ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 968983 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

蓼科山

日程 2016年09月24日(土) [日帰り]
メンバー mitty206, その他メンバー4人
天候晴れのち霧
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち43%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
先週の大雨で崩落箇所あり

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ ロープ

写真

登山口は駐車場からわずかに下ったところにあります。ヴィーナスラインの途中から登ります。
2016年09月24日 07:20撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口は駐車場からわずかに下ったところにあります。ヴィーナスラインの途中から登ります。
ササの中をしばらくは登らずに平行移動
2016年09月24日 07:31撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ササの中をしばらくは登らずに平行移動
日本庭園のようなところを急登していきます。
2016年09月24日 08:00撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本庭園のようなところを急登していきます。
後ろを見ると展望が開けます。場所によっては赤岳や硫黄岳は見えます。
2016年09月24日 08:26撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろを見ると展望が開けます。場所によっては赤岳や硫黄岳は見えます。
山というか寺院の中を歩いている気分。といっても急登です。
2016年09月24日 08:34撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山というか寺院の中を歩いている気分。といっても急登です。
ずいぶん前に崩落した跡でしょうか。もともとの登山道はここを通ってたみたいです。
2016年09月24日 09:06撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずいぶん前に崩落した跡でしょうか。もともとの登山道はここを通ってたみたいです。
最後の難関はこの岩場。岩と岩の間に物が落ちたら二度ととれそうにありません。
2016年09月24日 10:04撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の難関はこの岩場。岩と岩の間に物が落ちたら二度ととれそうにありません。
頂上周辺はわりとフラットです。
2016年09月24日 10:15撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上周辺はわりとフラットです。
あいにくの霧で頂上からの展望はゼロ。そして寒いので将軍平に向かいます。
2016年09月24日 10:19撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あいにくの霧で頂上からの展望はゼロ。そして寒いので将軍平に向かいます。
山小屋まできました。ロープウェイからきた方々で混んでいます。
ここでお湯を沸かしてコーヒーをいただきます。
2016年09月24日 11:15撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山小屋まできました。ロープウェイからきた方々で混んでいます。
ここでお湯を沸かしてコーヒーをいただきます。
当然のごとく周回コースで帰りますが、道がわかりづらく沢下りのような様相です。早めに下山しないと遭難しそうな場所です。
2016年09月24日 11:57撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
当然のごとく周回コースで帰りますが、道がわかりづらく沢下りのような様相です。早めに下山しないと遭難しそうな場所です。
ササも深く、ところにより踏み跡も少なく、おまけに雨が降ると確実に滝になりそうな道もあります。
2016年09月24日 12:29撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ササも深く、ところにより踏み跡も少なく、おまけに雨が降ると確実に滝になりそうな道もあります。
このコケ、屋久島の白谷雲水挟よりも感動しました。かなりの広範囲がコケにおおわれています。
2016年09月24日 12:45撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このコケ、屋久島の白谷雲水挟よりも感動しました。かなりの広範囲がコケにおおわれています。
水もキレイで屋久島に来たと勘違いするくらいです。
2016年09月24日 12:54撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水もキレイで屋久島に来たと勘違いするくらいです。
撮影機材:

感想/記録

5人で登ったので時間はかかりましたが、下山コースはパーティでよかったと思えるコースでした。落ち葉や腐葉土で形成されたツリーホールが多数あり、木のそばを歩くときは自然の落とし穴に注意が必要です。また増水時は厳しそうです。
訪問者数:149人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 崩落 ロープウェイ 遭難
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ