ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 973596 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

新穂高〜槍ヶ岳 テント泊

日程 2016年09月30日(金) 〜 2016年10月01日(土)
メンバー jude
天候晴れ&雨
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:新宿〜新穂高(高速バス)
帰り:上高地〜新島々(バス)〜自宅(電車)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間18分
休憩
32分
合計
7時間50分
S新穂高温泉駅06:3006:30滝谷避難小屋10:03槍平小屋10:3013:50槍ヶ岳山荘13:5514:20殺生ヒュッテ
2日目
山行
7時間17分
休憩
1時間33分
合計
8時間50分
殺生ヒュッテ06:1507:09槍ヶ岳07:1207:50殺生ヒュッテ08:2011:55横尾 (横尾山荘)12:3013:15徳沢園13:3014:15明神館14:2515:05上高地G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所特になし。
殺生ヒュッテ〜槍ヶ岳山頂まで梯子、鎖あり。濡れている場合は岩がスリップするので慎重に。
その他周辺情報殺生ヒュッテ備忘録
テント場は岩ゴツのイメージでしたが、整地が素晴らしく快適でした。ペグも刺さり、手頃な石多し。料金千円+水代で1ℓ200円かかります。
翌日が雨予報だったからか平日だからか、全部で7張程しかおらず非常に静かでした。風はほどほどに吹きますが、槍ヶ岳山荘よりは大分穏やかでした(風が心配でこちらにしました)。
槍ヶ岳山荘の方も当日私が着いた時は数張しか設営されていませんでした。殺生ヒュッテも、槍を見上げる立地にあるので、展望は勝るとも劣らずまた行ってみたいと思うくらいでした!
 ※ソフトバンクの電波は通じませんでした
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]
2016年10月の天気図 [pdf]

写真

朝焼けに誘われながら出発!
2016年09月30日 06:32撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝焼けに誘われながら出発!
凡庸な林道歩きの途中で、少しの救い。
2016年09月30日 07:43撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凡庸な林道歩きの途中で、少しの救い。
ここを渡ると山道に入る。
2016年09月30日 08:13撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを渡ると山道に入る。
増水時は注意ですね。
2016年09月30日 09:15撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
増水時は注意ですね。
2
槍平小屋のお迎え。
2016年09月30日 10:03撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍平小屋のお迎え。
2
槍平テン場。穏やかで展望もあり、余裕を持ったテント泊ができそうです。トイレもきれい。
ちなみにこの時間はテントゼロでした。
2016年09月30日 10:05撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍平テン場。穏やかで展望もあり、余裕を持ったテント泊ができそうです。トイレもきれい。
ちなみにこの時間はテントゼロでした。
急登を束の間終えて。
2016年09月30日 11:43撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を束の間終えて。
ダケカンバが1本。何だか意味ありげに見えました。
2016年09月30日 11:47撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダケカンバが1本。何だか意味ありげに見えました。
航路になっているのか、槍に着いてからも、航空機が空を横切る音が聞こえました。
2016年09月30日 11:49撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
航路になっているのか、槍に着いてからも、航空機が空を横切る音が聞こえました。
チョコがパンパン!
2016年09月30日 11:50撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チョコがパンパン!
1
笠が見えます。
2016年09月30日 12:09撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠が見えます。
1
見えてきた! しかしここからが長いのです…
2016年09月30日 12:09撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えてきた! しかしここからが長いのです…
2
黒部五郎。ここに行くはずだったのだが(涙)
2016年09月30日 12:25撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒部五郎。ここに行くはずだったのだが(涙)
1
個人的には、遠景の方が迫力あると思います。
何だかたけの子の里に見えてしまった。槍様、失礼!
2016年09月30日 13:53撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
個人的には、遠景の方が迫力あると思います。
何だかたけの子の里に見えてしまった。槍様、失礼!
3
殺生ヒュッテ
2016年09月30日 13:55撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
殺生ヒュッテ
至福の場所でした!
2016年09月30日 15:38撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至福の場所でした!
4
テント場の真っ正面も雄大な景色でした。
2016年09月30日 15:39撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場の真っ正面も雄大な景色でした。
粗食と乾杯w
2016年09月30日 18:06撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
粗食と乾杯w
4
初めてラジオ持参しました
2016年09月30日 18:15撮影 by KODAK PIXPRO FZ42, JK Imaging, Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めてラジオ持参しました
殺生ヒュッテ裏手(東鎌尾根道)より山頂を目指します。
ここでデジカメが風邪引いてダウン…
2016年10月01日 06:39撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
殺生ヒュッテ裏手(東鎌尾根道)より山頂を目指します。
ここでデジカメが風邪引いてダウン…
2
雷鳥の家族
2016年10月01日 07:44撮影 by iPhone 5, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥の家族
5
撮影機材:

感想/記録
by jude

今シーズンのSWは諸々の事情で自堕落に過ごしてしまいました。トホホ。
ということで、今回はリベンジマッチ! 今年の目標は黒部五郎だったのですが、一泊ということで槍ヶ岳に変更。初日は快晴とはいかずとも、素晴らしい展望に恵まれました。山に感謝せねば!

飛騨沢ルートは、自分は初めてでした。朝到着した時点で既にかなりの冷え込み。最初間違えて笠ヶ岳に向かう左俣ルートに行きそうになり慌てる。右俣はロープウェイ駅をそのまま通過し林道に入って行きます。しかし誰もいない…。皆上高地の方から登っているんだろうかと不安になる。奥穂登山口を抜けるとようやく山道らしくなります。ここまでの林道が本当に辛かった。林道アレルギーなんでしょうか?(涙) ここから槍平小屋までは非常に緩やかな登りです。避難小屋の存在はわかりませんでした。ようやく数人とすれ違う。槍平小屋は居心地良さそうな場所にあります。ここで大休憩。林道歩きで既に結構疲れた。

が、ここからが正念場です。それまでの距離を稼ぐ山歩きから標高を稼ぐ山歩きに変貌します。しかし眺望は素晴らしい! 双六、三俣蓮華、笠ヶ岳、黒部五郎…私の憧れでござんす。そして槍と山荘も見えてきました。「やったーもうすぐじゃないか!」と思ったのですが、実はここからが長い道のり。直線だとすぐのようなのに、九十九折をくねくね登っていくためなかなか着きません。槍沢ルートもそうでしたが、最終盤にやられる人が多いので、中盤までの比較的緩やかな道を飛ばしすぎない方がよいと思います…。
大喰岳の勇姿を右手に見ると山荘がようやくお目見え。しかし風が強い。槍ヶ岳山荘テン場もいいなと途中思っていましたが、風におののきあえなく殺生ヒュッテに下ることに。そのまま山頂を踏めばよかったんですが、寝床を確保してないと不安なので明日にパスしました。
殺生ヒュッテまで、東鎌尾根に伸びる道では小さな梯子ありますが大したことないと思います。テントサイトらしきものが見えましたが、東鎌側は設営禁止だそうで小屋正面に回ります。テント場はガラガラで好きな場所に張ることができました。槍の穂先を見上げる場所で夜を明かすなんて何とも贅沢な体験だと感じ入ってしまいます。予報通り夜からは雨が振り出し、さすがに10月に入る頃で冷え込みました。

翌朝は雨。雨が小康状態になるのを待っていると既に6時を回っている。そしてここでデジカメが寒くてダウン。コダックよ、肝心なところで何てザマなの? 仕方なくスマホにがんばってもらいました。
山頂までの道は人の気配がほとんどありません。おかげで山頂も独り占めでした。しかし何も見えましぇん。そそくさ下り、テントを撤収して下山します。雷鳥の家族と遭遇。かわいい声で鳴いていました。そしてついでに猿にも遭遇。槍ヶ岳山頂直下に猿!? ドキュメンタリーで餌を求めて登ってくる群れがあると聞いたことはありましたが、何頭もが登山道をのしのし横切っていました。

下山は特に面白いことはありませんでしたw ひたすら長し。特に横尾からの林道がとにかく長し! ひたすら食べ物をむさぼりながら、どうにか上高地に到着した感じでした。

久方ぶりのアルプスはよかったです。山では既に晩秋の雰囲気さえありますが、もう一度くらいは遠征したいです。 
訪問者数:275人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ