ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 973112 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

焼岳ラウンド(釜トン下りは走りにちょうどいい!?)

日程 2016年10月02日(日) [日帰り]
メンバー abu8kg
天候朝雨、そしてガス。7時ごろ雨あがる。
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間33分
休憩
43分
合計
8時間16分
S新中の湯登山口05:2306:131972mピーク06:1506:30広場06:3206:35下堀沢出会07:21焼岳(北峰)07:3608:01中尾峠08:06焼岳展望台08:09新中尾峠08:1208:49割谷山09:10中間の池09:53きぬがさの池10:0310:15焼岳・上高地分岐11:17西穂高岳登山口11:2211:23田代橋11:2511:48大正池12:20中の湯バス停12:2313:15中の湯温泉13:25中の湯温泉13:38新中の湯登山口13:3913:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
焼岳の下りは、白ペンキ標識が見えなかったら難しいだろうな。
西穂山荘〜上高地 整備し過ぎ!(走るにはいいですけどね)
登山道なんだもん危険個所はナッシング。
焼岳山頂付近は、ガスの噴き出し部分があり、突然ドッカーンとなったら、ま、終わりだわな。まじかで見るとちょっと緊張します。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

この岩を直登できれば最短ルートなんでしょうが、登山道は回り込んでいます。
2016年10月02日 07:22撮影 by SC-02G, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この岩を直登できれば最短ルートなんでしょうが、登山道は回り込んでいます。
ガスの噴き出し口
2016年10月02日 07:25撮影 by SC-02G, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの噴き出し口
ガスガスの山頂
2016年10月02日 07:28撮影 by SC-02G, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスガスの山頂
ここ、雪が降って、ペンキ見えなかったらルーファイ難しいだろうな。
2016年10月02日 07:42撮影 by SC-02G, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここ、雪が降って、ペンキ見えなかったらルーファイ難しいだろうな。
整備し過ぎ!!
2016年10月02日 10:20撮影 by SC-02G, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
整備し過ぎ!!
釜トン、あらためて急だわ、自然と走り出していた!
2016年10月02日 12:10撮影 by SC-02G, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釜トン、あらためて急だわ、自然と走り出していた!
2号カーブ。ちなみに、登山口まで10号まであります。
2016年10月02日 12:37撮影 by SC-02G, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2号カーブ。ちなみに、登山口まで10号まであります。
中の湯温泉前を通るが、登山口はまだまだ上。
2016年10月02日 13:16撮影 by SC-02G, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中の湯温泉前を通るが、登山口はまだまだ上。
やっと戻ってきました。
2016年10月02日 13:38撮影 by SC-02G, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと戻ってきました。

感想/記録
by abu8kg

北アルプス 焼岳に行ってきました。

実は2回目。初回はもうかれこれ30年くらい前、山スキーで来たのでした。



今回、登山の候補にいくつかあったのですが、自分の未踏のルートである

(焼岳〜割谷山〜西穂山荘)を通るのが目的。



自宅を前日の10時過ぎ出発、中の湯温泉の前を通り、焼岳登山口の駐車場に12時前到着。

起床時間を、1,5時間×3=4時半とした。



目覚ましのちょっと前自然と起きているから不思議。

起きると雨の音??いや雨だよ。

スマホの雨雲予想を見てみると、5時過ぎには消える??ようなので、5時発を予定していたが、雨がやまなくても5時半発とした。

昨日自分がこの駐車場に着くすぐその後に、2代車が来たし、この朝にも車が・・・・。大体同じようなことを考えているようだけど。5時半に出発していったのは自分だけでした。

ま、焼岳のピストンだけでしたら雨が上がってからでも明るい時間になってからでも余裕ですからね。

アメダス予報では雨が止むはずなんだが、まだしとしと降っている。勿論、上下雨具使用。上は今季購入したモンベルのトレントフライヤー(ゴアテックス)、下はバーサライトのパンツ。

段々進むにしたがってというより、時間が経つにしたがって、登山道がぐちゃぐちゃ、しょうがないか!!

途中、まっすぐ行くような足跡があったが✖印。登頂禁止の焼岳の南峰のルート?のようだ。

北峰は大きな岩があるせいなんだろうか?反対側に回りこルートで山頂に。山頂直下にはガスの噴き出し孔がいくつかあった。

山頂で記念写真を撮ったらとっとと下山。視界はナッシングなんだもん。



山頂から焼岳小屋へはちょっとがれがれ、これ白いペンキ標識なかったらルートファインディングは難しいだろうな?ま、雪があってどこでも行けるとなれば、それはそれで楽でしょうけどね。

かなり降りたところで、何組間の登山者とすれ違った。

焼岳小屋も写真を撮ったらGO! 

樹林帯の登りが続く。登山層が尾根の右側(東側)から左側(西側)に代わり、そしてまた右側に、ここで地図を見たら、割谷山ピークを過ぎていた。戻るか?止めます。

池が見える!!きぬがさ??いいえ、その前の池でした。

そんなに厳しくない勾配のアップダウンを繰り返し、今度こそ衣笠の池だろう。ここでパン食休憩とした。パンは恒例のメロンパン&おいしい牛乳。

西穂山荘との分岐に来た。山荘には標高差にして50m。どうする?止めましょう。

さ、あとは下るだけ。

まあ、よく整備された登山道だこと。走れる走れる。2人の登山者が、山荘までどのくらいですか?と聞かれたので、そっちからは来てませんが、さっき地図を見たので、標高差にして50mほどですよと教えてあげた。さあさあ、どんどん行くよ。

半分以上過ぎてから、やっと幾組の登山者を追い抜いていく。

西穂登山口に11:17着。分岐から約1時間。標準コースタイムのほぼ5割。まあそんなもんでしょう。

大正池ルートで進むが、観光客が結構いるのであまり走れなかった。

バス道路に上がり、2つのトンネルに。

釜トンネルはよく自転車で来ているが、こうして下りを歩いていると、ううん、急だわ。自然に走り出していた。ちょうどいい傾斜。お夫、自転車が・・・・。その後同じグループなのかな?3人ほど。そのうちの一人は歩道を押し歩きしていた。傾斜がきつく、まっすぐ漕げないとなると危険ですからね。

釜トンを出て、さあ、最後の試練。駐車地点である中の湯への登り。

とぼとぼ歩いている登山者を見て、過ぎていく車の人が声かけてくれないかな???と思うが計10台以上通り過ぎていったナッシング。(そりゃそうだ)

学生時代ならヒッチハイクするが、この年になってヒッチもねえ。それでも、ご厚意に乗せてもらえるとなれば甘えるが、・・・・・・・。(自分が逆の立場なら乗せますよ!!)



途中から、最後のあがき、走ってみた。意外と走れる自分に感動した。ここだけの登りに1時間かかった。



下山後の温泉と行きたいところだが、まっすぐ自宅に。そしてこのところお決まりのラーメン屋さん「ゆいが」でつけそばをいただいた。
訪問者数:279人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ