ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 975814 全員に公開 ハイキング甲信越

御嶽山〜やっぱり素敵な山だった〜中の湯から五の池小屋泊

日程 2016年10月07日(金) 〜 2016年10月08日(土)
メンバー yoshikun1
天候★10月7日(金)・・超が付くほどの快晴(午後、時折ガスが発生)
★10月8日(土)・・超土砂降り、暴風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
★中の湯バス停駐車場で車中泊
初めての道、しかも真夜中、カーナビ等で案内してもらわないと無理だったかも。
★一番近道の霊峰ラインで駐車場へ
道の周りはお墓ばかり、真夜中の独りドライブはかなり怖かったです。少し遠回りになりますが、御岳ロープウエイ経由(御岳ブルーライン)を使っても良いのでは、と思います。(こちらにはお墓はありません)下山時、いつの間にかブルーラインで下りていました(笑)。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち63%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間6分
休憩
1時間32分
合計
9時間38分
Sスタート地点05:3206:21行場山荘06:2207:15女人堂07:2508:26女人堂09:33石室山荘09:47覚明堂 登山指導所・避難小屋09:56二ノ池・頂上・黒沢口分岐09:5710:05二ノ池本館10:24賽ノ河原10:43三ノ池乗越10:55摩利支天乗越11:0111:20摩利支天山11:4011:54摩利支天乗越11:5812:18五の池小屋12:5012:55飛騨頂上12:5613:26継子岳13:3213:44継子岳2峰13:4514:15四ノ池(渡渉点)14:1614:28三・四・五ノ池分岐14:2914:40三ノ池(鳥居と祠)14:4715:02巻道の三ノ池分岐15:0315:10五の池小屋
2日目
山行
2時間24分
休憩
6分
合計
2時間30分
五の池小屋07:1107:11飛騨頂上07:17巻道の三ノ池分岐07:33三ノ池乗越07:3407:38賽ノ河原07:3907:52二ノ池本館07:59二ノ池・頂上・黒沢口分岐08:08石室山荘08:1108:39女人堂09:09行場山荘09:1009:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
★この前の噴火等による登山道の通行禁止区域がありますのでご注意を。
7日、ヘリコプターが御嶽山山頂を周回していました。県警か消防かな、禁止区域に侵入する登山者が跡を絶たず、ヘリが飛ぶと侵入者がいるとのことです。犯罪です、やめておきましょう。

〜木曽町のHPより〜
9月17日現在、木曽町では御嶽山への入山について下記のとおり規制を行っています。
●剣ヶ峰方面への立入規制
九合目石室山荘上部の分岐点及びニノ池の分岐(お鉢方面への分岐含む)から先は立入禁止
●三ノ池ルートの立入規制
八合目女人堂から三ノ池方面へ約1000m地点と三ノ池から八合目女人堂方面入り口との間

〜9月24日現在入山規制情報〜
http://www.town-kiso.com/files/file/box/51/5173e9ed9b0ba160f6ba1117ed9a27b0dfcc5670.pdf

★営業していた山小屋(黒沢口下部より)
※私が見た限りですので詳細は各山小屋にお問い合わせください。
●黒沢口七合目行場山荘
●女人堂
●石室山荘
●五の池小屋
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

車中泊、中の湯駐車場には人感センサーライト付きの立派なトイレ付き。
2016年10月07日 05:30撮影 by SH-3 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車中泊、中の湯駐車場には人感センサーライト付きの立派なトイレ付き。
5時起床、寝すぎた(笑)。4時頃出発したらきっと素晴らしいご来光が拝めたことだろう。
2016年10月07日 05:30撮影 by SH-3 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5時起床、寝すぎた(笑)。4時頃出発したらきっと素晴らしいご来光が拝めたことだろう。
1
トイレ横に登山道、もうヘッデンは不必要。
2016年10月07日 05:34撮影 by SH-3 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレ横に登山道、もうヘッデンは不必要。
中の湯、閉鎖中、右脇をスルー。
2016年10月07日 05:35撮影 by SH-3 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中の湯、閉鎖中、右脇をスルー。
樹林帯に朝日が差し込む。
2016年10月07日 05:53撮影 by SH-3 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯に朝日が差し込む。
平日のためか歩く登山者は少数、熊鈴があっても良かったな。
2016年10月07日 06:08撮影 by SH-3 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平日のためか歩く登山者は少数、熊鈴があっても良かったな。
抜けるような青空!!
2016年10月07日 06:17撮影 by SH-3 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
抜けるような青空!!
七合目行場山荘、営業中。
2016年10月07日 06:19撮影 by SH-3 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七合目行場山荘、営業中。
いきなり絶景!奥には甲斐駒と仙丈岳か、手前の山も格好が良い。
2016年10月07日 06:35撮影 by SH-3 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり絶景!奥には甲斐駒と仙丈岳か、手前の山も格好が良い。
1
翌日雨100%、今日元を取っておこう。
2016年10月07日 06:46撮影 by SH-3 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日雨100%、今日元を取っておこう。
南アルプス登場
2016年10月07日 06:47撮影 by SH-3 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス登場
最初から紅葉
2016年10月07日 06:49撮影 by SH-3 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初から紅葉
3
赤と黄と青
2016年10月07日 06:51撮影 by SH-3 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤と黄と青
1
ナナカマドの赤は本当にきれい。
2016年10月07日 06:51撮影 by SH-3 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマドの赤は本当にきれい。
2
雲海と飛行機雲
2016年10月07日 06:57撮影 by SH-3 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海と飛行機雲
1
雲海に浮かぶ飛行機雲
2016年10月07日 06:59撮影 by SH-3 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶ飛行機雲
1
甲斐駒の稜線が美しい
2016年10月07日 07:00撮影 by SH-3 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒の稜線が美しい
2
紅葉と雲海のセットも珍しい
2016年10月07日 07:01撮影 by SH-3 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉と雲海のセットも珍しい
4
ダケカンバ
2016年10月07日 07:03撮影 by SH-3 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダケカンバ
2
八合目女人堂
2016年10月07日 07:14撮影 by SH-3 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目女人堂
1
右手には・・・
2016年10月07日 07:17撮影 by SH-3 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手には・・・
3
槍穂高がくっきり
2016年10月07日 07:17撮影 by SH-3 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍穂高がくっきり
柔和な表情の乗鞍岳
2016年10月07日 07:18撮影 by SH-3 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柔和な表情の乗鞍岳
1
乗鞍岳の左手、笠ヶ岳と薬師岳、野口五郎岳。珍しいショットだ。
2016年10月07日 07:18撮影 by SH-3 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍岳の左手、笠ヶ岳と薬師岳、野口五郎岳。珍しいショットだ。

感想/記録

★御嶽山〜やっぱり素敵な山だった〜
あの痛ましい大噴火から丸二年、黒沢口を登るにつれ噴火の傷跡が目に迫ります。廃業が決まった覚明堂の今にも崩れ落ちそうな木製のテラス、そして剣ヶ峰方面通行禁止の看板。中でも一番のショックは日本で最も高い場所にある高山火口湖『二の池』の変わり様でした。湖畔には万年雪があり、滴り落ちる雪解け水はこの上ない美味しさでした。雲上の湖として神秘の姿をみせていた二の池、雨の度に周囲から白濁色の火山灰が絶えず流れ込み、今では湖のほぼすべてが埋め尽くされています。再建されるとはいえ現在解体中の二の池本館の残骸が更にわびしさを増幅し、とても長居する気持ちにはなりませんでした。

でもやはり御嶽山は素晴らしかった・・・自然は人間を完全に超越しています〜当たり前のことですが、改めて感じ入った今回の山旅〜ナナカマドやダケカンバは何事も無かったかの様に赤に黄に色を競い合っていました。360度大展望のパノラマ:北アルプス、中央アルプス、南アルプス、八ヶ岳、富士山、そして加賀の霊峰白山と別山も。笠ヶ岳や薬師岳、野口五郎岳まではっきり姿を現してくれて、何枚も何枚も写真を撮り続けました。702年の開山以来、今日まで神の山として崇め立てられてきた御嶽山は信者では無い私でも日本人として心が澄み渡る何かを感じさせてくれました。

★動の御嶽山南部、静の北部
過去に一度だけ登った御嶽山。田の原から王滝口登山道で剣ヶ峰、その後お決まりの御池巡りを経て二の池へ。サイの河原に少し寄り道をして戻るという最もメジャーなルートです。ひたすら直登の王滝口をクリアした後、待っていたのは緑がゼロ、荒涼とした風景。やや単調な登山ルートを含めそれ程の面白さを感じなかったため、今回まで足を踏み入れてませんでした。

FBで偶然五の池小屋の存在を知り、『あぁ、御嶽山は登れるんだぁ〜』と興味は一気に御嶽山に集中!!(笑)。五の池小屋を調べると自然に御嶽山北部に目が向きます。摩利支天山に継子岳に四の池に三の池・・・実は御嶽山は広かった、新たな発見でした。剣ヶ峰を中心とした南部とは真逆の山容を持っていました。摩利支天山の稜線を境にして緑一杯の別天地です。いつまでも湖畔でのんびりしていたい三の池、高層湿原の四の池、ここは本当に3000M近い高地なのか?と思わせる程の楽園です。特に感動したのは四の池の小川でした。小川の先は4段80Mの幻の大滝となってはるか彼方まで流れ落ち隔絶された空間でもあるにも関わらず、そのせせらぎの中にはまるで魚がいるかの感覚になるほどの静けさ。動の御嶽山南部、静の北部・・・もっと早く知っておくべきだったなぁ(笑)。

今回は中の湯からスタート、御嶽山のすべてを味わうには最適なコース取りだったと思います。翌日、五の池小屋から中の湯まで2時間半で下山できました。健脚な方なら朝一スタートですべて回り切れるかとは思いますが、時間と予算が許すのなら是非、五の池小屋に泊まっていただきたいです。摩利支天山から下山して12時18分に五の池小屋到着、担ぎ上げたビールでテラスでグイッと一杯。12時50分にスタート、13時26分継子岳、14時15分四の池、14時40分三の池、そして五の池小屋には15時10分着でした。五の池小屋の気さくな三人の女性スタッフからの暖かいおもてなし、小屋のテラスからの絶景、快適な寝床、暖炉、檜のお櫃に入った炊き立てのご飯、そして同宿した3人の山男との楽しい山談義・・・日帰り可能な山ですが、あえて泊まりにする価値は十分にありました。

来年は季節毎に訪れてみたくなった御嶽山、剣ヶ峰方面も来年こそは解除されることを祈りたいです。

五の池小屋の女性スタッフによるピアノの生演奏です。運が良いと観られるかも・・



訪問者数:403人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/12/28
投稿数: 1744
2016/10/9 12:54
 絶景と二つの表情
yoshikun1さん 今日は。

雨の中を下山されたんですか・・。でも一日目は快晴ですね。
三つのアルプス、八ヶ岳、たぶん奥秩父の山並みも全て眺望できて
やはり独立峰からの展望は素晴らしい。
先日歩かれた薬師〜黒部五郎辺りの山々も見えていますね。

荒々しい火山の表情を持つ南側とは全く異なる表情を持つ北側頂上を
知ると、より御嶽の魅力が増しますね。

今年の紅葉は少し艶やかさに欠けるようですが、いいタイミングで
歩かれましたね。
登録日: 2013/10/14
投稿数: 131
2016/10/9 13:52
 お疲れ様でした!
8日の阿蘇山での爆発的な噴火もあったことだし通行禁止区域に入るのはダメですよね〜
正直、自己責任と言っても、いざ何かあれば救助に向かわなければならない方がいるわけですし・・
ちゃんとルールを守って地元観光に協力したいですね!

しかし、綺麗な山小屋ですね〜
私もいつか登ってみたいです(^^♪
登録日: 2015/12/26
投稿数: 49
2016/10/9 14:38
 贅沢ですね〜
綺麗で雰囲気が良さそうな山小屋ですね。
しかも ピアノの生演奏付き♪
贅沢すぎ(*>∇<)ノ
登録日: 2012/9/30
投稿数: 1151
2016/10/9 15:40
 Re: 絶景と二つの表情
onetotaniさんにとって特に思い入れをお持ちの御嶽山に登らさせていただきました。
五の池小屋に着くまで泊まるかどうか迷ってました。翌日は雨100パーセントが確定していましたから。小屋に着いた時ガスガスだったら下山したんですが、晴れてましてそこで継子岳と四の池と三の池をゆっくり回りたいという思いになり、福沢諭吉さんが飛んで行きました(笑)。
北側は癖になるエリアですね。
私、気に入ると何度も訪れるタイプなんです。来年はこの辺の通!になるくらい通っているような気がします(笑)。
登録日: 2012/9/30
投稿数: 1151
2016/10/9 15:49
 Re: お疲れ様でした!
禁止区域に入る登山者は頻繁だそうです。何十人も犠牲になられた御嶽山で、それでもルール(法律、条例)を破るか〜
通行禁止の看板の前でそのロープを踏み越えて行ける人間はかなりのものだと思います。
御嶽山もボチボチ雪が降りそうです。来年のシーズンには剣ヶ峰まで行けて多くの登山者で再び賑わう山になると良いですね。
登録日: 2012/9/30
投稿数: 1151
2016/10/9 16:08
 Re: 贅沢ですね〜
とっても感じの良い山小屋でしたよ。
いつもはテントか避難小屋、防寒着モコモコでラーメンすすっていたのが、この宿は入って第一声が暖か〜い❗暖炉に火がついていました。
たまには贅沢しても良いですね。
でも大幅な予算オーバー(笑)、風呂も入らず!昼飯は残り物のカレーパンで、下道で滋賀まで帰ってきました。
御嶽山の北部は穏やかな山域です。是非、来年のリストに入れてみては‼

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ