ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 969674 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走中央アルプス

木曽駒ヶ岳〜空木岳 テント担いで縦走

日程 2016年09月25日(日) 〜 2016年09月27日(火)
メンバー tantoameotoko
天候25日曇り 26日曇り 27日晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間53分
休憩
18分
合計
2時間11分
S千畳敷駅12:1512:58乗越浄土12:5913:02宝剣山荘13:0513:07天狗荘13:0813:21中岳13:2613:34(木曽駒ヶ岳) 頂上山荘13:3513:50木曽駒ヶ岳13:5614:15馬ノ背分岐14:1614:26(木曽駒ヶ岳) 頂上山荘
2日目
山行
9時間56分
休憩
59分
合計
10時間55分
(木曽駒ヶ岳) 頂上山荘07:3908:00宝剣山荘08:27宝剣岳08:2909:06三ノ沢分岐09:1609:19サギダルの頭09:2009:25極楽平09:2609:34島田娘10:34濁沢大峰10:3511:55檜尾岳12:2914:08熊沢岳15:24東川岳15:2615:56木曽殿山荘15:5917:27空木岳17:2817:40駒峰ヒュッテ17:4418:00空木平カール18:34空木岳避難小屋
3日目
山行
4時間36分
休憩
29分
合計
5時間5分
空木岳避難小屋06:1106:27空木平カール分岐点06:2907:14ヨナ沢ノ頭07:27小地獄07:2807:34大地獄07:3708:15マセキ平08:1608:29尻無08:3008:51池山小屋08:5409:13池山09:1609:39タカウチ場(池山分岐)10:01空木岳登山口駐車スペース10:1310:10林道終点10:1310:25空木岳登山道入口(第二取付点)11:08菅ノ台バスセンター・駐車場11:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
「山と高原地図」に載っている危険箇所以外にも、危ない岩場が多数ありました。
印象に残っているのが、東川岳の山頂直下(熊沢岳側)、空木岳山頂付近(木曽側)。
鎖、ステップ等、付いていない所もあるので岩登りに慣れていない人は大変な所もあるかと思います。
その他周辺情報明治亭 ソースかつ丼
こまくさの湯(モンベルカードで50円引き)
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

千畳敷ロープウェイ駅
気温15度
2016年09月25日 11:30撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千畳敷ロープウェイ駅
気温15度
ロープウェイ順番待ちの長蛇の列
二時間待ちみたいでした
2016年09月25日 12:04撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイ順番待ちの長蛇の列
二時間待ちみたいでした
乗越浄土まで大渋滞
2016年09月25日 12:33撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗越浄土まで大渋滞
中間地点のオットセイ岩
2016年09月25日 12:46撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中間地点のオットセイ岩
木曽駒ヶ岳山頂
2016年09月25日 13:48撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽駒ヶ岳山頂
3
この時は晴れ間も
2016年09月25日 15:57撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この時は晴れ間も
1
2日目 宝剣岳
不気味です
2016年09月26日 07:53撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目 宝剣岳
不気味です
八ヶ岳連峰
2016年09月26日 07:55撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳連峰
2
宝剣岳からの下り
2016年09月26日 08:31撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝剣岳からの下り
2
宝剣岳からの下り
2016年09月26日 08:51撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝剣岳からの下り
3
快適な稜線歩きは極楽平周辺くらいでした
2016年09月26日 09:48撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適な稜線歩きは極楽平周辺くらいでした
1
アップダウンは続きます
2016年09月26日 10:07撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップダウンは続きます
檜尾岳山頂
2016年09月26日 11:52撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜尾岳山頂
2
木曽殿山荘
2016年09月26日 15:44撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木曽殿山荘
1
空木岳山頂アタック
行くしかない
2016年09月26日 16:04撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空木岳山頂アタック
行くしかない
3
空木岳山頂
2016年09月26日 17:23撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空木岳山頂
4
もう日が暮れかかっています
きれい
2016年09月26日 17:25撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう日が暮れかかっています
きれい
3
駒峰ヒュッテにてビールとバッヂを購入
2016年09月26日 17:40撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒峰ヒュッテにてビールとバッヂを購入
1
3日目の朝 黄葉が素晴らしい
2016年09月27日 05:49撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3日目の朝 黄葉が素晴らしい
3

感想/記録
by tanto

会社の先輩ameotokoさんとの毎年恒例の遠征登山。
大した下調べをせずに、山と高原地図のコースタイムだけでルート設定をしたのですが、思った以上に大変な山行となりました。
・1日目 千畳敷〜駒ケ岳頂上山荘テント泊
 千畳敷から駒ケ岳山頂まで2時間で標高差は400mほど。登りはじめが遅かったので、下山者の大渋滞に巻き込まれました。下りのロープウェイは2時間待ちで整理券を配っていました。
・2日目 駒ケ岳頂上山荘〜宝剣岳〜檜尾岳〜熊沢岳〜東川岳〜空木岳〜空木平避難小屋泊
 前日夜半から雨、明け方になっても上がらず。最悪このまま下山かと思っていましたが、6時過ぎには雨も上がり、天気予報も良さげだったので決行する事にしました。
テントを撤収して7時半スタート。宝剣岳は見た目は迫力はありますが、鎖、ステップ、マーキング等しっかりつけられており、それほど難しくは感じませんでした。
ただ、20kg程のテント装備を背負っていたので慎重に行動しました。
そこから濁沢大峰までは緩い下りの稜線歩き。しかしほぼコースタイム通り。前から感じていたんですが、山と高原地図の稜線のコースタイムは登りや下りと比べて少し厳し目ですね。
檜尾岳までも歩きにくい岩場やハイマツの藪こぎ、微妙なアップダウンなど重荷を背負った我々をボディーブローのように追い詰めていきました。
ameotokoさんの口からも段々と弱音が増えていってましたが、登りはしっかりした足取りだったので絶対大丈夫と思っていました。
檜尾岳山頂で昼食をとり、少し復活して次の熊沢岳を目指します。
途中の大滝山くらいでやっと空木岳が遥か彼方に見えた時には、軽い絶望感を感じました。それからも厳しいアップダウンを乗り越え、木曽殿山荘には16時着。
ここから空木岳山頂まで1時間半。空木平避難小屋まで更に40分で日中の到着はあきらめました。
山荘から空木岳は標高差は400mほど。ザレ場、ゴロゴロした岩の急登からはじまって上部は大きな岩だらけで登るのに大変苦労しました。
山頂に到着した時のameotokoさんの「涙がでそう。。。」の言葉が今日の全てを物語っていました。駒峰ヒュッテでバッチとビールを調達して空木平に着く少し前にとうとう日没。ヘッデンをつけてなんとか避難小屋着。すでに3人の方が就寝していたので小屋前で荷物を広げて宴開始。星空がきれいでした。
・3日目 空木平避難小屋〜池山尾根〜菅の台
 全体的に急登があまりない分、距離があります。木のはしご、鉄の階段などしっかり整備はされていますが、大地獄、小地獄は少し注意が必要です。
木曽側の厳しい登山道とは全然イメージが違うので、こちらを表空木、木曽側を裏空木と勝手に名付けました。
訪問者数:455人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/5/28
投稿数: 8
2016/9/28 22:32
 お疲れさまでした
早くの山レコアップありがとうございます。
今まで一緒にご一緒させていただいた中でも1、2を争う?しんどさでした。
ほんまに思い直しても泣き言だいぶ吐いた山行きでした。
自分の限界や山に行く心積もりやらをもう一度考えさせられました。
今後ともよろしくお願いします。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ