ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 972089 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

巻機山 平成28年度紅葉を見にい“こうよう”シリーズ第二弾 草紅葉と錦繍の巻機山

日程 2016年10月02日(日) [日帰り]
メンバー climbj
天候雨後曇り後時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
桜坂駐車場 AM 5:30頃の時点ではガラガラでしたが、PM 2:00頃には ほぼ満車。(紅葉時期はお早めに・・・、過去には米子沢沿いや威守松山駐車場までいっぱいになった事がありました。)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間3分
休憩
32分
合計
7時間35分
S桜坂駐車場05:5906:525合目07:306合目07:3108:087合目08:1608:53ニセ巻機山09:02巻機山避難小屋09:0609:33御機屋(巻機山山頂の標)09:3409:51巻機山10:06牛ヶ岳10:11牛ヶ岳先のVS10:1310:16牛ヶ岳10:33巻機山10:3610:41御機屋(巻機山山頂の標)10:4211:04割引岳11:0511:23御機屋(巻機山山頂の標)11:3211:42巻機山避難小屋11:48米子沢源頭付近11:4911:56巻機山避難小屋12:07ニセ巻機山12:0812:416合目12:575合目13:34桜坂駐車場13:34ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
万歩計は25,000歩。
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは桜坂駐車場にあります。(トイレ前と登山口)

朝AM 5:30頃まで雨が降っていたので、登山道はほとんど“田んぼ”の様な状態で、誰かのオヤジギャグの様にスベル・スベル・スベル・スベル・・・。

このコースはスベル以外に危険箇所はありません。
その他周辺情報下山後は 日帰り温泉 金城の里(320円)がおすすめです。(もちろん 入浴後はDRペッパーを一気飲み・・・)
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

たわわなナナカマドの実
2016年10月02日 07:21撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たわわなナナカマドの実
2
七合目手前から紅葉が拝めます。
2016年10月02日 08:01撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七合目手前から紅葉が拝めます。
2
ツツジ
2016年10月02日 08:01撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジ
1
ツツジ
2016年10月02日 08:02撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジ
1
ナナカマド
2016年10月02日 08:03撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマド
1
ツツジ
2016年10月02日 08:56撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジ
1
御機屋のCJ ( ガス、ガス、ガス・・・後はナナカマド)
2016年10月02日 09:34撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御機屋のCJ ( ガス、ガス、ガス・・・後はナナカマド)
1
朝日岳方面縦走路分岐手前の木道上にサンショウウオが・・・(山頂稜線上の池塘に生息していたか?)
2016年10月02日 09:54撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳方面縦走路分岐手前の木道上にサンショウウオが・・・(山頂稜線上の池塘に生息していたか?)
1
ちょっと潰されていましたが生きていました。(腹が赤くないのでイモリではなくサンショウウオかと思われます)
2016年10月02日 09:54撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと潰されていましたが生きていました。(腹が赤くないのでイモリではなくサンショウウオかと思われます)
1
朝日岳方面縦走路標柱、草紅葉が綺麗。
2016年10月02日 10:25撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳方面縦走路標柱、草紅葉が綺麗。
2
お約束の笑っている顔に見える三ツ池。
2016年10月02日 10:35撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お約束の笑っている顔に見える三ツ池。
4
山頂稜線のツツジと草紅葉
2016年10月02日 10:38撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂稜線のツツジと草紅葉
1
オオシラビソと草紅葉と青空
2016年10月02日 10:48撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオシラビソと草紅葉と青空
1
草紅葉
2016年10月02日 10:48撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草紅葉
5
綺麗な山容の割引岳
2016年10月02日 10:51撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗な山容の割引岳
5
草紅葉が綺麗な割引岳
2016年10月02日 10:52撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草紅葉が綺麗な割引岳
3
ちょっと近づいた割引岳
2016年10月02日 10:52撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと近づいた割引岳
2
ああっ割引岳
2016年10月02日 10:52撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ああっ割引岳
1
まだまだ割引岳
2016年10月02日 10:52撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ割引岳
2
惚れ惚れする割引岳
2016年10月02日 10:53撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
惚れ惚れする割引岳
1
ちょっと青空と割引岳
2016年10月02日 10:53撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと青空と割引岳
3
本峰
2016年10月02日 11:38撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本峰
草紅葉が綺麗
2016年10月02日 11:39撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草紅葉が綺麗
滝が・・・(一年中水量豊富)
2016年10月02日 11:47撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝が・・・(一年中水量豊富)
米子沢源頭付近から見た避難小屋からニセ巻機山への稜線
2016年10月02日 11:47撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
米子沢源頭付近から見た避難小屋からニセ巻機山への稜線
草紅葉(この斜面は 春から夏にかけて ワタスゲが❝スゲ−ッ❞群生しています)
2016年10月02日 11:57撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草紅葉(この斜面は 春から夏にかけて ワタスゲが❝スゲ−ッ❞群生しています)
熊の足形(肉球も草紅葉になってます)
2016年10月02日 12:09撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊の足形(肉球も草紅葉になってます)
下山したら 駐車場はほぼ満車。
2016年10月02日 13:35撮影 by KYV36, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山したら 駐車場はほぼ満車。
1

感想/記録
by climbj

【山に感謝、自分に賞賛を、この景色を見るために生まれて来た・・・】

ABCLSG山岳部 2,016年度紅葉を見にい❝こうよう❞シリ−ズ第二弾 第五回巻機山登山 やっと紅葉にお目にかかれました。9月は雨が続いたのと 僕の休みも雨が続き 何度も延期していた巻機山にようやく登れました。7合目付近から山頂稜線までは紅葉&草紅葉が真っ盛りで 涅槃像の様な、そして女性的な山容は何度来ても癒されます。また 誰かが言っていましたが「巻機山には 大きな❝土手❞が二つある」と・・・これも 黄金色の二つの大きな❝土手❞を見て 改めて実感いたしました。

自宅を朝AM5:00に出発し 身支度をしAM5:45登山開始予定でしたが 予想外に雨が降り続きAM5:30位まで降っていたので 約15分遅れでスタ−トしました。直前まで降っていた雨のせいで登山道の大半は❝田んぼ❞状態、下りはさることながら 上りでも滑って転びそうでした。ガスでほとんど視界の無い中 6合目辺りまでは とても蒸し暑かったです。とりあえず 雨が上がったので レインウエア、ザックカバ−はしないで登っていましたが、7合目付近から ガスの小さな水滴があたり始め ザックが湿って来たのでザックカバ−だけしました。寒さをあまり感じなかったので 最終的に山頂稜線に出てもウインドブレーカー、レインウエアは着なかったです。

割引岳に向かう途中から 少し青空が顔を出し 草紅葉で黄金色に染まった割引岳の美しい山容が姿を現してくれました。また ガスでいままで見えなかったニセ巻機山や本峰の斜面の見事な草紅葉とオオシラビソと笹原の緑のコントラストを日が射すことによって 鮮やかに目に入ってきます。米子沢源頭付近を散策した後 上りで見られなかった❝熊の足形❞を拝み、下山開始、相変わらずガスでほとんど景色が見えない中 8合目から7合目の中間辺りで 期待していた錦の絵の様な錦繍の紅葉が見られました。(これが見たかった)ガスで眺望はゼロでしたが とても満足のいく山行となりました。

この日出会った植物は ノコンギク、アカマンマ、ハイイヌツゲ(実)、ナナカマド(実)、オオカメノキ(実)、ベニサラサドウダン(紅葉)、ツルリンドウ、アカモノ(実)、アオキ(実)、シキミ、ミヤマダイモンジソウ、ハクサンボウフウ、イタドリ(実)、アキノキリンソウ、イワショウブ(実)、イワイチョウ(黄葉)、マンサク(黄葉)、ハイマツ、コメツガ、モウセンゴケ、スギゴケ、キンコウカ(草紅葉)、ニッコウキスゲ(実)、ハクサンフウロ(紅葉)、ユキザサ(実)、ミネザクラ(紅葉)、オヤマリンドウ(花殻)etcが出迎えてくれました。

この日は 紅葉のハイシ−ズンの日曜日という事もあって15名位の団体2組を含め たくさんの登山者が登られていました。さすがに100名山です。そして 皆さん一応にこの素晴らしい景色を堪能し 楽しそうでした。これからも もっともっと勉強して 巻機山の魅力を大勢の人達に伝えていきたいと思っています。

皆さんも是非・・・

尚 10/7(金)は 紅葉を見にい❝こうよう❞シリ−ズ第三弾 第五回谷川岳、一ノ倉岳、茂倉岳プチ縦走を予定しています。ここも 心震える絶景が待っていると思います。

【歩いた先に待つ 心震える景色を探して・・・】

ではまた・・・



  

訪問者数:810人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/6/3
投稿数: 56
2016/10/4 16:35
 素晴らしい紅葉でしたね〜(^^♪
こんにちは♪
素晴らしい紅葉でしたね。
雨の粘土質の登山道はなかなか大変ですよね(*_*;
今度の台風がやってくると一気に気温が下がるようですから、霜が降りるかもですね?
お疲れ様でした。
登録日: 2014/3/18
投稿数: 31
2016/10/4 18:32
 Re: 素晴らしい紅葉でしたね〜(^^♪
安達太良山は すごく天気が良かったんですね。羨ましい。

こちらは なんとか雨は上がったものの 蒸し暑いし、滑るし、ガスって何にも見えないし・・・4合目辺りで帰ろうかな?って マジで考えましたよ。

でも 昼前に少しガスが上がったから見えた絶景は ちょっと感動しました。

さて 短い紅葉シーズン 10/7(金)は谷川岳、一ノ倉岳、茂倉岳プチ縦走 10/10(月)は谷川連峰主脈縦走を予定しています。息を飲むような絶景を期待しています。

ではまた。 

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ