ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 969216 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走十和田湖・八甲田

紅葉シーズン到来!「八甲田山」(日本百名山)[酸ヶ湯温泉から周回]

日程 2016年09月25日(日) [日帰り]
メンバー Joker72
天候曇り一時晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
酸ヶ湯温泉にある公共の無料駐車場を利用。
駐車スペースは100台以上ある広さでしたが、昼の時間帯のため満車で、駐車場の隅に寄せて駐車。
駐車場には、トイレやインフォメーションセンターがあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間14分
休憩
21分
合計
3時間35分
S酸ヶ湯公共駐車場11:5512:41地獄湯ノ沢12:58仙人岱(八甲田清水)13:01八甲田大岳・小岳・仙人岱 分岐13:23鏡沼13:29八甲田大岳13:4313:58大岳鞍部避難小屋14:0214:27毛無岱分岐14:35上毛無岱休憩所14:3814:50下毛無岱休憩所15:12城ヶ倉分岐15:30酸ヶ湯公共駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
酸ヶ湯登山口11:55⇒仙人岱12:58⇒大岳13:29
[標準CT 2:15(70%)]

大岳13:43⇒大岳避難小屋13:58-14:02⇒酸ヶ湯登山口15:30
[標準CT 2:20(76%)]


※本日のペース:標準CTの70〜76%程度です。
コース状況/
危険箇所等
★登山道整備度:4.5(良5・4・3・2・1悪)階段や木道、鎖等の整備度
★体力難易度 :2(難5・4・3・2・1易)歩行距離、累積標高差、急登等
★技術難易度 :1(難5・4・3・2・1易)鎖場、ヘツリ等の頻度や時間等
★登山道の眺望:4(良5・4・3・2・1悪)
★山頂の眺望 :4(良5・4・3・2・1悪)


【すれ違った登山者の数:20人程度】


◆今回の起終点は酸ヶ湯温泉で、八甲田山(最高峰の大岳)を反時計周りで周回するルートです。全区間で特に危険性のある箇所は無く、木道や階段等の整備も良いので、とても歩き易い登山道でした。

◆大岳周辺は、森林限界となり眺望もよく、周囲の特徴的な山々(硫黄岳、小岳、高田大岳、井戸岳等)を見渡しながら歩ける楽しいコースでした。また、荒々しい地獄湯の沢がある反面、毛無岱の大湿原が広がっていたり、変化に富んだ景観の変わり様に目を見張るものがあります。

◆紅葉は、徐々に色づきが始まり、紅葉シーズン到来といった感じでした。見頃のピークは10月上旬でしょうが、毛無岱の大平原周辺は、カエデやヤマウルシ、ナナカマド等が色づいて、いい感じになってきています。

◆八甲田山は、年間を通して楽しめる山だと感じました。毛無岱は花の季節は最高の湿原が見れそう、また、スキーにも楽しめそうな山なので、違う季節にまた再来したいと思える山でした。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

酸ヶ湯温泉の公共駐車場。
100台は止めれそうですが、既に満車のため、駐車場の隅に車を止めました。
2016年09月25日 11:58撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
酸ヶ湯温泉の公共駐車場。
100台は止めれそうですが、既に満車のため、駐車場の隅に車を止めました。
1
駐車場には、綺麗なトイレとインフォメーションセンターがあります。
2016年09月25日 11:59撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場には、綺麗なトイレとインフォメーションセンターがあります。
1
駐車場からは最高峰の大岳が見えます。
今は山頂に雲はありませんが、天気がもつかな〜
2016年09月25日 11:58撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場からは最高峰の大岳が見えます。
今は山頂に雲はありませんが、天気がもつかな〜
5
さあ、鳥居をくぐって出発です。
2016年09月25日 12:00撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、鳥居をくぐって出発です。
2
木製の階段等があり、歩き易い。
2016年09月25日 12:05撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木製の階段等があり、歩き易い。
登山口から約10分。
火山ガスで、このあたり一帯の植生が枯れていました。
硫化水素大丈夫かな〜?
2016年09月25日 12:10撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から約10分。
火山ガスで、このあたり一帯の植生が枯れていました。
硫化水素大丈夫かな〜?
2
酸ヶ湯から大岳までの距離は4.2kmのようですね!
2016年09月25日 12:21撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
酸ヶ湯から大岳までの距離は4.2kmのようですね!
大岳が近づいてきました。
2016年09月25日 12:37撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳が近づいてきました。
地獄湯の沢の下流には、横岳が見えます。
2016年09月25日 12:41撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄湯の沢の下流には、横岳が見えます。
お〜、だいぶ紅葉してきましたね〜
2016年09月25日 12:43撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お〜、だいぶ紅葉してきましたね〜
3
地獄湯の沢を木橋で左岸側に渡ります。
2016年09月25日 12:44撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄湯の沢を木橋で左岸側に渡ります。
2
中央奥の鞍部が仙人岱。
2016年09月25日 12:51撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央奥の鞍部が仙人岱。
仙人岱に到着。
左奥は小岳。
2016年09月25日 12:59撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙人岱に到着。
左奥は小岳。
1
八甲田清水。
飲めるのかな〜??
2016年09月25日 13:02撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八甲田清水。
飲めるのかな〜??
2
小岳。
可愛い形の山ですね!
2016年09月25日 13:03撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小岳。
可愛い形の山ですね!
1
さあ、大岳まで標高差で250mを登りましょう!
やはり、山頂に少し雲がかかってきました。
2016年09月25日 13:06撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、大岳まで標高差で250mを登りましょう!
やはり、山頂に少し雲がかかってきました。
3
仙人岱と硫黄岳周辺も良い所ですね〜
2016年09月25日 19:42撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙人岱と硫黄岳周辺も良い所ですね〜
5
お〜、青空が見えてきました。
雲の流れが速く、天候が目まぐるしく変わります。
2016年09月25日 13:19撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お〜、青空が見えてきました。
雲の流れが速く、天候が目まぐるしく変わります。
4
山頂の南側にある鏡沼。
2016年09月25日 13:26撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の南側にある鏡沼。
1
山頂への最後の登り。
2016年09月25日 13:29撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂への最後の登り。
1
八甲田の最高峰(大岳)に到着。
山頂はなだらかで広いです。
2016年09月25日 13:32撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八甲田の最高峰(大岳)に到着。
山頂はなだらかで広いです。
1
風が強いですが、記念撮影!
2016年09月25日 13:38撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が強いですが、記念撮影!
10
三角点にタッチ!
2016年09月25日 13:32撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点にタッチ!
3
山頂から東側の眺望。
高田大岳と雛岳は円錐形の綺麗な山ですね!
2016年09月25日 13:40撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から東側の眺望。
高田大岳と雛岳は円錐形の綺麗な山ですね!
4
やはり、ガスが濃くなってきたので下山します。
周回して下山するので、北側へ。
2016年09月25日 13:47撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり、ガスが濃くなってきたので下山します。
周回して下山するので、北側へ。
1
お〜、井戸岳には、噴火口があるみたい。
2016年09月25日 13:57撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お〜、井戸岳には、噴火口があるみたい。
5
大岳避難小屋。
2016年09月25日 14:05撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳避難小屋。
大岳避難小屋の室内はこんな感じ。
主に雪山用の避難小屋のようです。
2016年09月25日 14:04撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳避難小屋の室内はこんな感じ。
主に雪山用の避難小屋のようです。
2
大岳避難小屋から大岳を振りかえる。
2016年09月25日 14:06撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳避難小屋から大岳を振りかえる。
1
お〜、紅葉良い感じになってきました。
2016年09月25日 14:08撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お〜、紅葉良い感じになってきました。
3
カエデ系の黄色が鮮やか。
2016年09月25日 14:22撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カエデ系の黄色が鮮やか。
4
毛無岱の湿原にきました。
お〜、紅葉良いじゃないですか〜
2016年09月25日 14:30撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛無岱の湿原にきました。
お〜、紅葉良いじゃないですか〜
7
大岳は、すっかり雲の中へ。
2016年09月25日 14:33撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岳は、すっかり雲の中へ。
5
太陽光が無いので、くすんで見えますが、草紅葉も良い感じです。
2016年09月25日 14:36撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太陽光が無いので、くすんで見えますが、草紅葉も良い感じです。
6
下毛無岱が一望できる場所がありました。
いや〜、良い所ですね!
2016年09月25日 14:48撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下毛無岱が一望できる場所がありました。
いや〜、良い所ですね!
7
湿原の華やかさは既に終わり。
これから一気に冬に向かうのかな〜
2016年09月25日 14:51撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿原の華やかさは既に終わり。
これから一気に冬に向かうのかな〜
2
いや〜、それにしても広大な湿原ですね〜
花の時期に再来したい場所でした。
2016年09月25日 14:57撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いや〜、それにしても広大な湿原ですね〜
花の時期に再来したい場所でした。
10
木製の階段が多い。
2016年09月25日 15:05撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木製の階段が多い。
ヤマウルシも鮮やかになってきました。
2016年09月25日 15:08撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマウルシも鮮やかになってきました。
2
湿原が終わり、後半は、平坦な道を歩きます。
2016年09月25日 15:18撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿原が終わり、後半は、平坦な道を歩きます。
酸ヶ湯温泉の駐車場が見えてきました。
2016年09月25日 15:25撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
酸ヶ湯温泉の駐車場が見えてきました。
酸ヶ湯の登山口に到着。
お疲れさまでした!
2016年09月25日 15:30撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
酸ヶ湯の登山口に到着。
お疲れさまでした!
4
撮影機材:

感想/記録

シルバーウィーク後半。
遅い夏休みを兼ねて、岩手県&青森県に3日間の山行遠征です。
初日は岩手山と八幡平、二日目は岩木山と八甲田山、最終日は早池峰山に登ります。
当初は、北アの雲ノ平でもゆっくり行きたいと思って計画していましたが、天候が微妙な感じなので、3日間安定しそうな東北へ。

二日目の2座目は、八甲田山。
八甲田山は、大岳、高田大岳、井戸岳等の八甲田連峰の総称ですが、本日は、主峰の大岳を周回して登ります。
全体的になだらかな風貌を呈していますが、各山々は、どれも綺麗な裾野を広げていて、火山にしては独特な山容に感じました。
午後になり雲量が多くなり、山頂部は雲がかかる状況になってきましたが、毛無岱の湿原の広大さと鮮やかになってきた紅葉には、歓喜。
今回の東北遠征で登った岩手県&青森県の5つの百名山では、一番紅葉が良い感じでしたね〜

八甲田山と言えば、八甲田山雪山遭難事故(明治35年・199名死亡)のイメージが根強く残っていましたが、初登頂の感想は、「飽きのこない変化に富んだ山で、登山初心者から経験者まで1年を通してお勧めできる山かな」と思います。
機会があれば、花の季節orスキーに再来したいと思える素敵な山でした(遠くて厳しいでしょうが。。)。


(三日目の早池峰山に続く)
訪問者数:255人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ