ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 971990 全員に公開 ハイキング尾瀬・奥利根

草紅葉の尾瀬ヶ原

日程 2016年10月01日(土) [日帰り]
メンバー 007rambo
天候小雨のち曇り
アクセス
利用交通機関
バス

表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間30分
休憩
0分
合計
8時間30分
Sスタート地点05:3014:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
山メシ作りで自然探究園に回る時間がなくなってしまった。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

感想/記録

1か月前から申し込んだバスツアー。
何故かこの日だけ催行確定にならない。
シルバーウイークの後だからだろうか?
催行1週間前にようやく催行確定の連絡が。
その後、毎日ヤマテンを見るが天候が思わしくない。
まっ、強い雨さえ降らなければ雨の尾瀬はいい。
一番の絶景は雨上がりのしぽっと濡れた尾瀬。
今回もやりました。
雲は晴れないので山々の絶景はないですが、草紅葉のしっとりとした感じの絶景をみることができました。
雨があがったおかげで持参のミスジ肉を塩コショウで焼いて、極旨ステーキをいただくことができ、本当に感謝です。
サブメニューでインスタントパスタをいただきました。(カルボナーラ、けっこう良かったです)
草紅葉シーズンにも関わらずハイカーは少なく、ゆっくりした尾瀬ヶ原周回をすることができました。
逆さ燧ケ岳の撮影ポイントやカレンダースポットも独占。
水芭蕉の季節には考えられないくらいの格差にもおどろきました。
山の鼻の無料休憩所が工事中です。
雨天時はゆっくりと食事するところがないので要注意。
そんなときは持参を諦め、山小屋でいただきましょう。
今回はいただきませんでしたが、山の鼻小屋のけんちん汁が美味しく、私の中のお決まりのルートです。
草紅葉の状況は、最盛期ちょっと前。
来週末くらいがピークかと思います。
30日朝に初霜が降りたとのことで、霜が降りると急加速されるでしょう。
ただし、霜が降りると木道が滑ってけがをするので注意が必要です。
1日も年配の女性が捻挫と思われる怪我で救助を要請されていました。
お助けの援助はバスの時間の都合上できませんでしたが、常備薬を置いてその場を救助隊にゆだねました。(バスに乗ると救急車とすれちがいました)
25回以上は来ている尾瀬ですが、けっこう怪我をされた方を目撃します。
安易なハイカーも増えている(ミニスカートの中国の方もいました)ので、山をなめないように願いたいものです。



訪問者数:102人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

紅葉 テン 木道 草紅葉
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ