ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 975347 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走東海

御嶽山(小坂口より摩利支天山へ。五の池小屋の極楽空間)

日程 2016年10月07日(金) [日帰り]
メンバー che
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
 下呂温泉より1時間30分くらい。離合困難ではないが、ぐにゃぐにゃの県道をひたすら走る。濁河温泉街の最奥に市営駐車場有り。無料で、トイレ、登山ポストあり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間58分
休憩
2時間11分
合計
9時間9分
S御嶽小坂登山口06:2406:45仙人橋07:04七合目・ジョーズ岩07:20湯ノ花峠07:2507:55のぞき岩08:0008:27お助け水〈八合目〉08:3209:43飛騨頂上09:5409:57五の池小屋10:1310:38摩利支天乗越10:59摩利支天山11:1211:26摩利支天乗越11:3111:52五の池小屋12:4013:02継子岳13:1013:29五の池小屋13:4414:20お助け水〈八合目〉14:38のぞき岩14:56湯ノ花峠15:20仙人橋15:33御嶽小坂口登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 登山ポストは濁河温泉駐車場にあり。トイレは五の池小屋のみ。

濁河温泉駐車場〜飛騨頂上

 よく整備されている。朽ち始めた木道はスリップ注意。全般的に岩ゴツの登山道。

飛騨頂上〜摩利支天山〜飛騨頂上

 始めは急登だが、摩利支天乗越からは尾根沿いをトラバースしながら歩く。一部、高度感あり。摩利支天展望台からは道が狭い。摩利支天山山頂は2〜3人しか立てない。全般的にザレ気味の登山道。

飛騨頂上〜継子岳〜飛騨頂上

 なだらかな稜線を歩く。岩小屋〜針の山は浮石が多い。

その他周辺情報 市営露天風呂を利用。営業時間17:00まで。入浴料500円。シャンプー類あり。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

橋を渡ってスタート。
2016年10月07日 06:24撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡ってスタート。
1
御嶽らしく鳥居をくぐる。
2016年10月07日 06:27撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽らしく鳥居をくぐる。
1
七福神がお見送り。
2016年10月07日 06:27撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七福神がお見送り。
1
登山口の水場。
2016年10月07日 06:28撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口の水場。
1
仙人橋。
2016年10月07日 06:45撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙人橋。
朽ち始めた木道。滑って転んだ。
2016年10月07日 06:57撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朽ち始めた木道。滑って転んだ。
2
ジョーズ岩。
2016年10月07日 07:04撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジョーズ岩。
スギヒラタケ。
2016年10月07日 07:15撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スギヒラタケ。
2
湯の花峠。
2016年10月07日 07:25撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯の花峠。
湯の花峠からの眺め。
2016年10月07日 07:22撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯の花峠からの眺め。
蛙岩。無事に帰るぞ〜。
2016年10月07日 07:43撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛙岩。無事に帰るぞ〜。
2
のぞき岩。
2016年10月07日 07:57撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のぞき岩。
のぞき岩からの展望。
2016年10月07日 07:56撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のぞき岩からの展望。
紅葉は染まりきる前に台風で散ってる感じかな?
2016年10月07日 07:57撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉は染まりきる前に台風で散ってる感じかな?
お助け水。水はない。
2016年10月07日 08:31撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お助け水。水はない。
お助け岩から先は森林限界。
2016年10月07日 08:48撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お助け岩から先は森林限界。
4
お助け岩の少し上からの展望。
2016年10月07日 08:49撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お助け岩の少し上からの展望。
2
目指すところが見える。
2016年10月07日 08:56撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指すところが見える。
2
コケモモ?
2016年10月07日 09:11撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケモモ?
霜柱があちらこちらにあった。
2016年10月07日 09:14撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霜柱があちらこちらにあった。
1
山肌が荒々しい。
2016年10月07日 09:16撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山肌が荒々しい。
1
ハイマツの登山道。いい天気で気分も上がる。
2016年10月07日 09:17撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツの登山道。いい天気で気分も上がる。
1
飛騨頂上が見えた。
2016年10月07日 09:19撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨頂上が見えた。
信仰の山の御嶽山。登山道には社や石仏がたびたび出てくる。
2016年10月07日 09:26撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
信仰の山の御嶽山。登山道には社や石仏がたびたび出てくる。
3
大きなつらら。
2016年10月07日 09:30撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きなつらら。
2
コケモモ。
2016年10月07日 09:38撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コケモモ。
3
あと少しで飛騨頂上。このあたりはコマクサの群生地。
2016年10月07日 09:39撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと少しで飛騨頂上。このあたりはコマクサの群生地。
1
飛騨頂上。
2016年10月07日 09:44撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨頂上。
5
飛騨頂上の天狗。
2016年10月07日 09:47撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨頂上の天狗。
2
飛騨頂上から剣ヶ峰方面。
2016年10月07日 09:49撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨頂上から剣ヶ峰方面。
3
飛騨頂上から三の池。雲海に浮かぶは中央アルプス。富士山も見えた。
2016年10月07日 09:50撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨頂上から三の池。雲海に浮かぶは中央アルプス。富士山も見えた。
7
飛騨頂上から南アルプスと八ヶ岳。
2016年10月07日 09:50撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨頂上から南アルプスと八ヶ岳。
3
飛騨頂上から継子岳。
2016年10月07日 09:50撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨頂上から継子岳。
3
飛騨頂上からの展望。
2016年10月07日 09:51撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨頂上からの展望。
1
飛騨頂上から中央アルプス。富士山も。
2016年10月07日 09:53撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨頂上から中央アルプス。富士山も。
1
飛騨頂上から南アルプス。
2016年10月07日 09:54撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨頂上から南アルプス。
2
飛騨頂上から八ヶ岳。
2016年10月07日 09:54撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨頂上から八ヶ岳。
2
飛騨頂上から五の池小屋越しに白山。
2016年10月07日 09:54撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛騨頂上から五の池小屋越しに白山。
5
五の池小屋。
2016年10月07日 09:57撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五の池小屋。
2
五の池小屋内部。
2016年10月07日 10:01撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五の池小屋内部。
2
メニューが豊富。
2016年10月07日 10:02撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メニューが豊富。
1
カフェもあり。
2016年10月07日 10:02撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カフェもあり。
1
空が秋だ。
2016年10月07日 10:13撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空が秋だ。
2
摩利支天山に向かう尾根。
2016年10月07日 10:15撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天山に向かう尾根。
1
摩利支天乗越。
2016年10月07日 10:38撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天乗越。
2
乗越からは道が狭い。
2016年10月07日 10:44撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗越からは道が狭い。
1
消防のヘリが飛んでいた。この静かな山が噴火して、たくさんの犠牲者が出たことを忘れてはいけない。
2016年10月07日 10:45撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
消防のヘリが飛んでいた。この静かな山が噴火して、たくさんの犠牲者が出たことを忘れてはいけない。
2
岩の尾根を巻きながら進む。
2016年10月07日 10:46撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の尾根を巻きながら進む。
2
摩利支天山山頂。
2016年10月07日 11:00撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天山山頂。
2
摩利支天山から来た道を振り返る。
2016年10月07日 11:01撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天山から来た道を振り返る。
3
摩利支天山から大雲海。白山が浮かんでいる。
2016年10月07日 11:02撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天山から大雲海。白山が浮かんでいる。
3
摩利支天山から中央アルプス、南アルプス、富士山。
2016年10月07日 11:03撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天山から中央アルプス、南アルプス、富士山。
2
摩利支天山から乗鞍岳と北アルプス。
2016年10月07日 11:03撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天山から乗鞍岳と北アルプス。
4
摩利支天山から白山。
2016年10月07日 11:03撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天山から白山。
2
摩利支天山から剣ヶ峰。
2016年10月07日 11:07撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天山から剣ヶ峰。
2
摩利支天山から継母岳と雲海。
2016年10月07日 11:08撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天山から継母岳と雲海。
1
二の池の山小屋が工事していた。
2016年10月07日 11:12撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二の池の山小屋が工事していた。
2
摩利支天展望台からの展望。
2016年10月07日 11:28撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天展望台からの展望。
1
雲が尾根を越えていく。北アルプスが浮かんでいた。
2016年10月07日 11:29撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が尾根を越えていく。北アルプスが浮かんでいた。
2
目のような三の池。
2016年10月07日 11:46撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目のような三の池。
6
五の池小屋と五の池。
2016年10月07日 11:50撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五の池小屋と五の池。
5
帰ってきた五の池小屋では生演奏中。10/8にリニューアルパーティーのバックミュージックとして演奏するそう。
2016年10月07日 11:55撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰ってきた五の池小屋では生演奏中。10/8にリニューアルパーティーのバックミュージックとして演奏するそう。
2
ラーメンをいただいた。
2016年10月07日 12:02撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラーメンをいただいた。
4
薪ストーブでケーキを焼いていた。
2016年10月07日 12:24撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薪ストーブでケーキを焼いていた。
2
生演奏、窓からは絵のような景色。帰りたくなくなる。
2016年10月07日 12:26撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
生演奏、窓からは絵のような景色。帰りたくなくなる。
ごろ寝テラス。
2016年10月07日 12:39撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ごろ寝テラス。
3
岩のトンネルをくぐって継子岳に向かう。
2016年10月07日 12:45撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩のトンネルをくぐって継子岳に向かう。
継子岳に向かう道。
2016年10月07日 12:49撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
継子岳に向かう道。
岩小屋。
2016年10月07日 12:55撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩小屋。
1
針の山。
2016年10月07日 13:11撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針の山。
1
継子岳山頂。
2016年10月07日 13:02撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
継子岳山頂。
1
継子岳から剣ヶ峰方面。
2016年10月07日 13:04撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
継子岳から剣ヶ峰方面。
1
歩いてきた稜線。
2016年10月07日 13:15撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてきた稜線。
2
飛び込み台のようなテラスがあった。
2016年10月07日 13:27撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛び込み台のようなテラスがあった。
1
市営露天風呂。
2016年10月07日 15:48撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
市営露天風呂。
2
帰り道、林道からみた御嶽山。
2016年10月07日 16:38撮影 by COOLPIX P340, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り道、林道からみた御嶽山。
6
撮影機材:

感想/記録
by che



五の池小屋の生演奏

 久しぶりに御嶽山へ登ってきた。

 噴火前は毎年登っていた御嶽山。いつもは木曽川の王滝口から登っていたが、今回初めて飛騨川の小坂口から登った。
 国道41号を曲がり、ぐにゃぐにゃの県道を野ウサギを轢きそうになりながら一時間半ほど走って濁河温泉の市営駐車場に到着。満天の星空に感動しつつ車で寝る。夜は一桁温度まで冷え込んだけど、思ったより熟睡できた。目が覚めた朝は快晴。周りの人の準備する音に急かされ、僕も準備する。

 駐車場から橋を渡り登山道へ向かう。登山道入り口には御嶽山らしく鳥居があった。鳥居脇には七福神。無事に下山出来るように挨拶してから山に入る。
 登山道は「仙人橋」を渡り樹林帯の中を進む。朽ち始めて木道が朝露か雨かで滑りやすく、一度転ぶ。早く樹林帯から抜けたい気持ちを抑え、気を引き締める。
 七合目の巨岩「ジョーズ岩」を通り過ぎ、湯の花峠まに着く。湯の花峠からは摩利支天山が見えた。山肌には幾筋も沢が流れていて、滝になっているところもあった。湯の花峠から登り胡桃島口からの分岐の少し上がると「のぞき岩」に着く。「のぞき岩」からは麓が見え、雲が自分より下になってきたのもわかった。
 さらに登り、八合目の「お助け水」を通り過ぎると一気に視界が広がった。このあたりが森林限界のようだ。見上げるとこれから向かう御嶽の頂上、雲海の向こうには白山や笠ヶ岳が見える。空は快晴、風も心地よく心と体が癒される。
 ハイマツの登山道を景色を楽しみながら登る。ジグザグの登山道を上がっているとハイマツの隙間に飛騨頂上の社が見える。あと少しだ。コマクサの群生地のざれた斜面を登り切ると、飛騨頂上に着いた。

 飛騨頂上には大きな社と五の池小屋があった。まずは飛騨頂上神社に参拝する。神社の東側に広場があって、そこから大展望を楽しむ。北アルプスは継子岳に阻まれて見えないけど、中央アルプスや南アルプス、南アルプス越しに富士山、八ケ岳や白山が見えた。足元にはコバルトブルーの三の池、南にはこれから向かう摩利支天山への稜線や、今はまだ入いれない剣ヶ峰も見えた。
 摩利支天山へ向かう前に、五の池小屋に寄り道する。真新しいブルーの山小屋はとてもきれいだ。三人の女性スタッフがみえて、雰囲気がとても柔らかい。ゆっくりしたかったが食事が何時まで出来るかを確認して、摩利支天山へと向かう。

 摩利支天へはまず、岩ゴツの斜面の急登からスタート。でも、急登も摩利支天乗越までで、乗越からは岩の尾根をトラバースしながら摩利支天山山頂に向かう。乗越から山頂までは道が狭く、サイノ河原側が切れ落ちてる部分もあって少し緊張した。
 摩利支天山へ向かう途中、剣ヶ峰周辺をヘリが飛んでいた。どうやら消防のヘリのようだ。今日は快晴で穏やかな御嶽山だが、2年前の噴火からまだ帰ることが出来ない人がいることを忘れてはいけない。あの噴火は登山する人にたくさんの教訓を与えてくれたと思う。身近な山でのあの出来事は、僕の山に対する姿勢をかなり変えた。上手く言えないのだけど、こうして御嶽山にまた登れることに感謝と、少しだけうしろめたさもある。上手く言えないのだけど。
 サイノ河原を見下ろしながら着いた摩利支天山の山頂は、狭い岩の山頂だった。山頂には山名標識と三角点。あと火山ガスのセンサーのようなものもあった。先行者がいたので、写真を撮り引き返す。途中、来るときには人がいっぱいだった摩利支天展望台にも寄り道。ここからでも絶景で、ちょうど御嶽山の山頂台地の中心からは御嶽山の峰々が地図のように良く分かる。

 摩利支天山を下りながら、次の行き先を考える。時間的に三の池周回か継子岳かだ。考えながら五の池小屋まで下ると、小屋の中から音楽が聞こえる。ラジオでも流しているのかな入ってみると、なんとピアノの生演奏だ。聞くと、翌日にリニューアルパーティーのため、練習しているとのことだ。まさかの山小屋でのリサイタル。流れるジブリの名曲と薪が焼ける音、そして窓際の一等席からは山を渡っていく雲の流れ。あまりの居心地の良さに予定を変更して昼食をとることにした。
 昼食を食べ終わっても続く生演奏。ゆっくり流れる時間がたまらない。本当に至福の時間だ。山小屋のスタッフの方の雰囲気が、山小屋そのものの居心地をよくしている。僕にとっては五の池小屋はとても中途半端な場所にある山小屋だ。今の御嶽山は十分日帰りが出来る山だし、車中泊すれば山小屋で泊まる必要がないからだ。それでもこの五の池小屋に泊まりたいと思うこの居心地の良さ。毎年通う場所が出来てしまった。

 五の池小屋での至福の時間も、生演奏が終わり一区切り。まだ少し時間があるので、五の池小屋に荷物を預かってもらい、継子岳へ向かう。継子岳へは緩やかの稜線をひと登り。途中の岩小屋から針の山あたりは浮石が多いが、気持ちの良い稜線歩きだ。途中の針の山は岩が墓石のように立てられていて、不思議な場所だった。継子岳山頂は広場。御嶽山最北の山頂からは、剣ヶ峰まで続く御嶽の山々、足元には四の池が見えた。残念ながら雲に阻まれ見えるはずの北アルプス方面は見えなかったが、雲が滝のように四の池へと流れていくのが見えた。

 継子岳をあとに五の池小屋に荷物を取りに行き、下山する。入りたい市営露天が17:00までなので、なんとか16:30までに下るため急ぎ足の下山を開始。要所要所の通過時間をメモるだけの下山のおかげで、市営露天風呂にゆっくり浸かることが出来た。

 今回の御嶽山、毎年行く理由が増えた登山だった。景色はもちろん最高な御嶽山だが、それよりも五の池小屋の雰囲気の良さにやられてしまった。次に行くときは五の池小屋泊で、御嶽の夕焼けとご来光、満天の星空、五の池小屋での至福の時間を楽しみたい。
訪問者数:820人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/9/30
投稿数: 1151
2016/10/9 12:06
 五の池小屋でお会いしましたね
初めまして
確か五の池小屋でお話しさせていただいたかと思います。
継子岳の途中でもお会いした方でしょうか。
最高の天気でしたね。
初めての御嶽山北部の山旅、感動しました。
これからは鈴鹿の季節、
またどこかでお会いしましたらよろしくお願いします。
che
登録日: 2012/6/25
投稿数: 39
2016/10/9 14:54
 Re: 五の池小屋でお会いしましたね
こんにちは。
はい、おっしゃるとおり、二度もお会いしてますね(笑)

五の池小屋に泊まられたのですね〜。うらやましいです。
僕も来年あたり、予定をたてて泊まる計画を考えているところですよ。

今年の御嶽は紅葉を見ることが出来なったので、鈴鹿で楽しむ予定です。なので、またお会いすることもあるかと思いますので、見かけたら声をかけてくださいね。

では、また(^^)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ