ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 973085 全員に公開 ハイキング大台ケ原・大杉谷・高見山

三津河落山 大台辻 添谷山 御座

日程 2016年10月02日(日) [日帰り]
メンバー DCT
天候曇り 後 晴れ 後 曇り
気温 20℃三津河落山  21℃御座
アクセス
利用交通機関
車・バイク
奈良・大阪方面から向かう場合、吉野周辺はガソリンスタンドやコンビニもあるが、それ以降は物販等少なくなるので要注意。吉野から国道169号を南進する快走路。伯母峰トンネル直前より20km弱の大台ケ原ドライブウェイに入ると最初の5kmほどは見通しの悪いコーナーが続くやや荒れた道で、標高が上がれば快適なスカイラインとなる。
大台ヶ原駐車場1km手前、川上辻の路肩に駐車、スペースあり。
ハイシーズンは駐車場から溢れることもあり、このあたりまで路上駐車が並ぶ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間36分
休憩
46分
合計
7時間22分
S川上辻08:0708:44三津河落山09:1009:50コブシ峠09:5110:21大台辻10:2711:23添谷山11:2411:51御座12:0312:26添谷山13:23大台辻14:07コブシ峠15:28川上辻15:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
三津河落山一帯は植生保護が求められており、罰則があるわけではないが「立ち入り禁止」の表示が立つ。踏み跡を外さないように進む。
筏場道、台高縦走路、倒木多し。跨ぐ、潜る、回避するで通過。
筏場道は奈良県管理で「通行止」とされている、崩落が複数あり緊張する所もある。(都合の良い)自己責任での通過であるが特に単独者は滑落等注意と感じられる。小さな子どもさんとのファミリーハイクのコースではない。筏場道はこのまま廃道まっしぐらであろう。
(同じ予算なら大台ケ原ドライブウェイに使途するほうが効果的と思われる。)

出会った人 4名(1グループのみ)
目撃にょろ 1にょろ
その他周辺情報三津河落山と言うお山はなく「山域」名であり最高峰の如来月、日本鼻、大和岳あたりまでが三津河落山山域とされてる。

写真

大台ヶ原ドライブウェイ、数年前まで足の長〜いベンチが置かれてた展望地。上北山村の深ーい谷。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大台ヶ原ドライブウェイ、数年前まで足の長〜いベンチが置かれてた展望地。上北山村の深ーい谷。
4
ハイクスタートは川上辻へ。「通行止」がちょっと気が引けるが…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイクスタートは川上辻へ。「通行止」がちょっと気が引けるが…。
8
国有林→奈良県が借り受け→借り受け期間はほほ通行止め。(借りる必要あるのかなぁ?)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国有林→奈良県が借り受け→借り受け期間はほほ通行止め。(借りる必要あるのかなぁ?)
6
Y字分岐を左に進み、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Y字分岐を左に進み、
3
左手に鹿除けネットの脇を登り、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手に鹿除けネットの脇を登り、
4
ネットの最高地点まで進み、このテープから分岐を登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ネットの最高地点まで進み、このテープから分岐を登る。
5
名古屋岳へ寄り道的に進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名古屋岳へ寄り道的に進む。
3
20m程ゆる〜く登って、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
20m程ゆる〜く登って、
3
名古屋岳山頂。以前は紀州わらじ会さんの山頂札があったが見当たらない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名古屋岳山頂。以前は紀州わらじ会さんの山頂札があったが見当たらない。
10
ピストンで本道復帰せず尾根を下る。(登りは辛い急角度なのな。)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピストンで本道復帰せず尾根を下る。(登りは辛い急角度なのな。)
5
ケモノ道経由でコース復帰、如来月への鞍部へ向かう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケモノ道経由でコース復帰、如来月への鞍部へ向かう。
3
色づき始めたカエデを見上げるが…、もっと紅葉があるかと思っていたがそうでもなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色づき始めたカエデを見上げるが…、もっと紅葉があるかと思っていたがそうでもなかった。
12
如来月への登り、立ち枯れ多い笹道の登り。濡れたササで靴の中に浸水で不快です!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
如来月への登り、立ち枯れ多い笹道の登り。濡れたササで靴の中に浸水で不快です!
3
ゴツゴツ岩のピークが近づき、時計回りで巻いて、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴツゴツ岩のピークが近づき、時計回りで巻いて、
4
三津河落山(さんずこおちやま)山域の最高点「如来月」この周辺に三角点は無い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三津河落山(さんずこおちやま)山域の最高点「如来月」この周辺に三角点は無い。
13
如来月から緩めに下り…、カマツカ(?)の実が赤く熟しはじめてた。可食と思うけろ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
如来月から緩めに下り…、カマツカ(?)の実が赤く熟しはじめてた。可食と思うけろ。
7
徐々に開けて空も広がり…、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々に開けて空も広がり…、
3
三津河落山山域の「三津河落山」山域名の意味する三方向(伊勢湾・熊野灘・紀伊水道)への分水嶺のポイント。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三津河落山山域の「三津河落山」山域名の意味する三方向(伊勢湾・熊野灘・紀伊水道)への分水嶺のポイント。
16
東に続く大和岳への山峰。ちょっとガスってる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東に続く大和岳への山峰。ちょっとガスってる。
11
まだ早い時間だけろ、ここから暫く下り道なので、ぷしゅ〜休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ早い時間だけろ、ここから暫く下り道なので、ぷしゅ〜休憩。
16
大峰は暑い雲の下のようだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峰は暑い雲の下のようだった。
5
少しずつ雲が取れ始めるのを眺めつつのぷしゅ〜タイムだったぁ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しずつ雲が取れ始めるのを眺めつつのぷしゅ〜タイムだったぁ。
7
特徴ある山頂札は無くなっていた。「国境」「三津河落山」。三重と奈良の国境なのなっ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
特徴ある山頂札は無くなっていた。「国境」「三津河落山」。三重と奈良の国境なのなっ。
11
次は筏場道、コブシ峠へ向かう。やや急な下りの笹道で滑りそうで慎重に…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は筏場道、コブシ峠へ向かう。やや急な下りの笹道で滑りそうで慎重に…。
15
白化した立ち枯れは大台の特徴的な風景だと思ふ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白化した立ち枯れは大台の特徴的な風景だと思ふ。
7
振り返って、中央(やや左)「三津河落山」、右に「日本鼻」、柔らかな日差しもあって良い眺めかと、。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って、中央(やや左)「三津河落山」、右に「日本鼻」、柔らかな日差しもあって良い眺めかと、。
16
フレームに入らないので左に「日本鼻」、右が「大和岳」。山肌はほんのり秋色。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フレームに入らないので左に「日本鼻」、右が「大和岳」。山肌はほんのり秋色。
9
三津河落山笹原から森に吸い込まれる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三津河落山笹原から森に吸い込まれる。
4
この森も穏やかでええなぁと下り、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この森も穏やかでええなぁと下り、
7
今日、唯一の人に出会う。暫し、お話しの後に写真をば…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日、唯一の人に出会う。暫し、お話しの後に写真をば…。
9
この道、2度目ですが、、、「狭っ!」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この道、2度目ですが、、、「狭っ!」
8
こんな険しい所、あたかなぁ?シャクナゲ帯も続いていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな険しい所、あたかなぁ?シャクナゲ帯も続いていた。
4
尾根が広がり…、ブナの大木、ヒメシャラの森を緩やかに…、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根が広がり…、ブナの大木、ヒメシャラの森を緩やかに…、
3
筏場道「コブシ峠」に合流。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
筏場道「コブシ峠」に合流。
8
筏場道より見下ろす一面の緑、ブナ・カエデはまだ青々としていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
筏場道より見下ろす一面の緑、ブナ・カエデはまだ青々としていた。
6
石積みの古道をゆくり緩やかに下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石積みの古道をゆくり緩やかに下る。
5
振り返って見上げる苔の谷、雨の多い大台の景色ですなぁ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って見上げる苔の谷、雨の多い大台の景色ですなぁ。
9
南に対峙するピークは西谷高かな?行ったのは2年前だっかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南に対峙するピークは西谷高かな?行ったのは2年前だっかな。
5
静かな森をゆるりとハイクです。ただ、ダラダラと標高を下げるので帰りの登りが不安になる…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静かな森をゆるりとハイクです。ただ、ダラダラと標高を下げるので帰りの登りが不安になる…。
3
倒木は越える、潜る、回避です。ここは左に回避…、…この後ちょいとコースアウト、GPS確認で、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木は越える、潜る、回避です。ここは左に回避…、…この後ちょいとコースアウト、GPS確認で、
6
大台辻に復帰到着。距離100mほど外れていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大台辻に復帰到着。距離100mほど外れていた。
6
さぁ、ここからは台高縦走路となり、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さぁ、ここからは台高縦走路となり、
5
今までと違ったアップダウンで…、時に狭い尾根もあり、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今までと違ったアップダウンで…、時に狭い尾根もあり、
4
広いピークも超えたり、20〜50mのアップダウンが続き、疲れてきたぞぉぉぉ〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広いピークも超えたり、20〜50mのアップダウンが続き、疲れてきたぞぉぉぉ〜。
5
三重と奈良の県境を進み、ピークで直角曲がりがあるのも台高らしさだと思う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三重と奈良の県境を進み、ピークで直角曲がりがあるのも台高らしさだと思う。
7
広々としたブナの森を抜け辿り着く、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広々としたブナの森を抜け辿り着く、
3
添谷山!静かな山域だが、山頂札がにぎやかだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
添谷山!静かな山域だが、山頂札がにぎやかだった。
7
今日の三角点はここだけ、、、たっちぃ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の三角点はここだけ、、、たっちぃ。
16
添谷山からの下りは地形図どおり急降下だった。古いロープあり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
添谷山からの下りは地形図どおり急降下だった。古いロープあり。
4
谷の向こうに岩山が現れ、期待しつつ…、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷の向こうに岩山が現れ、期待しつつ…、
3
さっき見た岩山は左を巻いて、ちょっとジャングルを抜け、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっき見た岩山は左を巻いて、ちょっとジャングルを抜け、
4
岩を登るとぉ〜、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩を登るとぉ〜、
6
御座瑤世辰燭 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御座瑤世辰燭 
16
ガスで遠望は無理だったが、「堯廚諒薫狼い亘足だった。岩の下は高所恐怖症が覗いてはいけない崖だった。怖っ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスで遠望は無理だったが、「堯廚諒薫狼い亘足だった。岩の下は高所恐怖症が覗いてはいけない崖だった。怖っ!
14
以前から気になっていた「御座堯廚僕茲襪海箸出来たぁ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以前から気になっていた「御座堯廚僕茲襪海箸出来たぁ。
12
10分ほどの滞在で名残惜しくの帰路に…、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分ほどの滞在で名残惜しくの帰路に…、
3
ピストンで、同じ景色なのに結構美味しい。台高らしいブナの森がたっぷり楽しめた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピストンで、同じ景色なのに結構美味しい。台高らしいブナの森がたっぷり楽しめた。
2
一部のみ奈良県側にヒノキの植林帯を見る場所あり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一部のみ奈良県側にヒノキの植林帯を見る場所あり。
1
自然林の中、フレームに入り切らない力強いヒノキの高木。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然林の中、フレームに入り切らない力強いヒノキの高木。
4
(同ヒノキ)大きく、全ての枝ぶりもフレームに入り切らず…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(同ヒノキ)大きく、全ての枝ぶりもフレームに入り切らず…。
3
ほっ、大台辻に到着、ここからは筏場道なのな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほっ、大台辻に到着、ここからは筏場道なのな。
2
「通行止」ロープを進むが、ちょっと気が引けるが進まないと帰れないので、。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「通行止」ロープを進むが、ちょっと気が引けるが進まないと帰れないので、。
6
ここは朝も振り返って写真に撮りましたが帰路にて再び…、印象的な苔の谷でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは朝も振り返って写真に撮りましたが帰路にて再び…、印象的な苔の谷でした。
9
もう直ぐコブシ峠だなぁ…、ここまではちょつと勾配強めの坂道に感じられた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう直ぐコブシ峠だなぁ…、ここまではちょつと勾配強めの坂道に感じられた。
1
コブシ峠からのはちょっと緩やかに感じられ、曲がり角に突然の「金明水」岩の間から沢山湧いていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コブシ峠からのはちょっと緩やかに感じられ、曲がり角に突然の「金明水」岩の間から沢山湧いていた。
4
道の崩落が現れ…、複数ありカメラを出すのも億劫で、。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の崩落が現れ…、複数ありカメラを出すのも億劫で、。
4
橋も現れ、快適なハイキング風となるが…、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋も現れ、快適なハイキング風となるが…、
8
カーブの向こうはどんな道?期待と不安で進んで…、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カーブの向こうはどんな道?期待と不安で進んで…、
2
あっ!また、橋!この後も数基が続いていた。そして、崩落・倒木も次々に…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっ!また、橋!この後も数基が続いていた。そして、崩落・倒木も次々に…。
7
鹿除けネットと筏場道、日差しの通る所はササも見られる。濡れてなくて良かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿除けネットと筏場道、日差しの通る所はササも見られる。濡れてなくて良かった。
3
土倉翁の私財で造られた筏場道は林業発展と後の登山ブームの登山路として長く使われたであろうが、このまま廃道の運命だろうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土倉翁の私財で造られた筏場道は林業発展と後の登山ブームの登山路として長く使われたであろうが、このまま廃道の運命だろうか?
8
8月の残暑9月の長雨、どうなんでしょ?紅葉。今年は茶枯れ→落葉のパターンかもね?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8月の残暑9月の長雨、どうなんでしょ?紅葉。今年は茶枯れ→落葉のパターンかもね?
6
川上辻に降り立ちハイク終了。帰りが登りのパターンは疲れるなぁ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川上辻に降り立ちハイク終了。帰りが登りのパターンは疲れるなぁ。
4
倒木潜りが多く、ドロドロのひこ、洗濯機へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木潜りが多く、ドロドロのひこ、洗濯機へ。
16
さて、今日は川上大滝の柿の葉寿司を買って帰ろう「松屋」さんへ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、今日は川上大滝の柿の葉寿司を買って帰ろう「松屋」さんへ。
11
バラ注文、サケ6サバ2で。関西ローカル「ちちんぷいぷい」に出てたのね?!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バラ注文、サケ6サバ2で。関西ローカル「ちちんぷいぷい」に出てたのね?!
13
既に秋冬のライ部活動始動、9/17三重サンアリーナ、西野さんの里帰りライブ「ただいまぁ」じゃなくて「帰ってきたぁ〜よー」だった。ちょいと朝熊山へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
既に秋冬のライ部活動始動、9/17三重サンアリーナ、西野さんの里帰りライブ「ただいまぁ」じゃなくて「帰ってきたぁ〜よー」だった。ちょいと朝熊山へ。
6
9/30大原さん、久しぶりのオリックス劇場。大塚さんの緩いのや…、きゃろらいんちゃろんぷろっぷきゃりーぱみゅぱみゅ(きゃりーぱみゅぱみゅ)さん…、過去ライブの演者さんのガラスタイルが並ぶ(3階フロア)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9/30大原さん、久しぶりのオリックス劇場。大塚さんの緩いのや…、きゃろらいんちゃろんぷろっぷきゃりーぱみゅぱみゅ(きゃりーぱみゅぱみゅ)さん…、過去ライブの演者さんのガラスタイルが並ぶ(3階フロア)。
5

感想/記録
by DCT

9月は終わった、天気予報は優れないが予定など考えてみる、大台は例年体育の日頃から紅葉ピークのハイシーズンとなり渋滞が…、そんな時はバイクで行けば良いんだけろね。
c氏y氏のツアーに同行願いも思ったが日程的に厳しいか?んで前日夜思いつき決行!
8時スタートは甘かった、雨にはあわなかったが余裕を持っての行動で早めに出発すべきでした。「御座堯廚肪紊韻燭里倭把召亡鬚靴ったっ!
訪問者数:539人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/20
投稿数: 639
2016/10/3 21:02
 大和岳は? 勿体無い
DCTさん、こんばんは。

あれ、雨降らなかったんですか?
あちゃー、山に行っとけば良かった。
この日は朝4時に起きて天気予報見て諦めて布団に潜りました(泣)。
でも、そのおかげで靴はズブ濡れにならずにすみました。

「松屋」さんって、カーブの途中にあるところですよね。
いつもカーブを曲がりながら、あ〜、止まれない〜、また今度〜
と通りすぎてしまいます(泣)。
登録日: 2012/7/29
投稿数: 728
2016/10/3 21:40
 御座
こんばんは
展望スポットがほとんどない台高縦走路南部で御座瑤狼重な展望地ですね。
また行ってみたいところです。
もし筏場道の通行止が解除されて観光地感覚のハイカーが歩き出したら、道迷いが頻発するかも。それでわざと補修しないのでは?廃道化は寂しいですが。
登録日: 2015/1/4
投稿数: 45
2016/10/3 21:44
 三津河落山 行きたいところの候補の一つです。
DCTさん こんばんは
自然林が多く、いいところですね。
益々行きたくなりました。
登録日: 2013/10/16
投稿数: 2031
2016/10/3 21:53
 いかがでしたか
DCTさん、こんばんは〜

「御座堯廖ΑΑΓ運佑嚢圓辰胴圓辰討靴泙錣譴燭里任垢
ライ部活動がてらに立ち寄られた朝熊ケ岳はいかがでしたでしょうか
登録日: 2015/3/13
投稿数: 499
2016/10/3 22:33
 お疲れ様〜( ^o^)ノ
DCTさん こんだばんだだ〜。

「三津河落山」「御座堯廚曚鵑汎匹瓩覆せ海弌繊繊舛し行きはりますね?!
今回はまだちょっとましですかね・・読み。

これから紅葉が美しい所ですね。
一人では絶対よ〜〜行きませんけど(。・ω・。)

ツアー同行是非!!使有給待楽。
登録日: 2013/12/23
投稿数: 268
2016/10/3 22:33
 お疲れ様でした(^^)ノシ
1日ズレてたらなぁ〜、こんな天候イマイチな日に三津河落山みたいなトコでバッタリ会えたらそらもうビックリでしたねぇ〜、ウチが行った土曜日もほとんど人に会わずでした(^^)、シカが警戒するよ〜な鳴き声はあちこちで聞きましたけど(^_^;)
これから紅葉🍁シーズン、観光客が多い大台ケ原やらは避けてと、、、さて、どこに行きますかね〜。またDCTさんと山で逢えますことをヽ(^o^)丿

あ、そういえば三津河落山の山名板。やっぱり無くなってたんですかね? ウチ、ちょっとの間探したのですが、、山の上でメチャチョトさんのお盆休みレコ見たりして(^_^;)
登録日: 2013/9/1
投稿数: 1317
2016/10/3 23:16
 御座瑤辰
DCTさん こんばんは〜

気持ち良さそうですね〜
No.26の場所がすっごい気持ち良さそうですね!
いつまでも、こんな道が続いてくれていたら、最高ですけど(*^_^*)

でも、このコースを一人では、よう行かんな〜(ーー;)
さすがDさんですね!

ツアーの同行してくれないんですか〜(>_<)
登録日: 2013/4/20
投稿数: 942
2016/10/3 23:44
 紅葉はもうすぐですね 茶枯れ?
DCTさん こんばんわ
このところ天候が不安定で山はホント計画がたちません。
日曜は大阪は夏日に逆戻りしたみたいに暑かったですが大台では待望の御座瑤蚤元がブルブルの避暑気分を味わえましたね。私も味わいたい。
今度の台風が通り過ぎると一気に気温が下がるようだし、紅葉期待ですが、落葉?茶枯れ?はつらい。
DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 1761
2016/10/4 5:05
 Re: 大和岳は? 勿体無い
mechabiさん、こんにちは。
大和岳は雲が多いうえに大峰オールスターズが厚い雲に隠れてたのでパス、それと往復するなら出発は1時間早めじゃないと…。足元ウエットで閉口でした。(濡れはじめたら諦めますが。)
「松屋」さん、そうそう交番横のカーブのお店(イートインスペースありです)。酢飯と硬さが良い塩梅で、私的には好みです!「けつねうろん」があればナイスセットとなります。
DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 1761
2016/10/4 5:12
 Re: 御座
KazuzoPaPaさん、こんにちは。
筏場道、「古道」として良い財産だと思われ、昭和の登山ブームの頃はキスリングの横広ザックにテン泊装備の登山者が歩いてたんだろうなぁと思われました。
台高縦走路、静かでブナの森が続き…、良い雰囲気です。御座瑤呂箸討盖せち良い場所でした。南に三津河落山を見上げてみたかったのですが、今回はガスに隠されていました。
DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 1761
2016/10/4 5:19
 Re: 三津河落山 行きたいところの候補の一つです。
naoandmiさん、こんにちは。
三津河落山、日本鼻(途中に新しい雨量観測設備、ピークに古い気象観測施設あり)、大和岳へのササ道、どうぞ辿ってみてください!好天を狙って!!
三津河落山から見える大峰と、大和岳からの大峰、さほど距離が離れてないのに眺めが違ってて…。紅葉も加われば長く滞在したい場所ですよ、きっと、。
DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 1761
2016/10/4 5:26
 Re: いかがでしたか
yamaotocoさん、こんにちは。
次の連休は、それなりに予定が…、その次は紅葉で大台ケ原はハイシーズンで混雑・渋滞?その先だと日没も早まり行動時間が不安に…?天気予報だと大台は曇りっぽいので行ってみよう!でした。
伊勢朝熊山、ドライブウェイを使って山頂へ、無人の有料足湯・山頂に丸い郵便ポスト、ちょっと「?」パラダイス風でしたぁ。
DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 1761
2016/10/4 5:34
 Re: お疲れ様〜( ^o^)ノ
Yanyan7さん、こんなにちは。
そうそ、山名・地名は読めないし…、誰が決めるか、詠み人知らずですね。
以前、大峰弥山の聖宝谷を勝手に「大峰ドラゴンの爪痕」ってレコに書いたら、後に何名かが「大峰ドラゴンの爪痕」って書かれてて。最近は「大峰ドラゴンの爪痕(正確には聖宝谷)」って書くようになったはぁ、勝手に命名はあかんなぁって…。
大丈夫、スマホでもGPSがあれば、。
DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 1761
2016/10/4 5:42
 Re: お疲れ様でした(^^)ノシ
ari38さん、こんにちは。
如来月まではドライブウェイを走る元気なバイクの排気音が聞こえる距離ですが、三津河落山、静かで眺めも良くって…、良い場所ですね。逢えたら、宴会ですか、宴会ですね?!(しかし、替えの靴下を忘れてました、靴中に浸水してから気づきました。)
山名板は風で飛ばされたか?廃棄されたか?如来月に移動された時もありましたが、三津河落山の倒木の根の所に括り付けられて景色の一部だと思ってたんですが………。
DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 1761
2016/10/4 5:49
 Re: 御座瑤辰
chasseさん、こんにちは。
「御座堯廚楼柄阿らネットで見つけてて、何時か行ってみたいなぁ…、川上辻(ドライブウェイ)からは行きは下って、帰りは登りの変則パターンかぁ?って思ってました。大台ケ原からオプションコースを作ると同様に、帰路が「ちんどい」パターンになりますね。
同行?そうなれば御座瑤呂襪手前、三津河落山で2時間以上のパーティーで行動時間終了となると思いますよ、。
DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 1761
2016/10/4 5:56
 Re: 紅葉はもうすぐですね 茶枯れ?
cicsさん、こんにちは。
どうでしょ?紅葉は…、長雨と台風で葉っぱが傷ついて、早めに色づいたカエデも近くで見るとマダラに汚れ気味で…。
御座瑤倭杼通りの良い場所でした。ややガスが漂い、遠望は今一つでしたが…、それはそれで山深い台高の景色ですねぇ。しかし、台高山脈はピークでの直角曲がりで「蛇行山脈」って名前でも良いんじゃねぇ?「にょろ」は嫌い・怖いけろ、。
登録日: 2014/4/29
投稿数: 254
2016/10/4 20:03
 早い時間のプシュ〜
DCTさん こんばんは〜。
まれにみる早い時間の「プシュ〜たいむ」でしたね。ちょい早すぎませんか?
ピークで直角曲がりが多い件。
同感です。踏み跡がうすいので油断してたら即コースアウト!
気が抜けない台高縦走コースの罠ですわ。
DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 1761
2016/10/4 20:35
 Re: 早い時間のプシュ〜
wingletさん、こんにちは。
朝8時58分からのぷしゅ〜でした。三津河落山の後はしばらく下り基調なので…、登り前のぷしゅ〜は足が重くなるのでこのタイミングとなりました。
高所から眺める台高山脈はどれが何山が同定出来ません!なんとなく池木屋山、なんとなく明神岳、なんとなく薊岳、、、もうサッパリですわぁ、。
そして、ピークハントが多く南奥駈道を思い出しました。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ