ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 973060 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

雲取山(の手前)【マイナールートの登り尾根経由】

日程 2016年10月02日(日) [日帰り]
メンバー eclat(気象), その他メンバー4人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:JR奥多摩駅(前泊) → 【バス】 → 鴨沢バス停
帰り:鴨沢バス停 → 【バス】 → JR奥多摩駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登り尾根は,急傾斜が多い。
その他周辺情報下山後,JR奥多摩駅近くの旅館「三河屋」で日帰り温泉を利用。一般的な温泉と異なり,落ち着いていて良い。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 シュラフ Tシャツ ズボン 靴下 雨具 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ 着替え 熊鈴

写真

日本山岳会の簡易宿泊施設
2016年10月01日 18:40撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本山岳会の簡易宿泊施設
2
日本山岳会の簡易宿泊施設
室内の展示場
2016年10月01日 18:40撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本山岳会の簡易宿泊施設
室内の展示場
2
鴨沢バス停
2016年10月02日 06:47撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鴨沢バス停
2
登り尾根は,左側の斜面を登っていく。なお,右側は,一般的な鴨沢ルート入口方面。
2016年10月02日 07:14撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り尾根は,左側の斜面を登っていく。なお,右側は,一般的な鴨沢ルート入口方面。
登り尾根の終点である「堂所」。ここで,鴨沢ルートと合流する。
2016年10月02日 09:38撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り尾根の終点である「堂所」。ここで,鴨沢ルートと合流する。
3
七ツ石小屋1
2016年10月02日 10:42撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ石小屋1
2
七ツ石小屋2
2016年10月02日 10:42撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ石小屋2
2
七ツ石小屋3
2016年10月02日 10:43撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ石小屋3
2
七ツ石小屋において,何と!雲取山の山名標識が!
2016年10月02日 10:52撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ石小屋において,何と!雲取山の山名標識が!
4
ボランティアらによる雲取山の山名標識の取り換え。
2016年10月02日 10:54撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボランティアらによる雲取山の山名標識の取り換え。
5
気持ちの良い尾根道。
2016年10月02日 11:07撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い尾根道。
霧が立ち込めているのも,趣きがある。
2016年10月02日 11:46撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧が立ち込めているのも,趣きがある。
石尾根名物のダンシングツリー。Shall we dance ?
2016年10月02日 11:50撮影 by GR, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石尾根名物のダンシングツリー。Shall we dance ?
2
撮影機材:

感想/記録
by eclat

 今回は,私が所属する日本山岳会の有志とともに,奥多摩エリアの名峰である雲取山登山に行ってきた。
 結論からいうと,私は,別行程により上級クラスのベテラン会員と2名で,マイナーな登り尾根(鴨沢ルートの西側の尾根筋)を歩いて,他のメンバーと合流する予定でいたのであるが,登り尾根で意外と体力を消費した上,体調を崩してしまったため,登り尾根終点の堂所から少し先に行った所でバテてしまい,当該ベテラン会員を先に行かせ,のんびりと歩みを進め,結局,雲取山手前(ヨモギノ頭の先)で引き返す(雲取山を下山する当該ベテラン会員及び当該他のメンバー(以下単に「他のメンバー」という。)と合流する)こととなった。要するに,バテてしまい,雲取山登頂を断念したのである。体調不良とはいえ,恥ずかしい失態であった。
 しかしながら,このようなのんびりと歩みを進めることにより,今まで行ったことのなかった七ツ石小屋を訪れることができ,かつ,同小屋の主人らと歓談できた。また,掲出写真にあるように,雲取山の山名標識の入れ替えのために,同標識の古いものを持ち帰ったボランティアと出会い,興味深い光景を見ることができた。
 なお,雲取山は,タイトな日帰りよりも,私の得意な夜間登山に限る!と強調したい。
 そして,他のメンバーと下山後は,その一部とともに,日帰り温泉で汗を流し,JR奥多摩駅近くのちょっとおしゃれなビールレストラン(地ビール提供)で反省会を楽しんだ。
 近く,また,雲取山をリベンジしたい。
訪問者数:195人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ