ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 970655 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

前回は天候不順、今回は足がつり、撤退 北岳縦走

日程 2016年09月24日(土) 〜 2016年09月25日(日)
メンバー Pancho2
天候1日目は曇り雨、2日目は晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
奈良田第二駐車場:百台くらい楽に駐車できそう。
工事現場にある移動トイレもある。
登山届けボックスは無し。
今回、広河原で提出。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
26分
休憩
0分
合計
26分
S奈良田駐車場09:0409:30宿泊地
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
よく整備され、危険と思われるところなし。
ただし、路面が濡れているところが多く、丸太や岩の上に滑り易いところあり。
その他周辺情報奈良田温泉「女帝の湯」
〒409-2701 山梨県南巨摩郡早川町奈良田486
TEL/FAX 0556-48-2552
入浴のみ 550円
休憩入浴 1,500円
入浴と休息で1,500円は少しいたいところ。温泉はこぢんまりして、ほどよく使用感があるところが、かえってよい味を出していて、次回も利用したいところとなりました。実は休憩する場所も茅葺き風屋根の旧家をそのまま利用しているのでのんびりするのにとってもよい雰囲気を出しています。

「白籏史朗記念館」
山岳写真で有名な方の写真館です。受付のおじさんに奈良田が出身地なのか、白旗さんが好きな場所なのかここに写真館がある理由を尋ねましたがわかりませんでした。
女帝の湯より一軒上。
大人600円
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック テント フライ グランドシート 張り綱 サンダル 朝食 行動食 夕食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ガイド地図(ブック) 携帯 時計 タオル カメラ 帽子 水 2リットル 保温ポット 救急用品 着替え下着(上下) 着替え靴下 ボディペーパー

写真

駐車場前はこんなバス停。後ろにトイレが見えます
2016年09月24日 07:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場前はこんなバス停。後ろにトイレが見えます
駐車場はこんなに広い
2016年09月24日 07:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場はこんなに広い
午前10時頃の広河原バス停到着。
さすがにこの時間から登る人はいない・・・。
2016年09月24日 09:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午前10時頃の広河原バス停到着。
さすがにこの時間から登る人はいない・・・。
のぼり始めても人がいません
2016年09月24日 10:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のぼり始めても人がいません
1
相変わらず登山道は水が流れてます
2016年09月24日 10:24撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相変わらず登山道は水が流れてます
1
雲行きが怪しくなってきました
2016年09月24日 10:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲行きが怪しくなってきました
沢水はどれも綺麗ですね
2016年09月24日 10:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢水はどれも綺麗ですね
しっかりした橋で頼もしい
2016年09月24日 11:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しっかりした橋で頼もしい
この岩のパネルは何のためにあるのでしょう
2016年09月24日 11:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この岩のパネルは何のためにあるのでしょう
河川敷の道を歩くと、この標識とトイレは上すぎて見えません
2016年09月24日 12:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河川敷の道を歩くと、この標識とトイレは上すぎて見えません
1
雲が切れて紅葉の斜面が見えてきたのに足が痛くて、心地よく見てられない
2016年09月24日 13:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が切れて紅葉の斜面が見えてきたのに足が痛くて、心地よく見てられない
1
やっと尾根に到着
2016年09月24日 14:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと尾根に到着
テントから顔を出すと北岳の影が
2016年09月24日 17:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントから顔を出すと北岳の影が
1
大好きな駒ヶ岳にも夕陽があたる
2016年09月24日 17:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大好きな駒ヶ岳にも夕陽があたる
3
ちょうど富士山のところに虹が。
富士山が出て欲しい
2016年09月24日 17:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょうど富士山のところに虹が。
富士山が出て欲しい
東側の雲も美しい
2016年09月24日 17:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側の雲も美しい
1
最後の夕陽
2016年09月24日 17:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の夕陽
4
朝日を待つ富士山
2016年09月25日 05:01撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日を待つ富士山
1
この写真を撮りたかった。テント内をもっと撮りたかったのに、TG-4ではレンズの広角程度がまだまだなんですね
2016年09月25日 05:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この写真を撮りたかった。テント内をもっと撮りたかったのに、TG-4ではレンズの広角程度がまだまだなんですね
3
あそこまで行きたいのに足が・・・。
2016年09月25日 06:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あそこまで行きたいのに足が・・・。
3
鳳凰三山も綺麗にみえます
2016年09月25日 06:58撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳳凰三山も綺麗にみえます
今日は最高の登山日和。
私の足は最悪。
2016年09月25日 07:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は最高の登山日和。
私の足は最悪。
4
どこもかしこも良い景色
2016年09月25日 07:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこもかしこも良い景色
やっと紅葉らしい景色
2016年09月25日 07:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと紅葉らしい景色
2
広河原から見る北岳。アレッ、雲の中に
2016年09月25日 09:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広河原から見る北岳。アレッ、雲の中に
奈良田の観光施設を訪れるには、道脇の駐車場から歩かなくては成りません
2016年09月25日 12:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奈良田の観光施設を訪れるには、道脇の駐車場から歩かなくては成りません
温泉から出てのんびり休めそう
2016年09月25日 12:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温泉から出てのんびり休めそう
白籏史朗記念館
2016年09月25日 12:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白籏史朗記念館

感想/記録

奈良田バス乗り場に8時到着予定なのに7時に到着。バスの時間9時まで2時間も待たなくてはならない。早朝に走ったため、高速道路からの道はすいていてかなり早く着いてしまう。

駐車場かたわらに、登山フル装備の荷物を車に乗せた方が2名車から出て佇んでいる。バスを待っているのか尋ねたところ、1週間前から行方不明になっている韓国人女性捜索本隊支援のため、スタンバイしているとのこと。

私も気をつけなくてはと、気を引き締める。下山してきた方を発見。増水している沢の様子を確認したところ、注意すれば歩ける程度の、状況とか。

それにしても、芦安温泉と比べると、登山者の数が圧倒的に少なく、バス停にはタクシーなんて全くいません。駐車場は100台くらい停まれそうなところ、30台位しか停まってません。

車を奈良田に駐車することで、下山してすぐに車で買えることができるつもりでした。奈良田からバスで広河原に移動。広河原から北岳間ノ岳農鳥岳をまわり奈良田と回るコース。唯一の弱点は東京から奈良田までたっぷり3時間くらいかかるので、土曜日曜日にある朝一番午前5時30分にのるためにはほとんど寝る時間が無いので、2番バス9時発にしてみました。

結果としして2番バスにしたのが今回の敗因となりました。奈良田9時出発で広河原で登りはじめは午前10時とかなりおそい。北岳小屋、肩の小屋まで約5時間かかるとしてテント場到着は15時から16時とおそい。あまり休憩すると到着が更に遅くなるかもしれないと心配になり、ゆっくり歩いているつもりでも足早となり、休息も前回に比べ約1/3位に減ってしまいました。これだけで、精神的に弱い私にはプレッシャーが。

翌日に農鳥山から奈良田まで降りる可能性も考えるとなるべく前進しておきたい気がするので、北岳山荘を考えてましたが、出発が遅いので北岳肩の小屋で停まる可能性も念頭に置きました。今回は、途中で足がつったので近い肩の小屋を目指しましたが・・・。標高3000mの肩の小屋に対して標高2600m付近から足がつり始め、階段を10段位登るとつりそうになるので小休止。登山道を200m登ると足がつりそうなので小休止。一時は肩の小屋に付けるか不安になる。300m登れば肩の小屋。広河原に戻るためには1000m以上下らなくてはならない。小雨も降り始める中なんとか、肩の小屋までたどり着かねば。

なんとか肩の小屋に到着。キャンプ場使用量にはトイレ使用料含まず600円。水1リットル200円。トイレ100円/回の言葉に引っかかりは感じましたが、屎尿輸送にかかる費用はかかりますからね〜。
今回は足がつりまくっているので、余計なところに頭が回らずとりあえず、受付後幕場をさがしてテントを設営しなくては。

尾根のすぐ横に風よけになる低層木の横に空きがあり、さっそく設営。
設営後すぐに雨が降り始めたのでテントの中に避難。足がつりながらも、靴下を脱ぎ、乾いた下着に着替え、寝袋に潜り込み体を温める。4時と少し早いが、明るいうちに食事をしようと、つりそうな足をダマシながらなんとか夕食を終える。高山病を警戒し、しばらくおきていようと思っていたが油断して寝てしまう。

「ウワー、この景色はご褒美だ〜〜!」の声がテントの外から聞こえます。
これは見なくてはと、防寒着を着ようと座ろうとすると両足がつりそう。なんとかだまそうとするも、両足太もも上の筋肉がピーーーン!。外の景色を見られない。「ウワー!」「綺麗ー!」テントの外には感嘆詞を発する老若男女の感嘆の声が〜。でも私は足がつり動けません。必死に両大腿部前の関節、筋肉を揉むが〜〜!。クックッ足が苦しい、痛い!

15分以上ストレッチしたり、筋肉マッサージをしたりでなんとかスリッパを履き、テントの外に出ると素晴らしい景色が。足がつりそうになりながら、尾根の東側や北側西側と動き回りました。

暗くなり写真が撮れなくなったのでなんとかテントに滑り込み、寝袋に潜り込む。気がつくと真っ暗。23時。トイレに行くために起きると外は霧で真っ白。足はまだ痛い。寝る前に、鎮痛剤を飲み足の痛みが消えるのを期待しつつそのまま爆睡。

3時頃目覚め、足首を動かす、膝を曲げる動作をすると基本的に状況は昨日とほとんど変わらず。縦走どころか北岳山頂に行くのもムリと判断し、朝食を食べ下山することにする。朝から歩き始めれば、いくら足がつっていようが明るいうちには広河原に戻ることができるだろう。

朝食を食べていると、テントの外からまたまた「うわー」と歓声が。
昨日より若干痛みが和らいでいるようなのでテントから出ると、見事な朝焼けが。下るだけという気安さがありゆっくり朝日を楽しむことができました。

濡れたテントを丸めて器材をゆっくりかたづけると午前7時には出発できました。なんと少しの登りでは膝の上の筋肉がピクッピクッとするのに、くだりでは問題ありません。さっさと順調に下っていると午後2時の一本前の午前11時10分のバスに乗れるかもしれない。こう思うと我慢できずサッサと下ってしまいます。おかげで午前10時には広河原バス停に到着。3時間で降りてしまいました。途中、足がつったおじさん、過労のためギブアップした親子とギブアップ仲間が出たのが、ちょっと寂しさを紛らわしてくれました。

この時でも、バス停前の建物二階に上がるための階段を上ろうとすると膝上の筋肉に激痛が走りピクッピクッとしています。

無事に下山できて良かった。上空には昨日に引き続き遭難者を捜索していると思われるヘリコプターがパタパタと浮いています。

バスの乗ると、予定通り歩けなかった無念さより無事に下山できた安堵感でいっぱいでした。
また、バス停では奈良田から入り、農鳥山、北岳を縦走していた人に会うことができ、話を伺うことができました。このコースならば、朝8時には登山開始できるので今回のように早く予定地に着かなくてはというプレッシャーを感じないですむので、次回は奈良田から登山開始しよう。

■反省
足のつりについて帰宅してから調べました。
◎は私の今回の失敗原因だと、思います。

足のつり原因
1.日常運動不足
2.休息不足     ◎
3.栄養供給不足
4.水分補給不足   ◎
5.ミネラル不足
6.ウォームアップ不足
7.ペースが速すぎる ◎

足の吊りを防ぐには
1.疲れる前に休憩する
2.頻繁な栄養、水分補給
3.ウォームアップ
4.早い時間に出発し、余裕を持って行動する(今回、一番だめだったところ)

足がつってしまったら(おそいですが)
1.筋肉痛が治まるまでじっくり休息をとる
2.つった周辺をマッサージ
3.塩分、ミネラル分の補給
4.栄養補給
5.漢方薬「芍薬甘草湯」「アリナミン」など即効性のありそうな薬を飲む

訪問者数:235人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ