ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 972740 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走志賀・草津・四阿山・浅間

苗場山・小赤沢ルートは意外なところで大苦戦

日程 2016年10月01日(土) 〜 2016年10月02日(日)
メンバー miyamako
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間14分
休憩
9分
合計
4時間23分
S和田小屋登山口11:2214:04神楽ヶ峰15:31苗場山15:4015:45宿泊地(頂上ヒュッテ)
2日目
山行
4時間28分
休憩
10分
合計
4時間38分
宿泊地07:0710:25小赤沢三合目登山口10:3511:45楽養館G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
小赤沢〜小赤沢三合目駐車場の間は要注意です。(本文ご参照ください)
紅葉は、山頂付近は来週の連休が見ごろでしょう。中腹は、赤くなっている灌木はありますが、高木はまだです。
その他周辺情報小赤沢温泉楽養館。頂上ヒュッテで割引券(500円→400円)が買えます。
秋山郷からバスで越後湯沢に戻る場合、終点の「津南」まで乗ると無駄に町内をぐるぐる回るので、「津南町役場」で降りると、そこでも乗り継ぎができる。「津南」バス停の向かい側にはトイレ付きの待合所がある。「役場」バス停から歩いても遠くはない。

写真

和田小屋発。遠方に八海山、巻機山が見えた
2016年10月01日 11:34撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
和田小屋発。遠方に八海山、巻機山が見えた
真ん中から右は中尾根のスカイライン
2016年10月01日 12:32撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真ん中から右は中尾根のスカイライン
上の芝
2016年10月01日 12:41撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の芝
霧が立ち昇ってきた
2016年10月01日 12:42撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧が立ち昇ってきた
稜線上
2016年10月01日 14:08撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上
神楽峰はぱっとしない
2016年10月01日 14:13撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神楽峰はぱっとしない
鞍部が見えた
2016年10月01日 14:27撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部が見えた
秋山郷方面
2016年10月01日 14:32撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋山郷方面
岳樺の黄葉はもう少し
2016年10月01日 14:40撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳樺の黄葉はもう少し
苗場への登り
2016年10月01日 14:43撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苗場への登り
すごい急斜面
2016年10月01日 15:18撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すごい急斜面
頂上台地に出た
2016年10月01日 15:27撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上台地に出た
頂上ヒュッテ
2016年10月01日 16:10撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上ヒュッテ
「いいちこ」の宣伝風に
2016年10月01日 16:39撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「いいちこ」の宣伝風に
2日目もガス
2016年10月02日 07:20撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目もガス
気になるツツジの草叢
2016年10月02日 08:06撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気になるツツジの草叢
坪場。ここで頂上台地とさようなら
2016年10月02日 08:07撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坪場。ここで頂上台地とさようなら
1
小赤沢へ
2016年10月02日 08:07撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小赤沢へ
晴れてきた
2016年10月02日 08:47撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れてきた
大赤沢新道の尾根
2016年10月02日 08:54撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大赤沢新道の尾根
振り返ると
2016年10月02日 08:58撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると
1
装飾柱というか
2016年10月02日 09:53撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
装飾柱というか
2
泥道が続く
2016年10月02日 09:59撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
泥道が続く
向こうに関田山脈が見える
2016年10月02日 10:06撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向こうに関田山脈が見える
三合目駐車場
2016年10月02日 10:33撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三合目駐車場
旧登山道。最初はいい感じ
2016年10月02日 10:48撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧登山道。最初はいい感じ
ブナの森
2016年10月02日 10:51撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの森
1
カイデ沢を渡る
2016年10月02日 11:06撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カイデ沢を渡る
車道に出たところ。お薦めしません
2016年10月02日 11:27撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道に出たところ。お薦めしません
大瀬の滝
2016年10月02日 11:33撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大瀬の滝
2
小赤沢の集落が見えてきた
2016年10月02日 11:47撮影 by PENTAX K200D , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小赤沢の集落が見えてきた

感想/記録

(1日)
 腰痛の様子を見ながらなので、コースタイム短め、小屋泊まり、鉄道利用のおとなしい計画としたが、前々から行きたかった山なのでちょうど良い。
 自宅付近は小雨だったが、予報どおり北上するにつれ天気は回復してきた。越後湯沢の駅はしばらくぶりだ。タクシーを奮発して和田小屋へ向かう。標高が上がると赤や黄色の葉が増えていく。スキーゲレンデではツアーの大集団が出発しようとしていたので、慌ただしく先行する。樹林に入ると、石が積み重なった道になる。名にしおう豪雪地帯だけに、人の踏んだところはすぐに表土が流されてしまうのだろう。石の上を飛び伝うように登るが、これが後で効いてくることになる。ふたたびゲレンデを横切る場所からは、BCコースの北尾根が色づいて見える。やがて下の芝に出ると黄金色の草地が美しい。目の前の谷を霧が立ち昇ってきて、せっかくの紅葉を覆い隠してしまった。
 針葉樹の森が長く続き、随分昔、山スキーを始めたばかりの頃に来た時の、雪の砂漠のような尾根を登った印象に一致しない。最後のゲレンデを横切ると、ようやくそれらしい草原帯に飛び出した。ツツジの真紅の株が鮮やかだ。霧が濃く、草紅葉というより、うら寂しい枯れ野原をしみじみと登っていくと、懐かしい小松原越えへの道を分け、稜線の最高点には出ないで左へトラバースになる。すぐに笹の稜線歩きになるが展望はない。神楽ヶ峰は標柱が立っているだけで頂上らしくはない。道は溝のようにえぐられている箇所もあり心が痛い。下りになるとすぐに雷清水の湧水があり、おいしく頂く。こんな稜線上に水が出ている所は珍しい。
 晴れていれば眼前に苗場山の台形の山体が大きいはずだが・・と思っていると、ガスが切れて赤や黄色の混じった斜面や、秋山郷方面の深い谷間が現れ感嘆する。残念ながら山全体は見えることはなかった。いよいよ最後の登りだ。霧を透かした周囲の急傾斜はすごいが、道は困難もなく登れる。しかし、前半の石伝いのバランス歩きで変な負荷がかかったのか、膝の裏側の筋が攣ってきた。テントであぐらをかいていると良く攣る箇所なのだが、行動中に起こるのは初めてで、老化を感じかなり落ち込む。だましだまし登るうち、唐突に傾斜は緩み、待望の頂上台地だ。霧の中、左に右にと池塘が浮かび、いささか渋すぎる風情だが、永年の憧れがかない嬉しさがこみ上げる。立派な標柱のある山頂には誰もいない。百名山を稼ぐのも久し振りだ。しばしの満足感に浸り、小屋に向かう。予約したときは、混雑すると脅かされていたが、布団3枚分のスペースをもらえた。ビールを仕入れて散策に出る。霧が少し上がって、大草原が見渡せるようになった。表現する言葉が見当たらない、本当に素晴らしい山だ。高校の山岳部の先輩が単独で苗場山に来た記録を部誌に書いていたのを思い出す。確か赤湯に下っていたはずと、私もそちらに向かい、ひとり木道に座り込んで飲みながら、亡くなってしまったその先輩を偲んだ。
(2日)
 晴れの予報だったが、相変わらずの濃い霧だ。次第に明るくなってきているが、時間切れとなり出発。前日と同じ渋い草原風景だが、池の形が見る方向で変わるたびにカメラを向けたりして飽きることはない。しかし、ついに頂上台地末端の坪場に着いてしまった。周辺のツツジやハイマツに触って名残を惜しみ、小赤沢への下りに入る。岳樺の斜面を下りていくと、霧が晴れ、青空も見えてきた。前方には、大赤沢への尾根の上に日蔭山とおぼしきピークが頭を覗かせている。登ってくる人とのすれ違いも増えてくる。針葉樹林に入ると、また霧が漂い、路面はぬかるんでいるところが多く気を使う。傾斜が緩み、広葉樹林に変わると再び晴れ。遠く関田山脈のスカイラインも望めた。頂上の方は雲がかかっているが、登りの人が着くころには大展望だろう。うらやましい限りだ。四合目を過ぎると、もうハイキングの雰囲気だ。樹々も緑が濃くなってくる。道が尾根をはずれてジグザグを切ると、不意に駐車場の車が見えた。
(三合目駐車場から小赤沢まで)
恥ずかしながら事前の研究不足で、駐車場から下は車道を歩くものと思い込んでいた。それで、車が見えた時には「やっと泥んこ歩きから解放される」と喜んで、ちょうど道を横切っていた流水で靴やストックの泥を洗い落とした。駐車場に出ると、小赤沢への登山道の看板が目に入る。「山と高原地図」を見直すと、確かに小赤沢への赤線は車道ではない。だが、山道の入口はオオバコに覆われ、あまり歩かれていない雰囲気だ。もう気持ちが切れているし、距離も同じ位なので、一旦は車道を行くと決めて身支度をしたのだが、ちょっと覗きにと入ってみると、落ち葉が散り敷かれた、何やら良さげな道に見える。急に、登山者たるもの山道を歩かなければ、と変な意地にとらわれて、こちらを行くことにした。少し進むと、辺りは青緑の空気に塗り込められたような、しっとりしたブナ林になる。拾い物をした気分で、静けさを味わいながら下っていく。ところが、カイデ沢が近づいてくると、道は動物がほじくりかえしたように急に荒れてきた。沢に降りる最後の斜面は表土がえぐられていて、古いロープを伝い、後ろを向く一歩があった。流れには丸太の橋が渡してあり、落ちても高さ1メートルほどだが、左右の段差があるので濡れていると嫌だろう。(靴を脱げば渡れる。)そろりそろりと渡り、対岸に上がった所だ。左側の大岩に古びたロープが巻き付けてあり、これを手がかりに足元の傾斜した一枚岩をトラバースしようと踏み出した瞬間、足がツルリと滑り、ものの見事に背中から落下した。岩はコケでヌルヌルだったのだ。幸いザックがクッションになり、頭は打たずに済んだが、手の爪を打撲し痛む。(この岩には乗らず下を巻くこと。) この先は右手に沢を見ながらの水平道だが、足元は丸い石を敷き詰めたようで、これがまたヌルヌル。先ほどので懲りているので、恐々と進む。やがて、陰気くさい杉林に入るとまたぬかるみだ。やっと車道に降り立った時は、心底ほっとした。テープは付けられており迷うことはないが、破線ルートに近いと思ったほうが良い。
 舗装道路を、余韻を味わいながら下る。気温は高く秋の感じはしない。国道に出る前に、標識に従って楽養館へは右にショートカットできる。赤い湯に浸かり、ビールを2本空けて打ち上げ。ガラガラのバスで津南に向かった。
(総括)
・山はすばらしく良かった。晴れたときと、花の時期に再訪したい。
・一般コースと甘く考え、「山と高原地図」でコースタイムを計算しただけだったので、ルートの理解が不十分だった。ガイドブックや経験者のレコを読み込んでおかなければならない。
・体を鍛えなおすこと
訪問者数:266人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ