ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 968535 全員に公開 ハイキング奥秩父

瑞牆山(撤退)金峰山 テント泊

日程 2016年09月24日(土) 〜 2016年09月25日(日)
メンバー azkuma, その他メンバー3人
天候1日目 曇りのち雨 2日目 晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路
韮崎駅バス停
↓バス2,060円
みずがき山荘前バス停
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間26分
休憩
2時間1分
合計
3時間27分
Sみずがき山荘10:2011:09富士見平小屋12:4212:59瑞牆山・八丁平分岐13:0613:07桃太郎岩13:2113:24瑞牆山・八丁平分岐13:3113:47富士見平小屋
2日目
山行
6時間54分
休憩
3時間18分
合計
10時間12分
富士見平小屋05:3406:21鷹見岩分岐06:2306:34大日小屋06:3507:07大日岩07:2008:23砂払の頭08:4808:55千代の吹上08:5909:04金峰山小屋分岐09:1409:38五丈石09:5910:02金峰山10:1410:16五丈石10:2410:42金峰山小屋分岐10:5310:58千代の吹上11:0811:13砂払の頭11:2912:54大日岩12:5613:28大日小屋13:3813:46鷹見岩分岐13:4714:19富士見平小屋15:1115:46みずがき山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道に水たまり、泥濘あり。
その他周辺情報クララ館クララの湯 820円 
バスの運転手さんから100円割引券もらえました。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

富士見平小屋。バス停からここまで意外と急なところがありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見平小屋。バス停からここまで意外と急なところがありました。
今回もドームシェルター。柔らかい土でペグがよくききます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回もドームシェルター。柔らかい土でペグがよくききます。
3
桃太郎石まで散歩。瑞牆山が見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桃太郎石まで散歩。瑞牆山が見えました。
徒渉。水が豊富で透き通っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徒渉。水が豊富で透き通っています。
1
桃太郎石の先の鎖場。ここで雨が降ってきたので撤退決定。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桃太郎石の先の鎖場。ここで雨が降ってきたので撤退決定。
2日目は金峰山へ。朝焼けの南アルプス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目は金峰山へ。朝焼けの南アルプス。
大日小屋。水場は沢の水。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日小屋。水場は沢の水。
鎖場。足掛かりたくさん。降るときは鎖を使いました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場。足掛かりたくさん。降るときは鎖を使いました。
大日岩からの眺め。南アルプスの山々。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岩からの眺め。南アルプスの山々。
八ヶ岳に雲がかかっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳に雲がかかっています。
かわいいきのこ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かわいいきのこ
1
富士山もくっきり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山もくっきり
2
稜線から見える富士山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線から見える富士山。
2
金峰山への稜線。ここから山頂まで続くガレ場は、私には怖かったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金峰山への稜線。ここから山頂まで続くガレ場は、私には怖かったです。
1
振り返ると歩いてきた稜線が。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると歩いてきた稜線が。
2
山頂の五丈石。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の五丈石。
1
山頂から富士山も。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から富士山も。
金峰山山頂。ここから戻ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金峰山山頂。ここから戻ります。
みずがき山荘。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みずがき山荘。

感想/記録
by azkuma

複数人でのテント泊山行。
前回の尾瀬と違って、今回は各自がそれぞれのテントや食料を背負って行く最近流行りのスタイルです。

1日目は瑞牆山の予定でしたが、天気が崩れて雷の確率も高かったため、雨が降ってきた時点で引き返しました。今度は晴れた日に来てみたいです。

2日目は、朝から快晴でした。
稜線に出てからは、富士山はもとより、八ヶ岳、南アルプスの山々の素晴らしい景色を眺めながら歩くことができて、とても良かったです。
山頂からの展望もかなり良く、さすが百名山だなぁと思いました。

ただ、高所恐怖症なので稜線にずっと続くガレ場は精神的にキツかったです。
帰りは少し慣れてきた気がしましたが、みんな普通に登り降りしているのがすごいなぁと思いました。

今回、帰り道の途中で、久しぶりに腰に鋭い痛みが。
揉んでみましたが、段差を降りる度に痛みが再発してしまいました。
同行の方が荷物を持ってくださり、鎮痛剤と湿布でなんとか下山。
同行の皆さんには本当にご迷惑おかけしました。

腰痛の原因は、前夜に雨が降っていたので、テント内でずっと座って過ごしていたことだと思います。
次回から雨のときは、テント内では寝転がるようにします。

【テントの覚え書き】
20時外気温9℃
夜中テント内14.8℃
明け方テント内13.7℃
登山服に#2シュラフ、ヒートテックタイツ、薄手フリース、薄手ダウンで夜中少し暑い
入口メッシュを少し空けておいたら朝、結露なし

【テン場の覚え書き】
斜めのところが多い
ペグ効きやすい土
ペグ代わりの動かせる石あり
女子トイレは洋式ぼっとん、紙無し、一室

ザック重量 9.5kg
訪問者数:300人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ