ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 968985 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥武蔵

伊豆ヶ岳〜子の権現〜大高山〜天覚山縦走

日程 2016年09月17日(土) [日帰り]
メンバー ralick
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車
登り口は正丸駅、下り口は西吾野駅

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間50分
休憩
20分
合計
10時間10分
S正丸駅10:0010:20伊豆ヶ岳登山口11:10正丸峠11:3011:50小高山12:00五輪山12:30伊豆ヶ岳12:50古御岳13:30高畑山13:50中ノ沢ノ頭(イモグナノ頭)15:00子の権現16:20東郷公園御嶽山第一駐車場17:50大高山19:20天覚山20:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
子の権現からスラギへ道がわからず、一度吾野駅まで下山しました。
コース状況/
危険箇所等
雨の直後だったため、伊豆ヶ岳の男坂はすごく滑ります。
吾野駅から大高山へはお寺の裏を通るため迷うかもしれません。
その他周辺情報夜下山したため直帰しました。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
長袖シャツ 1
Tシャツ 1
ズボン 1
靴下 1
防寒着 1
雨具 1
日よけ帽子 1
1
ザック 1
ザックカバー 1
行動食 チョコレート
個人装備品
数量
備考
地図(地形図) 1
1
ヘッドランプ 1
予備電池 5
GPS 1
筆記用具 1
ファーストエイドキット 1
日焼け止め 1
携帯 1
時計 1
カメラ 2

写真

今回の登山口。
ここまで誰ともすれ違わず、若干不安に・・・
2016年09月17日 10:40撮影 by DSLR-A550, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の登山口。
ここまで誰ともすれ違わず、若干不安に・・・
沢歩きに近いコース。
何度も沢を横断するので防水のない靴は要注意。
2016年09月17日 10:42撮影 by DSLR-A550, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢歩きに近いコース。
何度も沢を横断するので防水のない靴は要注意。
1
伊豆ヶ岳名物、男坂の鎖場。
雨の後だったので異常に滑り、下山は危険かもしれないです。
(下りてきたおじさんが盛大に滑っていました。)
2016年09月17日 12:15撮影 by DSLR-A550, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊豆ヶ岳名物、男坂の鎖場。
雨の後だったので異常に滑り、下山は危険かもしれないです。
(下りてきたおじさんが盛大に滑っていました。)
2
シカを発見。
人慣れしているらしく、近づいても逃げませんでした。
種類がわかる人は教えてください。
2016年09月17日 14:51撮影 by DSLR-A550, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シカを発見。
人慣れしているらしく、近づいても逃げませんでした。
種類がわかる人は教えてください。
2
足腰守護で有名な子の権現(天龍寺)。
ここで山バッチが購入できます。
自販機があるので水分の補給にも。
2016年09月17日 15:06撮影 by DSLR-A550, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足腰守護で有名な子の権現(天龍寺)。
ここで山バッチが購入できます。
自販機があるので水分の補給にも。
大高山山頂。
ここで完全に日没。これより天覚山に向かいます。
2016年09月17日 17:44撮影 by DSLR-A550, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大高山山頂。
ここで完全に日没。これより天覚山に向かいます。
下山口の西吾野駅。
天覚山の沢道ルートはあまり人が通っていないらしく、若干荒廃しており、夜間下山時は道が見えないため行かないほうがいいです。
2016年09月17日 20:16撮影 by DSLR-A550, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山口の西吾野駅。
天覚山の沢道ルートはあまり人が通っていないらしく、若干荒廃しており、夜間下山時は道が見えないため行かないほうがいいです。
1
撮影機材:

感想/記録
by ralick

 前回の富士登山から一週間。暇な時間ができたので伊豆ヶ岳から天覚山まで縦走しました。

 今回は山に行こうと決めたのが、当日の朝と遅く、実際登山口の正丸駅に着いたのが10時くらいと微妙な時間でした。(これが失敗の始まり)正丸駅には登山客が多く、迷うことも少なかったのですがその人数は進むにつれて少なくなり、正丸峠への登山口に着いた頃には私一人という状態になってしまいました。このルートは人気がないのか不明ですが、自然豊か(ルートが若干不明瞭)だったのはいいのですが、スズメバチが飛び交っている箇所がありこの時期はあまりお勧めできないかもしれません。正丸峠目前にしてきつい階段があります。

 正丸峠に着いたのは11時過ぎできたがここで小休止を兼ねて昼食をとりました。茶屋は広くゆっくり食事をすることができます。(出てくるのは少々遅い気はしましたが。)昼食の後はいよいよ伊豆ヶ岳へ向かいます。正丸峠から伊豆が岳に向かうには、小高山、五輪山の二つのピークを越える必要があります。休日だったこともあり割と多くの人とすれ違いました。そして伊豆ヶ岳直前に今回のメインディッシュの男坂の鎖場があります。この鎖場は以前来たことがありましたが、雨の直後であったこともあり非常に滑る状態になっており、挑むのを少し躊躇しましたがせっかくなのでアタックしました。そもそも難易度の高い鎖場ではないので案外滑りながらも上ることができましたが、転落すると普通に死ぬ高さなので体力や技術に不安がある人は表示通り女坂に回ったほうが無難です。鎖場を登り切った岩の上の狭いスペースでどこかの夫婦がラーメンを作っていましたが安心して食べられるのでしょうか(笑)

 伊豆ヶ岳山頂はさすがに人が多く休憩できるスペースもなかったので今回はスルーして古御岳へ向かいました。この途中にあるしりもち坂の道は若干不明瞭で、武川岳へのルートのほうが人気だったように思えます。古御岳へのルートの途中に吾野駅に降りるルートがありましたが、今回はスルー。古御岳では初老のグループが休憩しているだけであまり人はいませんでした。

 この後、高畑山を通り中ノ沢ノ頭に向かいましたが、このピークは展望がないし何もないので、巻き道で回避してもよさそうです。この後天指目峠に向かいましたが、ここの休憩所は誰も使った形跡もなく汚かったので休憩はやめて先に進みました。このあたりになりほかの登山客が減り始め、孤立気味になってきて不安を感じましたが、次の子の権現(天龍寺)で売店や自販機があり人の気配に触れて安心しました。(超ビビりです)子の権現は言わずと知れた足腰守護のお寺で参拝したのち大高山に向かうべく、スラギへの道を探しました。
 
 しかしながらスラギへの道が見当たらなく、周囲をさまよったのちあきらめて吾野駅へ下山することにしました。(後でわかったのですが子の権現の駐車場付近に柵が途切れている場所がありそこが入り口のようです)くねくねと曲がった参道を折り切ると生活道につながっており、そこから舗装された道を歩き続けること1時間ほどで吾野駅に到着しました。
 
 吾野駅に着いたのが4時くらいだったので少し迷いましたが、大高山にここから上って予定コースに復帰することにしました。(これが悲劇への始まり)吾野駅から大高山へ登る道はお寺の裏を通る必要があり、こちらも表示はあるものの不明瞭に感じました。(そして一気に登るため非常につらい上り坂)これ以降「人」には誰にも会っていません。大高山に着いたのが5時30分と日没時間とほぼ等しく、ここから先はナイトハイクになりました。ナイトハイク自体には天体観測のため高尾山など手の行き届いた山に深夜上ることはたくさんありましたが、このようなあまり人気がなく長いコースを一人で歩いたのは初めてだったため、登ったことを後悔しながら天覚山に向かいました。

 しかし大高山から天覚山尾根は小さなアップダウンの多い山道で、途中で降りられる道も無く、一度登り始めると引き返すか天覚山から下山するしか選択肢が残されていないという状態でさらに四方から聞こえる動物の声が不気味で、熊のものらしき新しい糞が登山道に転がっていて非常にびびり、その後闇に光る眼を見かけたときには凍り付きました。(クマよけのすずを持っておらず)そんなこともありやっとの思いで天覚山山頂にたどり着き小休止を行った後、下山ルートを探しましたが、西吾野へのルートは少し山頂から下ったところにあるんですね・・・結構迷いました。
 
 下山ルートは尾根道と沢道の二つがありましたが、尾根道がバリエーションルートだったので沢道を選択。結果この選択も誤りだったとおもいます。沢道ルートはあまり人が通った形跡がなく(クモの巣が道を横断しているところが多数あり、登山道が隠れるほど生い茂った場所があった)滑りやすいそして急勾配だったためなんとか林道への合流点に到着。そこから先は意地を張らず林道を通って下山しました。

 無事下山はできましたが、経験者であっても夜間登山は危険きわまりないことを
身をもって知った一日でした。

【コース総評】
 今回のコース自体は低山であり、難易度が低い山の連続なので冗長な景色を我慢すれば特に危険なことはありません。運動不足の人にはちょうど良いのではないでしょうか。ただ時間管理だけはしっかりしましょう。低山とはいえ夜間単独登山は危険です。
訪問者数:103人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ