ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 972445 全員に公開 ハイキング蔵王・面白山・船形山

【蔵王山】晴れ間を求めて秋本番、紅葉の蔵王へ (^▽^)/(樹氷高原駅〜熊野岳〜刈田岳〜地蔵岳〜樹氷高原駅)

日程 2016年10月02日(日) [日帰り]
メンバー dai_taratan, その他メンバー1人
天候終日、晴れ(^^♪
非常に暖かく、ポカポカ陽気の1日でした。
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
■行き
◇川口駅〜蔵王ロープウェイ山麓駅
 国道122号〜国道298号〜国道4号〜東北自動車道(矢板〜福島飯坂)〜
 国道13号〜米沢南陽道路〜国道13号〜県道12号〜県道14号

 前夜、川口駅に集合。深夜1時に山麓駅前の駐車場に到着。
 夜間ですんなり流れている時間帯であれば、一般道経由でもかなり早かったです。

◇蔵王ロープウェイ山麓駅〜樹氷高原駅(800円)
 8:30の始発に乗車。
 ロープウェイは往復割引料金あり。
 この時点では、帰りは鳥兜駅を想定していたため、片道料金で乗車。

■帰り
◇樹氷高原駅〜蔵王ロープウェイ山麓駅(800円)
 混雑のため、随時出発の往復運転でした。

◇蔵王ロープウェイ山麓駅〜川口駅
 県道12号(蔵王エコーライン)〜国道4号〜東北自動車道(白石〜矢板)〜
 国道4号〜国道463号〜国道122号

 蔵王エコーラインの紅葉がきれいでしたが、白石ICまでかなり時間がかかりました。
 時間とお金のバランスだと、国道13号で米沢経由が正解だったかも。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間47分
休憩
1時間15分
合計
6時間2分
S樹氷高原駅08:3909:03いろは沼09:0410:20ワサ小屋跡分岐10:41熊野岳10:43蔵王山10:5711:06馬の背分岐11:0711:18馬の背11:39蔵王レストハウス内避難小屋11:41刈田岳11:4511:50蔵王レストハウス内避難小屋11:5712:14馬の背12:1512:23馬の背分岐12:2412:30大高山分岐12:3112:38熊野十字路分岐13:1913:37ワサ小屋跡分岐13:48地蔵山14:01蔵王地蔵尊14:0514:41樹氷高原駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
目立った危険個所はありません。
ぬかるみ、ザレで滑る箇所はありますので、転倒には気を付けたほうがよいです。
同行者一人、熊野岳の巻き道を下る途中で、見事に転んでいました。

ユートピアゲレンデから登山道に入ると、すぐに色づいています。
イロハ沼から地蔵岳山頂までの、標高にして、1,500〜1,700mあたりが紅葉のピークでした(まあ、そこから上は森林限界ですが)。
樹氷高原駅からの道、かなり紅葉を楽しむことができますので、山頂までロープウェイで行くのではなく、樹氷高原駅から歩くことをおすすめします。
以下で、色づき情報が出ています。
http://zaoropeway.co.jp/ropeway/info.html

雪のない樹氷原コース、非常に気持ちよくて楽しかったです。思わず、走って下りてしまいました(リュックが揺れるのがうっとおしくて、少しだけでしたが)。普段、トレランはやりませんが、山を走りたくなる気持ちが少しだけ、わかりました。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック(40L) ザックカバー クッカー ガスボンベ コッヘル 昼ご飯 非常食 レインウェア 手袋 ヘッドランプ ライター サングラス 地図 スマホ カメラ ロールペーパー 救急用品 予備靴ひも 携帯簡易トイレ 保険証 タオル フリース

写真

今日は手抜きで、途中までロープウェイで運んでもらいます。
ん〜、いい天気♪
2016年10月02日 08:09撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は手抜きで、途中までロープウェイで運んでもらいます。
ん〜、いい天気♪
樹氷高原駅から出発!
ほとんどの方は、山頂までロープウェイ。樹氷高原駅からの出発は、我々のほかに一組だけでした。
2016年10月02日 08:40撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹氷高原駅から出発!
ほとんどの方は、山頂までロープウェイ。樹氷高原駅からの出発は、我々のほかに一組だけでした。
ユートピアゲレンデに夏山リフトがかかっていますが、歩いて登ります。ちょうどいい足慣らしです、
雪のシーズンには何回か来ていますが、雪のないシーズンは初めて。ものすごく新鮮です。
2016年10月02日 08:42撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユートピアゲレンデに夏山リフトがかかっていますが、歩いて登ります。ちょうどいい足慣らしです、
雪のシーズンには何回か来ていますが、雪のないシーズンは初めて。ものすごく新鮮です。
リフト上部から登山道に入ると、早速、紅葉のお出迎え♪
2016年10月02日 08:53撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフト上部から登山道に入ると、早速、紅葉のお出迎え♪
2
秋の空に紅葉が映えます。
2016年10月02日 08:57撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋の空に紅葉が映えます。
1
しっかし、足が進まなくなってしまうのですよね・・・
2016年10月02日 09:00撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しっかし、足が進まなくなってしまうのですよね・・・
2
イロハ沼に到着です。
2016年10月02日 09:03撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イロハ沼に到着です。
いい景色♪
2016年10月02日 09:03撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい景色♪
すすき、紅葉、秋の雲。
2016年10月02日 09:04撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すすき、紅葉、秋の雲。
2
日本の秋、バンザイ
\(^o^)/
2016年10月02日 09:05撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本の秋、バンザイ
\(^o^)/
1
いい感じに・・・
2016年10月02日 09:08撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい感じに・・・
3
色づいています・・・
2016年10月02日 09:14撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色づいています・・・
1
黄色も見事!
2016年10月02日 09:24撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色も見事!
1
アップで。
2016年10月02日 09:24撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップで。
1
モフモフ紅葉の絨毯♪
しかも奥には飯豊に吾妻連峰。たまりませんな〜
2016年10月02日 09:49撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モフモフ紅葉の絨毯♪
しかも奥には飯豊に吾妻連峰。たまりませんな〜
2
山肌全体が、いい感じに染まっています。
2016年10月02日 09:54撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山肌全体が、いい感じに染まっています。
2
地蔵岳山頂下は、かなりいい感じ(^^♪
2016年10月02日 09:59撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳山頂下は、かなりいい感じ(^^♪
7
何度も振り返ってしまいます。。。
2016年10月02日 10:05撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度も振り返ってしまいます。。。
1
ようやく熊野岳山頂。
2016年10月02日 10:41撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく熊野岳山頂。
2
山頂標識。
山頂は、かなり人がいっぱいでした。
2016年10月02日 10:42撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識。
山頂は、かなり人がいっぱいでした。
5
さて、熊野岳山頂から。
遠くにうっすらと鳥海山(方角的に、だと思うんですけどね・・・)。
2016年10月02日 10:47撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、熊野岳山頂から。
遠くにうっすらと鳥海山(方角的に、だと思うんですけどね・・・)。
1
朝日岳。
ちょっと前には、雲が少なくてもっとはっきり見えていたのですけどね。
2016年10月02日 10:48撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳。
ちょっと前には、雲が少なくてもっとはっきり見えていたのですけどね。
1
飯豊方面。
2016年10月02日 10:49撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯豊方面。
1
吾妻山方面。
山頂でノンビリ、景色を堪能してから進みます。
2016年10月02日 10:49撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吾妻山方面。
山頂でノンビリ、景色を堪能してから進みます。
2
熊野岳を下ると、今度はお釜のお出迎え。
2016年10月02日 11:13撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊野岳を下ると、今度はお釜のお出迎え。
3
本当に角度が変わると、色も違って見えました。
2016年10月02日 11:24撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当に角度が変わると、色も違って見えました。
5
刈田岳。
時間的にはここでお昼ご飯なのですが、環境客の方が多くてパス。
2016年10月02日 11:42撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刈田岳。
時間的にはここでお昼ご飯なのですが、環境客の方が多くてパス。
1
火口湖だけあって、この荒々しさもよいですね。
2016年10月02日 11:43撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火口湖だけあって、この荒々しさもよいですね。
2
刈田岳からの熊野岳とお釜全景。
ここからは地蔵岳方面に向かってUターン。
2016年10月02日 11:43撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刈田岳からの熊野岳とお釜全景。
ここからは地蔵岳方面に向かってUターン。
1
熊野岳避難小屋に向かう途中、お釜を後にします。
分かりづらいのですが、奥の山肌も色づいています。
2016年10月02日 12:26撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊野岳避難小屋に向かう途中、お釜を後にします。
分かりづらいのですが、奥の山肌も色づいています。
7
熊野岳避難小屋。ここでお昼ご飯にします。
子供のリクエストで、昼から豚バラもやし鍋でした。
2016年10月02日 12:33撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊野岳避難小屋。ここでお昼ご飯にします。
子供のリクエストで、昼から豚バラもやし鍋でした。
地蔵に向けては少し、登り返し。
2016年10月02日 13:36撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵に向けては少し、登り返し。
1
地蔵岳山頂。この日3つ目、最後のピークでした。
2016年10月02日 13:48撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳山頂。この日3つ目、最後のピークでした。
2
地蔵岳山頂奥の自然植物園方面は、ちょうど紅葉のピークを思わせる感じでした。
2016年10月02日 13:49撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳山頂奥の自然植物園方面は、ちょうど紅葉のピークを思わせる感じでした。
1
地蔵岳からロープウェイ山頂駅に向かう斜面も、きれいに色づいています。
2016年10月02日 13:50撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵岳からロープウェイ山頂駅に向かう斜面も、きれいに色づいています。
7
午後になってもいい天気♪
2016年10月02日 13:53撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午後になってもいい天気♪
秋の空に映えますね(^^♪
2016年10月02日 13:54撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋の空に映えますね(^^♪
1
アップで。
2016年10月02日 13:55撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップで。
1
ロープウェイ山頂駅に到着。
ですが、ここから先も歩いて下ります。
2016年10月02日 14:02撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープウェイ山頂駅に到着。
ですが、ここから先も歩いて下ります。
樹氷原コースの出発点。
ん〜、ついつい、滑って降りたくなってしまう・・・
2016年10月02日 14:07撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹氷原コースの出発点。
ん〜、ついつい、滑って降りたくなってしまう・・・
ザンゲ坂を下ります。
元々、鳥兜駅に向かう予定でしたが、雪のない樹氷原コースを歩いて下りてみたいということで意見が一致。樹氷高原駅までゲレンデを歩いていくことにしました。
2016年10月02日 14:09撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザンゲ坂を下ります。
元々、鳥兜駅に向かう予定でしたが、雪のない樹氷原コースを歩いて下りてみたいということで意見が一致。樹氷高原駅までゲレンデを歩いていくことにしました。
1
思わず走りたくなります♪
で、3人で少し、走りました。ロープウェイに乗っている人からも走っている姿が見えてことでしょう(ちょっと、恥ずかしかった・・・)。
2016年10月02日 14:25撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
思わず走りたくなります♪
で、3人で少し、走りました。ロープウェイに乗っている人からも走っている姿が見えてことでしょう(ちょっと、恥ずかしかった・・・)。
樹氷高原駅まで戻ってきました!
ここで息子は先にトイレダッシュ。リフトの横あたりに小さく写っております。。。
2016年10月02日 14:37撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹氷高原駅まで戻ってきました!
ここで息子は先にトイレダッシュ。リフトの横あたりに小さく写っております。。。
撮影機材:

感想/記録
by dai_t

紅葉シーズン!!!
ということで、元々は会社のメンバー3名+我が家の息子+私の5名での計画。
それが、直前になり家庭の事情で1人減り、2人減り・・・
結果的には3名での山行と相成りました。

行先についても、元々は仙丈ケ岳を予定していましたが、あいにくの天気予報・・・
晴れ間を求めようとすると、北に向かうのがベスト。
直前で、紅葉も晴れ間も見込める蔵王に行き先を変更しました。
結果的には、終日、これ以上にないくらいの好天に恵まれて、大正解でした。

個人的には蔵王はスキー場、樹氷のイメージ。
雪のない季節にくるのは初めてで、最初は雪がないのが新鮮であり、ものすごく違和感がありました。
今回、同行した3名はいずれも冬の蔵王しか知らず、同じ感想。

登ってみると、
・樹氷高原駅から地蔵岳の間の紅葉
・熊野岳からの景色
・お釜
(・お昼ご飯の鍋)
・地蔵岳周辺の紅葉
・普段は滑って降りている樹氷原コースの歩き
と、まあ終始、楽しみがいっぱいの、非常にいい山でした。
刈田岳周辺だけ、人が多くて歩きづらかったところはありましたが、全体からしてみれば些事かと思います。
特に、冬の蔵王しか知らない人には、樹氷原コースを歩いて下りるのはおススメですね。
時間的にも、普段、山登りをしていないメンバーにはちょうど良かったようです。
東京(近辺)からだと往復にかなり時間はかかりますが、それだけ時間をかけていく価値のある山でした。
日帰りで行くべきか?というと、疑問はありますが・・・

今度はもう少し、紅葉が下りてきて、ロープウェイの上から紅葉のじゅうたんを見てみたくなりました。
そしてやっぱり、冬の蔵王で滑りたくもなりました(笑)。

# ちょうど100名山60座目、ヤマレコ投稿の単独山行100回目の区切りでした。
訪問者数:415人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ