ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 968629 全員に公開 沢登り九州・沖縄

川辺川の源流を訪ねて、国見岳

日程 2016年09月25日(日) [日帰り]
メンバー tiny-knight, その他メンバー29人
天候晴れ、曇り
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
五家荘、樅木、平家の里
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間50分
休憩
1時間50分
合計
8時間40分
S樅木登山口07:3008:10五勇谷ゲート08:50旧登山口09:5009:40源流橋12:30源流点13:1013:30国見岳13:4015:30新登山口16:00樅木登山口16:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
団体歩行で、ほぼコースタイムと思う
コース状況/
危険箇所等
登りは人のあまり歩かない渓流で、渡渉、高巻きなど注意箇所もある、下りは良く歩かれた登山道で危険個所はない
その他周辺情報五家荘の歴史ある観光名所や、渓谷・滝・吊橋など山深い自然が沢山
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

久し振りに、五家荘へ入りました、訪れたのは「栴檀(せんだん)轟の滝」、豪快です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久し振りに、五家荘へ入りました、訪れたのは「栴檀(せんだん)轟の滝」、豪快です
こちらは、菅原道真ゆかりの由緒ある仁田尾の「左座家(ぞうざけ)」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは、菅原道真ゆかりの由緒ある仁田尾の「左座家(ぞうざけ)」
民宿に前泊し早朝出発です、車の行ける最高点、「五勇谷ゲート」から暫く林道を歩き始めます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
民宿に前泊し早朝出発です、車の行ける最高点、「五勇谷ゲート」から暫く林道を歩き始めます
途中、新・旧登山口を通過します、ここは下りてくる「新々登山口」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、新・旧登山口を通過します、ここは下りてくる「新々登山口」
ここが入渓点です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが入渓点です
良く見てください、ここは谷の合流点です、左が「ヒガエリ谷」、右が登って行く「マタロク谷」です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良く見てください、ここは谷の合流点です、左が「ヒガエリ谷」、右が登って行く「マタロク谷」です
2
この様な大木や岩の多い渓谷、道なき道を歩いて行きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この様な大木や岩の多い渓谷、道なき道を歩いて行きます
1
流れに沿って、なるべく水に入らないルートを選びながら歩きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
流れに沿って、なるべく水に入らないルートを選びながら歩きます
2
沢靴を準備しましたが、全員が用意している訳でないので、このようなところは左へ「高巻き」します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢靴を準備しましたが、全員が用意している訳でないので、このようなところは左へ「高巻き」します
1
緑、一色です、苔むした木々
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑、一色です、苔むした木々
2
何回渡渉したでしょうか・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何回渡渉したでしょうか・・・
2
数え切れません・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数え切れません・・・
1
皆さん、列を組んで登ります、先頭と最後尾は九州の脊梁に詳しいガイドさんが付いています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皆さん、列を組んで登ります、先頭と最後尾は九州の脊梁に詳しいガイドさんが付いています
キレンゲショウマ、シカの食害でどこもなくなっていますが、渓谷の断崖には残っています(花が終わって実が付いている)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレンゲショウマ、シカの食害でどこもなくなっていますが、渓谷の断崖には残っています(花が終わって実が付いている)
2時間以上登って、上流では水量が減り細り、歩き易くなります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2時間以上登って、上流では水量が減り細り、歩き易くなります
約3時間、渓流を登って尾根が見えるころ、「源流点」に到着です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
約3時間、渓流を登って尾根が見えるころ、「源流点」に到着です
2
岩の下端から、水がしっかりと流れ出ています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の下端から、水がしっかりと流れ出ています
1
源流点で昼食をとり、稜線の縦走路(平家山〜国見岳)へ出て・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
源流点で昼食をとり、稜線の縦走路(平家山〜国見岳)へ出て・・・
国見岳の頂上が見えました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国見岳の頂上が見えました
国見岳頂上です、標高1739m、熊本県最高峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国見岳頂上です、標高1739m、熊本県最高峰
3
天主山の方向ですが・・・、ガスでよく見えません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天主山の方向ですが・・・、ガスでよく見えません
向坂山の方向だと思いますが・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向坂山の方向だと思いますが・・・
奥の奥は祖母の方向?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の奥は祖母の方向?
一方、南の方向は小国見(おぐるみ)、その奥に・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一方、南の方向は小国見(おぐるみ)、その奥に・・
白鳥山、上福根山の方向のはずですが・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白鳥山、上福根山の方向のはずですが・・・
下山します、見たことのない瑠璃色の実、沢蓋木?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山します、見たことのない瑠璃色の実、沢蓋木?
下る尾根筋で振り返ると、幻の滝が見えるというのですが、焦点が手前の木・葉に合って、後ろはピンボケ・・、すみません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下る尾根筋で振り返ると、幻の滝が見えるというのですが、焦点が手前の木・葉に合って、後ろはピンボケ・・、すみません
旧登山口との分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧登山口との分岐
この急勾配の杉植林地を過ぎると、間もなく新々登山口に着きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この急勾配の杉植林地を過ぎると、間もなく新々登山口に着きます
林道へ戻って、五勇谷の橋から見た五勇谷の渓流
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道へ戻って、五勇谷の橋から見た五勇谷の渓流
着きました、出発点のゲートです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着きました、出発点のゲートです

感想/記録

 九州の脊梁地図などを発行している「ECO九州ツーリスト」の企画案内がメールで入った。「川辺川の源流を訪ねる」というもので、これまで五家荘を基点に渓流釣りや登山で親しんできた九州の脊梁(宮崎と熊本の県境)のイベントであり、また新しい試みで興味がわいた。
 脊梁は山地図にないバリエーションルートもたくさんあるようだが、迷い込んだら大変。このツアーでまた新しい魅力を見つけてみたいと参加してみた。
 沢歩きは初めてで、水量が心配であったが、準備した沢靴を使うことなく、登山靴で渓谷の自然を楽しむことができた。
 
訪問者数:265人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ