ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 973104 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大雪山

旭岳・トムラウシ縦走

日程 2016年09月23日(金) 〜 2016年09月26日(月)
メンバー horiy92
天候1日目雨、2日目以降晴
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
レンタカーで旭岳ロープウェイまで。
下山後、バス(白金温泉→旭川駅、旭川駅→旭岳)を乗り継いで、レンタカーを取りに。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間50分
休憩
0分
合計
4時間50分
Sロープウェイ姿見駅06:4508:50旭岳山頂11:35白雲岳避難小屋
2日目
山行
9時間11分
休憩
0分
合計
9時間11分
白雲岳避難小屋05:1806:16高根ヶ原分岐08:31忠別岳10:56化雲岳13:16北沼分岐13:47トムラウシ山頂14:29南沼キャンプ指定地
3日目
山行
9時間43分
休憩
21分
合計
10時間4分
南沼キャンプ指定地05:1606:30三川台08:33つりがね山10:27双子池キャンプ地12:59オプタテシケ山山頂13:2015:20美瑛富士避難小屋
4日目
山行
4時間41分
休憩
12分
合計
4時間53分
美瑛富士避難小屋05:1505:39美瑛富士分岐06:00美瑛岳に向かうも断念06:48美瑛富士避難小屋07:0009:16林道終点10:08白金温泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・南沼キャンプ指定地・美瑛富士避難小屋ともに、水場は基本的には枯れていて、直前に降った雨と思われるが溜まった、水溜りを利用しました。
・現地調達の水については、要煮沸であったため、スーパーデリオスを利用して浄水後、主に調理に利用。
・携帯電話(NTTドコモ)は所々で入ります。確認したポイントは、高根ヶ原分岐すぎ(高原沼の上あたり)、トムラウシ山頂、南沼キャンプ指定地、ベベツ岳。
・カブト岩〜双子池付近はずっと背丈以上の笹の中で、クマを心配しながら歩きました。
・南沼キャンプ指定地・美瑛富士避難小屋はトレイは無く、携帯トイレブース利用となります。
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 サンダル ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 携帯

写真

始発6:30のロープウェイを降りて、いよいよ
2016年09月23日 06:44撮影 by E-PL1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
始発6:30のロープウェイを降りて、いよいよ
姿見ノ池
2016年09月23日 07:18撮影 by E-PL1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姿見ノ池
旭岳山頂。ガスで景色無し。
2016年09月23日 08:51撮影 by E-PL1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳山頂。ガスで景色無し。
白雲岳避難小屋横の水場
2016年09月23日 11:33撮影 by E-PL1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白雲岳避難小屋横の水場
本日快晴、昨晩お世話になった白雲岳避難小屋
2016年09月24日 05:24撮影 by E-PL1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日快晴、昨晩お世話になった白雲岳避難小屋
旭岳もくっきり
2016年09月24日 05:44撮影 by E-PL1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳もくっきり
今日向かうトムラウシ、遠い、歩き応え十分。
広大な台地にスケールの大きさを実感します。
2016年09月24日 05:53撮影 by E-PL1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日向かうトムラウシ、遠い、歩き応え十分。
広大な台地にスケールの大きさを実感します。
1
日が昇ってきました、石狩岳方面
2016年09月24日 05:55撮影 by E-PL1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が昇ってきました、石狩岳方面
1
旭岳を振り返る
2016年09月24日 05:57撮影 by E-PL1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳を振り返る
1
高原沼を見下ろす。下山後のニュースではもう少し後が見ごろだったらしい。
2016年09月24日 06:19撮影 by E-PL1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高原沼を見下ろす。下山後のニュースではもう少し後が見ごろだったらしい。
旭岳を振り返る
2016年09月24日 07:38撮影 by E-PL1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳を振り返る
1
忠別岳
2016年09月24日 08:31撮影 by E-PL1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
忠別岳
忠別岳を振り返る。特徴的なフォルム。
2016年09月24日 08:58撮影 by E-PL1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
忠別岳を振り返る。特徴的なフォルム。
五色岳を過ぎて化雲岳に向かう。この辺りも広大な台地を感じます。
2016年09月24日 10:19撮影 by E-PL1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五色岳を過ぎて化雲岳に向かう。この辺りも広大な台地を感じます。
化雲岳、天人峡への分岐。
2016年09月24日 10:56撮影 by E-PL1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
化雲岳、天人峡への分岐。
トムラウシに向かって、日本庭園を進む。
2016年09月24日 11:34撮影 by E-PL1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トムラウシに向かって、日本庭園を進む。
トムラウシに向かって、日本庭園を進む。
2016年09月24日 11:35撮影 by E-PL1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トムラウシに向かって、日本庭園を進む。
魔の山、なんとなくおどろおどろしい雰囲気を感じます。
2016年09月24日 11:49撮影 by E-PL1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魔の山、なんとなくおどろおどろしい雰囲気を感じます。
ロックガーデンの登り。
黄色のマークはあるので迷うことはないが、視界が悪い時は危険。
2016年09月24日 12:03撮影 by E-PL1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロックガーデンの登り。
黄色のマークはあるので迷うことはないが、視界が悪い時は危険。
1
最後の登りを登り切ると、北沼とトムラウシ
2016年09月24日 13:13撮影 by E-PL1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の登りを登り切ると、北沼とトムラウシ
1
トムラウシ山頂。ものの5分ほどで視界ゼロに。。
2016年09月24日 13:47撮影 by E-PL1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トムラウシ山頂。ものの5分ほどで視界ゼロに。。
南沼キャンプ指定地の水場。昨晩はあった水が朝には引いている。この時期は雨の直後しか期待できない?
2016年09月25日 05:16撮影 by E-PL1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南沼キャンプ指定地の水場。昨晩はあった水が朝には引いている。この時期は雨の直後しか期待できない?
南沼キャンプ指定地。昨晩は、美瑛方面に向かう4名と、天人峡に下りるという1名の計5名。
2016年09月25日 05:16撮影 by E-PL1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南沼キャンプ指定地。昨晩は、美瑛方面に向かう4名と、天人峡に下りるという1名の計5名。
3日目も晴れ。トムラウシを振り返る。
トムラウシでご来光を見ることも考えたが、本日の行程を考えて断念。
2016年09月25日 06:10撮影 by E-PL1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3日目も晴れ。トムラウシを振り返る。
トムラウシでご来光を見ることも考えたが、本日の行程を考えて断念。
十勝岳方向(十勝岳は隠れて見えない)。大きく見えるのがオプタテシケ。
2016年09月25日 06:20撮影 by E-PL1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十勝岳方向(十勝岳は隠れて見えない)。大きく見えるのがオプタテシケ。
3
三川台から。ここの沼もとてもきれいでした。
2016年09月25日 06:20撮影 by E-PL1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三川台から。ここの沼もとてもきれいでした。
カブト岩。ここから双子池のキャンプ指定地までは、背の高い笹とすべりやすく歩きにくい足元でした。クマを気にして効果不明ながら笛を吹きながら歩きました。
2016年09月25日 09:48撮影 by E-PL1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カブト岩。ここから双子池のキャンプ指定地までは、背の高い笹とすべりやすく歩きにくい足元でした。クマを気にして効果不明ながら笛を吹きながら歩きました。
1
オプタテシケ、ピーク手前のやせ尾根。今回の縦走で唯一のやせ尾根。
2016年09月25日 12:45撮影 by E-PL1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オプタテシケ、ピーク手前のやせ尾根。今回の縦走で唯一のやせ尾根。
1
美瑛富士
2016年09月25日 15:01撮影 by E-PL1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美瑛富士
長かった、美瑛避難小屋到着。何とか日の高いうちに。
2016年09月25日 15:20撮影 by E-PL1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長かった、美瑛避難小屋到着。何とか日の高いうちに。
4日目、十勝岳に向かって出発するものの、稜線に出たとたん、風速20m?立っているのがやっとの状況。
2016年09月26日 05:30撮影 by E-PL1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4日目、十勝岳に向かって出発するものの、稜線に出たとたん、風速20m?立っているのがやっとの状況。
1
美瑛富士分岐から、美瑛岳に向かって20分登ったところで、十勝岳を断念。
2016年09月26日 05:39撮影 by E-PL1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美瑛富士分岐から、美瑛岳に向かって20分登ったところで、十勝岳を断念。
10時前に美瑛富士登山口へ下山、長い縦走が終わりました。
2016年09月26日 09:47撮影 by E-PL1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時前に美瑛富士登山口へ下山、長い縦走が終わりました。
1

感想/記録

初の北海道の山々への遠征でしたが、本州の山とは違って、見渡す限りの広大な大地にスケールの大きさを感じました。永遠と続くかと思われるなだらかな登山道は、本当に歩き応えもあり、充実感たっぷりの縦走となりました。
例年なら冠雪もある時期という事ですが、今年は2週間程度例年より暖かいということで、雪もなく、紅葉もそこそこ楽しむことができました。
ヒグマとエコノキックス対策に不安がありましたが、出会った方々からの情報も含め一度経験することで、次回以降の不安はなくなりました。
今回十勝岳〜富良野岳には行けなかったので、次回続きを楽しみに再度チャレンジしたいと思います。
訪問者数:156人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ