ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 969185 全員に公開 ハイキング九州・沖縄

南平家山-夫婦山-平家山・巨人の稜線

日程 2016年09月26日(月) [日帰り]
メンバー limited
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美里町-二本杉峠-葉木林道トゾノ谷橋
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間46分
休憩
1時間0分
合計
8時間46分
Sスタート地点07:1010:50南平家山10:5511:55夫婦山12:3313:51後平家山14:0614:33平家山14:3515:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

トゾノ谷橋の手前のこの谷から入る
直ぐに左へ作業道が分かれるがテープの続く沢身に入ってしまう
2016年09月26日 07:03撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トゾノ谷橋の手前のこの谷から入る
直ぐに左へ作業道が分かれるがテープの続く沢身に入ってしまう
1
丸太がグラグラで苔付きの不安な橋の傍を徒渉する
2016年09月26日 07:37撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸太がグラグラで苔付きの不安な橋の傍を徒渉する
3
二股の間の尾根がルート
左右の谷どちらも踏みあとが延びています
右の沢に入り中央の尾根に取付くというルート概念でしたが
尾根への取付き点が分からず急斜面を適当に這い上がる
2016年09月26日 07:56撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二股の間の尾根がルート
左右の谷どちらも踏みあとが延びています
右の沢に入り中央の尾根に取付くというルート概念でしたが
尾根への取付き点が分からず急斜面を適当に這い上がる
3
尾根まで延びていた作業道に飛び出しホットする
傍にかすれた道標がありやっとトレイルに取付く
2016年09月26日 08:44撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根まで延びていた作業道に飛び出しホットする
傍にかすれた道標がありやっとトレイルに取付く
3
1180m地点で右に明瞭なトレイルが沢に延びてますがこれを歩いてしまう!谷底の水流音が聞こえ間違いに気づき引き返す
トレイル左側に正しい分岐点のテープを発見!
2016年09月26日 09:38撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1180m地点で右に明瞭なトレイルが沢に延びてますがこれを歩いてしまう!谷底の水流音が聞こえ間違いに気づき引き返す
トレイル左側に正しい分岐点のテープを発見!
1
1300m地点でやっと自然林現る
2016年09月26日 09:48撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1300m地点でやっと自然林現る
急に脊梁らしい落葉高木の森を歩けた
森の住人達も侵入者に気付きざわつきだす
森中にアラートを響き渡らせた
2016年09月26日 09:50撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急に脊梁らしい落葉高木の森を歩けた
森の住人達も侵入者に気付きざわつきだす
森中にアラートを響き渡らせた
8
保口岳を確認
間もなく稜線ですがもはや定かでないトレイル
スズタケの密林に飛び込む
2016年09月26日 10:19撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
保口岳を確認
間もなく稜線ですがもはや定かでないトレイル
スズタケの密林に飛び込む
1
稜線から雁俣山と更にその延長線上に雲仙の山体を確認
2016年09月26日 10:29撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線から雁俣山と更にその延長線上に雲仙の山体を確認
3
南平家岳山頂です
稜線のスズタケが刈られたトレイルは更に南に延びていました
2016年09月26日 10:51撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南平家岳山頂です
稜線のスズタケが刈られたトレイルは更に南に延びていました
4
稜線を戻り正しいルートの取付きを確認
ここに出てくるのか
2016年09月26日 11:14撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線を戻り正しいルートの取付きを確認
ここに出てくるのか
1
ガスかかる国見岳
2016年09月26日 11:22撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスかかる国見岳
ガスがこちらにもやってきて霧雨となる
1431mピークを過ぎると激しい倒木帯が立ちはだかります
5m先に見えるレスキューポイントに5分で到達!
2016年09月26日 11:43撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスがこちらにもやってきて霧雨となる
1431mピークを過ぎると激しい倒木帯が立ちはだかります
5m先に見えるレスキューポイントに5分で到達!
2
倒木帯を通過すると天国のようなグリーンの尾根道現る
2016年09月26日 11:49撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木帯を通過すると天国のようなグリーンの尾根道現る
7
夫婦山の登りで両手を広げた巨人に迎えられる
2016年09月26日 11:58撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夫婦山の登りで両手を広げた巨人に迎えられる
4
夫婦山到着しました
2016年09月26日 11:59撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夫婦山到着しました
4
夫婦山の巨人達
2016年09月26日 12:01撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夫婦山の巨人達
4
おとなしい巨人たちに見下ろされ食料が支給される
野生の『きのこの山』付きw
2016年09月26日 12:06撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おとなしい巨人たちに見下ろされ食料が支給される
野生の『きのこの山』付きw
5
ここはいつまでもいたいと感じる雰囲気の良いピークでした
2016年09月26日 12:22撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはいつまでもいたいと感じる雰囲気の良いピークでした
4
京丈山
2016年09月26日 12:54撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京丈山
3
次々に巨人が現れ対応しきれません
2016年09月26日 12:56撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次々に巨人が現れ対応しきれません
1
合体したシナノキ
2016年09月26日 12:57撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合体したシナノキ
3
これが五家荘最大のミズナラですね!
2016年09月26日 12:59撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが五家荘最大のミズナラですね!
7
何か生まれそうなひめしゃら発見
誰か目玉を描きがちなターゲットですが
誰も来そうにない
2016年09月26日 13:02撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何か生まれそうなひめしゃら発見
誰か目玉を描きがちなターゲットですが
誰も来そうにない
4
なんのキャラだったかな
2016年09月26日 13:07撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんのキャラだったかな
3
スタバやマックがありそうな横丁を横目で流す
2016年09月26日 13:32撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタバやマックがありそうな横丁を横目で流す
2
アフリカゾウでした
2016年09月26日 13:33撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アフリカゾウでした
3
京丈山への主稜線
2016年09月26日 13:41撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京丈山への主稜線
1
やらせはなかった
2016年09月26日 13:45撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やらせはなかった
6
国見岳山頂の社を確認できました
2016年09月26日 13:49撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国見岳山頂の社を確認できました
1
根こそぎ倒れ
2016年09月26日 13:51撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根こそぎ倒れ
ばんざ〜いw
2016年09月26日 13:53撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ばんざ〜いw
5
京丈山〜雁俣への尾根
2016年09月26日 13:56撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京丈山〜雁俣への尾根
2
前回ここまで来ました
山頂はもうすぐの筈
2016年09月26日 13:57撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回ここまで来ました
山頂はもうすぐの筈
1
手りゅう弾を踏みそうになった!
2016年09月26日 14:03撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手りゅう弾を踏みそうになった!
4
後平家山に到着!
2016年09月26日 14:04撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後平家山に到着!
1
でハウスプレゼンツ!
下降開始します
2016年09月26日 14:07撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でハウスプレゼンツ!
下降開始します
1
京丈山へのトレイルの目印は火の鳥です
2016年09月26日 14:13撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京丈山へのトレイルの目印は火の鳥です
1
ETを見かける
2016年09月26日 14:17撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ETを見かける
3
山頂というか尾根の一角の平家山三角点
ここで京丈山トレイルを見送りトゾノ谷橋へ
2016年09月26日 14:34撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂というか尾根の一角の平家山三角点
ここで京丈山トレイルを見送りトゾノ谷橋へ
2
トゾノ谷橋側の斜面は無残な焼け跡
平成26年の山林火災では自衛隊が消火活動に係る災害派遣要請を受け地上と空中消化活動が行われたという
2016年09月26日 14:37撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トゾノ谷橋側の斜面は無残な焼け跡
平成26年の山林火災では自衛隊が消火活動に係る災害派遣要請を受け地上と空中消化活動が行われたという
3
焼け跡から国見岳
2016年09月26日 14:38撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼け跡から国見岳
3
烏帽子岳
2016年09月26日 14:38撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岳
2
京丈山稜線越しに熊本市内を見下ろす
2016年09月26日 14:44撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
京丈山稜線越しに熊本市内を見下ろす
1
五家宮岳
2016年09月26日 14:46撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五家宮岳
1
フライキャッチャーです
2016年09月26日 14:57撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フライキャッチャーです
8
カラマツの斜面
2016年09月26日 15:09撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カラマツの斜面
夫婦山の大小屋谷側も植林が迫ってます
2016年09月26日 15:22撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夫婦山の大小屋谷側も植林が迫ってます
地元の方です
ちゃんと衣替えしてる
2016年09月26日 15:22撮影 by DSC-HX400V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地元の方です
ちゃんと衣替えしてる
7
平家山登山口へ急下降
2016年09月26日 15:40撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平家山登山口へ急下降
しっかりした橋を渡り
2016年09月26日 15:47撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しっかりした橋を渡り
そのままウガンダw
2016年09月26日 15:56撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのままウガンダw
2
そして最後に徒渉できれば
2016年09月26日 16:00撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして最後に徒渉できれば
無事登山口に到着
2016年09月26日 16:04撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事登山口に到着
ここでお会いした廣永氏御夫人に柿をいただいた
美味しかったです
ありがとうございました
2016年09月26日 16:11撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでお会いした廣永氏御夫人に柿をいただいた
美味しかったです
ありがとうございました
5

感想/記録

yamaumihitoさんに紹介された夫婦山の稜線をやっと歩くことができました
大勢の巨人に挨拶できて大満足です(*'▽')
yamaumihitoさんが紹介されたナンバリングされた個性的な巨人にも何人か逢うことができ感激です!
トゾノ谷橋から南平家山へのルートは取付きから迷いルートミスが続きいきなりロスト(*_*;
なにより事前の予習不足が原因です
不用意に沢に取付き無駄に危ない徒渉、へつり、高巻きを行っていました
幸い何事もありませんでしたが反省しました(._.)

平家山から降りてきて林道終点でテントを設営されていた廣永氏は登山ガイドブック
『九州の山歩き 南部編』で五家荘エリアを執筆されており 登山道の整備や目印の設置の為、訪れられていました 自ら執筆したルートが荒れて判りづらい状態にあることは申し訳ないという氏の責任感の強さに感銘を受けました (*'▽')
本日の道迷いをお話しすると沢の入口から直ぐ左に延びる作業道を登れば自分が藪から這い上がった所に出るということでした
そしてここから直接、夫婦山に登る尾根ルート(たぶんyamaumihitoさんが使っているルート)も分かりにくいので今度テープをつけておくと言われました(*''▽'')
偶然にもリスペクタブルな方に出会えた!



訪問者数:195人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/6
投稿数: 603
2016/9/29 22:43
 平日の脊梁で凄い偶然ですね。
冬行かれてる人でも少し迷われてましたし
やはり分かりづらいんですね
それにしても巨人達にも
ウコンの力にも驚きました

limitedさんもウガンダですか…
gachapinaさんに感謝ですね。
登録日: 2011/10/11
投稿数: 158
2016/9/30 0:25
 Re: 平日の脊梁で凄い偶然でした。
おっきーさんこんばんは!
すみません ついウガンダを勝手に使ってしまいました
今後も使用許可お願いいたします (サガン鳥栖も申請しておきますw)
初めて来る登山口は不安だらけですが取付きが分からず無駄に危ない沢渡ったりした後に立派な林道に合流したりするとなんか恥ずかしい表情の自分が可愛くなりますね(^^;)
夫婦山の巨人たちと目が合うと話しかけられて先に進めませんでした 次々と現れ困りました
後半は伏し目がちに巨人の傍をすり抜けるのでした
ウコンの力を飲んだ後どんな力だったのかいまだにわかりませんw
下山して偶然お会いしたH氏はつい最近も五勇谷ゲートからの国見岳(三つ目の登山口コース)や烏帽子岳コースの判りにくい箇所を整備されたようです!

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ