ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 975410 全員に公開 ハイキング奥秩父

笠取山

日程 2016年10月07日(金) [日帰り]
メンバー guchi999
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
作業場平の駐車場に停めました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間7分
休憩
26分
合計
3時間33分
S作場平橋駐車場10:1910:35一休坂分岐11:07ヤブ沢峠11:0811:20笠取小屋11:28雁峠分岐11:2911:35笠取山西11:50笠取山西峰11:53笠取山12:05水干尾根分岐12:0712:11水干(多摩川源頭部)12:1412:18水干尾根分岐12:26シラベ尾根分岐12:2712:53笠取小屋13:1113:38一休坂分岐13:51作場平橋駐車場13:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全般に整備された道で、さほど危険な場所はありませんが、山頂の稜線は少し痩せた所があり、小さな岩場もあります。また、稜線から水干尾根分岐へ直接下る道(水干尾根)は少し急です。水干尾根を下りずに直進しても、水干尾根分岐で合流します。

写真

作業場平橋
駐車場に車を停めて、橋を渡った先から登山道に入ります。
2016年10月07日 10:17撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作業場平橋
駐車場に車を停めて、橋を渡った先から登山道に入ります。
1
一休坂分岐
一休坂は帰りに通ることにして、ヤブ沢の道から登りました。
2016年10月07日 10:35撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一休坂分岐
一休坂は帰りに通ることにして、ヤブ沢の道から登りました。
一休坂への分岐
2016年10月07日 10:44撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一休坂への分岐
ヤブ沢峠
ここから笠取小屋までは林道歩きです。
2016年10月07日 11:07撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤブ沢峠
ここから笠取小屋までは林道歩きです。
1
笠取小屋
2016年10月07日 11:18撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取小屋
3
小さな分水嶺、ここはお気に入りの場所です。
富士川、荒川、多摩川と書かれた三角の標柱が良いです。
2016年10月07日 11:30撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな分水嶺、ここはお気に入りの場所です。
富士川、荒川、多摩川と書かれた三角の標柱が良いです。
7
この辺りの景色が好きなのです。
2016年10月07日 11:30撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りの景色が好きなのです。
4
最後の急登は、いつ見ても萎えます。
2016年10月07日 11:35撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の急登は、いつ見ても萎えます。
8
水晶山までは見えるけど、甲武信岳は雲の中。
2016年10月07日 11:48撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水晶山までは見えるけど、甲武信岳は雲の中。
2
大菩薩嶺は見えます。
2016年10月07日 11:48撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩嶺は見えます。
3
笠取山西峰、山梨百名山の標柱があります。
でも、ここが笠取山の山頂ではありません。
2016年10月07日 11:49撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取山西峰、山梨百名山の標柱があります。
でも、ここが笠取山の山頂ではありません。
7
小さな岩場が続きます。
2016年10月07日 11:50撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな岩場が続きます。
1
ここには何もないけど、標高からして最高点だと思う・・・
2016年10月07日 11:51撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここには何もないけど、標高からして最高点だと思う・・・
1
笠取山山頂(東峰)
2016年10月07日 11:54撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取山山頂(東峰)
7
水干尾根の降り口。
赤テープがあり踏み跡もしっかりしていますが、トラロープが張ってあり微妙な感じです。
左側にも踏み跡があって、水干尾根分岐で合流します。
2016年10月07日 12:01撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水干尾根の降り口。
赤テープがあり踏み跡もしっかりしていますが、トラロープが張ってあり微妙な感じです。
左側にも踏み跡があって、水干尾根分岐で合流します。
1
水干尾根は少し急です。
2016年10月07日 12:03撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水干尾根は少し急です。
水干尾根分岐
2016年10月07日 12:07撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水干尾根分岐
ずっと天気が良くない日が続いたわりには、多摩川の源流の一滴は涸れてました。
2016年10月07日 12:12撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっと天気が良くない日が続いたわりには、多摩川の源流の一滴は涸れてました。
6
シラベ尾根分岐
2016年10月07日 12:27撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラベ尾根分岐
ウタノ沢
稜線へのショートカットになりそうです。
2016年10月07日 12:38撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウタノ沢
稜線へのショートカットになりそうです。
1
この辺りの落葉松林は気に入りました。
2016年10月07日 12:47撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りの落葉松林は気に入りました。
4
笠取小屋へ戻って来ました。
2016年10月07日 12:52撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取小屋へ戻って来ました。
1
一休坂を下りて分岐まで戻ってきました。
2016年10月07日 13:38撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一休坂を下りて分岐まで戻ってきました。
1

感想/記録

また、やってしまった・・・本当は和奈倉山へ行くつもりだったのです。
一ノ瀬の少し手前で猛烈な眠気に襲われ、路肩で30分くらい仮眠するつもりで車を停め、目を閉じて気が付いたらほぼ10時。以前も同じような事をやっているのに、また繰り返してしまいました。この時間では、和奈倉山へ行くと明るいうちに下りられない可能性があるので、笠取山に変更しました。

仕方なしに変更した笠取山だけど、実は結構、好きな山なのです。
標高の割に手軽に登れて、笠取小屋から山頂までの開けた景色は気に入っています。それに、三つの川を分ける峰とは思えない小さな分水嶺も大好きです。
シラベ尾根分岐から笠取小屋への道は初めて歩きました。水干沢を越えてからの穏やかな道や、小屋近くの落葉松の林が良い感じで気に入りました。
久々に行った笠取山だけど、改めて良さを認識しました。これからはもう少し頻繁に行こうと思っています。
訪問者数:376人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/12/21
投稿数: 959
2016/10/8 21:31
 秩父らしいですね〜
guchiさん、こんばんは。

 最近、この方面に入れ込んでますね〜。
写真が秩父らしいですね〜。私もこのあたりは大好きです。
(と言っても、何十年もご無沙汰ですが。)
特に飛竜山から笠取山、和名倉山の辺りが秩父らしくて。
(オオカミの目撃情報が多い辺りですよね、ちょっと関心があって)

 大昔ですが、笠取小屋の親父はやたら怖くて、ビクビクしながら小屋に入ったものでした。
登録日: 2013/11/24
投稿数: 652
2016/10/9 8:45
 Re: 秩父らしいですね〜
f15eagleさん、おはようございます。

この辺りはいいですよね。私も好きなエリアです。
ただ、近いようで何気に遠いのですね〜。ウチからでも100Kmくらいあります。
それに、バスがないから車じゃなければ行く気にならない所です。

オオカミの目撃情報ですか!ロマンのある話ですね。
居ないとは言い切れないけど、実際には廃村や過疎化で野犬化した飼い犬を見た、とかいうのが多いのではないでしょうか。
オオカミが増えすぎたシカを減らしてバランスを保つ、なんてのがあれば良いのですけど。

笠取小屋は、いつも平日に行くからか、開いているのを見た事がありません。
いまの小屋番はどうなんでしょうかね〜、あんまり怖い親父はいないのではないでしょうか。
まあ、某農〇小屋の勘違い親父みたいなのは居るかも知れませんが。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ