ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 968797 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

谷川岳(西黒尾根→天神平)

日程 2016年09月25日(日) [日帰り]
メンバー oreshio
天候雲が多めながらも、晴れ。気温・湿度ともに高い
アクセス
利用交通機関
電車ケーブルカー等
▼行き
板橋5:04ー(赤羽・高崎・水上のりかえ)ー8:33土合
※水上駅から関越交通バスで谷川岳ロープウェイまで行くほうが15〜20分程度に早く着きます。バスの土合駅前の通過は8:38なので、土合駅でのバス接続は限りなく厳しいです。(昔は土合駅からでもバスに乗れたんだけど。。。)

▼帰り
天神平ー(谷川岳ロープウェイ 片道1230円)ー土合口
土合18:18ー板橋
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間7分
休憩
47分
合計
6時間54分
S土合駅08:5009:20西黒尾根登山口09:2710:20道標のある小ピーク11:15ラクダのコブ手前の展望地11:2011:55ラクダのコル12:0213:09ザンゲ岩13:1013:33谷川岳(トマノ耳)13:5714:02谷川岳・肩の小屋14:0315:00熊穴沢避難小屋15:0115:24天神平・天神峠分岐点15:33天神尾根・田尻尾根分岐点15:3415:44天神平G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●西黒尾根
・予想したよりも道は乾いていました。
・ラクダのコルの鎖場、特に下から2つめは滑りやすいうえに足場の確保が難しいです。下りで使うのは絶対に自信のある人のみ。
・ラクダのコルから上の岩稜帯は以前よりもペンキ印が増え、ルートがわかりやすくなりました。

●天神尾根
・肩の小屋発は14時でしたが、下りは鎖場・ロープ場を中心にやや渋滞気味。足場の悪い下りでの無理な追い越しは絶対にやめましょう。追い越したい場合は必ず声を掛け合って。
・熊穴沢避難小屋〜天神平は相変わらず整備状態のよくない木道が滑りやすく、特に雨天時は危険。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

土合駅。
水上駅からE129系に乗るのは初めてでしたが、2両編成のため、4両編成だった115系時代より車内が混雑しています。紅葉シーズンに入ると土合までは座れないこともありそう。
2016年09月25日 08:50撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土合駅。
水上駅からE129系に乗るのは初めてでしたが、2両編成のため、4両編成だった115系時代より車内が混雑しています。紅葉シーズンに入ると土合までは座れないこともありそう。
西黒尾根の登山口に到着。
天気はまずまず晴れていて、よい登山日和になりました。
2016年09月25日 09:24撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西黒尾根の登山口に到着。
天気はまずまず晴れていて、よい登山日和になりました。
1
水場。最近になって樋とカップが設置され、水場として整備されたようです。(以前はなかったと思います)
降雨直後などはこの水場の直下の登山道はひどいぬかるみになります。
2016年09月25日 09:35撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場。最近になって樋とカップが設置され、水場として整備されたようです。(以前はなかったと思います)
降雨直後などはこの水場の直下の登山道はひどいぬかるみになります。
雲が多めで日差しは弱いですが、とにかく湿度が高くて蒸し暑い。
2016年09月25日 09:45撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が多めで日差しは弱いですが、とにかく湿度が高くて蒸し暑い。
道標のある小ピーク。ここまで1時間弱できているので、自分のペースとしてはまずまず。
2016年09月25日 10:19撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標のある小ピーク。ここまで1時間弱できているので、自分のペースとしてはまずまず。
アキノキリンソウ。
ほかに西黒尾根下部で見た花は、よくわからないシソ科っぽい地味な奴とか、よくわからないキク科の何かくらい(超いい加減)。
2016年09月25日 10:48撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アキノキリンソウ。
ほかに西黒尾根下部で見た花は、よくわからないシソ科っぽい地味な奴とか、よくわからないキク科の何かくらい(超いい加減)。
樹林帯を脱出。ここまで2時間を切っているので自分としては合格点のペース。
2016年09月25日 11:14撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を脱出。ここまで2時間を切っているので自分としては合格点のペース。
いつものように、天神平を眺めながら軽く休憩。ラクダのコブの鎖場に備えます。
2016年09月25日 11:13撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつものように、天神平を眺めながら軽く休憩。ラクダのコブの鎖場に備えます。
2
鎖場突入。
今日は底の柔らかい靴で行ったので、非常に登りづらかった。やはり岩場では底の硬い靴を履くべきだと実感。
2016年09月25日 11:30撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場突入。
今日は底の柔らかい靴で行ったので、非常に登りづらかった。やはり岩場では底の硬い靴を履くべきだと実感。
1
山頂方面は少しガスがかかっています。
午後はところにより雷雨との予報でしたが、まだ雷雨の気配はありません。
2016年09月25日 11:34撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂方面は少しガスがかかっています。
午後はところにより雷雨との予報でしたが、まだ雷雨の気配はありません。
2
ウメバチソウ。
森林限界より上では、リンドウ(多め)、トリカブト(少な目)なども咲いていました。
2016年09月25日 11:38撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウメバチソウ。
森林限界より上では、リンドウ(多め)、トリカブト(少な目)なども咲いていました。
ラクダのコブ2つ目の鎖場。登山靴でつるつるに磨かれた岩はすべってなかなか大変でした。
2016年09月25日 11:42撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラクダのコブ2つ目の鎖場。登山靴でつるつるに磨かれた岩はすべってなかなか大変でした。
1
湯桧曽川対岸の白毛門・笠ヶ岳・朝日岳方面。
2016年09月25日 11:49撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯桧曽川対岸の白毛門・笠ヶ岳・朝日岳方面。
2
ラクダの背。ここで一旦鎖場は終了。
2016年09月25日 11:50撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラクダの背。ここで一旦鎖場は終了。
ガレ沢のコルに何とか昼前に到着。ペースが落ちてきました。
2016年09月25日 11:56撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ沢のコルに何とか昼前に到着。ペースが落ちてきました。
ガレ沢のコルからも厳しい岩場が続きます。ようやくトマの耳が近づいてきました。
2016年09月25日 13:19撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ沢のコルからも厳しい岩場が続きます。ようやくトマの耳が近づいてきました。
1
天神尾根には人の列。紅葉シーズンはこんなんじゃないですよ!
2016年09月25日 13:20撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神尾根には人の列。紅葉シーズンはこんなんじゃないですよ!
3
トマの耳到着13:32着(写真の時刻とは異なります)。
過去最速よりも20分ほど遅い。それしても疲れた。
2016年09月25日 13:52撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トマの耳到着13:32着(写真の時刻とは異なります)。
過去最速よりも20分ほど遅い。それしても疲れた。
3
主脈の縦走は、今年も無理かなあ。
2016年09月25日 13:36撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主脈の縦走は、今年も無理かなあ。
1
天神平方面
2016年09月25日 13:53撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神平方面
茂倉〜一ノ倉〜オキの耳。
オキの耳の西側斜面はだいぶ赤く色づいてます。
2016年09月25日 13:55撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉〜一ノ倉〜オキの耳。
オキの耳の西側斜面はだいぶ赤く色づいてます。
4
天神尾根の下り。オオカメノキ(?)の葉が色づき始め。この先天神平までは人が多すぎて写真どころではありません。
2016年09月25日 14:20撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神尾根の下り。オオカメノキ(?)の葉が色づき始め。この先天神平までは人が多すぎて写真どころではありません。
天神平到着。
写真は笠ヶ岳〜朝日岳〜白毛門。この景色を見て「漢字の山になっている」と言った子どもさん、いい感性してますね。
2016年09月25日 15:44撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天神平到着。
写真は笠ヶ岳〜朝日岳〜白毛門。この景色を見て「漢字の山になっている」と言った子どもさん、いい感性してますね。
2
同じく天神平からの谷川岳。
予定では田尻沢を下るつもりでしたが、疲労が激しくお
となしくロープウェーのお世話になりました。ロープウェーは待ち時間もなくすぐに乗れました。来週以降はそうもいかないでしょう。
2016年09月25日 15:59撮影 by SH-06E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく天神平からの谷川岳。
予定では田尻沢を下るつもりでしたが、疲労が激しくお
となしくロープウェーのお世話になりました。ロープウェーは待ち時間もなくすぐに乗れました。来週以降はそうもいかないでしょう。

感想/記録

恒例の谷川岳・西黒尾根。
計画立てるのが面倒な時に、体力チェックを兼ねて登るのにちょうどいい山です。
体力チェックという意味では登り4時間10分は概ね想定内(ほぼコースタイム通り)。だけど天神尾根の下りでペースが乱れ、熊穴小屋からのトラバースでバッタリ足が動かなくなってしまいました。
下山は予定の田尻沢(田尻尾根ではない)をパスしてロープウェーで。

7年前の記録:
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-48726.html
を見たら、このころってオキの耳まで行って田尻沢を歩いて16時半に下山してるんですよね。この頃は人並みには体力あったんだよなあ。
訪問者数:138人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ