ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 974413 全員に公開 沢登り京都・北摂

【秋の芦生2】カラオ谷

日程 2016年10月02日(日) [日帰り]
メンバー tentyosamoazakki, その他メンバー4人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
カラオ谷入川道の看板のところに駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間48分
休憩
0分
合計
6時間48分
Sスタート地点07:2208:403段の滝下10:003段の滝上12:00555二股13:02小野谷の峰14:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
関西起点120沢ルートでは、1級上となっているが、巻きのレベルを考えると2級くらいの感覚。

直登出きる滝も簡単というわけではなく、実力によってはザイルが必要な場面もあるだろう。

安易に巻くと意外と足元が悪く、ホールドも少ないので怖い
その他周辺情報河鹿荘
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

カラオ谷入川道
2016年10月02日 07:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カラオ谷入川道
由良川の渡渉
2016年10月02日 07:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
由良川の渡渉
落ち着いた雰囲気で始まる
2016年10月02日 07:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち着いた雰囲気で始まる
出て来る小滝をこなして行く
2016年10月02日 08:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出て来る小滝をこなして行く
この奥の滝がなかなかの核心
2016年10月02日 08:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この奥の滝がなかなかの核心
巻きの途中から
2つまとめて巻く
2016年10月02日 08:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻きの途中から
2つまとめて巻く
ザイルをだいて手がかりの少ない斜面をトラバース
2016年10月02日 09:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザイルをだいて手がかりの少ない斜面をトラバース
なかなか手ごわい滝でした
2016年10月02日 09:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか手ごわい滝でした
続く滝もザイルを出して
2016年10月02日 10:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続く滝もザイルを出して
全身を駆使して進む
2016年10月02日 10:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全身を駆使して進む
エレガント?
2016年10月02日 10:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エレガント?
アトラクションちっく
2016年10月02日 10:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アトラクションちっく
美しい滝
2016年10月02日 10:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい滝
巻ける滝も登るとなかなか手ごたえ
2016年10月02日 10:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻ける滝も登るとなかなか手ごたえ
余裕の表情の閣下
2016年10月02日 10:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
余裕の表情の閣下
アクロバティックなムーブを繰り出す閣下
2016年10月02日 11:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アクロバティックなムーブを繰り出す閣下
連瀑帯で
2016年10月02日 11:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
連瀑帯で
滝が続く
2016年10月02日 11:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝が続く
これも巻いた
2016年10月02日 11:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも巻いた
巻きの様子 ザイルは出してないが余裕というわけではない
2016年10月02日 11:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻きの様子 ザイルは出してないが余裕というわけではない
トイ状の流れ
2016年10月02日 12:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイ状の流れ
ミズナラの巨木
2016年10月02日 12:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミズナラの巨木
かわいいキノコ
2016年10月02日 12:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かわいいキノコ
最初の一滴
2016年10月02日 12:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の一滴
シロキクラゲ
2016年10月02日 13:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロキクラゲ
ムシの死がい
冬虫夏草系か
2016年10月02日 13:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ムシの死がい
冬虫夏草系か
大きなキノコ
2016年10月02日 13:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きなキノコ
タマゴタケ再び
2016年10月02日 13:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タマゴタケ再び
帰りはスクラム渡渉で
2016年10月02日 14:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りはスクラム渡渉で

感想/記録
by samoa

朝、宴会の余韻に浸りつつ目を覚ます。
茅葺きの里には雲がかかり、天気はいまいちかと思われたが、朝御飯の準備をしているうちに青空が見え始める。

今日も芦生のカラオ谷を登る。滝が続くらしくなかなか楽しめそうだ。
昨日の田歌の集落も通りすぎて少し進むと、道のカーブにカラオ谷入川道という看板があり、路肩に駐車。

適当に準備をして出発。
川岸に降りて、由良川を渡っての入渓となる。
水深が膝上くらいまであり、足が取られそうで少し怖い。スクラム渡渉すればよかった。

気をとりなおして、入渓して進んでいく。
少し暗めだが、しばらく進むと小気味よく滝が出てきて快適に登攀していく。

すると7〜8mの滝が2段続く箇所が出てくる。どちらも直登は難しそう。
1段目の右岸のルンゼ状から登っていく。ガレ+足元悪い+掴むもの少ないという3コンボ。
ザイルを出してルンゼを登り、太い立木で一回区切る。
今度は微妙な草付き斜面をトラバース気味に続く滝の滝上まで。これまた掴むものの少ない微妙な感じ。ザイルを伸ばす。
どちらのピッチも30mザイル一杯。50mでもギリギリ届かなそうだ。

続く3mほどの滝も左岸を直登したが、微妙なのでザイルを出す。
思いの外、緊張を強いられ充実感も伴ってくる。

その後は小さな函地形の滝が続き、全身を駆使して(濡れないように必死で)突破したりと、続く滝を次々と突破していく。

ゴルジュ地形も一段落して以降も滝が続く。多すぎてどんな感じだったか詳細は思い出せないが、ところどころ直登が難しいものもあり、巻きに逃げるとザイルは出さないまでも掴むもが少なく、足元が脆い嫌な感じのところもあった。

ふと見渡すと、両岸にはサワグルミやミズナラ、ブナの巨木が目立つ。まさしく芦生らしい森となってくる。

その後もザイルは出さないものの、登りごたえのある滝や大きな滝がぽんぽん出てくる。
山と渓谷社の関西起点100では1級上となっているが、2級くらいはある。
他の1級上の沢と同じ感覚で行くと痛い目を見るし、ザイルは必携だと思う。

そんなこんなで、奥二股まできて滝も一段落。目印となる窯跡を確認して進んでいく。
少し秋めいてきている原生林を眺めつつ最後の一滴まで確認して急斜を息を切らしながら登り稜線まで。
少し歩いてオークラの尾へ。昨日に引き続きなんてことのないピークだが芦生らしい。

そして下山路に入るが、北山や芦生らしいなだらなで広い尾根で現在地確認が難しい。

そんな中で派生尾根へおろしていくので、なおさら慎重に地図読みをしなければならない。
時折見えるキノコに目移りしながらも尾根を外さないようにおろしていき、由良川本流へ下りていく。
尾根末端でタマゴタケがぽこぽこ生えていて大喜び。

再度の由良川の渡渉は3人ずつでスクラム渡渉して確実に突破して車まで。なかなか充実の遡行となった。

今日も温泉は河鹿荘。汗を流した後は河鹿荘のレストランでご飯。ジビエ料理はボリューミーで美味しかった。
帰りも道の駅でキノコを買ったりして、楽しい週末は過ぎていった。
訪問者数:88人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ