ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 973313 全員に公開 ハイキング磐梯・吾妻・安達太良

西吾妻山 天元台ロープウェー

日程 2016年10月02日(日) [日帰り]
メンバー 子連れ登山tsatoo, その他メンバー3人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
新潟〜胎内〜小国〜米沢〜天元台(マイカー)+天元台ロープウェーとリフト3基乗り継ぎにより登山口までアクセス。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間1分
休憩
1時間6分
合計
6時間7分
Sリフト頂上10:2210:53かもしか展望台11:1011:46大凹の水場11:58梵天岩12:0112:10西吾妻山12:1212:18天狗岩12:2112:24梵天岩12:35大凹の水場13:30人形石1964m14:0014:44リフト頂上14:45北望台登山口14:5616:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
子供2人(5歳児と2歳児)を連れ、百名山を目指す。しかし、やはり子連れでの西吾妻山登頂は無理と判断し、途中で断念。父(筆者)は、昼ごはんの間、大凹(水場の少し手前)に妻と子2人を置き去りにして、西吾妻山まで単独でピストン。大凹から、往復50分。宣言通り1時間以内で帰ってきたので家族に許された(途中走ったので疲れた。。。)
コース状況/
危険箇所等
良好だが、最初の急登(下りも同様)は子供にはきつい。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル 靴下 グローブ 防寒着 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 飲料 地図(地形図) GPS ファーストエイドキット 携帯 時計 ストック

写真

リフト1本目(ロープウェー写真は撮り忘れた)。グラススキーやってる人がいました。左前のリフトには妻と長女(5歳)。
2016年10月02日 09:36撮影 by beskey, KDDI-HI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフト1本目(ロープウェー写真は撮り忘れた)。グラススキーやってる人がいました。左前のリフトには妻と長女(5歳)。
リフトから後方の雲海を望む。
2016年10月02日 09:47撮影 by beskey, KDDI-HI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフトから後方の雲海を望む。
1
3本目のリフト終点(登山口)にある安全の鐘を鳴らして出発。
2016年10月02日 10:20撮影 by beskey, KDDI-HI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3本目のリフト終点(登山口)にある安全の鐘を鳴らして出発。
2
カモシカ展望台。
2016年10月02日 11:03撮影 by beskey, KDDI-HI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カモシカ展望台。
2
カモシカ展望台裏からは木道になる。妻の前を行く元気な長女。
2016年10月02日 11:21撮影 by beskey, KDDI-HI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カモシカ展望台裏からは木道になる。妻の前を行く元気な長女。
2
大凹。写真左下の家族3名。ちなみにこの後、大凹の途中で昼食を取るが、父(筆者)は、西吾妻山を目指し単独行動に出る。
2016年10月02日 11:29撮影 by beskey, KDDI-HI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大凹。写真左下の家族3名。ちなみにこの後、大凹の途中で昼食を取るが、父(筆者)は、西吾妻山を目指し単独行動に出る。
3
単独行動後、梵天岩より大凹方面。
2016年10月02日 11:59撮影 by beskey, KDDI-HI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
単独行動後、梵天岩より大凹方面。
3
梵天岩より西吾妻山。
2016年10月02日 12:01撮影 by beskey, KDDI-HI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梵天岩より西吾妻山。
1
噂通りの西吾妻山山頂。展望なし。人もあまりいない。
2016年10月02日 12:11撮影 by beskey, KDDI-HI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
噂通りの西吾妻山山頂。展望なし。人もあまりいない。
3
天狗岩。ここからの眺めは良い。
2016年10月02日 12:19撮影 by beskey, KDDI-HI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩。ここからの眺めは良い。
1
大凹で父を待つ家族。一応、宣言通り、西吾妻山への往復を50分強(1時間以内)で帰ってきたので、許される。
2016年10月02日 12:36撮影 by beskey, KDDI-HI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大凹で父を待つ家族。一応、宣言通り、西吾妻山への往復を50分強(1時間以内)で帰ってきたので、許される。
1
2歳の長男がここで山歩きデビュー。ポールがお気に入り。
2016年10月02日 12:58撮影 by beskey, KDDI-HI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2歳の長男がここで山歩きデビュー。ポールがお気に入り。
3
人形石1964m。ちょっとしたピークに奇岩がある場所だが、展望はいいし、なかなか。
2016年10月02日 13:35撮影 by beskey, KDDI-HI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人形石1964m。ちょっとしたピークに奇岩がある場所だが、展望はいいし、なかなか。
3
人形石ピーク付近でふざける長女。死んだふりだろうか。
2016年10月02日 13:41撮影 by beskey, KDDI-HI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人形石ピーク付近でふざける長女。死んだふりだろうか。
2
かなり、子連れでは厳しい人形石からリフト終点への下りを終えて、疲れ切った妻。子供は途中からベビーキャリア(写真手前)に乗ったので、まだまだ元気。
2016年10月02日 14:54撮影 by beskey, KDDI-HI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり、子連れでは厳しい人形石からリフト終点への下りを終えて、疲れ切った妻。子供は途中からベビーキャリア(写真手前)に乗ったので、まだまだ元気。
1
リフトで下る。ロープウェーを降りたところにあるアルブ天元台(レストランもあり)が見てきた。ここで子供達にアイスクリームを食べさせる約束をしてしまった。
2016年10月02日 15:30撮影 by beskey, KDDI-HI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフトで下る。ロープウェーを降りたところにあるアルブ天元台(レストランもあり)が見てきた。ここで子供達にアイスクリームを食べさせる約束をしてしまった。
リフト終了。
2016年10月02日 15:37撮影 by beskey, KDDI-HI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフト終了。
16:30。ロープウェー乗り場の隣の駐車場はもうほとんど車はない。
2016年10月02日 16:27撮影 by beskey, KDDI-HI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:30。ロープウェー乗り場の隣の駐車場はもうほとんど車はない。
年季のはいった、なかなか味のあるロープウェー。
2016年10月02日 16:28撮影 by beskey, KDDI-HI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
年季のはいった、なかなか味のあるロープウェー。
撮影機材:

感想/記録
by tsatoo

展望のない西吾妻山の頂上はともかく、大凹、人形石、梵天岩、天狗岩は素晴らしい。
訪問者数:315人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ