ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 971124 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

金城山(急登・急下降が続く気の抜けない山でした…

日程 2016年09月30日(金) [日帰り]
メンバー himazin
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
]仔町ICで高速を下りると魚野川を渡って三国川ダム方面に向かいます。
五十沢温泉の先で右折して塩沢方面に少し走ると、中川新田集落の入口から集落内を抜けて先に進みます。
8道から1kmほど走ると林道ゲートの先に登山口があり、その手前に数台分の登山口駐車場がありました。
ぅーナビのマップコード:417 096 860
ッ鷦崗譴縫肇ぅ譴呂△蠅泙擦鵝
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.3〜0.4(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間40分
休憩
2時間0分
合計
8時間40分
Sスタート地点05:5106:16滝入コース二合目06:2907:20四合目07:2808:18六合目08:2408:48雲洞分岐09:0610:15金城山山頂広場10:3610:43金城山避難小屋10:4410:47金城山10:4810:52九合目11:2412:36五合目12:5613:58水無コース二合目14:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
中川新田登山口(05:50)===二合目(06:30)===四合目(07:20)===六合目(08:20)===雲洞分岐(09:00)===高棚分岐(09:40)===金城山(10:20〜10:35)===避難小屋(09:40)===九合目(10:50〜11:20)===五合目(12:50)===二合目(14:00)===中川新田登山口(14:30)
コース状況/
危険箇所等
‥仍蓋にポスト(用紙あり…)がありました。
往路は滝入りコースで登りました。
顱∧岐から進むとすぐに渡渉箇所があり、その後も2か所で渡渉しました。
髻長雨が続いたこともあり沢沿いの岩場は濡れて滑りやすく滑落・転倒に要注意です。
鵝△修慮紊六劃困謀着するまで急登が続きますが厳しい箇所にはクサリやロープが付いていました。(息を休ませるような緩やかな登りは僅かです…)
山頂標識の前後は岩峰になっていますが、慌てず通過すれば問題はありません。
ご篳から少し進むとトイレの付いた避難小屋があり、金城山最高点には水溜りが出来ていました。
サ∀は水無コースで下りました。
顱9合目から最初の渡渉箇所に下るまでほとんど急下降が連続するコースでした。
髻急下降の箇所にクサリやロープが少なく、長雨で湿った登山道が滑りやすいため、気の抜けないコースと思いました。
鵝7合目〜6合目の間にクサリのトラバース箇所があり、岩場が濡れているため滑落に要注意です。
堯∋郵臾椶鯆眠瓩垢襪肇筌使根を通過する箇所がありました。
、緩やかな登山道に下ってから2か所で渡渉すると分岐点に戻りました。
今回のコースは新潟・山のグレーディングで難易度C、体力度4となっており、体力・腕力のない人や初心者向きではなさそうでした。
その他周辺情報下山後はさくり温泉健康館(入湯料420円)で汗を流しました。
http://www.moegien.jp/?page_id=90
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

沢沿いの登山道は濡れて滑りやすい岩場が続きます…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いの登山道は濡れて滑りやすい岩場が続きます…
四合目の先に3か所目の渡渉箇所がありここを渡ると急登が始まりました…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四合目の先に3か所目の渡渉箇所がありここを渡ると急登が始まりました…
1
五合目を通過すると越後三山が見えてきます…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目を通過すると越後三山が見えてきます…
3
登山口から3時間ほどで雲洞コースと合わさりました…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から3時間ほどで雲洞コースと合わさりました…
予定より少し遅れて山頂に到着しました…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予定より少し遅れて山頂に到着しました…
山頂の南東側に巻機山が聳えます…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の南東側に巻機山が聳えます…
3
南側に見える谷川連峰の山々ですが稜線に雲がかかっていました…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側に見える谷川連峰の山々ですが稜線に雲がかかっていました…
2
山頂の岩場に八海山神社などの石碑が立っていました…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の岩場に八海山神社などの石碑が立っていました…
3
山頂北側には収穫間近なコシヒカリの田圃が広がり、遠くには佐渡島や弥彦山などが見えました…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂北側には収穫間近なコシヒカリの田圃が広がり、遠くには佐渡島や弥彦山などが見えました…
2
岩場から少し進むと山頂の避難小屋が立っています…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場から少し進むと山頂の避難小屋が立っています…
金城山最高地点にベンチなどはなく、九合目の展望箇所で昼食休憩としました…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金城山最高地点にベンチなどはなく、九合目の展望箇所で昼食休憩としました…
1
9合目からの清水坂はつま先が痛くなるような急下降が続きますが、クサリやロープが少なく最後まで気が抜けない登山道が続きます…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9合目からの清水坂はつま先が痛くなるような急下降が続きますが、クサリやロープが少なく最後まで気が抜けない登山道が続きます…
クサリのトラバース箇所は岩場が濡れているため滑落に注意が必要です…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クサリのトラバース箇所は岩場が濡れているため滑落に注意が必要です…
四合目を通過するとヤセた岩稜を通過します…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四合目を通過するとヤセた岩稜を通過します…
2
二合目近くになって下ってきた稜線を振り返りました…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二合目近くになって下ってきた稜線を振り返りました…

感想/記録

〇格發の途中で見かけたハイカーは一人もいなかったのですが、駐車場横の林道に車が1台停まっており、帰り支度をしている時にソロハイカーが下ってきたのを見かけました。
∩案にガイドブックなどを読んでいましたが、標高差1,000mの急登・急下降が連続するコースは予想以上に厳しいもので、隣りの100名山・巻機山よりも少し大変な山と思いました。
山行の詳細はこちらのブログをご覧下さい…
http://ren-g.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/160930-0946.html
訪問者数:359人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ