた。
沢の水を警戒していったが
入山直後と前沢の徒渉は全く問題なく渡ることができた。
前沢を渡った直後の長い垂直の梯子にはびっくり!
ここを起点に西尾根へのジグザグの急登が始まった。
足元の草、笹などはきれいに伐採されていて登りやすかった。
急登の途中には小広場もあり展望が効くところもあり
ホッと一息つくことができた。

西尾根に出ると日が差し込み
雨飾の山頂を太陽に向かい見ることができ、
鬼ヶ面山と日本海
雲がかかる北アルプス方面の山々が見渡せた。
目の前には大渚山も見下ろすことができた。

最後の急登は岩場になり
草木も生い茂り登り難さがあった。
両脇が切れ、足元が良く見えない
さらに下りのことを考えちょっとスピードが速かったのか
足に乳酸がたまり動きが鈍くなってしまった。
何とかそれでも最後注意深く登り山頂へと着くことができた。

山頂は人の波!
大網コースは全く誰もいない静かな登りだったが、
にぎやかな団体、ツアーの人達でごった返していた。
昔は静かな山だったのにと思いつつ、
人気の出る山であることには違いないと思う。

名前がまず良い!「あまかざり」響きがいい。
登り易い。キャンプ場から登れば全く問題ない。
360度の展望!
北アルプス・日本海 山と海の展望!これは良い。
笹原の美しさ。笹平
沢の美しさ。荒菅沢の布団菱
ブナの癒し。ブナ平辺りは幹の太いブナがたくさん見られる。
魅力いっぱいの雨飾山だ。
人が波のように押し寄せるのも当たり前だと山頂で考えてみた。

下山は雨飾キャンプ場登山口へ向かった。
笹平へ下るのに渋滞!
登る人下る人が多い時間帯だったのもあり
殊に山頂から笹平までの急下降では
歩いているよりも待つ時間が長かった。

山では待つこと、人に合わせるということも大事なことだ。
危険を回避する、安全という面からすると、
急ぐこと、焦ること、人より先にと考えることは、
禁物と考えている。
人気のある山、狭いルートでのすれ違いでは譲ることを
最優先に考えている。
安全で楽しい山には欠かせない自分の中のルールとしている。
まあ、当たり前のことだが。
最近この点を無視して山に入る人がいるようで危険を感じている。

いつもならばキャンプ場の駐車場に着けば
後は車に乗り帰るだけだが、
今日はここからが長かった。

特に湯峠までのコンクリートの緩やかな登りには
へとへとになった。
足にも負担がかかっているのが分かった。
痙攣しないように、膝など痛くならないように注意をした。

湯峠から先は未舗装の下りだけだ。
こちらの方が距離的・時間的には長かったが、
比較的スムーズに下ることができた。
大網の登山口が見えた時にホッとするものがあった。

目的にした大網登山口からの周回が達成できた。
途中でピストンも考えたのだが、
最初の計画を実行できたこと、
つまらないことだが達成感を味わうことができた。

帰りの林道は湯峠に戻らずに平岩へと抜けた。
春先だと鍵のかかっているゲートも開いていて
平岩の集落が見えた時には別世界から帰ったような気にもなった。

今シーズン長野県の天気予報では(全国的だが)
雨マークが続き、唐松岳以来10日ぶりの山となった。
計画している山に登れず残念だが、
山は逃げて行かない天気を待つしかない。

ふるちゃん
訪問者数:339人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ