ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 970062 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

果報は寝て待て「五竜岳」

日程 2016年10月01日(土) 〜 2016年10月02日(日)
メンバー iamclimber(CL), その他メンバー1人
天候10/1(土)天候:曇り一時晴れ 気温:登山口19℃ テン場12℃
10/2(日)天候:雨のち晴れ  気温:テン場12℃  山頂15℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
▼駐車場
≪カーナビで設定するなら以下参照≫
【名称】白馬五竜スキー場
【住所】長野県北安曇郡白馬村神城22184-10
【電話】0261-75-2101
【料金】無料
【台数】1000台
【URL】http://www.hakubagoryu.com/kankou/alps-summer/

▼白馬五竜テレキャビン
とおみ駅からアルプス平駅までゴンドラで移動します。
【営業】7:30〜16:00(下り最終16:30)※繁忙期
【料金】1800円
【時間】8分
【割引】下記のクーポンを印刷すると100円引き
【URL】http://www.snownavi.com/coupon/2016summer/goryu_p.html
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち58%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間57分
休憩
38分
合計
4時間35分
S白馬五竜アルプス平08:3608:57地蔵の頭09:51小遠見山10:0810:24中遠見山10:2510:53大遠見山11:1011:56西遠見山11:5713:04白岳13:0513:06遠見尾根分岐13:0713:11五竜山荘
2日目
山行
4時間17分
休憩
1時間18分
合計
5時間35分
五竜山荘08:2309:03五竜岳09:2710:18五竜山荘10:4810:51遠見尾根分岐10:5211:43西遠見山11:4412:08大遠見山12:2912:52中遠見山12:5313:05小遠見山13:58白馬五竜アルプス平G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
▼登山ポスト
ゴンドラ乗り場にあります。

▼電波
接続率ドコモ 97.2%
その他周辺情報▼五竜山荘
【張数】30張
【料金】1000円/1人
【水場】なし。給水は山荘で有料(1ℓ100円)
【営業】4/28日〜5/7 及び 6/18〜10/15
【URL】http://www.hakuba-sanso.co.jp/goryusanso/
【備考】「山が好き 酒が好き」Tシャツでおなじみ、五竜山荘に併設するテン場

▼温泉
クチコミで人気の「倉下の湯」を利用。
【住所】長野県北安曇郡白馬村北城9549-8
【電話】0261-72-7989
【料金】600円
【営業】10:00〜21:00(※最終受付20:30)
【URL】http://www.kurashitanoyu.com/facilities.html
【案内】駐車場から15分
【感想】泉質や値段も◎。オススメです。

写真

白馬五竜テレキャビンを降りるとそこは白馬五竜高山植物園
2016年10月01日 08:36撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬五竜テレキャビンを降りるとそこは白馬五竜高山植物園
現在は手入れの季節に入ってしまったようです。
2016年10月01日 08:39撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
現在は手入れの季節に入ってしまったようです。
地蔵の頭
2016年10月01日 08:57撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵の頭
階段が続きます
2016年10月01日 09:15撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段が続きます
五竜岳の景観が優れているのは、東麓からの唯一の登路である遠見尾根。
2016年10月01日 09:12撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜岳の景観が優れているのは、東麓からの唯一の登路である遠見尾根。
尾根の名称の通り、
2016年10月01日 09:31撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の名称の通り、
いくつものタワミ(遠見)の上下を繰り返します。
2016年10月01日 09:45撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いくつものタワミ(遠見)の上下を繰り返します。
1
中遠見
2016年10月01日 10:24撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中遠見
ガスが晴れてきた!
と思いきや
2016年10月01日 11:29撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスが晴れてきた!
と思いきや
6
すぐにガスる。そんな1日。
2016年10月01日 11:28撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐにガスる。そんな1日。
でも紅葉が綺麗です。
2016年10月01日 11:27撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも紅葉が綺麗です。
3
唐松岳の…裾野…。
2016年10月01日 11:37撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松岳の…裾野…。
大遠見を過ぎると
池塘が現われ、
2016年10月01日 11:42撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大遠見を過ぎると
池塘が現われ、
3
休憩に最適です。
2016年10月01日 11:45撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩に最適です。
1
雪渓が残ってます。
2016年10月01日 11:48撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓が残ってます。
2
西遠見から
2016年10月01日 11:54撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西遠見から
白岳との鞍部に五竜山荘が
見えますが、
2016年10月01日 12:01撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白岳との鞍部に五竜山荘が
見えますが、
6
五竜岳の全容は拝めず。
2016年10月01日 12:14撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜岳の全容は拝めず。
でもガスのお陰で、幻想的な景色が広がり
これはこれで悪くない。
2016年10月01日 12:28撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でもガスのお陰で、幻想的な景色が広がり
これはこれで悪くない。
梯子や
2016年10月01日 12:28撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子や
鎖場もありますが
2016年10月01日 12:33撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場もありますが
3
慎重に歩けば問題なし!
2016年10月01日 12:35撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
慎重に歩けば問題なし!
五竜山荘に到着!
2016年10月01日 13:16撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜山荘に到着!
1
テン場に1番乗りでした。
2016年10月01日 13:16撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場に1番乗りでした。
1
設営を終えるころにはまたガッスガスになってしまい、五竜岳には翌日登ることに。
2016年10月01日 17:00撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
設営を終えるころにはまたガッスガスになってしまい、五竜岳には翌日登ることに。
テン場は結局5張でした。
2016年10月01日 17:05撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場は結局5張でした。
1
山頂付近でガスが急に開け…
2016年10月02日 09:07撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近でガスが急に開け…
3
ベストタイミングで山頂に到着!
2016年10月02日 09:26撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベストタイミングで山頂に到着!
8
ピークは奥にあります。
2016年10月02日 09:27撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークは奥にあります。
山頂には誰もいなく、贅沢な時間を過ごすことができた。
2016年10月02日 09:41撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には誰もいなく、贅沢な時間を過ごすことができた。
唐松岳を望む
2016年10月02日 09:59撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松岳を望む
3
五竜から唐松岳へ縦走する人が多いようです。
2016年10月02日 09:45撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜から唐松岳へ縦走する人が多いようです。
2
ガスがない稜線歩きは会話が弾みます。
2016年10月02日 09:48撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスがない稜線歩きは会話が弾みます。
2
宿泊客やテン場の客もみな出発してしまい静かな山荘
2016年10月02日 10:44撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宿泊客やテン場の客もみな出発してしまい静かな山荘
1
テントを撤収し、下山開始。
2016年10月02日 10:13撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントを撤収し、下山開始。
晴れ間も広がり、27度まで気温が上がり汗ダクダク。
2016年10月02日 11:25撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れ間も広がり、27度まで気温が上がり汗ダクダク。
前日に見れなかった五竜岳の山容や展望など楽しむことができ、
2016年10月02日 13:06撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日に見れなかった五竜岳の山容や展望など楽しむことができ、
1
ピストンコースでちょうど良かったです。
2016年10月02日 13:12撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピストンコースでちょうど良かったです。
1
ちょっと寄り道
2016年10月02日 13:41撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと寄り道
アルプス平自然遊歩道を歩きます。
2016年10月02日 13:49撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アルプス平自然遊歩道を歩きます。
3
紅葉が見頃でした。
2016年10月02日 13:46撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉が見頃でした。
10
お疲れ様でした!
2016年10月02日 13:54撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お疲れ様でした!
撮影機材:

感想/記録

<10/1(土)>
「てんきとくらす」を見ると山の天気はあまり良くなさそうだったが、
天気図を見てるとそう悪くもなさそうだったので、とりあえず五竜岳に行くことにした。

白馬五竜テレキャビンを降りるとそこは白馬五竜高山植物園。
さまざまな高山植物を植生しているが、秋になり手入れの時期になってしまったようだ。

地蔵の頭から小遠見まではトレッキングコースになっており、木道や階段が整備されている。
眺望360度の地蔵ケルン、さらに約200段の丸太の階段を登り終えると視界が開けて見返りの平、一ノ背髪、二ノ背髪を過ぎれば五竜岳をはじめ雄大なアルプスの大景観が味わえる小遠見山頂に到着。
ただガスが晴れてきた!と思いきや数秒後にはガスる。そんな天気のため展望はいまいちだったが、先週の鹿島槍ヶ岳に続き、五竜も紅葉がピークを迎え、赤・黄・茶色と色づいた山々の景色を堪能することができた。

五竜岳の景観が優れている、東麓からの唯一の登路である遠見尾根。
尾根の名称の通り、いくつものタワミ(遠見)の上下を繰り返し、五竜山荘に到着した。
天気予報がよくなかったためかテン場に1番乗り。結局この日は5張りほどった。

<10/2(日)>
前夜から雨が降りだし、強風がテントを煽り何度も目が覚めてしまった。
翌朝起床するも雨。午前中には天気が回復する予報だったので、止むまで待つことにした。

8時になると雨が止むも濃霧。
山頂まで1時間と近くだったので、とりあえずサブザックを背負って出発することにした。
すると山頂付近で晴れてきた!まさに「果報は寝て待て」と言うべきか。
山頂には誰も人がいなく、贅沢な時間を過ごすことができた。

下山時には晴れ間も広がり、27度まで気温が上がり汗ダクダク。
ただ前日に見れなかった五竜岳の山容や展望など楽しむことができ、
ピストンコースでちょうど良かった。

唐松岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳とそれぞれ登ってきたが、
次回は爺ヶ岳から唐松岳まで縦走し、点を線に変えたいと思う。

百名山完登まで残り51座。
訪問者数:380人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

池塘
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ