ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 974570 全員に公開 ハイキング東北

黒森山方面、黒森古道新ルートを登る(横手市金沢)

日程 2016年10月05日(水) [日帰り]
メンバー solanaceae
天候曇り
アクセス
利用交通機関
自転車
金沢本町バス亭から東に1km程度、みずほの里ロードを越えてすぐの所をスタート地点としました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間56分
休憩
0分
合計
3時間56分
Sスタート地点12:3513:12車道終点13:54新旧道分岐点14:05芭蕉大湿原14:36旧道合流点15:13マンモス杉15:19鏡池15:23千古杉16:15車道終点16:31ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
スタート地点→車道終点  37分
車道終点  →千古杉   2時間11分
千古杉   →車道終点  52分
車道終点  →ゴール地点 16分
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は特にありませんが、迷った時は沼や湿地帯に注意。
ぬかるみが多いので靴は防水のものが望ましいです。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 予備電池 GPS 携帯 時計 タオル 熊鈴

写真

登山前に金沢ダム近辺の道路調査をしてみました。ダム北を仙南カントリーパークに向かって登って行く途中です。ダムを渡る道に立ってますがここは車両通行禁止となってます。遠くに黒森山と御嶽山も見えます。ダムの水量は少なめ。
2016年10月05日 11:59撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山前に金沢ダム近辺の道路調査をしてみました。ダム北を仙南カントリーパークに向かって登って行く途中です。ダムを渡る道に立ってますがここは車両通行禁止となってます。遠くに黒森山と御嶽山も見えます。ダムの水量は少なめ。
展望台からの眺め。後三年駅近辺の小さい山々が見えます。球場横に沢を渡る山道がありますが今回目的の登山道に続いてるかというと位置的に違うような気がします。あとこの球場三塁ベンチの天井抜けてます。
2016年10月05日 12:19撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台からの眺め。後三年駅近辺の小さい山々が見えます。球場横に沢を渡る山道がありますが今回目的の登山道に続いてるかというと位置的に違うような気がします。あとこの球場三塁ベンチの天井抜けてます。
結局みずほの里ロードから曲がってすぐの地点からスタートとしました。
2016年10月05日 12:36撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結局みずほの里ロードから曲がってすぐの地点からスタートとしました。
右手に果樹園。ここらへんは道幅が狭いです。道は最初の時1回曲がった後はずーーっとまっすぐ続いています。
2016年10月05日 12:42撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手に果樹園。ここらへんは道幅が狭いです。道は最初の時1回曲がった後はずーーっとまっすぐ続いています。
猫発見。最大ズーム。
道はこの後砂利道になっていきます。
2016年10月05日 12:51撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猫発見。最大ズーム。
道はこの後砂利道になっていきます。
登り加減になると道はコンクリになり、車道終点に到着です。左側に車の駐車用スペース。すぐ下にもいくつか駐車場所あります。
2016年10月05日 13:12撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り加減になると道はコンクリになり、車道終点に到着です。左側に車の駐車用スペース。すぐ下にもいくつか駐車場所あります。
登山道は最初こんな感じ。しばらくは右手に山、左手に沢といった風景です。
2016年10月05日 13:13撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は最初こんな感じ。しばらくは右手に山、左手に沢といった風景です。
左へ。右上にも踏み後ありますが地理院地図の点線に沿って進みます。
2016年10月05日 13:22撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左へ。右上にも踏み後ありますが地理院地図の点線に沿って進みます。
左へ。
2016年10月05日 13:30撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左へ。
少し下りになっていきます
2016年10月05日 13:40撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下りになっていきます
渡渉地点。
2016年10月05日 13:46撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉地点。
新道への分岐点。旧道コースと分かれて右へ向かいます。
2016年10月05日 13:53撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新道への分岐点。旧道コースと分かれて右へ向かいます。
枝を伐採した後もあって道はわかりやすいです。ここからしばらくは高度を上げずに横に進みます。
2016年10月05日 13:54撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枝を伐採した後もあって道はわかりやすいです。ここからしばらくは高度を上げずに横に進みます。
ガードレール
2016年10月05日 13:58撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガードレール
周囲はやがて広葉樹林へと変わっていきます。
2016年10月05日 14:02撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周囲はやがて広葉樹林へと変わっていきます。
大き目の湿地帯。芭蕉大湿原という名らしいです。
2016年10月05日 14:05撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大き目の湿地帯。芭蕉大湿原という名らしいです。
湿原横の草むらを通ります。踏跡もあるしピンクテープの案内もあります。
2016年10月05日 14:06撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿原横の草むらを通ります。踏跡もあるしピンクテープの案内もあります。
謎のブルーシートとロープ。直進不可と思いましたが・・・
2016年10月05日 14:12撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
謎のブルーシートとロープ。直進不可と思いましたが・・・
右手に小さな沢と道が・・・
2016年10月05日 14:13撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手に小さな沢と道が・・・
行き止まりでした。ロープの下をくぐるのが正解でした。
2016年10月05日 14:18撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行き止まりでした。ロープの下をくぐるのが正解でした。
左のピンクテープの方を進みました。右の青テープ方向も気にかかりますが。
2016年10月05日 14:24撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左のピンクテープの方を進みました。右の青テープ方向も気にかかりますが。
階段の下は泥地注意。
2016年10月05日 14:29撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段の下は泥地注意。
ここも真新しい階段。
2016年10月05日 14:33撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも真新しい階段。
左へ曲がり、進路を登り方向へ切り替える地点です。
長沼からの旧登山道との合流点と思われますが、ここは地図の長沼坊口ではないように思えます。
2016年10月05日 14:36撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左へ曲がり、進路を登り方向へ切り替える地点です。
長沼からの旧登山道との合流点と思われますが、ここは地図の長沼坊口ではないように思えます。
右へ。左側にも道がありますが。
2016年10月05日 14:37撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右へ。左側にも道がありますが。
ブナ林の下の古い道を登っていきます。ここからは迷いにくいでしょう。
2016年10月05日 14:38撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ林の下の古い道を登っていきます。ここからは迷いにくいでしょう。
標高が上がってくると植生が変わり笹も増えてきます。空も見えてくるようになります。
2016年10月05日 15:12撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高が上がってくると植生が変わり笹も増えてきます。空も見えてくるようになります。
マンモス杉
2016年10月05日 15:13撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マンモス杉
細い木で作った階段
2016年10月05日 15:13撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細い木で作った階段
ここは右。まだ地理院地図の点線ではないのでご注意を。
2016年10月05日 15:14撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは右。まだ地理院地図の点線ではないのでご注意を。
写真は大変わかりにくいですが、左右への分岐。左が黒森山方面。右が御嶽山方面。ここが地理院地図の点線でもある、稜線の一本下の道と繋がる地点です。
2016年10月05日 15:19撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真は大変わかりにくいですが、左右への分岐。左が黒森山方面。右が御嶽山方面。ここが地理院地図の点線でもある、稜線の一本下の道と繋がる地点です。
右にちょっとだけ進むと
2016年10月05日 15:19撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右にちょっとだけ進むと
鏡池。鳥には逃げられ、代わりに水面には雨の跡が。
2016年10月05日 15:19撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鏡池。鳥には逃げられ、代わりに水面には雨の跡が。
さっきの分岐を左に行くと、千古杉に到着。
2016年10月05日 15:23撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっきの分岐を左に行くと、千古杉に到着。
タッチしてすぐ帰路を急ぎます。山頂行く予定でしたが時間もないし天気も悪いんで中止しました。
2016年10月05日 15:23撮影 by SKT01, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タッチしてすぐ帰路を急ぎます。山頂行く予定でしたが時間もないし天気も悪いんで中止しました。

感想/記録

「黒森山の新道・開通記念登山」
http://ameblo.jp/bartoyo7/entry-12200316592.html
のGPS画像を参考に自分用GPSデータ取るために登ってみました。コースはまんま同じです。ブルーシートの所で寄り道した以外はほぼ順当なコース取りだったと思います。

「黒森山(766m )と西和賀の滝巡り」
http://abikoyamanokai.com/2016/20160909kuromoriyama.sk/kuromoriyama.html
細かい地名などはこちらも参考になります。
訪問者数:19人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

GPS 渡渉 一本立てる ブナ 踏跡 クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ