ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 972229 全員に公開 沢登り札幌近郊

無意根山(白水川)

日程 2016年10月02日(日) [日帰り]
メンバー DELTAFOX
天候秋晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間41分
休憩
45分
合計
9時間26分
Sスタート地点05:2009:40白水川源頭10:0013:00無意根山 旧山頂13:2514:46第2ゲートG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
林道・ゴルジュ・藪こぎ
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

滑床が連続している。4年前の記憶はなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑床が連続している。4年前の記憶はなかった。
1
陽が入るので寒くはない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽が入るので寒くはない。
紅葉日和である
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉日和である
例のゴルジュ。
クライミング力落ちたな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
例のゴルジュ。
クライミング力落ちたな。
すっかり秋の空
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すっかり秋の空
土管より上。
魅力的な滝
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土管より上。
魅力的な滝
1
和風の雰囲気がお気に入り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
和風の雰囲気がお気に入り。
最後の滝だった気がする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の滝だった気がする。
無意根の新たな一面を知る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無意根の新たな一面を知る。
5
ハイマツ地獄。獣くさい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツ地獄。獣くさい。
2
やっとこさ稜線に。生きた心地がしなかった。
追悼して無事を感謝。
トレランシューズに履き替える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとこさ稜線に。生きた心地がしなかった。
追悼して無事を感謝。
トレランシューズに履き替える。
2

感想/記録

白水川 無意根山

4年ぶりの再訪。僕の初まりの沢。天気は絶好調だ。
10月、朝一番のデッパはさすがに寒い。カフェオレ飲んでいく。今回、ストックを導入してみたが、岩場歩きでちょうどいいバランサーになるので快適だった。頼りすぎると痛い目にあいそうだけど。

4年前に訪れたときは、ただ前を歩く先輩についていくので精一杯だったので、正直なところあまり記憶がない。前回は林道からエスケープしたので、今回は源頭まで行こうと意気込んだ。

入渓から豪快に面白い。滑床が連続して滝もちょくちょく出てくる。札幌で人気の沢だけある。しかし、ゴルジュは突破に難儀した。クライミングをサボっているのがよろしくない。

土管を通り抜けてからはワンダーランドが広がっている。紅葉と青空と沢の音、風光明媚な和風箱庭に迷い込んだような錯覚を覚える。いい日に来たもんだ、思わず声が出てしまう。最後に雪渓跡地にでると、チングルマの綿毛が縦横無尽に咲き乱れているじゃない。改めて無意根が好きになった。

しかし、ここから3時間30分ものブッシュ漕ぎが待っている。一人きりで漕いでいると、どんどん不安な気持ちになってくる。明日食べようと思っているラーメンのことでも考えながら、もくもくと登ったが、藪漕ぎは一人でやるもんじゃないなと思う。

無意根小屋で現役に会えるかと思ったが、残念、下山後だった。

駐車場でチムニーの紳士にヒッチハイクを試みたところ、快く引き受けてくださった。この場を借りてお礼申し上げます。
訪問者数:226人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ