ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 975572 全員に公開 ハイキング関東

甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳(尾白から柏木へ抜ける、その後自転車で元の場所へ戻る)

日程 2016年10月06日(木) 〜 2016年10月07日(金)
メンバー aoba_tarou
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
10時間34分
休憩
0分
合計
10時間34分
S尾白川渓谷駐車場05:3609:00刃渡り10:00屏風岩の祠10:50七丈小屋12:00二本の剣12:50甲斐駒ヶ岳13:40駒津峰15:50北沢峠16:10長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)
2日目
山行
14時間30分
休憩
0分
合計
14時間30分
長衛小屋(旧北沢駒仙小屋)05:3007:50小仙丈ヶ岳08:50仙丈ヶ岳13:50地蔵尾根駐車場14:25152号線15:10高遠16:45杖突峠17:15茅野18:42富士見峠19:30道の駅白州20:00尾白川渓谷駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

前日10月5日に柏木の地蔵尾根駐車場に自転車を用意しておきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日10月5日に柏木の地蔵尾根駐車場に自転車を用意しておきます。
一方、こちらは尾白川渓谷駐車場の下見
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一方、こちらは尾白川渓谷駐車場の下見
10月6日 尾白川渓谷駐車場から、5時半出発です。どうにか見えるくらいの明るさです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10月6日 尾白川渓谷駐車場から、5時半出発です。どうにか見えるくらいの明るさです。
1
長い上りが予想されます。ひたすら登るだけです。イヤホンで音楽を聴きながら、とろとろと登っていると、背後に気配を感じて、振り返ったら、プリウスがいた、という冗談がありますが、背後に、トレランで走っている人が立っていました。すみません、気づきませんでした。どうぞどうぞ、と、道を譲ります。
0715
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い上りが予想されます。ひたすら登るだけです。イヤホンで音楽を聴きながら、とろとろと登っていると、背後に気配を感じて、振り返ったら、プリウスがいた、という冗談がありますが、背後に、トレランで走っている人が立っていました。すみません、気づきませんでした。どうぞどうぞ、と、道を譲ります。
0715
急な坂が続きます。
0809 
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な坂が続きます。
0809 
ここまで来ました。ここから富士山が見えます。
0842
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで来ました。ここから富士山が見えます。
0842
こんなかんじです。
0843
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなかんじです。
0843
いよいよ岩山になってきました。
0850
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ岩山になってきました。
0850
刃渡りというところまで来ました。
0856
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刃渡りというところまで来ました。
0856
2
ここからの眺めはこんなかんじ 
0859
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからの眺めはこんなかんじ 
0859
梯子の始まりです。
0914
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子の始まりです。
0914
1
梯子の始まりは鎖場の始まりでもあります。 
1036
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梯子の始まりは鎖場の始まりでもあります。 
1036
急な岩場を上ります。先ほど、追い越して行ったトレイルランニングの人が、もう引き返してきました。もう、頂上でタッチして帰ってきたのですか?、と聞くと、はい、という答え、・・・なんと速いこと・・・。信じられません。
1044
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な岩場を上ります。先ほど、追い越して行ったトレイルランニングの人が、もう引き返してきました。もう、頂上でタッチして帰ってきたのですか?、と聞くと、はい、という答え、・・・なんと速いこと・・・。信じられません。
1044
1
七丈小屋です。 
1048
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七丈小屋です。 
1048
七丈小屋のテント場からの眺めはこのようになっています。
1057
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七丈小屋のテント場からの眺めはこのようになっています。
1057
2
もう少し上ると、こんな眺めです。 
1131
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少し上ると、こんな眺めです。 
1131
1
なかなか急な岩場です。足の長さの問題ではなく、どれだけ股が開けるかの問題です。
1144
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか急な岩場です。足の長さの問題ではなく、どれだけ股が開けるかの問題です。
1144
2
この場所にこの時刻。
まだ、まだ登るのです。
1202
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この場所にこの時刻。
まだ、まだ登るのです。
1202
2
着きました、駒ケ岳です。富士山がよく見えます。
1239
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
着きました、駒ケ岳です。富士山がよく見えます。
1239
2
駒ケ岳山頂です。
1246
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒ケ岳山頂です。
1246
1
仙丈ケ岳が見えます。
1247
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳が見えます。
1247
1
駒津峰へ向けて下るのですが。
下ると言っても、ただ下るのではなく、下って登るのです。
1331
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒津峰へ向けて下るのですが。
下ると言っても、ただ下るのではなく、下って登るのです。
1331
駒津峰から駒ケ岳を見ています。
1339
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駒津峰から駒ケ岳を見ています。
1339
双児山です。下って、また上るのでしょう。
1407
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
双児山です。下って、また上るのでしょう。
1407
えんえんと下って、北沢峠です。林道をさらに下ります。バスが来ています。
1548
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
えんえんと下って、北沢峠です。林道をさらに下ります。バスが来ています。
1548
長衛小屋テント場、受付を済ませ、テントを張ります。受付の紙には、かなり詳しい事を書かされました。どこから、どこへ行く、とか、緊急連絡先とか・・・。
1608
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長衛小屋テント場、受付を済ませ、テントを張ります。受付の紙には、かなり詳しい事を書かされました。どこから、どこへ行く、とか、緊急連絡先とか・・・。
1608
いちばん端に、ひっそりとテントを張ります。今回はアルファ米を一袋にまとめて入れてきました。食べた後のゴミを少なくするためです。それと、ドライシャンプーを持ってきました。風呂は入らなくても何日もがまんできますが、頭のかゆさとべとつき感はがまんできないからです。
1626
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いちばん端に、ひっそりとテントを張ります。今回はアルファ米を一袋にまとめて入れてきました。食べた後のゴミを少なくするためです。それと、ドライシャンプーを持ってきました。風呂は入らなくても何日もがまんできますが、頭のかゆさとべとつき感はがまんできないからです。
1626
2
そして一夜明けて、10月7日の朝です。寒い夜でした。荷物軽量化のため、防寒具を削っていましたので、そのツケがきました。
0526
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして一夜明けて、10月7日の朝です。寒い夜でした。荷物軽量化のため、防寒具を削っていましたので、そのツケがきました。
0526
今日は始めっから石の山です。
0647
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は始めっから石の山です。
0647
このような岩場を上ります。
0721
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このような岩場を上ります。
0721
途中からの駒ケ岳の眺め
0725
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中からの駒ケ岳の眺め
0725
このような景色の中を上ります。
0744
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このような景色の中を上ります。
0744
再度、駒ケ岳を振り返ります。
0747
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再度、駒ケ岳を振り返ります。
0747
1
小仙丈が岳から富士山
0752
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小仙丈が岳から富士山
0752
同じく、小仙丈が岳から、下界は雲の中。
0758
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく、小仙丈が岳から、下界は雲の中。
0758
仙丈ケ岳に着きました。
0850
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳に着きました。
0850
2
仙丈ケ岳からの眺め
0852
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳からの眺め
0852
1
これから市野瀬、柏木へ向けて下ります。おかしな恰好をしています、ちゃんとしたリュックが背負えないのにはわけがあります。それは自転車です。あとで書きます。
0918
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから市野瀬、柏木へ向けて下ります。おかしな恰好をしています、ちゃんとしたリュックが背負えないのにはわけがあります。それは自転車です。あとで書きます。
0918
1
尾根を上ったり下ったりしながら、柏木へ向かいます。なにしろ距離が長い、地図ロイドで現在位置と時刻と残りの距離を確認しながら、そのつど、ため息をつきつつ、進みます。
0925
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根を上ったり下ったりしながら、柏木へ向かいます。なにしろ距離が長い、地図ロイドで現在位置と時刻と残りの距離を確認しながら、そのつど、ため息をつきつつ、進みます。
0925
1
風倒木ですが、実態は枯れて倒れているようです。
1008
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風倒木ですが、実態は枯れて倒れているようです。
1008
このような道を駆け下りていきます。
2時前までに下り終えれば、明るいうちに杖突峠を越せるのではないかという期待を持っています。残り、あと6キロか・・・、地図ロイドで確認し、元気を振り絞って、歩き続けます。
1130
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このような道を駆け下りていきます。
2時前までに下り終えれば、明るいうちに杖突峠を越せるのではないかという期待を持っています。残り、あと6キロか・・・、地図ロイドで確認し、元気を振り絞って、歩き続けます。
1130
林業をやっています。が、林道開設のための障害木の伐採、搬出です。
1235
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林業をやっています。が、林道開設のための障害木の伐採、搬出です。
1235
林道を横切りながら登山道は進みます。林道を横切る場所には、このように立て札が立ててあります。
1319
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を横切りながら登山道は進みます。林道を横切る場所には、このように立て札が立ててあります。
1319
下りてきました、柏木の地蔵尾根駐車場です。自転車は無事でしょうか。
1352
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りてきました、柏木の地蔵尾根駐車場です。自転車は無事でしょうか。
1352
自転車は大丈夫です。1353
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自転車は大丈夫です。1353
1
荷造りに、これだけの時間がかかりました。このような恰好で走ります。荷物満載です。登山のセクションで大きなリュックが背負えなかったのは、この自転車積載の問題があったためです。
1413
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荷造りに、これだけの時間がかかりました。このような恰好で走ります。荷物満載です。登山のセクションで大きなリュックが背負えなかったのは、この自転車積載の問題があったためです。
1413
6
国道152号線にでました。
1425
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道152号線にでました。
1425
杖突峠へ向かって走ります。明るいうちに峠を越せればよいのですが。ここから尾白の駐車場まで70キロあります。そして、杖突峠まで30キロ、考えただけで気か遠くなりそう。
1427
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杖突峠へ向かって走ります。明るいうちに峠を越せればよいのですが。ここから尾白の駐車場まで70キロあります。そして、杖突峠まで30キロ、考えただけで気か遠くなりそう。
1427
2
高遠の町をかすって走っていきます。と言っても、お城と町の間を通るという道筋です。
1509
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高遠の町をかすって走っていきます。と言っても、お城と町の間を通るという道筋です。
1509
杖突峠へ向けて、高度を上げていきます。こちらからの杖突峠は茅野からの急こう配に比べて、なだらかです。
1526
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杖突峠へ向けて、高度を上げていきます。こちらからの杖突峠は茅野からの急こう配に比べて、なだらかです。
1526
しだいに高度を上げていきます。陽が傾いてきました。暗くなるのは時間の問題です。あたりまえのことですが・・・。
1613
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しだいに高度を上げていきます。陽が傾いてきました。暗くなるのは時間の問題です。あたりまえのことですが・・・。
1613
杖突峠に着きました。なんとか明るい。ここで上着をめいっぱい着こんで、下りの寒さに備えます。10キロほど、ガンガン下ります。
1644
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杖突峠に着きました。なんとか明るい。ここで上着をめいっぱい着こんで、下りの寒さに備えます。10キロほど、ガンガン下ります。
1644
1
トンネルの手前で右へはいりショートカットします。
1711
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トンネルの手前で右へはいりショートカットします。
1711
ショートカットしたところからの茅野の町の眺めです。町まで下ったら、そこから20号線を富士見峠まで、えんえん上ります。
1713
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショートカットしたところからの茅野の町の眺めです。町まで下ったら、そこから20号線を富士見峠まで、えんえん上ります。
1713
真っ暗な狭い、歩道もない国道20号線を、びんびんと、ではなく、のたりのたりと走って富士見峠、ここから下りになります。
1842
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ暗な狭い、歩道もない国道20号線を、びんびんと、ではなく、のたりのたりと走って富士見峠、ここから下りになります。
1842
とろとろ走って、どうにか道の駅、白州、ここから、まだ30分かけて尾白駐車場へ、途中真っ暗な、林道をせっせと登って駐車場に着いて、自転車の車輪をはずして、汗拭いて、着替えて、車でさらに20号線を帰ります。
1930
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とろとろ走って、どうにか道の駅、白州、ここから、まだ30分かけて尾白駐車場へ、途中真っ暗な、林道をせっせと登って駐車場に着いて、自転車の車輪をはずして、汗拭いて、着替えて、車でさらに20号線を帰ります。
1930
2

感想/記録

訪問者数:207人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ