ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 969577 全員に公開 ハイキング丹沢

【丹沢】日向薬師〜唐沢峠〜大山〜下社

日程 2016年09月27日(火) [日帰り]
メンバー sakigake
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス
0610 伊勢原駅 北口バス停
    ↓[伊20]
0628 日向薬師 バス停
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間10分
休憩
20分
合計
6時間30分
S日向薬師バス停06:3007:00浄発願寺・奥の院08:15大沢分岐09:00矢草ノ頭09:15唐沢峠11:40大山12:0013:00阿夫利神社下社G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

登山口へ向かう沿道には、満開の彼岸花が。
2016年09月27日 06:41撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口へ向かう沿道には、満開の彼岸花が。
浄発願寺の脇をするりと通過する。
2016年09月27日 06:45撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浄発願寺の脇をするりと通過する。
今は寺跡となった浄発願寺奥の院の入口に並ぶ六地蔵。
2016年09月27日 07:04撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今は寺跡となった浄発願寺奥の院の入口に並ぶ六地蔵。
奥の院へ向かう参道の両脇には、墓石や石像がずらり。ムード満点です。
2016年09月27日 07:06撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の院へ向かう参道の両脇には、墓石や石像がずらり。ムード満点です。
昔の山津波の被害を受けたのか、石像はおしなべて無頭だった。
2016年09月27日 07:10撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昔の山津波の被害を受けたのか、石像はおしなべて無頭だった。
奥の院に逃げ込んだ53人の罪人がつくった53段の階段とのこと。どうせなら東海道五十三次にかければよかったのに。
2016年09月27日 07:11撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の院に逃げ込んだ53人の罪人がつくった53段の階段とのこと。どうせなら東海道五十三次にかければよかったのに。
奥の院の寺跡の左手に道がある。苔むした丸太をそろりと渡る。
2016年09月27日 07:13撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の院の寺跡の左手に道がある。苔むした丸太をそろりと渡る。
奥の院の岩屋。洞内はあちこちから水がひっきりなしに滴り、とても入れる状態ではなかった。(実際は入る勇気もなかったが)
2016年09月27日 07:18撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の院の岩屋。洞内はあちこちから水がひっきりなしに滴り、とても入れる状態ではなかった。(実際は入る勇気もなかったが)
奥の院を抜けたこの尾根が『梅の木尾根』
2016年09月27日 07:20撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の院を抜けたこの尾根が『梅の木尾根』
丹沢で茅の輪くぐり。
2016年09月27日 07:22撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢で茅の輪くぐり。
大山名物『タマネギ石』があちこちに。地面からギロリと睨んでいる目玉にも見えます。
2016年09月27日 07:27撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山名物『タマネギ石』があちこちに。地面からギロリと睨んでいる目玉にも見えます。
この尾根道は歩きやすいが、蜘蛛の巣だらけで難儀した。
2016年09月27日 07:27撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この尾根道は歩きやすいが、蜘蛛の巣だらけで難儀した。
『タマネギ石』レベル1です。まだ外側しか露出していません。
2016年09月27日 07:32撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
『タマネギ石』レベル1です。まだ外側しか露出していません。
根が露出しすぎていて、尾根が崩れないか不安です。
2016年09月27日 07:33撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根が露出しすぎていて、尾根が崩れないか不安です。
ずんずん進むと、分岐点にベンチがあります。大山方面はここから尾根を進みます。ここでクッキー休憩を少しする。久しぶりに食べるクッキーの美味しいこと。
2016年09月27日 07:40撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずんずん進むと、分岐点にベンチがあります。大山方面はここから尾根を進みます。ここでクッキー休憩を少しする。久しぶりに食べるクッキーの美味しいこと。
いやになるくらい急坂が続くので、ドングリを拾いながらのんびり登ります。リスがうろちょろしていました。
2016年09月27日 07:44撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いやになるくらい急坂が続くので、ドングリを拾いながらのんびり登ります。リスがうろちょろしていました。
誰かがかじったシイタケっぽいもの。一口で止めたあたりにシイタケではない何かを感じる。
2016年09月27日 07:52撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誰かがかじったシイタケっぽいもの。一口で止めたあたりにシイタケではない何かを感じる。
細い木ばかりの尾根道で大木が残っているのは良い感じです。やはり寄りかかるのは大木に限ります。
2016年09月27日 07:53撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細い木ばかりの尾根道で大木が残っているのは良い感じです。やはり寄りかかるのは大木に限ります。
頭から蜘蛛の巣をぶら下げ、まとわりつく虫たちと一緒にひたすらに登ります。ハッカスプレーを持ってくればよかった。
2016年09月27日 07:55撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頭から蜘蛛の巣をぶら下げ、まとわりつく虫たちと一緒にひたすらに登ります。ハッカスプレーを持ってくればよかった。
セラドン石がそこかしこに転がっていました。
2016年09月27日 07:56撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
セラドン石がそこかしこに転がっていました。
急に開けたところに出ました。棒に『一ノ沢の頭』とあります。ふ〜ん。
2016年09月27日 07:57撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急に開けたところに出ました。棒に『一ノ沢の頭』とあります。ふ〜ん。
よく見ると根元に随分と控えめな案内板もありました。
2016年09月27日 07:58撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく見ると根元に随分と控えめな案内板もありました。
あんなに登ったのに、すぐに下る。ぼやいても一人。
2016年09月27日 07:59撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あんなに登ったのに、すぐに下る。ぼやいても一人。
ここの鞍部は見事です。地図でも気になっていたポイント。つるっつるの石とコラボしています。勘弁してもらいたいです。
2016年09月27日 08:08撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの鞍部は見事です。地図でも気になっていたポイント。つるっつるの石とコラボしています。勘弁してもらいたいです。
ごくたまに展望があります。
2016年09月27日 08:09撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ごくたまに展望があります。
恐ろしいほど歩きにくい尾根です。
2016年09月27日 08:12撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恐ろしいほど歩きにくい尾根です。
このルートでは貴重な展望。
2016年09月27日 08:17撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このルートでは貴重な展望。
道らしい道はないが、尾根をたどれば大丈夫。
2016年09月27日 08:20撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道らしい道はないが、尾根をたどれば大丈夫。
大沢分岐を過ぎると、また一ヶ所だけちらりと展望がある。
2016年09月27日 08:21撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沢分岐を過ぎると、また一ヶ所だけちらりと展望がある。
大山方面と唐沢峠方面の分岐点。
2016年09月27日 08:32撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山方面と唐沢峠方面の分岐点。
アップダウンを繰り返して進みます。危険な個所はありません。
2016年09月27日 08:35撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップダウンを繰り返して進みます。危険な個所はありません。
貴重な展望。漫画みたいな起伏です。あれはどこの尾根なのだろう。
2016年09月27日 08:43撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
貴重な展望。漫画みたいな起伏です。あれはどこの尾根なのだろう。
あまりの急斜面に、つづら折りにしか登れません。
2016年09月27日 08:45撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまりの急斜面に、つづら折りにしか登れません。
くたばる一歩手前でようやくピークに着きました。何やらロープがしてあるので、この尾根は自粛要請しているようです。
2016年09月27日 09:01撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くたばる一歩手前でようやくピークに着きました。何やらロープがしてあるので、この尾根は自粛要請しているようです。
表側からみた案内板。ここは893mのピークです。後で知ったがこの分岐が『矢草ノ頭』らしい。唐沢峠はこちら方面です。
2016年09月27日 09:04撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表側からみた案内板。ここは893mのピークです。後で知ったがこの分岐が『矢草ノ頭』らしい。唐沢峠はこちら方面です。
展望はありませんが、歩きやすくて御機嫌です。
2016年09月27日 09:08撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望はありませんが、歩きやすくて御機嫌です。
唐沢峠。ここから川の方に行きます。
2016年09月27日 09:16撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢峠。ここから川の方に行きます。
唐沢峠のベンチにいた先客のザトウムシ。ちょいと横を失礼しますよ。
2016年09月27日 09:17撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢峠のベンチにいた先客のザトウムシ。ちょいと横を失礼しますよ。
水を見ると気持ち的に涼しくなります。
2016年09月27日 09:39撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水を見ると気持ち的に涼しくなります。
どうやらこのあたりから取り付く尾根を間違えたらしい。そんなことは知らずにテンション高く進んでいく。
2016年09月27日 09:41撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうやらこのあたりから取り付く尾根を間違えたらしい。そんなことは知らずにテンション高く進んでいく。
道を間違えたせいで、脚立越えを何度もする羽目になった。
2016年09月27日 09:56撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道を間違えたせいで、脚立越えを何度もする羽目になった。
鹿の糞があちこちにありました。
2016年09月27日 10:04撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿の糞があちこちにありました。
ここらへんで道を間違えたことに気がつき、巨木に元気を分けてもらう。後で振り返ると、目的の尾根より150m横を登ったようだ。
2016年09月27日 10:18撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここらへんで道を間違えたことに気がつき、巨木に元気を分けてもらう。後で振り返ると、目的の尾根より150m横を登ったようだ。
悲鳴を上げながら1時間ほど四つん這いになって登る。鹿の足跡があったのでそれについていくと、とても登りやすくて驚いた。鹿は四足、自分も四足。
2016年09月27日 10:27撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悲鳴を上げながら1時間ほど四つん這いになって登る。鹿の足跡があったのでそれについていくと、とても登りやすくて驚いた。鹿は四足、自分も四足。
1
足場が悪くて風景を撮る余裕はなかったが、縁起の良いカエルだけは何とか撮った。
2016年09月27日 10:38撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足場が悪くて風景を撮る余裕はなかったが、縁起の良いカエルだけは何とか撮った。
歩ける位の斜面になってきてほっとする。何かいそうな怪しい洞穴。
2016年09月27日 10:50撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩ける位の斜面になってきてほっとする。何かいそうな怪しい洞穴。
目的の大山北尾根にぶつかるとモノレールがあるのでわかりやすい。大山へたどるモノレールはさらに登った先にあるほう。
2016年09月27日 11:07撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目的の大山北尾根にぶつかるとモノレールがあるのでわかりやすい。大山へたどるモノレールはさらに登った先にあるほう。
モノレールをたどると大山へ着く。のど元過ぎれば何とやら。楽勝気分でさくさく進む。
2016年09月27日 11:11撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モノレールをたどると大山へ着く。のど元過ぎれば何とやら。楽勝気分でさくさく進む。
宮ヶ瀬湖方面は何やら怪しい天気に。
2016年09月27日 11:14撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宮ヶ瀬湖方面は何やら怪しい天気に。
この細道をたどって脚立を乗り越えると、大山に着く。
2016年09月27日 11:16撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この細道をたどって脚立を乗り越えると、大山に着く。
阿夫利神社の裏手。
2016年09月27日 11:34撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿夫利神社の裏手。
ここから見えるはずの富士山は雲の中。
2016年09月27日 11:38撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから見えるはずの富士山は雲の中。
雲がかかる前に下山します。お気に入りの『天狗の鼻跡』
2016年09月27日 12:32撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲がかかる前に下山します。お気に入りの『天狗の鼻跡』
下社へ向かう途中にあるこの杉は他に比べて美人だと思う。
2016年09月27日 12:50撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下社へ向かう途中にあるこの杉は他に比べて美人だと思う。
下社。怪しい霧がかかってきて、このままでは雨に降られそう…
2016年09月27日 12:58撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下社。怪しい霧がかかってきて、このままでは雨に降られそう…
…しかたない…
2016年09月27日 13:02撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
…しかたない…
…ケーブルカーで帰ろう。ケーブルカーは知らないうちに前面がガラス張りになっており、迫力ある景色が楽しめました。
2016年09月27日 13:17撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
…ケーブルカーで帰ろう。ケーブルカーは知らないうちに前面がガラス張りになっており、迫力ある景色が楽しめました。
霧に巻かれることもなく、ケーブルカーで颯爽と下山。
お疲れ様でした。
2016年09月27日 13:19撮影 by DMC-FX37, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧に巻かれることもなく、ケーブルカーで颯爽と下山。
お疲れ様でした。

感想/記録

奥の院から大山へ向かう『梅の木ルート』はまったくおすすめできない。
歩きにくく、展望もなく、虫が多くて、たまにすごく危険。

訪問者数:200人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/8/29
投稿数: 5
2016/9/29 0:05
 鹿の足跡
その山男は鹿の足跡があまりに登りやすくどんどん山の奥へと四つん這いで進んでいったのでした。そして、日が暮れてふと気づけば、どこの尾根とも谷ともつかぬ場所に出てしまった。

「しまった。まるで道に迷ってしまった。」

四つん這いから起き上がり慌てて地図とコンパスを取り出そうとしたときです。
地図もコンパスもするりと手から落ちてしまいました。

「や、手が痺れてしまったか。」

そう思い自分の手を見るとそこにあるのは二本のヒヅメでした。

「ひゃあ」

山男は思わず近くの沢まで駆け出し顔を洗おうと水面をのぞき込みます。ヒヅメで必死に顔を洗いやがて水面が落ち着いたときです。その水面に写ったのは雄鹿以外の何者でもありませんでした。

その山男が歩いた尾根筋を通ると今でもキューキューという鹿の鳴き声が聞こえてくるそうです。

おしまい


という話があるそうです。危なっかしいですけど好奇心をそそられますね。試すのはやめておきます。
登録日: 2013/5/22
投稿数: 2
2016/9/29 21:06
 Re: 鹿の足跡
山月記みたいですが、鹿になった理由が分からないあたり気持ちが悪い話ですね。登山コンパスが登場することから最近の逸話なのでしょうか。
自分はあやうく鹿に変貌しかけていたところを、蛙のおかげで無事に人間に返ることができたことにしておきます。
この時の気持ちは、奥山に紅葉踏みわけ鳴く鹿の声聞くときぞ独り寂しき、でした。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ