ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 974896 全員に公開 アルパインクライミング八ヶ岳・蓼科

横岳西壁 中山尾根

日程 2016年10月06日(木) [日帰り]
メンバー tanukigo, その他メンバー1人
天候台風一過の快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間55分
休憩
1時間46分
合計
8時間41分
S赤岳山荘05:5205:58美濃戸山荘06:53中ノ行者小屋跡07:46行者小屋07:4710:48日ノ岳12:2712:38二十三夜峰12:43地蔵の頭12:4413:11行者小屋13:1613:47中ノ行者小屋跡14:29美濃戸山荘14:33赤岳山荘14:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
中山尾根は下部岩壁と上部岩壁に分かれ日ノ岳へ突き上げるコンパクトではありますが、爽快な尾根です。主に積雪期に登られるルートですが、岩質が安定しているので、無雪期でも快適な登攀が出来ます。
●下部岩壁
1P トポでは凹角を左上ですが、ビレー点が不安定な為正面壁を直上し凹角へ入る
2P 真上の凹角を直上 カムが良く決まる 5〜6m登ると草付のリッジへ出て下部岩壁終了
岩混じりの草付リッジをコンテで進む
●上部岩壁
3P 凹角を直上 ルート上の核心ですがホールドスタンスは豊富なので快適、
終了点から、一旦リッジまで進みをコンテで草付帯を通過。
4P 出だし急なかぶり気味の岩を乗越こし直上
5P トラバースせず直上。ピンが少なくランナウトし強引に進む。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

中山乗越より一般登山道を外れ取り付きへと向かいます
最初は踏み跡明瞭ですが徐々に不明瞭に
2016年10月06日 07:57撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山乗越より一般登山道を外れ取り付きへと向かいます
最初は踏み跡明瞭ですが徐々に不明瞭に
鬱蒼とした樹林帯を抜けると目前には下部岩壁が現れます
2016年10月06日 08:32撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬱蒼とした樹林帯を抜けると目前には下部岩壁が現れます
1
久しぶりの岩にワクワクしながらtanukigoドンドン先行〜
2016年10月06日 08:32撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久しぶりの岩にワクワクしながらtanukigoドンドン先行〜
1
偵察中のtanukigo~
トポ上に有る凹角
しかしビレー点が不安定
2016年10月06日 08:41撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
偵察中のtanukigo~
トポ上に有る凹角
しかしビレー点が不安定
1
下部岩壁取り付き
フラットソールなので正面壁を直上
2016年10月06日 08:37撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下部岩壁取り付き
フラットソールなので正面壁を直上
日が徐々に当たり始めてきた横岳西壁群
2016年10月06日 09:01撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が徐々に当たり始めてきた横岳西壁群
取り付きより阿弥陀岳〜
青空が広がります
2016年10月06日 09:01撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取り付きより阿弥陀岳〜
青空が広がります
1P目直上の取り付き点
2016年10月06日 09:07撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1P目直上の取り付き点
張り切ってリードするtanukigo~
2016年10月06日 09:08撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
張り切ってリードするtanukigo~
3
快適に高度を上げて行きます
2016年10月06日 09:11撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適に高度を上げて行きます
ビレー中に阿弥陀岳方面
2016年10月06日 09:11撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビレー中に阿弥陀岳方面
ビレー中に硫黄岳方面
写真なんていいから、真剣にビレーして下さい!!
2016年10月06日 09:11撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビレー中に硫黄岳方面
写真なんていいから、真剣にビレーして下さい!!
2P目
真上の凹角を直上
2016年10月06日 09:35撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2P目
真上の凹角を直上
カムが良く決まります
2016年10月06日 09:36撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カムが良く決まります
下部岩壁を通過すると急な草付のリッジを進みます。
2016年10月06日 09:55撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下部岩壁を通過すると急な草付のリッジを進みます。
上部岩壁取り付き点
2016年10月06日 10:06撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部岩壁取り付き点
上部岩壁、直登ルートの取り付き支点
マムートのはんがーでした
2016年10月06日 10:06撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部岩壁、直登ルートの取り付き支点
マムートのはんがーでした
こちらがトポ上に有る凹角の支点
2016年10月06日 10:07撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらがトポ上に有る凹角の支点
1
明瞭な凹角を直上します
2016年10月06日 10:07撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明瞭な凹角を直上します
ルート上の核心部ですがホールドスタンスは豊富な為、快適に高度を上げます
2016年10月06日 10:15撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルート上の核心部ですがホールドスタンスは豊富な為、快適に高度を上げます
快適な登攀
2016年10月06日 10:17撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適な登攀
グングン高度を上げます
2016年10月06日 10:17撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
グングン高度を上げます
まるで空に向かっている様
2016年10月06日 10:21撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まるで空に向かっている様
上部岩壁の終了点
2016年10月06日 10:25撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部岩壁の終了点
1
余裕のtanukigo妻
2016年10月06日 10:30撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
余裕のtanukigo妻
1
上部岩壁通過後短い草付帯を登ります
2016年10月06日 10:35撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部岩壁通過後短い草付帯を登ります
1
トポに記載されている急な岩場を直上します
2016年10月06日 10:42撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トポに記載されている急な岩場を直上します
眩しいけど気持ちの良い太陽
2016年10月06日 10:42撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眩しいけど気持ちの良い太陽
トポ上の終了点に向け登攀するtanukigo妻
2016年10月06日 10:58撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トポ上の終了点に向け登攀するtanukigo妻
1
トポ上に有るバンドのトラーバース
明瞭な踏み跡
2016年10月06日 11:23撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トポ上に有るバンドのトラーバース
明瞭な踏み跡
でもトラバースせず直上します
2016年10月06日 11:22撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でもトラバースせず直上します
鶏冠のピーク
2016年10月06日 11:25撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鶏冠のピーク
2
最終ピッチの取り付きを確認中
2016年10月06日 11:25撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最終ピッチの取り付きを確認中
最終ピッチはtanukigo妻のリードです
頑張れ〜!!
2016年10月06日 11:34撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最終ピッチはtanukigo妻のリードです
頑張れ〜!!
2
見下ろして鶏冠のピーク
2016年10月06日 11:58撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見下ろして鶏冠のピーク
日ノ岳のピーク
登攀してきた尾根とは違い、おおらかなピークです
2016年10月06日 12:03撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日ノ岳のピーク
登攀してきた尾根とは違い、おおらかなピークです
今シーズン敗退した日ノ岳稜を偵察中
2016年10月06日 12:32撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今シーズン敗退した日ノ岳稜を偵察中
登攀した中山尾根
2016年10月06日 12:35撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登攀した中山尾根
下山は地蔵尾根
2016年10月06日 12:54撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は地蔵尾根
行者小屋到着
荷揚げの真っ最中でした
2016年10月06日 13:12撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋到着
荷揚げの真っ最中でした
1
振り返って行者小屋と横岳西壁〜!!
2016年10月06日 13:15撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って行者小屋と横岳西壁〜!!
1

感想/記録

台風一過の好天の下、積雪期の偵察を兼ね横岳西壁 中山尾根に行ってきました。日の出とともに美濃戸よりアプローチ開始。北沢より歩き難い南沢を使い長い林道を辿ります。心配していた天候は予報に反し急激に好転への兆しを見せながら、麓より回復して行き本日の登攀に期待を持ちながら進み行者小屋到着。期待通り空は、青一色、上部は台風一過の吹き返しが心配ですが好天を信じ、取り付き点である中山乗越へ進み一般ルートをを外れ、若干不明瞭なルートを辿り取り付きへと進みました。
下部岩壁取り付き。
1P トポでは凹角からですが、無雪期とあってフラットソールの為、直上。
2P 真上の凹角を使い直上 
 岩混じりの草付をコンテで進む
上部岩壁
3P 凹角を直上 ルート上の核心部ですが、ガバ多く体感的には快適な登攀。
4P 短いハイ松帯を進みかぶり気味の岩場を直上
5P トラバースせづ直登
下山は一般道を辿り高度を下げて行きました。
天候に恵まれ快適な登攀、積雪期の偵察が出来充実した山行が送ることが出来ました。

訪問者数:237人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ