ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 969613 全員に公開 沢登り大山・蒜山

地獄谷大休谷

日程 2016年09月27日(火) [日帰り]
メンバー glaybe2
天候晴れた。気温が30°あり暑かった。
大休峠から、ぽつぽつしだして快適だった。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■駐車場
一向ヶ平キャンプ場

■登山届
一向ヶ平キャンプ場管理棟
閉まっているときは用紙がないかも・・・
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間7分
休憩
1時間2分
合計
5時間9分
S一向平11:5112:30大休口13:06大休滝13:4615:24大休峠15:3015:46三本杉分れ15:4715:59大休口16:14大山滝16:2917:00一向平G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
途中でスマフォの電池が切れてログは途中まで。
コース状況/
危険箇所等
沢登りの知識、技術、装備が必要です。

■一向〜大山滝〜大休口
吊橋までの旧道は、平日は工事車両が通過するので通行止め。
快適な登山道

■地獄谷
堰堤を幾つか越える。
フィックスロープが垂れていたりして、登りやすい。

■大休谷
地獄谷との出会いがわかりにくい。
地獄谷と違い、苔で滑りやすいので注意。

まず、高さ12mの大休滝(下の滝)がお迎えしてくれる。
フリーでの登攀は難しい。
いったん出会いまで戻って右岸を高巻く。

滝口に降りると、上流に5mの落ち込みと大休滝(上の滝)が見える。
大休滝(上の滝)は、高さ27mの直瀑。壮観!!
右岸を高巻く。
右岸は、左は地獄谷、右は大休谷へ切れ落ちている。
前半は、空洞化していて踏み抜きの危険がある。
後半は、非常に脆く、落石や滑落に注意。

上流は、5m未満の滝がところどころに出てくるが、規模の割には、ゴルジュではなく、比較的幅の広い河原が続いている。

詰めると野田ヶ山に突き上げるが、単調になってきたので大休峠付近で出渓した。

■大休峠〜大山滝〜一向
快適な登山道

写真

出発!
2016年09月27日 11:49撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発!
大山滝吊橋
工事が進んでる。
2016年09月27日 12:02撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山滝吊橋
工事が進んでる。
大休口、暑くてペースが上がらず40分かかった。。。
地獄谷まで給水は控えていたのでもう少し!
2016年09月27日 12:28撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大休口、暑くてペースが上がらず40分かかった。。。
地獄谷まで給水は控えていたのでもう少し!
スパイク付きフェルトソールが落ちてる。
行きだと切ないなぁ。
2016年09月27日 12:34撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スパイク付きフェルトソールが落ちてる。
行きだと切ないなぁ。
地獄谷到着。急に涼しくなる。
2016年09月27日 12:36撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地獄谷到着。急に涼しくなる。
1
最初の堰堤。右側が上がれそうだけど、まだノッてながったので、左から。
2016年09月27日 12:40撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の堰堤。右側が上がれそうだけど、まだノッてながったので、左から。
2つ目の堰堤。すっかり決壊してる。
今までは左のロープで登ってたけど、ここは右の水流際を攻める。ただし、濡れたくないのでトラバースで。
2016年09月27日 12:43撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2つ目の堰堤。すっかり決壊してる。
今までは左のロープで登ってたけど、ここは右の水流際を攻める。ただし、濡れたくないのでトラバースで。
トラバース中。
なかなか楽しかった。
2016年09月27日 12:45撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース中。
なかなか楽しかった。
1
突破。
2016年09月27日 12:47撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突破。
3つ目の堰堤。
ここも右のロープで登らず、左からへ攣って水流を直登。
2016年09月27日 12:48撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3つ目の堰堤。
ここも右のロープで登らず、左からへ攣って水流を直登。
水が綺麗〜
2016年09月27日 12:52撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水が綺麗〜
4つ目の堰堤。ここは素直に巻く。
2016年09月27日 12:52撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4つ目の堰堤。ここは素直に巻く。
イワナがいないかな〜?
2016年09月27日 12:53撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワナがいないかな〜?
キノコの時季です。
2016年09月27日 12:55撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キノコの時季です。
4つ目の堰堤が終わると、いよいよ大休谷。
沢登りの準備をして突入!
2016年09月27日 13:04撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4つ目の堰堤が終わると、いよいよ大休谷。
沢登りの準備をして突入!
大休滝(下の滝)
12mの直瀑
2016年09月27日 13:06撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大休滝(下の滝)
12mの直瀑
脆いかなぁと思ってたけど、結構丈夫そうなので、登れるかも!!(道具とビレイヤーがいれば!!)
2016年09月27日 13:15撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
脆いかなぁと思ってたけど、結構丈夫そうなので、登れるかも!!(道具とビレイヤーがいれば!!)
この斜面登れそうだなぁと思ったけれど、出会いまで戻って高巻く。
2016年09月27日 13:22撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この斜面登れそうだなぁと思ったけれど、出会いまで戻って高巻く。
高巻いたところ。
懸垂下降の準備はしていたけれど、普通に降りれた。
2016年09月27日 13:29撮影 by SC-05G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高巻いたところ。
懸垂下降の準備はしていたけれど、普通に降りれた。
下の滝の滝口方面
2016年09月27日 13:30撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下の滝の滝口方面
間の落ち込み
2016年09月27日 13:31撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間の落ち込み
落ち込みを登ると見えてきた!!
手前のは5mの落ち込み。
2016年09月27日 13:36撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち込みを登ると見えてきた!!
手前のは5mの落ち込み。
大休滝(上の滝)
27mの直瀑
2016年09月27日 13:46撮影 by SC-05G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大休滝(上の滝)
27mの直瀑
立派!!
2016年09月27日 13:48撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派!!
1
右の斜面を登る。岩と灌木のミックス。
少し戻って登ったほうが楽だと思う。
登りきった尾根は、ふにゃふにゃしていた。どうやら空洞になっているようだ。。。
2016年09月27日 13:55撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右の斜面を登る。岩と灌木のミックス。
少し戻って登ったほうが楽だと思う。
登りきった尾根は、ふにゃふにゃしていた。どうやら空洞になっているようだ。。。
1
フニャフニャの先はナイフリッジ。
脆くて落石がゴロゴロ。
2016年09月27日 13:57撮影 by SC-05G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フニャフニャの先はナイフリッジ。
脆くて落石がゴロゴロ。
1
上の滝の滝口
2016年09月27日 14:01撮影 by SC-05G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の滝の滝口
1
ここから大休谷の沢歩き。
ときどき現れる5m未満の滝がアクセント。
ここだけ頭から水をかぶった。
2016年09月27日 14:06撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから大休谷の沢歩き。
ときどき現れる5m未満の滝がアクセント。
ここだけ頭から水をかぶった。
どこで出渓しようかなぁ〜
2016年09月27日 14:12撮影 by SC-05G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこで出渓しようかなぁ〜
この滝を越えた所でいい感じの尾根があったので、出渓を決める。
2016年09月27日 14:43撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この滝を越えた所でいい感じの尾根があったので、出渓を決める。
歩きやすい。
2016年09月27日 14:59撮影 by SC-05G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きやすい。
登山道に出た!
2016年09月27日 15:17撮影 by SC-05G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道に出た!
大休峠に到着。
雨がぽつぽつ降り出した。寧ろ歓迎(笑)
2016年09月27日 15:21撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大休峠に到着。
雨がぽつぽつ降り出した。寧ろ歓迎(笑)
小走りで大休口に到着
2016年09月27日 15:59撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小走りで大休口に到着
大山滝
せっかくなので降りてみる。
2016年09月27日 16:10撮影 by SC-05G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山滝
せっかくなので降りてみる。
魚影が見えた。
2016年09月27日 16:13撮影 by SC-05G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魚影が見えた。
そのまま下るが、工事中だったので引き返す・・・
2016年09月27日 16:21撮影 by SC-05G, samsung
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのまま下るが、工事中だったので引き返す・・・
5時ピッタリに下山
2016年09月27日 16:59撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5時ピッタリに下山

感想/記録

ちょっぴり遅めの夏休みの最終日は、外岩でクライミングもよかったけれど、やり残していた大休谷を目指した。事前に地獄谷のレポートを見たのも誘われた理由だ。

大休滝は、地獄谷のそばにありながら、あまり知られていない立派な滝だ。
滝上の大休谷は、思っていたより単調で、まだ水は枯れていなかったが、早めに出渓してしまった。
訪問者数:99人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ