ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 970449 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走富士・御坂

大荒れの主杖流し

日程 2016年09月28日(水) [日帰り]
メンバー backdrops(CL), その他メンバー1人
天候晴れ〜ガス&強風〜暴風雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
12時間0分
休憩
0分
合計
12時間0分
Sスタート地点05:3017:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
失敗例として、批判やお叱りを受ける覚悟でヤマレコ投稿しました。
今回は自分の弱さ、軽率さを痛感しました。

今回は運よく下山できました。
相棒と共に追い詰められた経験は、この先きっと役立つと考えています。
コース状況/
危険箇所等
取り付き点から先は、岩とザレしかありません。
その他周辺情報御殿場温泉会館500円
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

備考 反省点しかありません。
しかし、多くを身体で学んだ山行でした。

写真

仕事を終えてから徹夜で富士宮5合目へ。車で40分ほど仮眠し、予定では5時出発でしたが、5時30分出発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仕事を終えてから徹夜で富士宮5合目へ。車で40分ほど仮眠し、予定では5時出発でしたが、5時30分出発。
トイレは使えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレは使えました。
明けて来ました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明けて来ました
1
旧6合目から御中道へ向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧6合目から御中道へ向かいます。
この岩、けっこうすぐ有ると思っていましたが、なかなか有りませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この岩、けっこうすぐ有ると思っていましたが、なかなか有りませんでした。
1
箱荒沢から次の藪を踏みあと通りに抜けて行くと、立ち入り禁止看板が有ります。
これの斜め上に取り付き点があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箱荒沢から次の藪を踏みあと通りに抜けて行くと、立ち入り禁止看板が有ります。
これの斜め上に取り付き点があります。
取り付き点です。「本当に漢字間違えてる!」と、はしゃいでしまいました笑
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取り付き点です。「本当に漢字間違えてる!」と、はしゃいでしまいました笑
さあ行きましょう!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ行きましょう!
こんな感じの登りです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じの登りです
上の方にガスが・・・
※これ以降、暴風吹き荒れる中を登ったので、写真を撮っていません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の方にガスが・・・
※これ以降、暴風吹き荒れる中を登ったので、写真を撮っていません
なんとか登頂しました。
経緯は感想欄に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか登頂しました。
経緯は感想欄に
1
下山途中、晴れ間が。
山あるあるですね(^^;

しかしこの後暴風雨に。
下山はブル道で楽チンしました(^^;
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中、晴れ間が。
山あるあるですね(^^;

しかしこの後暴風雨に。
下山はブル道で楽チンしました(^^;

感想/記録



まず、「富士山自体は何度も登っているから」という驕りが有りました。

取り付き点の時点で風が荒れたり止んだりしており、この時点で通常ルートに切り替えるべきでした。
(前々から楽しみにしていた計画であり、判断が偏ってしまいました)

登って行き、ガスの高さに到着した時点でレインを着るべきでした。
結局、レインを着たのは少し濡れてしまったあとです。
「この程度の風なら行ける」と思い、そのままどんどん登りました。
ガスが濃いため、見上げてもどこが剣ヶ峰なのか、全く見当がつきませんでした。
あのシルエットが剣ヶ峰か?と思っても近くまで行くとただの大きな岩、ということが4回ほど有りました。
登るにつれて風が強くなり、始めは突き上げる風だったのが、
大沢崩れ方面からの横殴りの風に変わりました。
岩影に入り、崩れるザレを登りましたが、体力も気力も奪われます。

大きな岩影で休憩すると、相棒の唇が青くなっていて、
これは本当に重大なミスを犯したと思いました。
ザレを慣らし、無理やり平坦な場所を作って湯を沸かして
相棒にコーヒーを飲ませました。

あとどれだけ登れば良いのかわからない。
登れない、下りれない、ではどうするかと考え、
トラバースして富士宮ルートへ合流し、富士宮ルートにて下山するというプランを立てました。

トラバース開始直後、チキショーと思ってふと見上げると、
そこはすでに馬の背のすぐ下でした。

そこから登り、剣ヶ峰を踏むことは出来ましたが、
登り中、ガスと強風であって、雨に降られなかったことは運だったと思います。

こんな不確実なことばかりやっていては、取り返しのつかないことになる。

今回、相棒と共に困難な状況を経験出来て、運よく下山することが出来ました。
全て運でした。

この経験は、次から必ず活かします。
訪問者数:176人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/7/13
投稿数: 2091
2016/10/1 19:26
 backdropsさんを知っているから言いますが
コメントどうしようか迷いましたが、
はっきり言います。
考え甘過ぎ
天候の悪さは事前にわかっていたはず
あの日は吉田にいましたが、確かに朝晴れましたが周辺は雲が多かった
また、初雪化粧で冠雪後でもある。
写真で見る限り服装も?
経験者ならバディーの体調も見なくては!
反省しているようなので、今後の経験に活かして下さい。
撤回撤収も勇気の1つです!
登録日: 2015/3/2
投稿数: 206
2016/10/2 6:37
 ありがとうございますRe: backdropsさんを知っているから言いますが
kazuhagiさんコメントありがとうございます。

雪化粧のことは頭に有りました。
26日に主杖流しを登った方のレコを見て、雪は溶けていると判断しました。

天気図と予報も見ていましたが、私のような素人予測よりも、プロの予報の方が信用できると思いました(この時点で、リスクよりも希望に賭けてしまいました)

雲を見る力が私には圧倒的に無さすぎます。
勉強し直します。
服装も考え直します。

撤退の勇気、今回身をもって思い知らされました。
実際にこのような経験をするまで、私は結局真剣になりきれていなかったのだろうと考えています。

お叱りありがとうございました!
登録日: 2013/7/15
投稿数: 86
2016/10/5 0:07
 とりあえず御無事で良かったですね。
難波ともあれ無事で何よりです。
28日、私は北海道で千歳→知床まで移動してました。
道中にふと「そういえばbackdropsさん今日登るって言ってたけど、本州の予報を見る限り流石にないな」と思ってたのですが・・やっちゃいましたね。
前々から計画していたので、いきなり取り止めは悔しい思いです。
よく分かります。
しかし、結果的にと取り返しがつかないと後悔しかありません。
正しく判断する必要があります。

私の場合は、行く場所を思い切って変える事をよくやります。
(今回の北海道のように。今回は少し思い切りましたが)
その際、気持ちの切り替えや行く場所を変えるリスクで悩む事もありますが、バックアッププランを持つようにし「もしもの場合はこのプランで行こう!」みたいな。
完全に登山中止だと本当に悔しいのでそうします。
それでも、どのプランも良くない状況だと中止にする事も。
自然相手なので仕方なしですよ。

とは言うものの、自分にも起こりえる事なので気を付けようと思いました。

しかし、立ち入り禁止場所と聞くと尚更行きにくいですね。
行きたい気持ち強いんですが、何かトラブって会社に知れると、とかもあるし・・
そういう所の気持ちの切り替えですよね。。。
登録日: 2015/3/2
投稿数: 206
2016/10/5 7:12
 ありがとうございますRe: とりあえず御無事で良かったですね。
munaitaさんありがとうございます。

kazuhagiさんにご指摘頂いた通り、撤退の勇気がなかったのだと思います。

立ち入り禁止看板ですが、主杖取り付き点より先のお中道が通れないようです。
(大沢崩れを登る方はその先に行かれると思います)

バックアッププラン、大抵いつも用意しているのですが、今回ばかりは富士山しか頭にありませんでした。
この時点で既に失敗していました。

山をナメているのは私でした。

今後2度と繰り返さないよう、気を付けます。

しかし北海道とは驚きです(^^;

関連する山の用語

ガス ザレ 馬の背 山あるある
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ