ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 970867 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

天狗岳 唐沢鉱泉より周回

日程 2016年09月30日(金) [日帰り]
メンバー Drake_eq
天候晴れ、風はやや強い
アクセス
利用交通機関
車・バイク
非舗装の林道を3キロ程走り
唐沢鉱泉手前の無料駐車スペース利用。
平日という事もあり未明にスカスカで帰還時にも空きがあった。
トイレあり、ポストは唐沢鉱泉にある。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間35分
休憩
33分
合計
5時間8分
S天狗岳登山口駐車場05:1906:02唐沢鉱泉分岐06:0806:46第一展望台07:01第二展望台07:0207:26天狗岳07:3907:52東天狗岳08:0508:06天狗の鼻08:42天狗の奥庭09:02黒百合ヒュッテ09:38渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐10:26唐沢鉱泉10:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報下山後は唐沢鉱泉利用。
なかなか素敵。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

唐沢鉱泉から出発。
車載の気温計では7度ほど。
2016年09月30日 05:22撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉から出発。
車載の気温計では7度ほど。
1
西尾根登山口はこちら。
2016年09月30日 05:25撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西尾根登山口はこちら。
樹林帯を登ります。
2016年09月30日 05:38撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を登ります。
蓼科方面。
2016年09月30日 05:59撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科方面。
尾根筋に合流。
2016年09月30日 06:04撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根筋に合流。
まだまだ樹林帯が続く。
2016年09月30日 06:08撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ樹林帯が続く。
1
ようやく視界が開ける。
御嶽方面。いい天気。
2016年09月30日 06:30撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく視界が開ける。
御嶽方面。いい天気。
このあたりから眺望良し。
赤岳、阿弥陀岳。
2016年09月30日 06:35撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりから眺望良し。
赤岳、阿弥陀岳。
3
南アルプスの山々。
2016年09月30日 06:35撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプスの山々。
3
中央アルプス。
下界は少し雲海気味。
2016年09月30日 06:36撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプス。
下界は少し雲海気味。
4
そして第一展望台に到着。
2016年09月30日 06:40撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして第一展望台に到着。
ここからは蓼科と北八ヶ岳がはっきりと。
2016年09月30日 06:40撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは蓼科と北八ヶ岳がはっきりと。
4
いい天気ー。
2016年09月30日 06:40撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい天気ー。
2
そしてようやく天狗岳(西)が見える。
2016年09月30日 06:47撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてようやく天狗岳(西)が見える。
1
西天狗岳手前直下の第二展望台
2016年09月30日 07:02撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗岳手前直下の第二展望台
登山路のマーキングがくっきりはっきり。
2016年09月30日 07:02撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山路のマーキングがくっきりはっきり。
1
第二展望台より赤岳、阿弥陀岳。
2016年09月30日 07:03撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二展望台より赤岳、阿弥陀岳。
3
南アルプス。
仙丈ヶ岳、甲斐駒、北岳。
2016年09月30日 07:03撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス。
仙丈ヶ岳、甲斐駒、北岳。
3
そして天狗岳への最後の登り。
2016年09月30日 07:16撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして天狗岳への最後の登り。
登り途中より北八ヶ岳方面。
2016年09月30日 07:20撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り途中より北八ヶ岳方面。
2
登ってきた天狗岳西尾根方面。
2016年09月30日 07:20撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた天狗岳西尾根方面。
3
天狗岳山頂(西)到着。
2016年09月30日 07:27撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳山頂(西)到着。
4
あちらは主稜線上の東天狗岳。
2016年09月30日 07:27撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あちらは主稜線上の東天狗岳。
1
東側は濃い雲海。
2016年09月30日 07:39撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側は濃い雲海。
2
山頂は氷点下になっていたみたい。
2016年09月30日 07:39撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は氷点下になっていたみたい。
1
中央アルプスと御嶽。
2016年09月30日 07:39撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプスと御嶽。
2
奥に見えるのは3日前に登った妙高山か・・・?
2016年09月30日 07:40撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に見えるのは3日前に登った妙高山か・・・?
1
あちらの東天狗岳へ登る。
2016年09月30日 07:46撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あちらの東天狗岳へ登る。
1
東天狗岳山頂。
2016年09月30日 08:00撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳山頂。
4
左側のずんぐりした山が硫黄岳。
爆裂火口の様子がよくわかるアングル。
2016年09月30日 07:58撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側のずんぐりした山が硫黄岳。
爆裂火口の様子がよくわかるアングル。
5
東天狗岳から蓼科山。
2016年09月30日 08:00撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳から蓼科山。
5
山頂を後に下る。
2016年09月30日 08:11撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂を後に下る。
天狗の奥庭、スリバチ池、黒百合ヒュッテ。
2016年09月30日 08:12撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の奥庭、スリバチ池、黒百合ヒュッテ。
4
北アルプス方面。
2016年09月30日 08:14撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプス方面。
1
天狗の奥庭へ向けて降下中。
2016年09月30日 08:16撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の奥庭へ向けて降下中。
1
御嶽、乗鞍。
2016年09月30日 08:16撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽、乗鞍。
1
天狗の奥庭は大きな岩がゴロゴロで歩きにくい。
2016年09月30日 08:25撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の奥庭は大きな岩がゴロゴロで歩きにくい。
3
御嶽、乗鞍。
2016年09月30日 08:42撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽、乗鞍。
1
スリバチ池と天狗岳。
2016年09月30日 08:48撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スリバチ池と天狗岳。
2
黒百合ヒュッテ。
2016年09月30日 08:52撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテ。
2
帰路はこちらから唐沢鉱泉へ下る。
2016年09月30日 09:09撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰路はこちらから唐沢鉱泉へ下る。
こちらのルート、
岩がゴロゴロで歩きにくい。
2016年09月30日 09:17撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらのルート、
岩がゴロゴロで歩きにくい。
そしてパノラマコースとの分岐
2016年09月30日 09:40撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてパノラマコースとの分岐
橋を渡り
2016年09月30日 10:21撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡り
林道を下ると
2016年09月30日 10:23撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を下ると
唐沢鉱泉に戻ってきました。
2016年09月30日 10:27撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉に戻ってきました。
1
唐沢鉱泉の横で自然湧出している源泉。
2016年09月30日 10:25撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉の横で自然湧出している源泉。
4
駐車場帰還と。
2016年09月30日 10:28撮影 by Canon EOS 60D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場帰還と。

感想/記録

不安定な天気が多い週ですが本日は貴重な晴れ間です。
とくにきつい印象はありませんが
ソロにしてはめずらしくゆっくりしたペースです。

先日の至仏山で靴のアッパーソールを痛めて浸水したため
重い靴に変えたためか、それとも連日の疲れのためか・・・
訪問者数:478人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

雲海 林道 ヒュッテ 下界
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ