ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 969311 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

常念山脈縦走 楽しい稜線歩き

日程 2016年09月24日(土) 〜 2016年09月26日(月)
メンバー kazurukenbo
天候9/24 晴れのち曇り
9/25 晴れのち曇り 夜から断続的に雨
9/26 雨時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー、 車・バイク
往路
長野自動車道安曇野ICから県道310号、国道147号を経て、穂高駅近くにある穂高駐車場
タクシー:穂高駐車場〜中房温泉/8,000円

復路
バス&電車:上高地バスターミナル〜新島々駅〜松本駅/2,450円(バス&電車のセット乗車券)
電車:松本駅〜穂高駅/320円(ICは使えません)
徒歩:穂高駅〜穂高駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
7時間10分
休憩
40分
合計
7時間50分
大天荘05:4006:15旧二俣小屋跡07:15横通岳07:50常念小屋08:1509:15常念岳09:2511:352592ピーク11:4012:40蝶槍13:25蝶ヶ岳ヒュッテ13:28蝶ヶ岳13:30蝶ヶ岳ヒュッテ
3日目
山行
4時間15分
休憩
15分
合計
4時間30分
蝶ヶ岳ヒュッテ05:5006:30長塀山08:35徳澤園08:5009:40明神館10:20上高地バスターミナルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はありません
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

中房温泉登山口
kazuruさんのストックをタクシーに置き忘れて、絶望感に苛まれながらスタート
2016年09月24日 05:40撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中房温泉登山口
kazuruさんのストックをタクシーに置き忘れて、絶望感に苛まれながらスタート
1
サーティワンアイスクリームで売っていそうなキノコ
2016年09月24日 07:49撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サーティワンアイスクリームで売っていそうなキノコ
4
紅葉が始まっています
2016年09月24日 07:50撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉が始まっています
3
合戦小屋まであと10分
2016年09月24日 07:56撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦小屋まであと10分
1
あと5分
2016年09月24日 08:00撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと5分
合戦小屋に到着
おや?まだスイカが売っているぞ!
2016年09月24日 08:09撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦小屋に到着
おや?まだスイカが売っているぞ!
4
3年越しの願いが叶ったkazuruさんは大喜び
2016年09月24日 08:08撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3年越しの願いが叶ったkazuruさんは大喜び
9
ヘリによる荷揚げ中でした
風圧がもの凄い!
2016年09月24日 08:04撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘリによる荷揚げ中でした
風圧がもの凄い!
1
今日の目的地の大天荘方面
2016年09月24日 08:32撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の目的地の大天荘方面
1
ふ〜ん
2016年09月24日 08:40撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふ〜ん
1
燕山荘が見えてきました
2016年09月24日 08:41撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘が見えてきました
4
2週間前に登った餓鬼岳と唐沢岳
2016年09月24日 08:42撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2週間前に登った餓鬼岳と唐沢岳
2
燕山荘
2016年09月24日 09:20撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘
2
山男さん
2週間ぶりです
2016年09月24日 09:20撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山男さん
2週間ぶりです
4
燕岳
kazuruさんの体力を考慮して、今回はパス
2016年09月24日 09:23撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕岳
kazuruさんの体力を考慮して、今回はパス
3
いつか歩いてみたい
2016年09月24日 09:23撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつか歩いてみたい
1
大天井岳方面に進みます
2016年09月24日 09:39撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井岳方面に進みます
蛙岩はどれだろう?
結局わかりませんでした
2016年09月24日 10:10撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛙岩はどれだろう?
結局わかりませんでした
大下りの頭
2016年09月24日 10:31撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大下りの頭
1
ずっと雲に覆われていた槍ヶ岳をようやく見ることができました
2016年09月24日 11:27撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっと雲に覆われていた槍ヶ岳をようやく見ることができました
1
喜作レリーフ
2016年09月24日 11:56撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
喜作レリーフ
大天井岳と槍ヶ岳の分岐
ここからの急登は、本日最後の頑張りどころ
2016年09月24日 12:07撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井岳と槍ヶ岳の分岐
ここからの急登は、本日最後の頑張りどころ
100mごとにカウントダウンが始まります
2016年09月24日 12:12撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
100mごとにカウントダウンが始まります
振り返って燕岳方面
2016年09月24日 14:44撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って燕岳方面
4
大天荘に到着
途中でガスが出てきてしまい、真っ白に…
2016年09月24日 14:11撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天荘に到着
途中でガスが出てきてしまい、真っ白に…
冷たい強風の中、テントを設営したら身体が冷えたので、山荘でコーンスープとクラムチャウダーを注文して昼食
2016年09月24日 13:35撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冷たい強風の中、テントを設営したら身体が冷えたので、山荘でコーンスープとクラムチャウダーを注文して昼食
7
昼食後も真っ白
雨が降る前に大天井岳へ
2016年09月24日 14:11撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食後も真っ白
雨が降る前に大天井岳へ
真っ白でガッカリな大天井岳
雨が降る前で良かったかな
2016年09月24日 14:20撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ白でガッカリな大天井岳
雨が降る前で良かったかな
3
まだ雨は降らなさそうだし、未踏区間を歩いてみたくて、大天井ヒュッテへバッジを買いに行くことにしました
レインウェアを片手に、先程の分岐まで下ります
2016年09月24日 14:49撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ雨は降らなさそうだし、未踏区間を歩いてみたくて、大天井ヒュッテへバッジを買いに行くことにしました
レインウェアを片手に、先程の分岐まで下ります
槍ヶ岳への巻道はどのような感じなのだろう?
2016年09月24日 15:00撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳への巻道はどのような感じなのだろう?
螺旋っぽい梯子や鎖場があったりして、なかなか面白い道でした
2016年09月24日 15:09撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
螺旋っぽい梯子や鎖場があったりして、なかなか面白い道でした
1
大天井ヒュッテ
飛び込み宿泊と間違えられました
2016年09月24日 15:24撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井ヒュッテ
飛び込み宿泊と間違えられました
大天荘に戻って、ビールとC.C.レモンでお疲れさま会
2016年09月24日 16:35撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天荘に戻って、ビールとC.C.レモンでお疲れさま会
2
翌朝
テント場からのご来光
2016年09月25日 05:36撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝
テント場からのご来光
12
さて、出発!
今日は長いぞ
2016年09月25日 05:38撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、出発!
今日は長いぞ
大天井岳
ご来光目的の人集りができています
2016年09月25日 05:43撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井岳
ご来光目的の人集りができています
7
気持ち良い歩きが続きます
2016年09月25日 05:45撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ち良い歩きが続きます
4
旧二俣小屋跡
2016年09月25日 06:15撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧二俣小屋跡
横通岳と常念岳
2016年09月25日 06:21撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横通岳と常念岳
1
テントがたくさん張られていた涸沢
やはり今年は雪がない…
2016年09月25日 06:45撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントがたくさん張られていた涸沢
やはり今年は雪がない…
2
すでに結構歩いています
2016年09月25日 07:03撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すでに結構歩いています
三角点がある横通岳
巻くこともできます
2016年09月25日 07:15撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点がある横通岳
巻くこともできます
2
良い眺めだ
2016年09月25日 07:25撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い眺めだ
2
常念小屋と常念岳
400m近く登り返します
2016年09月25日 07:28撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念小屋と常念岳
400m近く登り返します
4
常念小屋
テント場は噂通りに斜めでした
2016年09月25日 07:56撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念小屋
テント場は噂通りに斜めでした
えっちらおっちら登って常念岳に到着
2016年09月25日 09:21撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
えっちらおっちら登って常念岳に到着
5
初めての常念岳にご満悦なkazuruさん
2016年09月25日 09:21撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めての常念岳にご満悦なkazuruさん
7
常念岳の山頂から槍・穂高を眺めご満悦なkenboさん
2016年09月25日 09:24撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念岳の山頂から槍・穂高を眺めご満悦なkenboさん
11
槍・穂高方面
2016年09月25日 09:25撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍・穂高方面
3
大天井・燕方面
2016年09月25日 09:27撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井・燕方面
3
蝶ヶ岳方面
もったいないほど大きく下ります
2016年09月25日 09:30撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳方面
もったいないほど大きく下ります
2
大きな岩があったり
2016年09月25日 10:10撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな岩があったり
もう少し
2016年09月25日 10:26撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少し
1
下り終えました
2016年09月25日 10:46撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り終えました
2
何度見ても飽きません
2016年09月25日 10:49撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度見ても飽きません
3
本日2度目の急登を越えて2592ピーク
蝶槍への登りを見て、kazuruさんはため息…
2016年09月25日 11:33撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日2度目の急登を越えて2592ピーク
蝶槍への登りを見て、kazuruさんはため息…
大きなオタマジャクシがたくさんいました
2016年09月25日 11:51撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きなオタマジャクシがたくさんいました
本日3度目の急登を越えて蝶槍
2016年09月25日 12:40撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日3度目の急登を越えて蝶槍
ここにはTOPと書いてあります
2016年09月25日 12:42撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにはTOPと書いてあります
蝶ヶ岳の三角点がある場所に人集りが
2016年09月25日 12:43撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳の三角点がある場所に人集りが
蝶ヶ岳の三角点がある場所
頂上と書いてあります
2016年09月25日 12:51撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳の三角点がある場所
頂上と書いてあります
あとはユルユルと蝶ヶ岳ヒュッテを目指します
2016年09月25日 12:52撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとはユルユルと蝶ヶ岳ヒュッテを目指します
瞑想の丘
展望指示盤があるので、ここを山頂と間違えないように
2016年09月25日 13:24撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瞑想の丘
展望指示盤があるので、ここを山頂と間違えないように
1
蝶ヶ岳ヒュッテに到着
2016年09月25日 13:26撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳ヒュッテに到着
雨が降る前に蝶ヶ岳山頂(最高点)へ
2016年09月25日 13:44撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨が降る前に蝶ヶ岳山頂(最高点)へ
4
蝶ヶ岳山頂より
2016年09月25日 13:45撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳山頂より
リハビリ中でも無事に辿り着くことができてご満悦なkazuruさん
昨年の槍穂縦走を懐かしんでいるようです
2016年09月25日 13:47撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リハビリ中でも無事に辿り着くことができてご満悦なkazuruさん
昨年の槍穂縦走を懐かしんでいるようです
6
風が強く、尋常でない勢いで回るプロペラ
テントの設営に苦労しました
2016年09月25日 14:33撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が強く、尋常でない勢いで回るプロペラ
テントの設営に苦労しました
ここでも荷揚げ中
2016年09月25日 14:38撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでも荷揚げ中
1
ビールとポカリでお疲れさま会
2016年09月25日 14:41撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビールとポカリでお疲れさま会
夜中に降り続いた雨が上がりました
でも、天気は怪しいです
2016年09月26日 05:36撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜中に降り続いた雨が上がりました
でも、天気は怪しいです
再び雨が降り出す前に距離を稼ごう!
2016年09月26日 05:53撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び雨が降り出す前に距離を稼ごう!
表裏が逆のようなキノコ
2016年09月26日 06:05撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表裏が逆のようなキノコ
雰囲気の良い道が続きます
2016年09月26日 06:22撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雰囲気の良い道が続きます
長塀山
雨が降り始めましたが、この先は樹林帯の下りが続くため、レインウェアは着用せずに済みました
2016年09月26日 06:30撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長塀山
雨が降り始めましたが、この先は樹林帯の下りが続くため、レインウェアは着用せずに済みました
1
梯子を下るkazuruさん
2016年09月26日 06:55撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子を下るkazuruさん
1
下り終えて徳澤園
2016年09月26日 08:36撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り終えて徳澤園
10:00前なので、野沢菜チャーハンは食べられず…
お約束のソフトクリーム
2016年09月26日 08:39撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:00前なので、野沢菜チャーハンは食べられず…
お約束のソフトクリーム
5
あとはゴールを目指すだけ
2016年09月26日 08:53撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとはゴールを目指すだけ
明神から先には、猿がたくさんいます
全然逃げません
2016年09月26日 09:53撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神から先には、猿がたくさんいます
全然逃げません
猿の親子
木の実を食べる母猿と遊ぶ子猿
雷鳥は食べないように!
2016年09月26日 09:54撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿の親子
木の実を食べる母猿と遊ぶ子猿
雷鳥は食べないように!
2
上高地バスターミナルに到着
お疲れさまでした!
2016年09月26日 10:25撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地バスターミナルに到着
お疲れさまでした!
車を回収するために、バスと電車を乗り継いで穂高駅へ
日本アルプスの総鎮守とも言われる穂高神社でお参りしました
2016年09月26日 13:52撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車を回収するために、バスと電車を乗り継いで穂高駅へ
日本アルプスの総鎮守とも言われる穂高神社でお参りしました
1
常念岳に登ったので、常念坊で汗を流しました
2016年09月26日 15:00撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念岳に登ったので、常念坊で汗を流しました
安曇野IC近くにある大王わさび農場へ
今年は開拓100年だそうです
わさびコロッケ、わさびジュース、わさびソフト
2016年09月26日 16:19撮影 by SH-01G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安曇野IC近くにある大王わさび農場へ
今年は開拓100年だそうです
わさびコロッケ、わさびジュース、わさびソフト
3

感想/記録
by kazuru

昨年の槍穂縦走の時に、穂高岳山荘から眺めた常念山脈。
「今度はあっちを歩いてみたいなぁ」と思って、今年やっと行くことが出来ました。
月曜日に有休を取って、土日月の2泊3日です。

1日目
天気予報がコロコロ変わる中、中房行きのバス停がある穂高駅駐車場に到着。
準備をしていると、タクシーの相乗りを他の登山者の方に相談されたので、バスより早く登山口に着くタクシーで行くことにしました。(1人2000円)
ところが、タクシーの中にストックを忘れてしまうという大失敗をしてしまい…
久々の2泊3日登山なのに先行きが不安です。

中房温泉〜燕山荘
過去2度歩いたことのある道です。
今回はストックが無いながらも一番楽に登れました。
合戦小屋までの区間は、30分〜1時間ごとにベンチがあるので初心者でも登りやすいですね。
合戦小屋ではまさかのスイカが!
てっきり今年はもう終わっていると思っていたので、これは嬉しいオドロキです!
今まで2度登って一度も食べたことがなかった、合戦小屋名物のスイカ♪
一口食べると…あま〜い!
もの凄くジューシーで甘くて、最高に美味しかったです。
3度目の正直で食べられて良かった♪

もうこの時点でかなりご満悦だったのですが、合戦小屋を過ぎる頃には、まわりにチラホラと紅葉が目立つように。
景色が開けたところに出ると、一層鮮やかな紅葉が目に入りました。

燕山荘〜大天井
ここも一昨年の表銀座縦走で歩いたことのある道です。
ただ一昨年は雨と風で真っ白だったので、天気の良い日にここを歩くことを楽しみにしていました。
あいにく天気は快晴とは言えませんが、景色は見えるし、時折槍ヶ岳もガスの中から姿を現してくれたので良しとします。
道はとても歩きやすくなだらか。
最後の大天井の登りが急ですが、なんとか登って大天荘に到着。
一気にガスが出てきて、風も強く寒かったので、急いでテントを張りました。
お昼を食べてから大天井岳の山頂に行き、テントに戻ってまったりしようと思っていると、山バッジコレクターのkenboさんが「大天井ヒュッテのオリジナルバッジを買ってくる!」と…元気だなぁ。
私は寒いのでテントで昼寝をして待っていました。
1時間ほどして戻ってきたkenboさんは、お目当てのバッジを手に入れてご満悦でした。

2日目
大天荘〜常念岳
ここからは初めて歩く区間です。
歩き始めは緩やかな稜線歩き。
天気が良いのもあってテンションが上がります♪
旧二俣小屋跡を過ぎてしばらく行くと、標識はありませんが、ピークへ続く道と巻道の分岐が現れます。
私はまだ先が長いので巻道を行くことに。
ピークハンターのkenboさんはもちろん直登です。
後で聞いてみたら、ピークには三角点があるだけで山頂標識はなかったとのこと。(地図で確認すると横通岳だったようです)

常念小屋までいったん大きく下って、いよいよ常念岳への登りです。
かなりの登り返しで結構体力を使いましたが、無事常念岳山頂へ。
狭い山頂ですが、槍ヶ岳もきれいに見えて感動しました!
これから向かう蝶ヶ岳もはるか彼方に見えました(遠いなぁ…)

常念岳〜蝶ヶ岳
常念岳から先はアップダウンの続く道。
まず樹林帯まで大きく下り、2592ピークへまた登り返します。
私は今回、この2592ピークの登りが一番つらかったです。
樹林帯で景色も見えないし、風が通らないので蒸し暑く、体力と気力がゴリゴリ削られました。
正直「蝶槍登れるかな…」と不安になりましたが、蝶槍は見た目より楽に登ることができました。
樹林帯を抜けて涼しくなったのが良かったのかもしれません。
蝶槍を越えると、あとはなだらかな道が蝶ヶ岳ヒュッテまで続きます。
大天井〜常念小屋と蝶槍〜蝶ヶ岳ヒュッテの区間は、本当に気持ちの良い稜線歩きを楽しむことができました。

3日目
夜中から雨が降り続き、「雨の中のテント撤収はイヤだな…」と思っていると、朝になり一時的に雨が止みました。
急いでテントを撤収して、6時ちょっと前に下山開始です。
最初は雰囲気の良い林の中を緩やかに下り、長塀山を過ぎると段々と傾斜がきつくなってきます。
しかし、泥濘で時折ぐちゃぐちゃな箇所はありますが、概ね歩きやすい道でした。
しばらく下って徳沢に到着。
徳沢園でお約束のソフトクリームを食べて、上高地バスターミナルへ向かいました。
バスターミナルへは10時過ぎに着き、それから3時間近くかけて車を回収。
穂高温泉郷の常念坊で温泉に入り、安曇野のお蕎麦を食べて帰路に着きました。

今回は念願の常念縦走。
天気の不安や、ストックを忘れるハプニングなどありましたが、ほぼ予定通りに無事に行って来られたので良かったです。
やっぱり北アルプスはいい所だな〜♪と改めて感じました。

感想/記録
by kenbo

昨年から計画していて延期していた常念山脈縦走をやっと実施することができました。振り返ってみると、一昨年にkazuruさんと知り合ったばかりの頃、蝶ヶ岳ヒュッテのテント場と表銀座縦走を熱く語られ、登山1年目の初心者のくせに何とか両方を達成したいと意気込んだものでした。そういう意味では、思い出深い山域となります。

予定では、1日目は大天荘、2日目は大滝山荘に泊まる予定でした。しかし、大滝山荘の今年の営業が23日をもって終了となることをホームページで知り、蝶ヶ岳ヒュッテ泊に変更しました。

問題は、1年で1番重たい会議があるこの時期に仕事を休むことができるかどうか。とりあえず、26日の月曜日に有休を取得できるように22日の秋分の日は自宅に仕事を持ち帰り、ギリギリセーフで仕事を終わらせました。しかし、肝心の天気予報は、1日目と2日目は午後から雨、3日目は終日雨。迷いに迷いましたが、今回諦めると次はいつになるかわかりません。CTから「雨が降り出す前にテントを設営できそうだし、最終日は下山するだけだから…」と雨覚悟で突入したのでした。

9/24
3:40に穂高の駐車場に到着すると、予想外にガラガラでした。これなら余裕でバスに乗ることができるかな?30分ほど仮眠して食事を済ませ、そろそろバス停に並ぼうかと準備をしていると、表銀座を縦走するというお二方から「中房まで8,000円(定額)らしいので、タクシーで行きませんか?」と誘われました。1,700円のバスには余裕で乗ることができるので少し考えましたが、午後からにわか雨予報であったため、少しでも早くスタートしたい。タクシーを選択しました。バスと違って速度が出るタクシーでは、揺れによって一睡もできませんでした。

中房温泉に到着し、トイレを済ませて出発しようとすると、kazuruさんが「ストックがない!」と慌て始めました。あっ!タクシーのトランクから出していない。お互いにお互いが出すだろうと思い込んでいたのでした。どうしよう…テント泊装備で2泊3日を歩ききれるかな?と、しょんぼりするkazuruさん。また写真を撮ろうとすると、SDカードを自宅に忘れてきたことに気づき、今回は携帯電話での撮影となりました。これでは、雨が降ったら写真が撮れなくなってしまう…。ボロボロのスタートになりました。

天気予報がイマイチであることと、タクシー利用で早くスタートすることができたため、渋滞に巻き込まれずに済みました。リハビリ中、かつストック無しのkazuruさんのペースに合わせ、ゆっくりめで進みました。途中にある4つのベンチでは休憩せずに合戦小屋へ。

合戦小屋は、ヘリによる荷揚げ中でした。軒先にスイカのビーチボールが吊るされていなかったので、残念!と思った矢先、「スイカやってます」の張り紙が!ヘリの風圧で飛ばされないように、外したのかもしれません。諦めていたスイカを食べることができる。3年越しの願いが叶ったkazuruさんは、とてもご満悦そうでした。

燕山荘に近づくにつれ、木々の葉が色づいてきました。周囲が開けてくると、先々週に登った唐沢岳と餓鬼岳が見え、あの時は疲れたなぁ〜と、遠い昔のように感じました。

燕山荘に到着して、少し休憩。燕岳には既に登ったことがあるし、雨が降り出す前に大天荘に到着したいこともあり、燕岳はキャンセル。大天荘を目指します。槍・穂高方面は厚い雲に覆われていて何も見えない状態でしたが、大下りの頭あたりから時々槍ヶ岳が姿を現します。槍ヶ岳を眺めながらこの道を歩きたがっていたkazuruさんは大喜びでした。

切通岩を通過し、槍ヶ岳との分岐を左へ。若干心配していた本日最後の頑張りどころである大天荘までの登りは、特に問題なくクリアすることができました。

稜線上にある大天荘に到着すると、一気に真っ白になって冷たい強風が吹いていて、どんどん身体が冷えていきます。急いでテントを設営して中に入ると、なんと暖かいのでしょう。風が遮られるだけで体感温度が異なることを改めて感じました。

真っ白のまま大天井岳に登ってもつまらないし、身体が冷えてしまったので、昼食は小屋の中で済ませることに。温かいスープを注文してのんびりしながら天気の回復を待ちましたが、一向に回復しません。諦めて山頂へ。当然、真っ白で何も見えませんでしたが、「メインは明日だから…」と言い聞かせました。

テントに戻り、「少しお昼寝する。たまにはのんびりしようよ」とkazuruさん。私はまだ未踏区間であった槍ヶ岳への分岐から大天井ヒュッテまでの巻道を歩いてみたいことと、バッジを買いたくてたまりませんでした。そこで、「くるっと1周しても大した距離ではないから、ちょっと行ってきます」と、レインウェアを片手に出発しました。

分岐までの下りでは、一瞬ガスがなくなり、燕岳方面が見えました。まだ遠くの方からこちらに向かって歩いている方が見えました。あの方々は何時に到着するのだろう?私の方が先にゴールできそうだな。

分岐から槍ヶ岳方面に進みます。アップダウンを繰り返しながら何回か梯子や鎖場を通過しましたが、鎖を掴まねばならない箇所はなく、片手でも十分でした。大天井ヒュッテに到着すると、さすがにこの時間だからか飛び込み宿泊と間違われてしまい、バッジを片手にした私を見た小屋番さんはポカ〜ンとしていました。その後、雨が降り出す前にテント場に戻ることができました。

小屋に張り出された天気予報は下方修正されており、明日も雨マークが!蝶ヶ岳ヒュッテまではなんとかもってほしいな…。おやすみなさい。

9/25
風が強くて夜中に何度か目が覚めましたが、明け方には弱まっていました。外に出ると、星が見えて少し安心。しかし、寒い。テント撤収時は手が悴みました。準備を済ませ、少しだけご来光を眺めてから出発。この先は初めて歩く区間なので楽しみでした。

とてもなだらかな稜線歩きが続き、涼しいくらいの風が心地よく、ウォーミングアップにはピッタリでした。相変わらず槍・穂高方面は雲に覆われていましたが、旧二俣小屋を過ぎたあたりから見え隠れするようになり、楽しみながら進みました。涸沢が見え、かなりの数のテントが張られているのがわかりました。向こうにいる方からは、こちらが晴れていて羨んでいることでしょう。

もうすぐ常念小屋かな?と思える部分で、ピークへ続く道と巻道の分岐が現れました。この先、3回の急登が控えているので、kazuruさんには巻道を進んで合流点での待機をお願いし、私だけ登りました。

登り終えて少し歩きにくい平行移動となり、終点には三角点がありました。地図上では、ここが横通岳かな?真下には常念小屋が見え、結構な数のテントが残っているとともに、常念岳に行きかう方々の姿が確認できました。また、分岐点で座って休憩しているkazuruさんが見えたので、いそいそと下って合流。さらに大きく下って常念小屋に到着しました。

噂通りの斜めのテント場。ここでのテント泊はなるべくなら遠慮したいなぁと思いつつ、小屋に近づくと、大量のザックが入口付近に置かれていました。山頂は混んでいるのかな?

軽食を済ませて、本日1回目となる約400mの急登。手ぶらに近い装備の方が次々に下山してくる中には「ここのコースタイムってかなり甘くね?俺たちメッチャ早いじゃん!」と楽勝モードの若者も…。

この装備で登るのが完全に浮いているかのような状態を我慢しながら登り続け、三俣との分岐点に到着。ここから先は、一昨年に歩いたことがあるのでひと安心です。そしてもう少し登って山頂に到着。

山頂は既に空いていて、のんびりすることができました。初めての常念岳から昨年の槍穂縦走を思い出し、ご満悦なkazuruさん。これから先、体力勝負だけれど大丈夫かな?

岩場をもったいないほど下り、樹林帯に入ると本日2回目となる2592ピークへの急登。樹林帯のため風がなく、汗が滴り落ちました。2592ピークへ到着すると「ちょっと休ませて」とkazuruさん。目の前に聳える蝶槍を見て「蝶槍って、常念岳くらい登るんじゃない?」と不安そうでした。「見た目は凄そうでも、距離が短いからたいしたことはありませんよ。とりあえず、森林限界を超えましょう」と励ましました。

再び下って、本日3回目となる急登。これを終えれば後は楽、という気持ちの問題でしょうか。kazuruさんは2592ピークへの登りと比べ、かなり明るい表情でした。あとは、朝と同じくなだらかな道。前穂高岳以外は見え隠れする槍・穂高方面を眺めながら、稜線歩きを楽しみました。

蝶ヶ岳ヒュッテに到着し、まずはテントの設営…としたいところでしたが、天気が急変して真っ白になると嫌なので、先に蝶ヶ岳の山頂標識へ。明日は雨予報だし、まだこの時間なら上高地へ下山しても最終バスには間に合うため、下山しようか迷いましたが、リハビリ中のkazuruさんに無理をさせてはいけないし、もともと最終日は雨覚悟だったため、今日はここに泊まることに。風が強い中テントを設営して、のんびりしました。

ヒュッテで天気予報を確認すると、数十分おきにコロコロと天気予報が変わります。最後に確認した天気予報はかなり上方修正され、明日のお昼までは曇りマークとなりました。これならなんとか下山までレインウェアを着なくて済みそうだ。しかし、19:00頃から断続的な雨となり、それでも楽観的に考えて…おやすみなさい。

9/26
日付が変わる頃から雨は本降りとなり、結局起床時間の3:50でも弱まりませんでした。天気予報はハズレたか…。雨の降る中ではライトを使いたくないので、明るくなってからのテント撤収を目指し、4:30までひと眠り。目が覚めると、雨脚は変わらず…。諦めて朝食と荷物整理を済ませ、さてレインウェアを着よう…としたところ、雨が上がりました。

これはラッキー!せめてテントを撤収し終えるまでは降らないで…と祈りつつ、慌てて外に出て撤収しました。だんだんと明るくなってくると、高曇りの状態で、まだ雨は降らなさそう。今のうちに距離を稼ごうと、すぐに出発しました。

秋の気配を感じさせる道を緩やかに下り続けると、長塀山に到着。ここで雨が降り出しました。ただ、小雨程度であったため、樹林帯の中ではかろうじてレインウェアを着用せずに済み、次第に傾斜がきつくなる中をぐんぐんと下ります。泥濘状態の箇所や怪しい梯子を何度も超えて徳澤に着くと、雨は上がっていました。

徳澤園のみちくさ食堂に寄り、まだ10:00前のため野沢菜チャーハンは断念し、お約束のソフトクリームでお茶を濁しました。あとは、上高地まで長い平行移動。途中で猿の親子にほっこりしながら進み、ゴールとなりました。

本当は敬老の日3連休で行くはずだった、常念山脈縦走。仕事を1日休まざるを得なかったのは痛かったですが、このおかげでそこそこ静かな歩きを楽しむことができました。リハビリ中のkazuruさんが無事にゴールすることができて、本当に良かった。

今回は2泊3日で歩きましたが、大天荘から常念小屋まではそんなに疲れないので、1日目に常念小屋まで進んでしまえば、2日目には余裕で上高地まで下山が可能であることがわかりました。この場合、常念小屋のテント場はかなり斜めの場所しか空いていないだろうけれど、いつの日にか1泊2日で挑戦してみようかな。
訪問者数:467人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ