ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 971129 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大雪山

白雲岳・赤岳【北海道百名山】〜銀泉台〜

日程 2016年09月22日(木) [日帰り]
メンバー Sutoku
天候快晴のち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大雪湖畔のレイクサイトからシャトルバスで銀泉台へ。所要時間30分。レイクサイトから先の三国峠方面は通行止めでした。レイクサイトの駐車場は広いのでいっぱいになることはありません。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間56分
休憩
1時間17分
合計
8時間13分
S銀泉台06:2407:26駒草平08:11赤岳08:2108:39小泉岳08:46白雲分岐09:09白雲岳09:4410:09白雲分岐10:18小泉岳10:2611:03緑岳11:2212:07小泉岳12:27赤岳13:10駒草平14:28銀泉台14:3314:37ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
銀泉台の入山者名簿に記入。

●銀泉台〜赤岳
赤岳登山口までは林道跡を歩きます。赤岳登山口から少し登ると紅葉で有名な第一花園です。ここまでは観光客が大勢やってきます。その後、第二花園、奥の平、コマクサ平と急坂と平坦地を繰り返します。第四雪渓(雪はありません)付近の急坂を登れば赤岳山頂です。危険個所はありません。
●赤岳〜白雲岳
赤岳から小泉分岐、白雲分岐までは吹きさらしの平坦地が続くので、悪天時は注意が必要です。白雲分岐から石の積み重なった道を進むと白雲平に着きます。ここまで来ると山頂が見えます。山頂直下は岩が大きく歩きにくいです。
●白雲分岐〜緑岳
木の生えていないなだらかな斜面に登山道があります。悪天時は注意が必要です。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ GPS 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ

写真

レイクサイトには5時20分過ぎに到着。舗装された駐車場にぎりぎり駐車できました。気温5度。朝、上川のコンビニは登山者の車で満車状態でした。昨日までの静かな山とは雰囲気が違います。
2016年09月22日 05:33撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レイクサイトには5時20分過ぎに到着。舗装された駐車場にぎりぎり駐車できました。気温5度。朝、上川のコンビニは登山者の車で満車状態でした。昨日までの静かな山とは雰囲気が違います。
始発は6時の予定ですが、満員になったのか5時40分過ぎに第1便が発車となりました。シャトルバスは片道500円で後払いです。席はいっぱいで立って乗ったのですが、未舗装路を進むので振動で疲れました。銀泉台は雲の上で日差したっぷりでまったく寒くありませんでした。記帳して出発します。
2016年09月22日 06:18撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
始発は6時の予定ですが、満員になったのか5時40分過ぎに第1便が発車となりました。シャトルバスは片道500円で後払いです。席はいっぱいで立って乗ったのですが、未舗装路を進むので振動で疲れました。銀泉台は雲の上で日差したっぷりでまったく寒くありませんでした。記帳して出発します。
まずは、林道跡を進みます。
2016年09月22日 06:25撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは、林道跡を進みます。
10分弱で赤岳の登山口に着きました。暑いので服を調整します。
2016年09月22日 06:29撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分弱で赤岳の登山口に着きました。暑いので服を調整します。
登山口から少し登ると、銀泉台の紅葉撮影ポイントです。まだ、紅葉は少し早いようです。
2016年09月22日 06:35撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から少し登ると、銀泉台の紅葉撮影ポイントです。まだ、紅葉は少し早いようです。
1
第一花園付近から紅葉と雲海。
2016年09月22日 06:49撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一花園付近から紅葉と雲海。
3
登山道は歩きやすく、ぬかるみもほぼありません。
2016年09月22日 06:50撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は歩きやすく、ぬかるみもほぼありません。
第二花園に到着。快晴、ほぼ無風。快適です。
2016年09月22日 07:02撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二花園に到着。快晴、ほぼ無風。快適です。
奥の山は昨年登ったニセイカウシュッペ山です。
2016年09月22日 07:06撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の山は昨年登ったニセイカウシュッペ山です。
1
奥の平に到着。急坂と平坦地の繰り返しです。
2016年09月22日 07:10撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の平に到着。急坂と平坦地の繰り返しです。
コマクサ平を進みます。左の尖った山は東岳。
2016年09月22日 07:20撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサ平を進みます。左の尖った山は東岳。
1
霜のついたウラシマツツジ。
2016年09月22日 07:21撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霜のついたウラシマツツジ。
1
まだ、赤岳は見えません。
2016年09月22日 07:24撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ、赤岳は見えません。
正面の第四雪渓の急坂を登ります。ここが一番きつかったです。あとはなだらか。
2016年09月22日 07:29撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面の第四雪渓の急坂を登ります。ここが一番きつかったです。あとはなだらか。
1
登りきると赤岳の山頂が見えました。
2016年09月22日 08:07撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りきると赤岳の山頂が見えました。
赤岳の山頂に到着です。銀泉台から2時間弱でした。なぜか、赤岳山頂付近のみ冷たい風が吹いていて一気に体温を奪われます。服を調整。
2016年09月22日 08:11撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳の山頂に到着です。銀泉台から2時間弱でした。なぜか、赤岳山頂付近のみ冷たい風が吹いていて一気に体温を奪われます。服を調整。
1
岩場に登ると最高峰旭岳、北鎮岳などの展望が広がります。
2016年09月22日 08:13撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場に登ると最高峰旭岳、北鎮岳などの展望が広がります。
2
寒いので短く10分ほど休憩して白雲岳に向かいます。
2016年09月22日 08:21撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寒いので短く10分ほど休憩して白雲岳に向かいます。
2
悪天時は最悪な場所ですが、今日は散歩気分で歩けます。まず、小泉岳に向かいます。
2016年09月22日 08:25撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悪天時は最悪な場所ですが、今日は散歩気分で歩けます。まず、小泉岳に向かいます。
1
振り返るとニセイカウシュッペ山が低く見えます。
2016年09月22日 08:31撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るとニセイカウシュッペ山が低く見えます。
2
赤岳から15分程で小泉分岐に着きました。
2016年09月22日 08:36撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳から15分程で小泉分岐に着きました。
下っていくと、白雲岳が近づきます。山頂は見えていません。
2016年09月22日 08:41撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下っていくと、白雲岳が近づきます。山頂は見えていません。
1
白雲分岐にはザックがデポしてありました。
2016年09月22日 08:44撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白雲分岐にはザックがデポしてありました。
1
少し登ると奥に黒岳が見えました。あちらも今日は大勢登山者が登っているでしょう。
2016年09月22日 08:56撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し登ると奥に黒岳が見えました。あちらも今日は大勢登山者が登っているでしょう。
2
白雲平まで来ると山頂が見えます。雰囲気は御嶽山に似ています
2016年09月22日 08:59撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白雲平まで来ると山頂が見えます。雰囲気は御嶽山に似ています
山頂直下の岩場を登ると山頂に到着です。風もなく穏やかです。
2016年09月22日 09:09撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下の岩場を登ると山頂に到着です。風もなく穏やかです。
4
小鉢平方向の紅葉。まだ、早いようです。
2016年09月22日 09:17撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小鉢平方向の紅葉。まだ、早いようです。
1
南にはトムラウシ山、右奥に十勝の山々。
2016年09月22日 09:19撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南にはトムラウシ山、右奥に十勝の山々。
1
東には奥にニペソツ山。手前に石狩岳。
2016年09月22日 09:26撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東には奥にニペソツ山。手前に石狩岳。
3
青空と旭岳。
2016年09月22日 09:37撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空と旭岳。
2
北海道第三位から見る第一位と第二位。
2016年09月22日 09:39撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北海道第三位から見る第一位と第二位。
4
展望を十分楽しんだので緑岳に向かいます。
2016年09月22日 09:41撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望を十分楽しんだので緑岳に向かいます。
1
南から雲が広がってきているので、貴重な青空です。
2016年09月22日 09:54撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南から雲が広がってきているので、貴重な青空です。
小泉岳山頂の様子。
2016年09月22日 10:18撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小泉岳山頂の様子。
3
小泉岳山頂。
2016年09月22日 10:19撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小泉岳山頂。
2
緑岳への登山道から白雲岳。
2016年09月22日 10:44撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑岳への登山道から白雲岳。
1
板垣新道分岐。
2016年09月22日 10:47撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
板垣新道分岐。
東斜面の紅葉。
2016年09月22日 10:49撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東斜面の紅葉。
1
緑岳山頂に到着しました。大勢の登山者が休憩していました。
2016年09月22日 11:07撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑岳山頂に到着しました。大勢の登山者が休憩していました。
2
忠別岳方向。雲が広がってきています。
2016年09月22日 11:09撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
忠別岳方向。雲が広がってきています。
3
少し少なくなったので標識を撮影。ほとんどの方が高原温泉の方に下山していきます。ということで銀泉台に戻ります。
2016年09月22日 11:25撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し少なくなったので標識を撮影。ほとんどの方が高原温泉の方に下山していきます。ということで銀泉台に戻ります。
2
地味にきつい小泉岳への登り。
2016年09月22日 12:02撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地味にきつい小泉岳への登り。
赤岳にも大勢の登山者が休憩していました。
2016年09月22日 12:23撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳にも大勢の登山者が休憩していました。
いろんな色の葉っぱ。
2016年09月22日 12:41撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いろんな色の葉っぱ。
1
チングルマ。
2016年09月22日 13:19撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマ。
1
銀泉台の紅葉。
2016年09月22日 13:45撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銀泉台の紅葉。
曇っていてもきれいです。
2016年09月22日 13:59撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曇っていてもきれいです。
1
赤岳登山口に戻ってきました。
2016年09月22日 14:19撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳登山口に戻ってきました。
1
銀泉台ではちょうどツアーの団体さんが紅葉を見るため展望地へ出発していきました。バスは並ぶこともなく座って行くことができました。
2016年09月22日 14:30撮影 by Canon EOS 5D Mark III, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銀泉台ではちょうどツアーの団体さんが紅葉を見るため展望地へ出発していきました。バスは並ぶこともなく座って行くことができました。
撮影機材:

感想/記録
by Sutoku

北海道遠征7日目は大雪山系の白雲岳に登りました。前日の天塩岳で今年の北海道の300名山は登れてしまったので、前から気になっていた銀泉台からのコースを歩くことにしました。祝日で天気も良いということもあり、多くの登山者がいましたが、ピークの上高地に比べれば大したことはありませんでした。紅葉は少し早かったですが、まずまずの色づきでしたので、楽しめました。
次回、大雪山系に行く機会があれば愛別岳に登ってみたいです。
訪問者数:101人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ