ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 968619 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

まわれる小屋は全部巡る 麦草峠から天狗岳〜硫黄岳

日程 2016年09月24日(土) [日帰り]
メンバー goldengate
天候晴時々曇のちに雨(涙)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
麦草峠駐車場
割ときれいなトイレあり 登山届は麦草ヒュッテで提出
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間19分
休憩
1時間47分
合計
12時間6分
Sスタート地点06:2306:23麦草峠駐車場06:25麦草ヒュッテ06:2608:15中山展望台08:2708:48中山峠08:55黒百合ヒュッテ09:2310:20東天狗岳10:2510:39西天狗岳10:4410:59東天狗岳11:0011:16根石岳11:1711:23根石岳山荘11:3011:58オーレン小屋12:0513:04硫黄岳13:1413:36山彦荘13:4814:22根石岳山荘14:49東天狗岳14:5015:25中山峠16:27にゅう16:3617:30青苔荘17:3217:45白駒荘17:5118:26麦草ヒュッテ18:29麦草峠駐車場18:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
※GPSログはヤマプラからダウンロード
・デジイチ持ちながらのハイクなので、歩きづらさ&写真撮影過多で歩みが遅い。
・特に前半にのんびりし過ぎて後半焦る結果になってしまった。
・復路の中山峠あたりで雨が強くなってきたのでレインウェアー着用。
・タイムの見積が甘く最後はヘッデン歩きとなってしまった
コース状況/
危険箇所等
●ルートの大半を占める苔と原生林はとても美しいのだが、雨天が続いた泥道は歩きづらく、濡れた石と根が多いのでスリップ注意。

●天狗の奥庭〜東天狗岳:ごーろごろの岩の連続。ガスで見通し悪いとルートロスの危険あるかも。

●東天狗岳〜にゅう:岩が多くて思いのほか苦労した。中山峠からにゅうまでのルートで目印が少しわかりづらい所がある


その他周辺情報八峰の湯 ¥500
http://www.yahho-onsen.jp/

写真

朝の駐車場。多くの方は既に出発済み(汗)
2016年09月24日 06:23撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝の駐車場。多くの方は既に出発済み(汗)
1
まずは1つ目の山荘『麦草ヒュッテ』。まだ営業前。
2016年09月24日 06:25撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは1つ目の山荘『麦草ヒュッテ』。まだ営業前。
4
長雨の後で艶やか。期待通りの”苔ワールド”の始まり始まり
2016年09月24日 06:35撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長雨の後で艶やか。期待通りの”苔ワールド”の始まり始まり
3
濡れた岩とドロドロ道で凄く歩きづらい(一日中悩まされることになる)...でも”原生林”&”苔ワールド”は本当に美しいです。
2016年09月24日 06:54撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濡れた岩とドロドロ道で凄く歩きづらい(一日中悩まされることになる)...でも”原生林”&”苔ワールド”は本当に美しいです。
2
2つ目の山荘『高見石小屋』。テラスが素敵。名物の揚げパンは営業前で叶わず。手作り望遠鏡が有名。高見石に上がるのを失念...
2016年09月24日 07:27撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2つ目の山荘『高見石小屋』。テラスが素敵。名物の揚げパンは営業前で叶わず。手作り望遠鏡が有名。高見石に上がるのを失念...
2
泥水と丸太。随所でアスレチック気分が味わえます!
2016年09月24日 07:31撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
泥水と丸太。随所でアスレチック気分が味わえます!
3
そして道が水没。
詰んだ...(と一瞬思いました)
2016年09月24日 07:32撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして道が水没。
詰んだ...(と一瞬思いました)
3
まだまだ続くよ”苔ワールド”
2016年09月24日 07:36撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ続くよ”苔ワールド”
4
苔...何度も見とれて歩み進まない
2016年09月24日 08:00撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔...何度も見とれて歩み進まない
2
そしてまた、
詰んだ...(と一瞬思った2回目)
2016年09月24日 08:09撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてまた、
詰んだ...(と一瞬思った2回目)
2
展望が開けた!
2016年09月24日 08:15撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望が開けた!
3
麦草峠から向こうの北八の峰々
2016年09月24日 08:17撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麦草峠から向こうの北八の峰々
4
天狗岳方面も素晴らしい
2016年09月24日 08:20撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳方面も素晴らしい
3
さらに続くよ”苔ワールド”。相変わらず泥水だけど...
2016年09月24日 08:32撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに続くよ”苔ワールド”。相変わらず泥水だけど...
2
分岐毎に案内があって安心です。黒百合ヒュッテ目指します
2016年09月24日 08:48撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐毎に案内があって安心です。黒百合ヒュッテ目指します
1
水面に苔
2016年09月24日 08:52撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水面に苔
2
おお!憧れの『黒百合ヒュッテ』。3つ目の山小屋。
2016年09月24日 08:56撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお!憧れの『黒百合ヒュッテ』。3つ目の山小屋。
3
看板がおしゃれ
2016年09月24日 08:58撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
看板がおしゃれ
3
ストーブとハンモックがいい。準備で忙しくされているスタッフさん達。小心者の私は中で休憩させてもらうことに気後れしてしまう。
2016年09月24日 09:00撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ストーブとハンモックがいい。準備で忙しくされているスタッフさん達。小心者の私は中で休憩させてもらうことに気後れしてしまう。
2
嬉しくて初めて山バッジ買っちゃいました。
2016年09月24日 09:02撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
嬉しくて初めて山バッジ買っちゃいました。
1
先がまだまだあるのに長居し過ぎたようだ。さようなら『黒百合ヒュッテ』また来ます!
2016年09月24日 09:27撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先がまだまだあるのに長居し過ぎたようだ。さようなら『黒百合ヒュッテ』また来ます!
天狗の奥庭から岩ごーろごろ。難儀します。
2016年09月24日 09:42撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の奥庭から岩ごーろごろ。難儀します。
東天狗岳登頂。西天狗岳を望む。ガスってるけど行ってきます。
2016年09月24日 10:25撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳登頂。西天狗岳を望む。ガスってるけど行ってきます。
3
天狗岳最高峰に無事登頂。
2016年09月24日 10:41撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳最高峰に無事登頂。
6
西天狗岳山頂は人がいっぱい。こちらの方が広くて休憩しやすいしね。
2016年09月24日 10:42撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗岳山頂は人がいっぱい。こちらの方が広くて休憩しやすいしね。
3
そして東天狗岳を登り返す。
2016年09月24日 10:52撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして東天狗岳を登り返す。
東天狗岳から岩場を下って根石岳を目指す
2016年09月24日 11:08撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳から岩場を下って根石岳を目指す
根石岳を少し下りて4つ目の山小屋『根石岳山荘』
2016年09月24日 11:23撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根石岳を少し下りて4つ目の山小屋『根石岳山荘』
3
こちらにも素敵な看板があった
2016年09月24日 11:25撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらにも素敵な看板があった
1
水場をお聞きしたところ、室内にありました。
2016年09月24日 11:27撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場をお聞きしたところ、室内にありました。
1
こじんまりとしていますが”ザ・山小屋”といった感じのテイストですね
2016年09月24日 11:28撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こじんまりとしていますが”ザ・山小屋”といった感じのテイストですね
1
ここから一旦森に入ってまた『苔ワールド』復活!でも少し飽きてきたかも...
2016年09月24日 11:50撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから一旦森に入ってまた『苔ワールド』復活!でも少し飽きてきたかも...
5つ目の山荘『オーレン小屋』
2016年09月24日 11:58撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5つ目の山荘『オーレン小屋』
2
目の前の沢でビールとかジュース冷やしてた
2016年09月24日 11:58撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目の前の沢でビールとかジュース冷やしてた
2
室内は小奇麗で広い
2016年09月24日 11:59撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室内は小奇麗で広い
1
売店も充実
2016年09月24日 11:59撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
売店も充実
2
ここから硫黄岳への登りがきつかった。『苔ワールド』は相変わらず続く。
2016年09月24日 12:10撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから硫黄岳への登りがきつかった。『苔ワールド』は相変わらず続く。
1
登り切れば南八ヶ岳の荒々しい山容がどーん!!
2016年09月24日 12:46撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切れば南八ヶ岳の荒々しい山容がどーん!!
硫黄岳山頂までのラストスパート
2016年09月24日 12:48撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳山頂までのラストスパート
1
約一年ぶりの硫黄岳はガスと暴風の世界...さむいです
2016年09月24日 13:04撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
約一年ぶりの硫黄岳はガスと暴風の世界...さむいです
1
折り返しゴールなので一応記念写真
2016年09月24日 13:09撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
折り返しゴールなので一応記念写真
6
お約束の爆裂火口
2016年09月24日 13:13撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お約束の爆裂火口
1
硫黄岳から下ると夏沢ヒュッテの青い屋根が見えた
2016年09月24日 13:25撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳から下ると夏沢ヒュッテの青い屋根が見えた
本日6&7つ目の山小屋『山びこ荘』『夏沢ヒュッテ』(写真失念)が並ぶ。それぞれ経営母体が違う
2016年09月24日 13:36撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日6&7つ目の山小屋『山びこ荘』『夏沢ヒュッテ』(写真失念)が並ぶ。それぞれ経営母体が違う
4
動物好きにはたまらない『山びこ荘』
2016年09月24日 13:37撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
動物好きにはたまらない『山びこ荘』
1
天気が下り気味で少々薄暗い室内。でも落着いた雰囲気
2016年09月24日 13:38撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気が下り気味で少々薄暗い室内。でも落着いた雰囲気
根石岳山荘分岐まで戻った。また根石岳登る
2016年09月24日 14:18撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根石岳山荘分岐まで戻った。また根石岳登る
そして、また東天狗岳登る
2016年09月24日 14:37撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、また東天狗岳登る
東天狗岳山頂から「ありがとう南八ヶ岳の峰々よ」
2016年09月24日 14:49撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳山頂から「ありがとう南八ヶ岳の峰々よ」
1
時間と天候がやばいけどまだ先は長い。この後の中山峠まで岩が多くて嫌らしかった
2016年09月24日 14:51撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時間と天候がやばいけどまだ先は長い。この後の中山峠まで岩が多くて嫌らしかった
中山峠からまた『苔ワールド』。そして泥水&濡れた石...
2016年09月24日 15:53撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山峠からまた『苔ワールド』。そして泥水&濡れた石...
マリオに出てきそうな立派なキノコ。食べたら1UP(いや1DOWNだな)
2016年09月24日 15:59撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マリオに出てきそうな立派なキノコ。食べたら1UP(いや1DOWNだな)
6
よせばいいのに『にゅう』まで来ちゃった
2016年09月24日 16:36撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よせばいいのに『にゅう』まで来ちゃった
1
『にゅう』の岩場からは断崖絶壁
2016年09月24日 16:33撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
『にゅう』の岩場からは断崖絶壁
1
薄暗くなってきた『にゅうの森』(実際はもっと暗い)。徐々に心細くなってくる
2016年09月24日 16:56撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄暗くなってきた『にゅうの森』(実際はもっと暗い)。徐々に心細くなってくる
1
ここまで来て一安心
2016年09月24日 17:12撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで来て一安心
2
やっとやっと白駒池に着いたぁ〜薄暗い森歩きが長かった
2016年09月24日 17:20撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとやっと白駒池に着いたぁ〜薄暗い森歩きが長かった
2
ここまで来たら池をぐるっと回って『青苔荘』も寄ります!
2016年09月24日 17:23撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで来たら池をぐるっと回って『青苔荘』も寄ります!
1
この辺りの『苔ワールド』も凄かった。白駒池駐車場から近いので是非お薦めですね。
2016年09月24日 17:25撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りの『苔ワールド』も凄かった。白駒池駐車場から近いので是非お薦めですね。
1
8つ目の山荘『青苔荘』
2016年09月24日 17:31撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8つ目の山荘『青苔荘』
3
美しい夕焼けの白駒池をご覧ください
2016年09月24日 17:41撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい夕焼けの白駒池をご覧ください
5
こちらもどうぞ
2016年09月24日 17:45撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらもどうぞ
6
9つ目ラストは『白駒荘』。中では宿泊者さん達が夕食をされてました。
2016年09月24日 17:45撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9つ目ラストは『白駒荘』。中では宿泊者さん達が夕食をされてました。
4
予定時間を大幅オーバーで反省点も残るが、疲労と達成感で感無量
2016年09月24日 17:49撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予定時間を大幅オーバーで反省点も残るが、疲労と達成感で感無量
3
麦草峠までメルヘンロード(車道)を歩けば良いものを山道を選択。一気に暗くなってヘッデン歩き。しかも途中から木道がなくなって最後もマッドロードに...
2016年09月24日 18:06撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麦草峠までメルヘンロード(車道)を歩けば良いものを山道を選択。一気に暗くなってヘッデン歩き。しかも途中から木道がなくなって最後もマッドロードに...
1
戻ってきました麦草ヒュッテ。お疲れ様でした
2016年09月24日 18:26撮影 by Canon EOS Kiss X6i, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻ってきました麦草ヒュッテ。お疲れ様でした
1
今回の戦利品
2016年09月28日 02:39撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の戦利品
3
撮影機材:

感想/記録

もうすぐ紅葉シーズン。色々と行きたい山々はあるのだが、ピークはもう一週間ほど後だろうと高を括っていた(実際のところは今週ピークの山多かったようだ)。最近は高山での稜線歩きが続いたので、緑溢れる原生林歩きがしてみたくなった。それならば、緑があるうちに北八ヶ岳に行こうと思い立つ。

もののけが現れそうな”苔ワールド”の北八ヶ岳。昨年南八ヶ岳を縦走した時、硫黄岳から眺めた緑の山域に想いを募らせた。今回はその縦走したルートをさらに繋いでみようと思う。

そして、八ヶ岳には数多の素敵な山小屋が点在する。レコやテレビで見た山小屋をできる限り巡ってみようとも考えた。


◆今回も惑わされた「てんくら」
いつも参考にしている「てんきとくらす」。2日間の山行を計画していたのだが、土壇場になって天気予報が変わる。先回の日帰り2DAYSの時も随分と惑わされた。色々と悩んだ挙句、取りあえず土曜日の北八ヶ岳はOkそうなので出発。

当初の予定では、稲子湯から『しらびそ小屋』『本沢温泉』を経由して硫黄岳登頂。その後天狗岳、中山、白駒池、にゅうを経由して稲子湯に戻るという周回コースを考えていた。しかし、うだうだ悩んで到着が遅れたので麦草峠から硫黄岳のピストンに変更。こちらの方がコースタイムが若干短い。

そういえば...
メルヘンロードを上がって麦草峠駐車場で少し仮眠したのだが、道中鹿が何匹も飛び出してきて焦った。夜間通る場合は要注意です。



◆今回のお楽しみ1:もののけ姫の苔ワールド!
今回のコースの大半が原生林の”苔ワールド”。長雨が続いたおかげで艶やかな緑がとても美しい。あまりの想像を絶する風景に、無駄打ちシャッターを押しまくるド素人フォトハイカーの私。結果なかなか歩みを前に進めることができなかった。後から確認すると何と300枚以上も写真撮っていた(ええ、その大半はゴミ箱行きでしたけど)。

さすがは”もののけ姫の世界”と言われるだけのことはある。今までにも苔の美しい山道は幾つかあったけど北八はBESTだ。ちょっと事前に調べたところでは、ここには485種類もの苔が生息するらしい(まぁその辺の違いは良く分かりません)。苔の量も圧倒的で”苔の絨毯”なるものを十二分に堪能できる。

少々ロマンチックな言い回しをすれば...ひとたびこの地に踏み入れば、まるで神秘とおとぎの世界に迷い込んだかのようである(ありきたりの表現しかできません)。何ともせちがない世の中、社会の垢に塗れ汚されてしまおうとも、きっとここに来れば最高の浄化装置でリフレッシュしてくれることでしょう。

ちなみにこんな団体もあるようですYO
『北八ヶ岳苔の会』http://www.kitayatsu.net/



◆今回のお楽しみ2:巡る巡る素敵な山小屋たち!
もう一つの目的が小屋を巡る山行。雄大なアルプスにも沢山の素敵な山小屋が存在するが、こじんまりとした何とも趣ある山小屋が八ヶ岳には多いと思う。今回のルートでは9つの小屋を巡ることができた。OneDayハイクでこの数はなかなか凄いのではなかろうか。

各々の山小屋の感想を少し。

★麦草ヒュッテ http://www.mugikusa.com/index.html
営業前だったので中を拝見することはできなかった。通年営業だし冬の季節に訪れるハイカーも多いのであろう。


★高見石小屋 http://www.yatsu-akadake.com/index.html
テラスのある山小屋。こちらも営業前で名物の揚げパンGETできず。手作り望遠鏡がありイベントも盛り沢山。高見石からの眺望はGOODらしいが、今回失念してスルー(涙)。ここも通年営業。


★黒百合ヒュッテ http://www.kuroyurihyutte.com/
今回もっとも楽しみにしていた山小屋。”くろゆりひゅって”という名前を初めて聞いた時から「なんて素敵なお名前...」と中年の乙女心はくすぐられた。その後、テレビやレコで見るたびに募る思い。今回やっと念願叶いました。スタッフさんが忙しそうに準備をされていたので、中に入ることに気後れしてしまい小屋の前をウロウロ。きっと怪しい不審ハイカーに映ったろうな...そいうえば不審そうな目でスタッフさん達が見ていたような気がする。結局勇気を出して室内を隠し撮り(さらに怪しい)して、山で初めて記念バッジまで購入してしまった。


★根石岳山荘 http://www004.upp.so-net.ne.jp/iou/neishi/neishi.html
根石岳と箕冠山の鞍部にある山小屋。本館と新館の2棟並んで建っている。小屋の前で巻き割していた若者スタッフに「水場ありますか?」と尋ねたところ「建物(新館)の中にあります」と案内された。親切で感じが良かった。新館は思いのほか綺麗で水洗らしきトイレもこちらにあった。旧館はザ・山小屋の雰囲気でいい感じ。


★オーレン小屋 http://www.o-ren.net/
大きな山小屋。目の前には綺麗な沢が流れていて、ビールやらジュースやらが冷やされていた。HPなども拝見したが、ちょっとした旅館みたいな充実ぶり。何かイベントをやるのでしょうか、ギター担いだ初老の方が登って来られてた。沢山のハイカーさんが小屋の前で食事などされたいて賑やかしい感じ。


★ヒュッテ夏沢 http://www.yatsugatake.gr.jp/natuzawa.html
たしか営業してなかったような気がする。山びこ荘と並んで建ってる。こちらは八ヶ岳山荘グループ。


★山びこ荘 http://www.yamabikosou.com/
小屋でモモンガやヤマネがほぼ毎日見られる動物好きにはたまらない山小屋。室内のランプも素敵。こちらもザ・山小屋といったテイストで好印象。以前テレビで放映されていたのを観たので、本物の小屋を訪れること叶って嬉しかった。勇気出して小屋の方にお尋ねすれば、昼間でも動物たちにも出会えたのだろうか?ちなみにこちらは本沢温泉グループ。


★青苔荘 http://www.kitayatsugatake-seitaisou.com/
そこそこ広いテント場が隣接。観光地にある茶屋っぽい雰囲気。


★白駒荘 http://yachiho-montblanc.com/shirakoma/index.html
白駒池のほとりにある情緒ある山小屋(というよりは茶屋&山荘っぽい)。到着した時はちょうど夕食の時間だったようで、池に面した大きな窓ガラスから中が丸見えだった。山荘前にはベンチがあってボートも繋がれていた。池を見ながらのティータイムはいいでしょうね。


他にも個性豊かな山小屋が八ヶ岳にはある(”遠い飲み屋”とか”傾いた小屋”とかね)ので、機会があったらまた巡ってみたいものだ。



◆楽しかった...でも悪戦苦闘の連続だった今回の山行
今回は標高約2100mの麦草峠から標高2760m硫黄岳への折り返しピストン。単純な標高差なら660mほどなので距離はあっても楽勝だろうと思っていた。さらに”北八ヶ岳は初心者向き”との情報を信じて少々舐めていた。実際のところはそれほど甘くなかったのである。

第1の悪戦苦闘は、その景観の美しさの反面、一日中精神的に疲労させられた泥水と濡れた石の連続。泥水を避けられないような箇所には丸太が置かれており、ちょっとしたアスレチック気分も味わう。でも、絶対に落ちるわけにはいかないので軽い緊張が何度も走る。途中、完全に池と化したところもあって「あっ、詰んだな...」と一瞬思ったくらいだ。

第2の悪戦苦闘は、岩ごーろごろ地帯。具体的には天狗の奥庭〜東天狗岳、東天狗岳〜中山峠あたり。特に前者がきつかった。岩大好きっ子にはたまらないかもしれないが、先を急ぐ私には飛び石歩行は面倒だった。

第3の悪戦苦闘は、STOP&GOが多すぎてペース調整がおかしなことになった事。これは自業自得なのだが、苔が綺麗すぎて何度も立ち止まって愛でてしまう。そして山小屋に着く度に小休止。今回は苔と小屋巡りが大きな目的なのでもちろんOKなのだが、そのしわ寄せはハイペース歩きで補うことになる。前述のような登山道状況なので、頑張った割には大した短縮にはつながらなかった。

まだまだあります第4の悪戦苦闘は、ずばり天候不良。最初は晴間も見えていたが、徐々に天候悪化。ガスと強風が吹き荒れる場面もあり、最後にはレインウェアを着る羽目になった。最初は短パンで行こうとしていたが、スタート直前に思い直して長ズボンにして本当に良かった。無論、この日短パン野郎は皆無。先回の山行までは暑さでヒイヒイ言っていたのに、この変わりようにはちょっと体調崩されたかもしれない。

最後の悪戦苦闘は、薄暗い森が薄気味悪くて何度も周囲を確認してしまうチキンぶり。よせばいいのに最後に「にゅう」経由のコースを選択してしまった。中山峠からにゅうへの分岐辺りでハイカーさんも多くなり、雨も小降りになっていた。そこで気を大きくしてしまい無理してしまった。にゅうへの登山道は途中から少々目印が分かりづらくなり、暗い闇が森を覆い始める。樹林帯での日暮れは思いのほか早く訪れることは分かっていたはずなのに...。美しかった”もののけ姫の世界”がおどろおどろしい”リアル物の怪の世界”に変化して行く。不安と心細さが心を蝕むし、強風が木々を揺らすたびに森が生きているようで何とも言いがたい雰囲気だった。

...とまぁ色々重なって最後はヘッデン歩きになってしまった。スタート事態も遅かったとはいえ、こんなにもタイムを見余ったのは久方ぶりのことだ。



◆最後はあとがき
各峰の山頂の展望がイマイチだったし、悪戦苦闘の愚痴もダラダラと書いた。でも、とても充実した楽しい山行だったので十分満足している。

実のところ2日目も北八ヶ岳を予定していた。今度は麦草峠から茶臼山、縞枯山、北横岳を経由して最後は蓼科山で折り返し。復路は稜線の東側のお池巡りをしながら麦草峠に戻る周回コース。「これで北八ヶ岳制覇だぁ」といきたかったのだが、一日中原生林と苔ワールドを歩き続け少々飽きてしまった。しかも、明日もあの泥水との格闘があるかと思うとうんざり。

「明日はまったく違う山容を歩きたい!!」との強い欲望から3時間以上も車を飛ばし、なんと富士山に向かうという疲れ知らずの中年ソロハイカーであった。

その後結局のところは、
道の駅『朝霧高原』で力尽き富士宮口まではたどり着けなかった...








訪問者数:332人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/7/6
投稿数: 412
2016/9/28 7:27
 なるほど…
北八の小屋巡りとは…さすがっ!…目のつけどころが違いますね
…小屋ごとに撮影休憩してたらそりゃ時間もかかりますわなぁ…

北八は冬がいいと思っていますが、苔ワールドもいいですね。
とくに雨降りなんか…写真好きにはたまらんでしょう。
ちなみに…
わたしの泊まったことがあるのは高見石小屋だけ。この春に。
(白駒荘に泊まりたかったけど、たまたまお休みだった)
あと、黒ユリで幕営したなぁ…。
北八ってロマンテックです…白駒池でテント張ったら楽しそう…。

…力つきてるのに、富士山は登れるのかなぁ…
登録日: 2014/2/4
投稿数: 375
2016/9/28 20:33
 ナイスプラン!
こんばんは。
この様な企画は好きです!
前回の恵那山のように中々思いつかないコースや、
今回の小屋巡りなんて発想が面白いです。
私も北八は歩いた事ないんで、苔ワールド体験してみたいな。
計画するときは、山行前に雨が降っていないことを条件にします。
次も楽しいプラン期待していますよ!
今回もログは頂きました。
登録日: 2014/10/17
投稿数: 163
2016/9/29 5:03
 Re: なるほど…
akakiriusagi さん こんにちは

そうなんです...
道中苔の写真撮りまくり、
小屋寄る毎に室内確認したりしてたら時間かかりました
スタートも遅いし完全に舐めていましたね。

北八と言えば冬山の登竜門的なイメージありますよね。
でも、
この地域の苔は世界的にも有名らしいですよ。

akakiriusagi さんのおっしゃる通り、
北八は何となくロマンチックな感じしますよね。
せかせか歩かず、
のんびり風景に浸りながら歩くべき所なのでしょうね

高見石小屋に泊まられたようですが、
揚げパンは食べたのかなぁ
登録日: 2014/10/17
投稿数: 163
2016/9/29 5:20
 Re: ナイスプラン!
rupmoさん こんにちは

Onedayハイクばかりの私なので、
山小屋にちょっと憧れみたいなものを持っているのかもしれません。
特に北八の森にたたずむ山小屋には素敵なイメージを持っていました。

今回立ち寄った軒数が多すぎて、
のんびりする間がなかったのが悔やまれます。
まぁこの計画を立てた時点で分かっていたことですけど
北八はもっとゆったりと歩くべき所なのでしょうね...

拙い写真では伝わらないと思いますので、
他のフォトハイカーさんのㇾコを参考にしていただきたいです。
写真より何百倍も美しい苔ワールドですので、
是非行ってみてください
登録日: 2012/12/21
投稿数: 20
2016/9/29 11:54
 いいところですね
先日NHKのにっぽん百名山という番組で八ヶ岳がやってたのですが、ここら辺も歩いていたと思いました。
ここの麦草峠とからへんはコケが凄い綺麗らしくて素晴らしいなと思っていました。
苔ワールドってホント綺麗ですね。
そして全山小屋制覇もなんか面白いですね。 
しかし 凄い距離を1日で歩かれたんですね。 しかもぬかるみや滑りそうな感じの所は怖くて歩きにくいからそれが続くと嫌になってしまいますね。
さらには、また富士山に登ろうってそういう気分になるとは恐れ入りましたw
登録日: 2014/10/17
投稿数: 163
2016/9/29 15:33
 Re: いいところですね
meucoracaoさん こんにちは

「にっぽん百名山」私もいつも観てます。
八ヶ岳は何故か録画失敗していて北八ヶ岳の部分のみでした

原生林と苔は本当に神秘的で美しかったです。
森にたたずむ小屋も素敵でした。
もしよければ是非行ってみてください。
私の拙いレコよりも
meucoracaoさんの動画の方が素晴らしさも伝わると思いますしね

少々歩きづらい点を強調し過ぎましたね
もともとウェットな所だとは思いますが、
今回は台風やら長雨やらで特別酷かったのではないかと思います。
危険個所は少ないルートですのでご安心ください。
登録日: 2015/6/29
投稿数: 84
2016/9/29 21:03
 北八小屋巡り!
お疲れ様です!めっちゃ楽しそうな山行ですねー!
まさかメインが山小屋になるとは思いませんでした!
でも八ヶ岳全体が山小屋多いからできる楽しい山行ですね!
わたしもこのコースは一度チャレンジしてみたいです(二日かかりそうですが。。。)
またレコ楽しみにしてますね〜(*´▽`*)
登録日: 2014/10/17
投稿数: 163
2016/9/30 1:16
 Re: 北八小屋巡り!
matako0530さん こんにちは

おっしゃるとおり
北八だからこその山行だったと思います。

このルート歩かれる際には、
私のようにせかせか歩かず
ゆったり堪能されることをお勧めしますよ

こちらもmatako0530のレコ拝見してます。
当初は木曽駒も候補にありました。
一応今週末あたり木曽駒と考えていましたが、
天気も怪しいし紅葉もイマイチとのこと...
どうしようかなぁ

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ