ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 970791 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

雨の涸沢カール

日程 2016年09月28日(水) 〜 2016年09月29日(木)
メンバー ubird, その他メンバー1人
天候9/28 小雨のち本降り
9/29 夜から朝4時過ぎまで豪雨、下山後曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
(行き) 6:00 さわんど駐車場、6:10 さわんどバスターミナル発、6:40上高地着
(帰り)15:00 上高地バスターミナル発、6:10 さわんど駐車場着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間36分
休憩
38分
合計
7時間14分
S上高地バスターミナル07:0707:11無料トイレ07:1207:57明神館07:5808:06徳本口(徳本峠分岐)08:0708:47徳澤園09:10新村橋(パノラマ分岐)09:1109:51横尾 (横尾山荘)10:1210:30横尾岩小屋跡10:3111:16本谷橋11:2613:00Sガレ13:0114:15涸沢ヒュッテ14:1614:21涸沢
2日目
山行
6時間33分
休憩
46分
合計
7時間19分
涸沢06:5106:56涸沢ヒュッテ06:5707:29Sガレ07:3008:34本谷橋09:16横尾岩小屋跡09:44横尾 (横尾山荘)09:4510:34新村橋(パノラマ分岐)10:3510:49徳澤園11:0011:53徳本口(徳本峠分岐)12:08明神館12:0912:15明神橋12:1612:19嘉門次小屋12:2712:27明神池13:25岳沢湿原・岳沢登山口13:2613:36日本山岳会上高地山岳研究所13:43河童橋14:0314:08無料トイレ14:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
行きの本谷橋ーSガレ間で、落石注意の看板がある幅1mほどの沢が、水嵩が増して急流になっていました。谷側は急斜面で山側は緩んだロープしかなく、急流で踏み石が見えなくなっているので、ロープを頼りに慎重に渡りました。
帰りも明け方まで凄い豪雨が続いたので、さらに急流になっているかと心配していましたが、なんのことはない沢に戻っていました。いつ降った雨が沢を暴れさせたのかが謎でした。
その他周辺情報上高地バスターミナルの「究極のカレーパン」は、400円とちょっとお高いですが、サックリした衣の半熟玉子入りで美味しかったです。

装備

備考 雨天時の防水対策として、スタッフバックに収まらなかった衣類・電気器具を、ジップロックに入れていったのが正解でした。ザック内はびしょ濡れになりました。

写真

上高地バスターミナルを出発。既に小雨がぱらついていました。
2016年09月28日 07:10撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上高地バスターミナルを出発。既に小雨がぱらついていました。
子連れの猿が出迎え。
2016年09月28日 07:49撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
子連れの猿が出迎え。
1
明神館に到着。
2016年09月28日 07:59撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神館に到着。
徳沢小屋。テントが幾つか張っていました。
2016年09月28日 08:54撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳沢小屋。テントが幾つか張っていました。
横尾に到着。これから登る人たちと、降りてきてホッとした人たちで、ごった返していました。
2016年09月28日 09:54撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾に到着。これから登る人たちと、降りてきてホッとした人たちで、ごった返していました。
1
横尾大橋を出発。いよいよここから本格登山。
2016年09月28日 10:16撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横尾大橋を出発。いよいよここから本格登山。
本谷橋。雨が激しくなってきました。
2016年09月28日 11:24撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本谷橋。雨が激しくなってきました。
1
雨の中、ようやく涸沢に到着しました。
2016年09月28日 14:01撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨の中、ようやく涸沢に到着しました。
このあたりはいい感じの紅葉です。
2016年09月28日 14:01撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりはいい感じの紅葉です。
ただガスって遠くまで見えません。
2016年09月28日 14:01撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ただガスって遠くまで見えません。
カメラが雨に濡れて、この後故障しました。
2016年09月28日 14:01撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カメラが雨に濡れて、この後故障しました。
5時過ぎに小雨になり急いでテントを撤収。ザックにあったipadでヒュッテ側を撮影。
2016年09月29日 06:42撮影 by iPad mini 3, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5時過ぎに小雨になり急いでテントを撤収。ザックにあったipadでヒュッテ側を撮影。
奥穂側ですが、ガスが邪魔。
2016年09月29日 06:42撮影 by iPad mini 3, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂側ですが、ガスが邪魔。
涸沢小屋側。上の方は何も見えません。
2016年09月29日 06:42撮影 by iPad mini 3, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢小屋側。上の方は何も見えません。
1
もう一度ヒュッテ側。テントは30から40張位でしょうか。少なかったです。
2016年09月29日 06:42撮影 by iPad mini 3, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一度ヒュッテ側。テントは30から40張位でしょうか。少なかったです。
1
明神橋。下山したら天気が回復。カメラも復活。
2016年09月29日 12:19撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神橋。下山したら天気が回復。カメラも復活。
明神池。
2016年09月29日 12:25撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神池。
2
河童橋までの遊歩道より。川の水量は多いですが、透き通っていました。
2016年09月29日 13:18撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河童橋までの遊歩道より。川の水量は多いですが、透き通っていました。
遊歩道にある、明神岳のビューポイント。
2016年09月29日 13:30撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遊歩道にある、明神岳のビューポイント。
2
河童橋は、今日も観光客で賑わっていました。
2016年09月29日 13:48撮影 by DMC-TZ60, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河童橋は、今日も観光客で賑わっていました。

感想/記録
by ubird

ポスターや雑誌で見た涸沢カールの紅葉が間近でみれると、期待いっぱいで行きました。
前日の26-27日は好天に恵まれ、ヤマレコにも涸沢の青空に映える紅葉の写真が報告されていましたが、28日の天気予報は下り坂で雨。
 28日はテントを張り終えた直後から本降りの雨となり、テントからは一歩も出られず、コンロも使えない状況でした。17時以降は風雨ともに激しくなり、夜は不気味な雨音とともに横殴りの雨となり、テントが吹き飛ばされないように一晩中内側から手で抑えていました。
 紅葉は上の方はピークを過ぎているようでした。また涸沢カールも穂高連峰も、雲とガスのため、全貌を見ることができませんでした。
それでも何度も来ている登山者は、紅葉がバッチリ見えた日が何勝何敗と数えあげて、毎年のイベントを楽しんでいるようでした。来年1勝すべくまた来てみたいです。
訪問者数:212人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ