ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 970273 全員に公開 ハイキング甲信越

朳差岳(奥胎内ヒュッテ 足の松尾根)

日程 2016年09月25日(日) [日帰り]
メンバー tamuroku
天候晴れ 気温は夏日〜真夏日
アクセス
利用交通機関
車・バイク
奥胎内ヒュッテに駐車 
行き 5時30分発 乗り合いタクシーで10分 足の松尾根登山口へ 500円
帰り 16時00発 乗り合いタクシーで10分 奥胎内ヒュッテへ 500円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間50分
休憩
1時間24分
合計
10時間14分
S足の松尾根コース登山口05:4206:38姫子ノ峰06:3907:26英三ノ峰07:48ヒドノ峰08:36イチジ峰08:4109:21西ノ峰09:2709:32大石山の分岐09:3710:12鉾立峰10:1910:47朳差小屋10:50朳差岳11:2511:28朳差小屋11:2911:53鉾立峰11:5912:43大石山の分岐12:4712:54西ノ峰12:5513:26イチジ峰13:2813:51ヒドノ峰14:11英三ノ峰15:06姫子ノ峰15:45足の松尾根コース登山口15:5615:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
よく整備 松の根に守られた 登山道です。
その他周辺情報奥胎内ヒュッテで入浴できるそうです。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

最初はブナ林
2016年09月25日 05:50撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初はブナ林
いきなり急登 松の根っこ尾根
2016年09月25日 05:59撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり急登 松の根っこ尾根
松の根っこ尾根
2016年09月25日 06:12撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松の根っこ尾根
あそこが頂上?
違ってました。
どうやら鉾立峰のようです。
2016年09月25日 06:30撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あそこが頂上?
違ってました。
どうやら鉾立峰のようです。
松の根っこが岩を支えているようです
2016年09月25日 06:32撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松の根っこが岩を支えているようです
こんな大きな岩も根っこに守られています
2016年09月25日 07:08撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな大きな岩も根っこに守られています
1
岩と根っこ
2016年09月25日 07:19撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩と根っこ
あそこが頂上?
違ってたことは後で知りました。
どうやら鉾立峰のようです。
2016年09月25日 07:23撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あそこが頂上?
違ってたことは後で知りました。
どうやら鉾立峰のようです。
途中のブナ林
2016年09月25日 08:22撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中のブナ林
2
紅葉のはしり
2016年09月25日 09:24撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉のはしり
日本海まで見えます
2016年09月25日 09:24撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本海まで見えます
紅葉のはしり
2016年09月25日 09:28撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉のはしり
これから進む朳差岳方面
2016年09月25日 09:48撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから進む朳差岳方面
1
やや雲が
2016年09月25日 09:54撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やや雲が
振り返って
2016年09月25日 10:01撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って
小屋が見え初めました
2016年09月25日 10:49撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋が見え初めました
山頂より
2016年09月25日 10:56撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂より
山頂より
2016年09月25日 10:56撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂より
山頂より
2016年09月25日 10:56撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂より
山頂より
2016年09月25日 10:57撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂より
山頂より
2016年09月25日 11:37撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂より
鉾立峰からアゴク峰方面
2016年09月25日 12:04撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉾立峰からアゴク峰方面
振り返って朳差岳
2016年09月25日 12:04撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って朳差岳
大石山まで戻ってきました
2016年09月25日 12:50撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大石山まで戻ってきました
足の松尾根を降りていきます。
2016年09月25日 13:05撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足の松尾根を降りていきます。

感想/記録

初めての朳差岳
行けるところまでと考えてスタート。
乗合タクシーでご一緒した村上市からのお二人さんに
情報をもらいながら登山。
リミット17時の乗合タクシーまでに登山口に戻ってくる事が前提。
途中から、新発田市から来られた方に情報をもらいながら一緒に歩きました。
楽しいお話しありがとうございました。
足の松尾根の登山道は、芸術的要素を感じるくらい
松の根っこが絡み合い、岩を結び、登る足場として、
存在感を誇示していました。
感動しました。
一泊で計画した方がいいと思いました。

訪問者数:157人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 紅葉 ブナ ヒュッテ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ