ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 970622 全員に公開 アルパインクライミング奥多摩・高尾

マルチ練習@つづら岩

日程 2016年09月24日(土) 〜 2016年09月25日(日)
メンバー polaris625
天候9/24(土)曇り→雨
9/25(日)晴れ

コースタイム [注]

■9/24(土)

8:45、武歳五日駅集合後、役場前BSへ。
宿へ荷物を置いて、歩いて、岩場へ。
相変わらず岩場までの急斜面がきつい。おまけに蒸し暑い。
しかも、講師がかなりのハイペース。二番目を歩いていたが、三番目、四番目の女性の方が私より登るペースがゆっくり、講師の指示で段々と後ろに。
うちの会じゃ、実働隊では女2人しかいないし、もう1人はくそハイペースだから、自分は遅い方かとか思ってたけど、一般的には遅い方ではないんだな。(よかった)

11時ころ、つづら岩到着。
時間ないね。天気悪いし昨日の雨のおかげで岩も濡れ濡れ。

とりあえず、右クラック(検砲鯏个襦
講師1人+講習生4人でどう登るかと思ったら、2本のダブルロープの中間にエイトノットを作って、2人はちょいがけ。
前傾の部分が一箇所あるけど簡単かなと思ってたら、上部が思ったより難しかった。
とはいえ、濡れ濡れでみんな怖がっていたが、沢で多少慣れているためか、あまり濡れの怖さは感じず。ノーテン。
クラックは適度にハンドジャムがきいた。ハンドジャム、バチ効きの安心感といったら!

雨も本降りになってきてしまったので、1Pで終了し、懸垂で一回降りる。
岩を回り込んで、上からまた懸垂下降の練習。
正直、懸垂下降はもう習得しているので登りたい。。
しかし、これがまたなかなかの高度感。30mくらいか。
安定したところにラッペルステーションがあるが、懸垂下降するには絶壁に身を放りださなければならない。
ま、しっかりとラッペルステーションあるしと、みんな怖がっているので一番最初に降りた。途中、空中懸垂。快適〜。

そんなで1日目は終了。やり足りなさすぎる。

■9/25(日)

7時半に朝食。講師陣が8時半に出発でいいか聞くと女性陣は早いから9時にしてと。
9時とか勘弁してよ、岩場着いたら何時だよと内心イラッとし、8時半がいい人に手を挙げたらきちんとその時間になった。よかった。

岩場へ向かう途中も、アプローチが長いだのぐだぐだ五月蠅い人やもう二度と行きたくないなんて言う人もいて、たかだか1時間半のアプローチなのに、そんなんじゃアルパインなんか行けねーよと突っ込みたくなった。
講習会なので色々な人がいるわけだが、全体的に結構、いい職就いてたりする金持ちが多く、みなさん金出して手当たり次第に色々な講習会を受けていらっしゃる。
この講習会終わったら、今度は雪山、もしくは沢の講習会を受けるという方が多く、受けるか聞かれたけど、講習会でやる雪山のレベルはすでにクリアしているし、沢も講習会を受けるほどでもないので行く必要ないと返答。
実際、この講習会受けるって会の知人に言ったら、「必要ないっしょ。」って言われたしな。確かに。1年前なら今より必要だった。
そんなでバリルートの話されてもガイドツアーの話ばかりで、一体この中に本当に山屋(予備軍)やらアルパイン志向の人がどれだけいるのだろうかと思った。

そんなことを考えながらも、まぁいい機会だから、山仲間増やすためにも会以外にもコミュニティは持っておくのはいいことなんじゃないのと自分に言い聞かせる。

で、まずは、東面で基本的なマルチのロープワーク、懸垂下降などを練習。
見た目、あんまり信用できる支点はなし。
出だしが少し難しいが、上はガバで快適。
しかし、岩が立っているせいか、妙に緊張して汗びっしょりorz

午後は、南面に移動して、一般ルート。
ザックを背負って登攀。他パーティはやってなかった。うちのところだけ。
一般ルート1P目の下部はちょっと悪かった。下から見るとホールド、スタンスともに豊富に見えるけど、逆層で思ったよりない。
2P目は少し登ってからバンドを左にトラバース。
スタンスは豊富だけど、高度感もあってかなりドキドキのトラバース。
おまけに、2番目、3番目のおかげで回収役の私の時にはロープが交差しまくって、トラバースでロープを何回か跨いで交差を解いたりしなければいけず、あー登るよりトラバースの方が怖いよん、絶対落ちたくないとか思ったりしてしまった。
最終3P目、最後の最後が難しかったぁ〜。もう躊躇することなくA0です。

15時下山開始だったのに、リーダー講師のパーティだったうちのところはのんびりして最後になった。
講師がきちんとやりたかっただろう。
しかし、みんなが下で待ってるので、これまたくそハイペースで下山。
あの急な登山道を講師のあとをぴったりくっついて下山するのは大変やった。


過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

感想/記録

つづら岩、トポグレードよりもショッパイよん!
今回登ったのはどれも元蕕覆里法∪萋の三ツ峠の検椶離襦璽箸茲蠅眤隆尭馘戮箸靴討脇颪靴った。
検椶泙任覆薀痢璽謄鵑任い韻襪隼廚辰燭里法▲謄鵐轡腑鵝A0してしまった。
講習会に参加した目的としては、外岩に慣れる、マルチのシステムの復習だったが、それ以外にも収穫があってよかった。
アルパインでは、
・集中力
・精神力
・ルートファインディング力
・スピード
が重要だなと感じた。
ここがフリーとアルパインの明確な違いなんだろうな。
登りながら、自分、やっぱり岩には向いていないなんて思ってしまった。
だけど、そう思うと、アルパインのリードはやはりかなり遠いけど、フリーならアルパインよりも精神的負担は少ないはずだからチャレンジしてもいいかもと思えた。
というわけで、ジムで練習重ねつつ、広沢寺あたりのやさしい岩場でやさしいグレードでリードも練習していきたいなと思う。

訪問者数:142人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

テン
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ