ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 969278 全員に公開 フリークライミング北海道

名寄・見晴岩

日程 2016年09月22日(木) [日帰り]
メンバー pochi23, その他メンバー1人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

コース状況/
危険箇所等
アプローチ問題なしです。

写真

山道のアプローチ15分ほどで岩場基部に到着。
2016年09月22日 10:25撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山道のアプローチ15分ほどで岩場基部に到着。
アプローチ後まもなくのところにある大きなフェイス、「見張塔からずっと 5.14a/b」。私のレベルでは全く手が出せませんが。
2016年09月22日 10:27撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アプローチ後まもなくのところにある大きなフェイス、「見張塔からずっと 5.14a/b」。私のレベルでは全く手が出せませんが。
さらに進んで、正面カンテが「サンピラー 5.12b/c」。登ってみたいルートのひとつ。ちなみに左側に見えているフェースが有名な「ハードラック・トゥ・ミー 5.14a」
2016年09月22日 10:32撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに進んで、正面カンテが「サンピラー 5.12b/c」。登ってみたいルートのひとつ。ちなみに左側に見えているフェースが有名な「ハードラック・トゥ・ミー 5.14a」
さらに進んで、写真下部のフェースでアップする。フェイス右側のコーナー「グレープフルーツ 5.10d」。フェイス下部の中央が「ニューサマーオレンジ 5.12a」。久々にトライしたらコテンパンにやられました。
2016年09月22日 10:49撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに進んで、写真下部のフェースでアップする。フェイス右側のコーナー「グレープフルーツ 5.10d」。フェイス下部の中央が「ニューサマーオレンジ 5.12a」。久々にトライしたらコテンパンにやられました。
見晴を代表するルート、「月の石 5.12d」。このルートに初めて対面した時、ものすごい引力を感じました。当時(2001年なので15年も前)実力以上のグレードでしたが、引力のおかげもあってか3撃でR.Pできた相性の良いルートでした。
2016年09月22日 13:18撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴を代表するルート、「月の石 5.12d」。このルートに初めて対面した時、ものすごい引力を感じました。当時(2001年なので15年も前)実力以上のグレードでしたが、引力のおかげもあってか3撃でR.Pできた相性の良いルートでした。
後年再訪時、北海道にお住いの女性クライマーの登り。この辺りの岩の節理が、なるほど"月の石"と言わしめる所以でしょう。
2005年10月10日 16:12撮影 by NIKON D50, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後年再訪時、北海道にお住いの女性クライマーの登り。この辺りの岩の節理が、なるほど"月の石"と言わしめる所以でしょう。
薄被りではありますが、スケールもありロワーダウンすると壁からかなり離れます。写真は東京にお住いの女性クライマー、知り合いのSK女史。
2005年10月10日 13:55撮影 by NIKON D50, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄被りではありますが、スケールもありロワーダウンすると壁からかなり離れます。写真は東京にお住いの女性クライマー、知り合いのSK女史。
今回は大した成果も残せませんでしたが、静かな岩場でクライミングを楽しめました。見晴岩のてっぺんに立ってみれば、15年前と変わらない風景が広がっていました。
2016年09月22日 15:38撮影 by SO-01G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は大した成果も残せませんでしたが、静かな岩場でクライミングを楽しめました。見晴岩のてっぺんに立ってみれば、15年前と変わらない風景が広がっていました。

感想/記録

 今回の北海道ツアー、目標としていた「愛別岳」「利尻山」を無事登ることができ、最後の締めくくりとしてお気に入りの名寄・見晴岩で遊んできました。この岩場には私のクライミング史の中で最も印象深いルートがあります。15年前に初めて訪れた際、看板ルートの「月の石」に強く惹かれ(引かれ)、実力以上のグレードだったにもかかわらず、限られた日数、3撃でR.P出来た思い出深いルートです。

 今日は現状の実力相応のルートを楽しめればということで、過去にR.Pしたルートばかりではありますが、以下のルートを登ってきました。

・グレープフルーツ(5.10d) ----- R.P
  ここは秋になると相変わらずテントウムシが大発生する。

・私が好きだ(5.11a) ----- R.P
  最初が核心、これで11aですか。

・ニューサマーオレンジ(5.12a) ----- X
  過去すでにR.Pしている極カチ系であわよくばとトライしましたが、見事撃沈しました。

・モグラの穴(5.11a) ----- X
  最後にトライしましたが、すでに体は終わっていました。終了点を目の前にしてテンション。

 最後おまけに、見晴岩のてっぺんに登ってきましたが、広々のどかな風景は昔と何ら変わっていませんでした。

訪問者数:54人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

テント アプローチ 節理 テン モグラ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ