ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 969157 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

天狗岳(桜平から)

日程 2016年09月25日(日) [日帰り]
メンバー hekomuki(CL), その他メンバー1人
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
大月まで電車で移動、レンタカーを借りて、蓼科高原バラクライングリッシュガーデンのそばに前泊しました。

大月でレンタカーを借りると帰りも渋滞に巻き込まれないので楽チンです。

宿泊地から桜平までは30分ちょっとで到着。
ただし、唐沢鉱泉と桜平の分岐からは未舗装で、陥没している箇所や轍が深い部分があり、車高の低い車は底をこする可能性があります。

また、途中で渡渉する箇所があります。
細くてカーブした橋を渡るか、車で渡渉するか(川というか、コンクリートの道の上を水が流れています。)の2択を迫られます。
行きも帰りも橋を選択しましたが、脱輪しそうでちょっと怖かったです。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間54分
休憩
1時間24分
合計
7時間18分
S桜平06:0206:29夏沢鉱泉06:3707:15オーレン小屋07:2507:46夏沢峠07:5608:29箕冠山08:43根石岳08:5409:03白砂新道入口09:25東天狗岳09:3509:53天狗岳10:2610:45東天狗岳11:07白砂新道入口11:19根石岳11:2112:13オーレン小屋12:50夏沢鉱泉13:20桜平G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
よく整備されています。
白砂新道入口〜東天狗岳に幅の狭い岩場があります。
その他周辺情報大月駅のロータリーに面したお店で信玄餅クレープを売っています。
大月駅の中のニューデイズでも売っています。

小淵沢から茅野の周辺はお蕎麦屋さんがいっぱいありますが、昼の営業が15:00もしくは16:00までというところがほとんどなので帰りに寄る場合は要注意です。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

共同装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

この看板の左側の道を上がったところに駐車しました。
あまり上がると帰りに後悔します。
2016年09月25日 06:03撮影 by NEX-3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この看板の左側の道を上がったところに駐車しました。
あまり上がると帰りに後悔します。
最近雨が続いたせいか水量多め。
2016年09月25日 06:11撮影 by NEX-3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最近雨が続いたせいか水量多め。
オーレン小屋の発電機。
2016年09月25日 06:48撮影 by NEX-3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オーレン小屋の発電機。
夏沢峠に到着。
硫黄岳はほとんど見えません。
2016年09月25日 07:49撮影 by NEX-3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏沢峠に到着。
硫黄岳はほとんど見えません。
箕冠山方面もほとんど見えません。
2016年09月25日 07:51撮影 by NEX-3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箕冠山方面もほとんど見えません。
これはこれでいい雰囲気。
2016年09月25日 08:25撮影 by NEX-3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これはこれでいい雰囲気。
箕冠山から根石岳方面に降りてきました。
ここから左に進むと根石山荘。
うっすらと根石岳が見えます。
2016年09月25日 08:34撮影 by NEX-3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箕冠山から根石岳方面に降りてきました。
ここから左に進むと根石山荘。
うっすらと根石岳が見えます。
根石岳に到着。
何も見えません。
2016年09月25日 08:45撮影 by NEX-3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根石岳に到着。
何も見えません。
1
少し霧が晴れてきました。
まだ登るのか...
2016年09月25日 09:06撮影 by NEX-3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し霧が晴れてきました。
まだ登るのか...
2
あ、晴れてきた。
2016年09月25日 09:19撮影 by NEX-3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あ、晴れてきた。
東天狗岳。
2016年09月25日 09:19撮影 by NEX-3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳。
いきなりの高度感に若干戸惑います。
2016年09月25日 09:22撮影 by NEX-3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなりの高度感に若干戸惑います。
1
この網のところがボヨンボヨンするので、梁が入っているところを歩いた方が安心できると思います。
2016年09月25日 09:22撮影 by NEX-3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この網のところがボヨンボヨンするので、梁が入っているところを歩いた方が安心できると思います。
1
東天狗岳に到着。
2016年09月25日 09:25撮影 by NEX-3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳に到着。
1
西天狗岳。
2016年09月25日 09:25撮影 by NEX-3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗岳。
1
硫黄岳と赤岳が見えてきました。
2016年09月25日 09:28撮影 by NEX-3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳と赤岳が見えてきました。
1
東から西への移動中。
せっかく登ったのに降ります。
そして帰りはこれを登るわけです。
2016年09月25日 09:37撮影 by NEX-3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東から西への移動中。
せっかく登ったのに降ります。
そして帰りはこれを登るわけです。
西天狗岳に到着。
2016年09月25日 10:18撮影 by NEX-3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗岳に到着。
2
右から仙丈ケ岳、甲斐駒ケ岳、北岳、鳳凰三山。
2016年09月25日 09:57撮影 by NEX-3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右から仙丈ケ岳、甲斐駒ケ岳、北岳、鳳凰三山。
1
赤岳方面も雲がとれました。
2016年09月25日 10:27撮影 by NEX-3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳方面も雲がとれました。
1
西天狗岳から東天狗岳方面。
2016年09月25日 10:28撮影 by NEX-3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗岳から東天狗岳方面。
1
あちこちでカタバミを見かけたので4つ葉を探してみましたが、とうとう見つけられませんでした。
2016年09月25日 11:43撮影 by NEX-3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あちこちでカタバミを見かけたので4つ葉を探してみましたが、とうとう見つけられませんでした。
こんな感じの苔の密林があちこちにあります。
苔フェチの方にオススメ。
2016年09月25日 11:51撮影 by NEX-3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じの苔の密林があちこちにあります。
苔フェチの方にオススメ。
フサフサのミズゴケ。
2016年09月25日 12:25撮影 by NEX-3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フサフサのミズゴケ。
ここからはきのこギャラリー。
あちこちでいろいろ見かけました。
食べられそうなものもありましたが怖いのでやめときました。
2016年09月25日 08:16撮影 by NEX-3, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからはきのこギャラリー。
あちこちでいろいろ見かけました。
食べられそうなものもありましたが怖いのでやめときました。
1
撮影機材:

感想/記録

今さらですが南八ヶ岳デビュー。

オーレン小屋までは沢沿いに登山道があり、苔の森をひたすら登っていきます。
ほとんど同じような道ですが、夏沢鉱泉や発電機小屋等、ちょこちょこと目印があり、あまり飽きずに歩けます。
前日も雨だったようで、あちこちでキノコをたくさん見かけました。
オーレン小屋から先は沢からも離れて、静かな登山道に変わります。
夏沢峠、根石岳とも霧の中で、もはやどこを登っているのかわかりません。
根石岳から下ったあたりで霧が薄くなり、壁のような急登が姿を現します。
これが天狗岳か、と思っていたら、霧が消え、本物の天狗岳がその向こうに見えてきました。
東天狗に着くと、硫黄岳と赤岳が見えます。
このまま晴れているうちに西天狗へ行こう、ということでそそくさと移動。
西天狗に着くころにはさらに晴れてくれました。
蓼科山・北横岳、美ヶ原、仙丈ケ岳・甲斐駒ケ岳、北岳と各方面の景色を堪能しました。穂高や白馬岳の辺りだけ雲がかかっていてあまり見えなかったのが残念。
予報では午後から曇りとのことだったため、休憩もほどほどにして下山を開始。

桜平から凸凹の林道を戻り、唐沢との分岐に出たところで、いつも山にご一緒するAさんとT先生夫妻からメールが来ました。
「本日は硫黄岳に来てみました。そちらはどこかに出かけてるの?」

マジすか!すぐそばじゃん、というわけで妻が即電話。
茅野で合流しておそばをいただきました。

訪問者数:315人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 林道
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ