ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 971572 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

足尾 中倉山

日程 2016年09月25日(日) [日帰り]
メンバー mikan335
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
銅(あかがね)親水公園 駐車場に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間4分
休憩
26分
合計
7時間30分
S足尾銅親水公園07:3608:23中倉山取り付き点08:2410:30中倉山11:31沢入山11:5312:34中倉山12:3614:07中倉山取り付き点14:0815:06ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道標はありませんが、赤テープは要所にあり。 鹿の踏みあとが多いので引き込まれないように。 中倉山までは、危ないところはなし。中倉山ー沢入山は、やや痩せ尾根で注意が必要

装備

備考 双眼鏡を持って行ってよかった

写真

銅親水公園の駐車場から。 正面奥の先が中倉山だが、正面の尾根はもろい岩があるということで 左手の仁田元川の林道をしばらくいって左手からとりつく。
2016年09月25日 07:20撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銅親水公園の駐車場から。 正面奥の先が中倉山だが、正面の尾根はもろい岩があるということで 左手の仁田元川の林道をしばらくいって左手からとりつく。
銅親水公園から配管橋への道は スズメバチがでるということで厳重に数か所封鎖されている。これをいちいち乗り越えるならば、迂回して林道にいっても大して時間は変わらない。
2016年09月25日 07:36撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銅親水公園から配管橋への道は スズメバチがでるということで厳重に数か所封鎖されている。これをいちいち乗り越えるならば、迂回して林道にいっても大して時間は変わらない。
林道はコンクリート舗装されている。途中の沢から林道に水が流れ込んで 滑沢状態。 えらい滑る。
2016年09月25日 07:57撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道はコンクリート舗装されている。途中の沢から林道に水が流れ込んで 滑沢状態。 えらい滑る。
林道の舗装がなくなり、下草がうるさくなってきたくらいで右手に枝沢のこの堰堤がみえる
2016年09月25日 08:21撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の舗装がなくなり、下草がうるさくなってきたくらいで右手に枝沢のこの堰堤がみえる
堰堤のすぐ先に登り口。 赤テープと ケルンが目印。特に道標はないけどすぐわかると思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤のすぐ先に登り口。 赤テープと ケルンが目印。特に道標はないけどすぐわかると思います。
最初のうちは ずっと登山道に沿ってトラロープが張ってあります。 トラロープがなくなるとカール状の沢沿いになりつづら折りの急登。 赤テープが要所にあります。鹿の踏みあともおおいので引き込まれませんように。
2016年09月25日 08:32撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初のうちは ずっと登山道に沿ってトラロープが張ってあります。 トラロープがなくなるとカール状の沢沿いになりつづら折りの急登。 赤テープが要所にあります。鹿の踏みあともおおいので引き込まれませんように。
登り方向はそれほど迷うことはないと思いますが、下りは矢印のところが間違えやすいかもしれません。(引用制限サイズ(300x400pc)内で国土地理院電子国土基本図を元に加工したものです)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り方向はそれほど迷うことはないと思いますが、下りは矢印のところが間違えやすいかもしれません。(引用制限サイズ(300x400pc)内で国土地理院電子国土基本図を元に加工したものです)
地図上 A地点 帰りの下りは、左に降りる所を見過ごさないようにお気を付けください。
2016年09月25日 09:20撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図上 A地点 帰りの下りは、左に降りる所を見過ごさないようにお気を付けください。
地図上 B地点 展望が開けて気分がよい。鉱山跡がよく見える。銅親水公園からこの尾根どうしにこれないこともないとのことだが、藪もあり 岩も崩れやすく危険らしい。
2016年09月25日 10:04撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図上 B地点 展望が開けて気分がよい。鉱山跡がよく見える。銅親水公園からこの尾根どうしにこれないこともないとのことだが、藪もあり 岩も崩れやすく危険らしい。
1499.6の三角点のすぐ下で西向きを撮影。来た道は左手(北側)の(登りだといったんトラバースして南西に上る)尾根どおしの道だが、右手に下る道もあるよう。1499.6から南尾根を直接 地図上 A地点へ至る道があるのかもしれない。
2016年09月25日 10:11撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1499.6の三角点のすぐ下で西向きを撮影。来た道は左手(北側)の(登りだといったんトラバースして南西に上る)尾根どおしの道だが、右手に下る道もあるよう。1499.6から南尾根を直接 地図上 A地点へ至る道があるのかもしれない。
1499.6 三角点が ひっそりと道の傍らに。
2016年09月25日 12:58撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1499.6 三角点が ひっそりと道の傍らに。
中倉山から皇海山へ至る稜線
2016年09月25日 10:20撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中倉山から皇海山へ至る稜線
中倉山山頂
2016年09月25日 10:22撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中倉山山頂
北側に 大平山 丹平冶沢?が見える。 かっこいい滝です。
2016年09月25日 10:31撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側に 大平山 丹平冶沢?が見える。 かっこいい滝です。
孤高のブナの木 ここまでは全く安全です。
2016年09月25日 10:35撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
孤高のブナの木 ここまでは全く安全です。
左手が沢入山方面。 奥が 三俣山から奥白根
2016年09月25日 10:43撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手が沢入山方面。 奥が 三俣山から奥白根
ここいらへんから、沢入山までは、ちょっと崖っぷちを歩くことになるわけです。
2016年09月25日 10:43撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここいらへんから、沢入山までは、ちょっと崖っぷちを歩くことになるわけです。
松木川を隔てて見える大平山。奥に日光白根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松木川を隔てて見える大平山。奥に日光白根
沢入山 山頂
2016年09月25日 11:30撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢入山 山頂
沢入山のちょっと先にいくと、皇海山側がよく見えます。
庚申山、オロ山、松木ジャンダルムの上に皇海山、釜五峰、三俣山、右手はるか奥が奥白根 遠い。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢入山のちょっと先にいくと、皇海山側がよく見えます。
庚申山、オロ山、松木ジャンダルムの上に皇海山、釜五峰、三俣山、右手はるか奥が奥白根 遠い。。
沢入山方面から中倉山方面を望む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢入山方面から中倉山方面を望む
沢入山方面から中倉山方面で、ちょっと危ない岩稜のところ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢入山方面から中倉山方面で、ちょっと危ない岩稜のところ。
中倉山まで戻ってきました。
赤とんぼが乱舞しています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中倉山まで戻ってきました。
赤とんぼが乱舞しています。
前述 地図上のB地点。 ここでトラバース道に入るのをミスしないように、行きで確認しておきたい。
2016年09月25日 10:02撮影 by RICOH WG-4 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前述 地図上のB地点。 ここでトラバース道に入るのをミスしないように、行きで確認しておきたい。
右手の道が来た道。左側の道は 前述で1499.6の少し下から直接下りる道があるかもしれないと書いた道かもしれない。確かめたわけではないのでそうではないのかもしれない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手の道が来た道。左側の道は 前述で1499.6の少し下から直接下りる道があるかもしれないと書いた道かもしれない。確かめたわけではないのでそうではないのかもしれない。
登山道であった人は3グループ5人。林道も含めてサルは3グループ 10匹以上、鹿一匹。 クマには幸いには会わなかっし、形跡も見なかった。 登山口から稜線まで、ところどころかなりの獣臭(動物園の臭い)があった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道であった人は3グループ5人。林道も含めてサルは3グループ 10匹以上、鹿一匹。 クマには幸いには会わなかっし、形跡も見なかった。 登山口から稜線まで、ところどころかなりの獣臭(動物園の臭い)があった。
撮影機材:

感想/記録

皇海山ー奥白根に行くつもりだったが、一日しか晴れ間がなかったので、中倉山に。紅葉には全く早い。

訪問者数:132人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ