ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 969638 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

花瓶山(向山・大倉尾根経由)

日程 2016年09月27日(火) [日帰り]
メンバー Nariaki
天候曇り(高湿度)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
如来沢登山口
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間56分
休憩
39分
合計
4時間35分
Sスタート地点10:3211:08向山11:1612:32花瓶山13:0013:09ビュースポット13:1113:32太郎ブナ13:3315:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
県境にある花瓶山(はながめやま)ですが、栃木百名山に指定されている。林道から向山までの道はハンディGPSが頼りになりました。 昨日まで雨模様の天候が多かったので、地面の泥濘(ぬかるみ)が多く登山靴およびズボンの裾・長袖も水分と泥でかなり汚れました。でも服装を長袖にしたのは正解でした。
その他周辺情報県道205号線(須賀川大子線)から県道13号線(大子黒羽線)に入って如来入口から登山口までは約2.5kmですが、林道の約2kmの部分は対向車と行き会う時には、代わるのが大変でしょう。 また、本日は大田原市森林組合の伐採その他の作業で重機等が入っているので、邪魔にならないように駐車位置を指示されました。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 地形図 マグネットコンパス GARMIN etrex-20 デジカメ

写真

左奥が如来沢林道で右へ行く林道が向山方面です。
2016年09月27日 10:33撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左奥が如来沢林道で右へ行く林道が向山方面です。
小さいリボンの付いたこの藪道を入って行きました。水気のある藪で衣服が汚れましたが、長袖だったので強引に向山へ向かいます。
2016年09月27日 10:35撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さいリボンの付いたこの藪道を入って行きました。水気のある藪で衣服が汚れましたが、長袖だったので強引に向山へ向かいます。
折り返して尾根筋に乗ってからはリボンの目印もあるので迷いません。
2016年09月27日 10:48撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
折り返して尾根筋に乗ってからはリボンの目印もあるので迷いません。
折り返して尾根筋に乗ってからはリボンの目印もあるので迷いません。
2016年09月27日 10:55撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
折り返して尾根筋に乗ってからはリボンの目印もあるので迷いません。
向山山頂。見晴らしはほとんどありません。
2016年09月27日 11:08撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向山山頂。見晴らしはほとんどありません。
大倉尾根はこんな感じで、適当にアップダウンがある。
2016年09月27日 11:24撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大倉尾根はこんな感じで、適当にアップダウンがある。
平坦な所もある。
2016年09月27日 11:33撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平坦な所もある。
もうすぐ山頂です。
2016年09月27日 12:24撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ山頂です。
花瓶山山頂。三角点はない筈ですが、それらしき大きなものがある。見晴らしはなくスペースも広くはない。
2016年09月27日 12:33撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花瓶山山頂。三角点はない筈ですが、それらしき大きなものがある。見晴らしはなくスペースも広くはない。
1
山頂を降りてすぐの尾根筋右側の木に、兄弟ブナの方向標識がある。左側は如来沢林道への降り口となっているので、太郎ブナを見に行った後ここに戻って、ここから下山します。
2016年09月27日 13:03撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂を降りてすぐの尾根筋右側の木に、兄弟ブナの方向標識がある。左側は如来沢林道への降り口となっているので、太郎ブナを見に行った後ここに戻って、ここから下山します。
兄弟ブナの手前で、間違えて右へ進んだ所に、素晴らしいビュースポットを発見。八溝山頂から池ノ平への稜線がよく見えます。
2016年09月27日 13:09撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兄弟ブナの手前で、間違えて右へ進んだ所に、素晴らしいビュースポットを発見。八溝山頂から池ノ平への稜線がよく見えます。
左奥が兄弟ブナの方向で、右の白い木の標識が倒れている方向が、先ほど間違えたビュースポット方向。
2016年09月27日 13:15撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左奥が兄弟ブナの方向で、右の白い木の標識が倒れている方向が、先ほど間違えたビュースポット方向。
次郎ブナが倒れています。
2016年09月27日 13:23撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次郎ブナが倒れています。
太郎ブナも幹しかありません。
ここから先ほどの如来沢への降り口に戻るのに、東へ道を間違えて10分余りタイムロスしちゃいました。
2016年09月27日 13:33撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太郎ブナも幹しかありません。
ここから先ほどの如来沢への降り口に戻るのに、東へ道を間違えて10分余りタイムロスしちゃいました。
花瓶沢に沿って下山します。
2016年09月27日 14:09撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花瓶沢に沿って下山します。
如来沢林道の花瓶山登山口。
如来入の方は伐採作業中。
2016年09月27日 14:22撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
如来沢林道の花瓶山登山口。
如来入の方は伐採作業中。
関東森林管理局 塩那森林管理署の看板。
2016年09月27日 14:40撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関東森林管理局 塩那森林管理署の看板。
如来沢の水量も多いようです。
2016年09月27日 14:51撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
如来沢の水量も多いようです。
このように伐採された丸太が林道沿いに、5〜6ヶ所山積みされていました。
2016年09月27日 14:56撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このように伐採された丸太が林道沿いに、5〜6ヶ所山積みされていました。
出発点に戻りました。
2016年09月27日 15:06撮影 by Canon IXY 120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発点に戻りました。
撮影機材:

感想/記録

茨城県大子町と栃木県大田原市の境界にある花瓶山(692m)に初めて登りました。 栃木県側は県有林(杉・檜の人工林)で茨城県側は「花瓶山自然環境保全地域」で自然林のようです。大子町側の小田貝沢からもマイナールートがあるようですが、大田原市の「黒羽山の会」が標識など整備しているようなので、如来沢林道を登山口として選択しました。
この山は、本来は花が咲き乱れる春が良いという情報ですので、またいつか春にでも来たいと思います。
訪問者数:184人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 三角点 GPS ブナ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ